always over the moon

カテゴリ:olympus OM-D E-M5( 162 )

夏野 :俳句

撃墜の機より死体のふる夏野
(げきついの きよりしたいの ふるなつの)

季語 : 夏野(なつの)、青野、  【夏】 ・地理

f0053297_12414830.jpg



親ロシア派によるミサイルで撃墜されたと報道されているといるマレーシア航空17便の墜落事故。
乗客乗員298人全員死亡という痛ましさに加え、事故後の対処の酷さに怒りがこみあげてきます。
私はBBCのワールドニュースでしか見ていませんが、
現場で発見された死体は、黒いビニールのゴミ袋に入れられていました。
せめてビニールシートやシーツでくるむとか、もう少し配慮ができなかったのでしょうか。
冷蔵車両三両に280体を積んで、現場のウクライナ東部ドネツク州から
ウクライナの首都キエフまで運んだということは、一両に百体もの死体を積み込んだ。袋を重ねて?
これらはBBCニュースの画像を見ての私の推測ですので、間違っていたら、教えてください。

そして怒りが頂点に達したのは、親ロシア派の人々が、
現場に散乱するものを盗み、死体から売れそうなものを抜き取り、市場で売っているということです。
たとえ腕時計でも財布でも、死体の身元を明かす手がかりになるはず。
そして残された家族にとっては、大切な遺品でしょう?
BBCの現場のレポーターに、兵士らしき男が、拾った財布とパスポートを手渡していましたが、
財布はもちろん空っぽでした。
まだまだ現場には、死体の部分や、遺品が散乱しているという。
どれほど無念なことか。かわいそうに・・・

棺に納められた遺体がオランダに到着し、丁重に運ばれているのをニュースで見て、
これでやっと人間らしく扱えてもらえたと胸を撫で下ろしました。

ウクライナは戦争のさなかかもしれませんが、被害者は無関係な外国の人々です。
こんな事件はもう本当に勘弁してほしい。
[PR]
by mariko789 | 2014-07-25 13:15 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

戻り梅雨 :俳句

あの日から動かぬ時計戻り梅雨
(あのひから うごかぬとけい もどりづゆ)

季語 : 戻り梅雨、梅雨、荒梅雨、男梅雨、長梅雨、、、、【夏】 ・天文

f0053297_3221049.jpg



                      Thank you very much!

                チョコレート溶けて銀紙夏了る        麗門

                出来るなら時間を止めて明易し       麗門

                初夏迎え街の歴史に人集う        詩楽麿

                バース街 歴史蓄え残照も
                    若き夫婦に話題を捧ぐ       詩楽麿 

                銀の器(き)の氷菓くちびる乾くとき    マリコ


◎ 久々の写真俳句です。
◎ 画像は、英国キューガーデンで撮った、時計草。
[PR]
by mariko789 | 2014-07-23 03:25 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

OM-D E-M5 でバースのローマンバスを撮る

だいぶ記憶があやふやになってきましたが、
6月3日に行ったイギリス、バースのローマンバスの画像をアップします。

バース(Bath)は英国西部、サマセットにあります。正式な名称は、シティ・オブ・バース(City of Bath)。

2世紀頃、ローマの支配下で温泉の街として発展した。
バースの温泉はさまざまな病気に効用があると考えられた。
ローマ支配末期には、バースを取り囲むように城壁が建築された。
18世紀のジョージ王朝様式の建造物が数多く残っており、ユネスコの世界遺産にも登録されている。
  (by wikipedia)


街の景は次回にまわし、今回はローマンバスのみ。

 



1) 二回の回廊より、ローマ式の大浴場を臨む。薬効のある温泉だった面影は今も・・・。 

f0053297_13221942.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-07-20 13:55 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(19)

ブダペスト 市民公園と英雄広場

7月4日。
動物園を出てから、市民公園、英雄広場を散策しました。



1) 市民公園。車の形のボート。乗ってみたかった♪
  私たちは水辺のカフェで休憩したのですが、公園内には家族連れが芝生の上でピクニックをしたり
  子どもたちがボール遊びをしたり、くつろいでいました。
  池の中に、敷石が並び、左右に渡れるようになっているのですが、臆病な私は、パス。情けない(>_< )

f0053297_14542390.jpg


                   Thank you very much!

