always over the moon

カテゴリ:olympus OM-D E-M5( 148 )

ダンシング・ハウス @プラハ




ダンシング・ハウス (Dancing House, チェコ語:Tančící dům)

今年の2月のプラハ旅行にて。

f0053297_13491666.jpg


1996年にプラハに建てられたビルである。
ジンジャー&フレッドとも(1930年代のミュージカル映画の有名なダンサー、
ジンジャー・ロジャースとフレッド・アステアのコンビにちなむ)。
正式名称はナショナル・ネーデルランデン・ビル。(by wikipedia)



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-09-03 14:15 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(13)

滝つぼ :俳句



滝つぼに飛びこんでしまつた眼鏡
(たきつぼにとびこんでしまっためがね)

f0053297_14470524.jpg

季語:  滝壺 【夏】・地理



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-08-29 15:11 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

ミニチュア博物館 @ブダペスト




ミニチュア博物館(Miniversum)

ブダペストの大通りのビルの一階にあります。
あまり目だたない博物館で、規模もそれほど大きくないのですが、
模型の好きな私は大いに楽しみました。

1) ブダペストの新旧の街や郊外の表情を再現しています。

f0053297_1427123.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-08-26 14:43 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(13)

緑陰(りょくいん):俳句





緑陰や墓を掘っては埋めるトム
(りょくいんや はかをほってはうめるトム)

f0053297_14512817.jpg


季語:  緑陰(りょくいん) 【夏】 ・植物
☆夏の緑の木陰で、「木下闇」と違い、明るい日差しとの対照を感じさせる。(by 角川季寄せ)

Thank you very much!

若葉舞う墓石に語る思いかな 詩楽麿

地に帰る故人を送る式故に 花びら摘み棺を彩る  詩楽麿 



◎ 「NHK俳句」誌7月号。夏井いつき選 兼題 「緑陰」 佳作。

◎ 画像は、五月に埋葬した義母の墓地です。リヴァプール郊外にある、広々した墓地。

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-08-18 15:37 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

甚平 :俳句






甚平や知恵熱の子の上がり眉
(じんべいや ちえねつのこのあがりまゆ)

f0053297_1436686.jpg


季語: 甚平(じんべい) 【夏】 ・生活


◎ 画像はブダペストの動物園にて。(現俳/7月/汝火原マリ)






[PR]
by mariko789 | 2016-08-17 14:38 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

マーガレット島 @ブダペスト





ブダペストのローカルの人々の憩いの場として、人気抜群のマルギット島(マーガレット島)です。
海のないハンガリーで、島というのもあれですが、ドナウ川の中洲なんです。
長さ2.5km、幅500m、面積0.965 km²。ブダペスト13区にあり、
島の領域は南はマルギット橋から北はアールパード橋まで。
こうして数字にすると、大して広くないようですが、途中あちこち見て回るので、
端から端まではついに一度も行かず終いでした。

ここは、大噴水。
足を水に浸せるようになっていて(足湯ならぬ足水)、みんな心地よさげに涼んでいました。
この日はとくに暑かった。

f0053297_1428780.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-08-13 14:55 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(20)

浮いて来い





手なづけし人喰鮫よ浮いて来い  
(てなづけしひとくいざめよ ういてこい)

f0053297_1524843.jpg


季語: 浮いて来い, 浮人形 (水に浮かべて遊ぶ玩具 by角川季寄せ) 【夏】 ・生活

Thank you very much!

とある日の我の弱さよ浮人形   to_shi_bo





◎ 鮫は冬の季語ですが、玩具の鮫、或いは心の中の鮫として、詠みました。私はもっと強いはず。。

◎ 画像の鮫はブダペストの動物園にて。(現俳/7月/汝火原マリ)







[PR]
by mariko789 | 2016-08-10 15:11 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

カフカ @プラハ



 

f0053297_1439137.jpg フランツ・カフカ
(Franz Kafka, 1883年7月3日 - 1924年6月3日)
二月の旅行で、もう随分日にちが経ってしまいましたが、プラハで出会ったカフカです。

カフカといえば小説「変身」で日本でも有名ですよね。
私は「変身」しか読んだことがありません。
今回、記念に彼の「父への手紙」という本を買ってきました。
元本はドイツ語で、私が買ったのは英訳版。
まだ読んでいませんが。
彼は、実存主義文学を代表する一人だったと思います。

そのカフカがプラハで生まれ育ったとは
今回行ってみるまで知りませんでした。
(カフカの詳細は、こちらで。wikipediaカフカ

写真の像は、ユダヤ人墓地(Old Jewish Cemetery)
の近くに立っていた、カフカの像です。
彼はユダヤ人だったのですね。
いかにも彼らしいユニークな像と思いました。

(以下、tomojiさん、ありがとうございます。)
彫刻は、2003年、カフカの生誕120周年を記念し、
チェコのカフカ協会が設置したもので、
ヤロスラフ・ローナの作品です。




           カフカの名言(とし坊さまよりご紹介)

(1)The spirit becomes free only when it ceases to be a support.
(精神は、支えであることをやめるときに、はじめて自由となる。)

(2)Youth is happy because it has the capacity to see beauty.
  Anyone who keeps the ability to see beauty never grows old.
(青春が幸福なのは、美しいものを見る能力を備えているためです。
 美しいものを見る能力を保っていれば、人は決して老いぬものです。)




More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-07-30 15:02 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(14)

スコール :俳句





ざばざばとスコール浴びて自由な日

f0053297_141018.jpg


◎ 画像は去年の6月にウイーンで撮りました。(現俳/6月/汝火原マリ)

◎ いつも俳句の投稿でコメント欄を閉じていてすみません。次回は開けます! 






[PR]
by mariko789 | 2016-07-28 14:04 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

Southport Beach @UK





去る6月5日、リヴァプールから電車に乗って約1時間、Southport Beach(サウスポートビーチ)に行ってきました。
というのも、その日はまるで真夏のようなお天気だったからです。
日本で喩えるなら江の島みたいな庶民的なビーチです。

1) 英国では珍しい快晴の夏日とあって、お日様を浴びたい人たちがワンサと繰り出してきました。

f0053297_215953.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-07-23 21:34 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(18)