always over the moon

カテゴリ:olympus OM-D E-M5( 162 )

英国 チェスター (Chester)の写真 ①



7月29日(土曜日)に、チェスターへ行ってきました。
リバプールから電車で43分、イギリスの中でもその美しさで屈指の城郭都市です。
このシティセンターには、かつて生地屋さんのリバティがあったのですが、
今回、もうとっくになくなっていることが判りました。
ブラウスの一枚でも買おうと思っていたのですが、残念でした。
この辺りの建物はチューダー様式のものが多く、古いものですと、1500年代のものもあります。


f0053297_01194505.jpg



More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2017-08-02 01:54 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(30)

おつかい


先日、片道30分ほどのアジア食品の店へ行ってみました。
お味噌が切れてしまい、ついでに久しぶりにお豆腐の顔も見たくなったのでした。
一人で行くのは初めてで、道に迷わないよう、角を曲がるたびに写真を撮りながら。
夫と行くときはバスに乗るのですが、散歩をかねて、てくてく歩きました。

何度も交差点を渡り、大きな道路から中ぐらいの道へ、そして小さな道へと。
やっとかの店に辿りついたときの達成感と言ったら。

できれば、つねに小さな発見のある日々を送りたい。
たとえば、買ったことのない野菜を買ってみたり、今まで着たことのない組み合わせの服を着てみたり、
なんでもいいのです。

f0053297_20182080.jpg


お味噌と、お豆腐と、しらたきと、パクチーがあったので衝動買いで一束。
あと、うどんと和風ドレッシングも買いました。

意気揚々と帰ってきて、赴任地の夫に報告したのですが、案の定怒られました。
「一人でそんな遠くまで行って危ないじゃないか」

ばかちゃう?
私はけっこうしっかりしているし、結婚する前は、一人でアメリカでレンタカーを借りて走り回ったり、
ヨーロッパも列車を乗り継いで旅したりしていました。
子どものころから一人が好きで、自立心のかたまりだったと思う。

夫は、私の小さな宇宙を100%コントロールしようと目論んでいる、イルミナティみたいな人です。
私は、これから断固、夫のコントロールに対し、反旗をひるがえそうと思います。
自分の足で買ってきたお豆腐は(中国製だけれど)、格別美味でした。
これが自分で稼いだお金で買っていたら、もっと美味しいのでしょう。

そうそう、しばらく前に書いた「ココナッツオイル」ですが、その効能かどうか、
3週間で1,5KG痩せました。ジーンズのベルトが一つ手前に移動。目標まであと2KGです。
 





[PR]
by mariko789 | 2017-07-11 20:40 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(34)

あなたならどうする

最初にこのサイトを見つけたのは半年ほど前でした。
サイトの主は、世界の軍事費の調査機関なのだと思います。
まるっきりデタラメを公表するとは思えない機関なのですが、内容があまりにも突飛なので、鵜呑みにはできませんでした。

この何ヶ月か、次に住む国を探していて、スペインに流れるか、ハンガリーに戻るか、どちらかを考えています。
で、このサイトを思い出しました。
情報の早い日本の皆さまは、もうとっくにご存知だと思います。
「これは全く当たらないと、信用のおける専門家が言ってるから心配ない」というご意見が出ると嬉しいのですが。
ともあれ、念のため、私と関係のある国々を書き出してみます。

f0053297_00430638.jpg

 


More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2017-07-06 01:38 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(33)

蛾(が) :俳句


るんるんと飛んでぐんぐん老けゆく蛾
(るんるんととんでぐんぐんふけゆくが)

f0053297_00594033.jpg



◇ 季語 :蛾(が)  【夏】 ・動物
   

◇ テキストブック「NHK俳句」2017年7月号 高柳克弘選 兼題「蛾」 佳作(中原久遠)
  私的には「蝶は滅びる・蛾は老ける」というイメージなのです。
  この句を採って頂けるとは思ってもいませんでした。克弘先生に感謝です。 

◇ 過去に蛾を撮っているのですが、探しきれず。イメージ画像は蝶・・・ですよね?


蝶の触角はセセリチョウの仲間を除いてはほぼ全種が先が膨らんだこん棒状になっています。
一方蛾は、先がとがっているものがほとんどで、中にはくし状であったりします。
熱帯地区に多い、カストニアという蛾の仲間は、蝶と同じ触角の形をしている種類がいます。
ベタッと羽を広げてとまっているのはいかにも「蛾」らしいとまり方です。
蝶の仲間でも、太陽に当たって体温を上げようとするときは羽を広げてとまります。



うーむ。分かったような判らないような。
ちなみに、典型的な蝶の触角はこんなでしょうね。
f0053297_01065729.jpg




お仲間の皆さまのおうちのほうではどんな蝶が飛んでいますか?
我が庭では、きのう紋白蝶が飛んでいました。






[PR]
by mariko789 | 2017-06-26 01:13 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(34)

ココナッツオイル

昨日は夏至。ついに今年も残すところあと半分になってしまいました。
月日の経つのが早すぎて怖いほどです。

このところ夫からの宿題に追われて、忙しくしていました。
おまけに突然暑くなり、冷房がないので、身体はとろけそう。寝苦しいし、もう・・・
おまけに草むしりをしていたら、腰がキーンとなってしまい、イタタター!
ずっと運動不足だったので、しゃがむ姿勢に耐えられなかったか、或いは雑草の呪いにやられたか。
「ごめんなさいね、せっかく咲いているのに。でもね、この玄関の前の玉砂利に咲くのだけは勘弁して欲しいの」
と下手に出たのが災いしたのかもしれません。雑草には強気でかかる。スパルタでやりこめる。


f0053297_03250857.jpg


そんな気弱な私が、突然愛してしまったのが、こちらの ↑
100% オーガニック バージン ココナッツオイル
宣伝料はもらってません。いいと思ったので、自主的に書いています。
もしかして日本でも流行っていませんか? それとも流行はもう終りましたか?

こちらリバプールでは最近、突然ブームに火がつきました。
どこのスーパーマーケットでも、盛大に売り出し始めました。
今まで人気だった(私も愛用していた)、エクストラバージン・オリーブオイルの棚に、ココナッツオイルが進出!
一口にココナッツオイルと言ってもいろいろ種類があるのですね。
匂いのないのも新発売されていて、料理用に、次回はそれを買おう。

毎朝、トーストにのせて、またミルクティーに入れて、摂取しています。
ミルクやバターと相性が良いみたい。

で、効能ですが、ほぼ万能といわれています。
ダイエット効果・美容効果・アンチエイジング・アルツハイマー予防・動脈硬化予防 などなど。
私は努力するのが苦手なのですが、これならできる。あの独特な匂いに飽きさえしなければ。

さきほども、YouTubeで、ドクターが言ってましたが、ココナッツオイルは「スーパーフード」、
コラーゲンを増やし、若返り効果があり、精力もついて、心臓にも良い。食べてよし、髪や肌につけて良し。 
つけてマッサージすれば、セルライト(太ももなどの、オレンジピールみたいな凸凹)も消えるそうです。
私、思うに、ブームの火付け役は YouTubeでしょう。最近、人々はTVよりYouTubeを見ています。私もそう。
健康に関するYouTubeのチャンネルは面白くてためになる。
もちろん、「プレバト!俳句コーナー」も YouTube で欠かさず見ています。

私、基礎化粧品は自然のもの(ボディショップ)で揃えているのですが、
試しにココナッツオイルで顔のマッサージをしたら、、この方が良いみたい。これこそ、自然のものですしね。
化学薬品の入ったものは、なるべくつけない、食べない、飲まないようにしています。
まだ摂取し始めて5日めですが、疲労感がぐっと減った気がします。ほんと、いいみたい。




 


[PR]
by mariko789 | 2017-06-22 04:00 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(31)

薄暑光(はくしょこう)


水銀の粒ちりぢりに薄暑光
(すいぎんのつぶちりぢりにはくしょこう)

f0053297_01091120.jpg



◇ 季語 : 薄暑光(はくしょこう)  【夏】 ・時候
   
◇ 現代俳句協会インターネット俳句会  2017年05月投句分。
  今日あたりこちらも暖かくて、ブラインドの隙間から光が差し込んでいました。
  
◇ イメージ画像は、スペインの海。

  もう一つ、スペインの闘牛場の横顔も。今はもう闘牛場としては、使われていません。

f0053297_01104611.jpg



やりたかったことも、あまり進まないうちに、あと二週間で夫が帰ってきます。
このへんで心を入れ替えて、物の整理とか、夫から頼まれていた調べ物とか、拍車をかけなければ。
一日24時間、長いようで短いと思いませんか?







[PR]
by mariko789 | 2017-06-16 01:11 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(32)

陽炎(かげろう)③ :俳句

陽炎や白いピアノとジョンレノン
(かげろうや しろいピアノとジョンレノン)


f0053297_15462320.jpg



◇ 季語 : 陽炎  【春】 ・天文
   
◇ 現代俳句協会インターネット俳句会 4月/中原久遠

◇ 四月から、俳号を「中原久遠」に改めました。
  選句の楽しさにつられて4月も投句しましたが、5月はどうしようか思案中。

◇ 季節はもうすっかり初夏ですが、俳句投稿はまだ暫く春の季語になります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Tomorrow never knows(1966年)は、ジョン・レノンの曲で 
DNAを修復するといわれるソルフェジオ周波数 528Hz コード「だけ」で作られたもの。
DNAを修復したいので、これから夫の不在のあいだ毎日聴こうと思ってます。
同じリバプール生まれで、夫はジョンの物真似が得意。

The Beatles- Tomorrow Never Knows Legendado







[PR]
by mariko789 | 2017-05-16 15:54 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(20)

花菜風


無一文ひょいと羽織るは花菜風
(むいちもん ひょいとはおるははななかぜ)

f0053297_14160403.jpg



◇ 季語 : 花菜風  【春】 ・天文
   
◇ 現代俳句協会インターネット俳句会 3月/汝火原マリ

◇ この回をもって、現俳ネット句会は新年度への切り替え。四月から私はG2を卒業してG1に進級しました。
  一年間の目標を100ポイントと決め、一回も休まず参加。なんとか目標を達成できました。
  私は天才肌ではないので、コツコツ努力を積み重ねるのみ。
  この間、引越や旅行もあったので、我ながらよく頑張ったと思う。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


画像は、過日のロンドン行きの特急列車の車窓から撮ったもの。
あとからあとから菜の花畑がこってりと油絵具を流したように広がっていました。

画像には写っていないけれど、ところどころに、牛や羊が放たれて草を食んでいました。
彼らは、20頭、30頭のグループになり、自分たちの地にかたまっている。
小さい子牛や子羊は母親の足元にまとわりついて。

繋がれていないし、柵もないのに、一頭として、群を離れて、他の土地を彷徨ってはいない。
彼らには冒険心がないのだろうか。他の土地に踏み込んでみたいという欲望は起きないのか。

「なぜ彼らは逃げないのだろう。」と夫に訊くと、
「安全だからさ。今日のメシと屋根がある。命を脅かす敵もいない。」

そして或る日、仲間の一頭が売られていっても、そういう日がいつか自分にもくると予感はあっても、
今日の安全があるかぎり、動物は逃げようとしないのか。
いや、たとえ逃げても、もっと悪い環境に陥るだけだと本能で判っているのかもしれません。
夫は笑いながら言いたした。
「君だって逃げないじゃないか。」


あれから何日も経っても、私の頭に中に同じ疑問が渦巻いています。
なぜ逃げないのか。危険が迫ってきているかもしれないのに・・・。









More
[PR]
by mariko789 | 2017-05-10 14:29 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(24)

ロンドンのチューリップ

4月29日(土)に、ロンドンに日帰りで行ってきました。
特急列車でも往復5時間。
滞在できるのが正味6時間では買物と地下鉄に乗っている時間だけでいっぱい。
とはいえ、ロンドンで私がいちばん好きな公園、セント・ジェームズ・パーク(St James's Park)は、
通りがかりに何枚か写真を撮ってきました。

さまざまな色のチューリップ。
花壇はチューリップの花盛り。これほどチューリップに種類があるとは知らなんだ。

f0053297_14181040.jpg



 


More(続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2017-05-05 14:38 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(24)

春の雪 ② :俳句


眼帯に花びらめきて春の雪 
(がんたいにはなびらめきてはるのゆき)


f0053297_14161827.jpg


◇ 季語: 春の雪(はるのゆき)、春雪、春吹雪 【春】 ・天文  
   ※ 立春を過ぎてからの雪。北国では当然のことながら、
     大都会の春の雪には華やぎも感じられる(by 角川必携季寄せ) 


◇ テキストブック「NHK俳句」2017年5月号  堀本裕樹選 佳作 

Thank you very much!
. 
ジジ思う 魔法のねたか スマホとは、  yamaoji.
まだ咲かぬアジサイ見詰め蝶の真似     詩楽麿
マテバシイ傷を覆うや瘡蓋の
    タバコの擦り痕涙止まらず      詩楽麿 

◇ 画像はロンドンの公園にて。蔵出しです。 

◇ 日本はGWの真っ最中ですね。お仲間の皆さま、どうか楽しい連休をお過ごしになれますよう。
 







[PR]
by mariko789 | 2017-05-01 14:18 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(20)