              人集う公園招く追憶よ           詩楽麿

              外地とて人の心の憩いあり
                    思い違わず集う公園      詩楽麿

              みなしごの手すさび蓮の散華かな     マリコ

              雨あがり藍を極めて茄子めざむ        マリコ


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-07-14 15:09 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(19)

ブダペスト動物(植物)園 (2)

前回の続きです。
今回は、買ってまもないオリンパスOM-D E-M5 で撮った写真です。


1) 右下にペンギンたちがいるのですが、見えますか?
   この動植物園は、ビアホールやレストラン、売店がいたるところにあり、
   入園料の安さを、飲食の収入で補おうという意欲がみえみえ。
   動物を見るというより、動物のいる空間で、大いに食べよう、じゃんじゃん飲もう!という園です♪

   併設の遊園地にも、同じ入園券で入ることができ、
   遊園地には、世界で一番古い木製ローラーコースター(1922年製作)や、
   哀愁たっぷりのメリーゴーランド(1906年製作)もあります。
   無料の遊具もたくさんあるし、子どもも一日遊べる楽しい園ですよ♪

f0053297_1856535.jpg


                    Thank you very much!

                  魂の宿の生体盛夏なり               詩楽麿

                  園に有り姿形(すがたかたち)も異なれど
                            魂の宿に変わり無きかな    詩楽麿
 

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-07-10 19:36 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(19)

トラファルガー広場

昨日は、ブダペストの動物園に行ってきました。
お天気にも恵まれ、久々に楽しいおでかけでした♪
写真の整理は、いずれ近日中にするつもりです。
夫がいつも在宅なので、なかなか自由時間がとれません。

今日は、6月7日の、ロンドン トラファルガー広場の画像をちょっとだけ。


1) 
トラファルガー広場 はロンドンのウェストミンスターにある広場である。
1805年のトラファルガーの海戦を記念して造られた。
当初はウィリアム4世広場という名前だったが、
建築家のGeorge Ledwell Taylorの提案によってトラファルガー広場となった。
(by ウィキペディア)


f0053297_0454967.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-07-06 00:55 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(22)

大英博物館(2)

大英博物館、日本館より。
日本館は、三菱商事が単独でスポンサーになっているのですね。
10年間にわたり100万ポンドを拠出という、太っ腹。三菱商事さん、ありがとう!



1) 私がいちばんハッとしたのが、こちらの幽霊の掛軸。
   作者は、蒔直斉 と読めました。
   今で言う3Dといいましょうか、背景から抜け出てくる幽霊に、目が釘付けになりました。
   暗がりのなか、一人で見たら怖いです。素晴らしい!
   
f0053297_14125380.jpg


                   Thank you very much!

            古典画が英にて国を語りつつ      詩楽麿

            なお余る感動伝えし古典画の
                外地に在りて人目そらせず    詩楽麿


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-06-30 14:37 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(14)

大英博物館(1)

6月7日。大英博物館(ロンドン)を覗いてきました。
写真が沢山ですので、2回に分けてアップいたします。

ここは入場料無料ということもあり、いつ行ってもほぼ混んでいます。
今回も土曜日でもあり、大混雑でした。


1) 正面玄関です。

f0053297_4582757.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-06-29 05:17 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

OM-D E-M5 でストーンヘンジを撮る

6月2日に、ストーンヘンジ(Stonehenge)に行ってきました。
ロンドンの西、約200kmのソールズベリー駅から、ストーンヘンジ行のバスに乗り、20分ほど。
古い町並から田園風景を抜け、サイトに到着。
トイレに入り、無料の日本語のオーディオガイド(解説を聞ける機械)を首にかけ、シャトルバスに乗る。
現場に着くと、広大な草原の中に、どでかい石組が屹立しているのが見えてきました。

売店で買ってきたガイドブック(リチャード・コルト・ホア卿 著)の中から少しだけ抜粋(青字)してみます。

ストーンヘンジは、神殿として築造されたもので、儀式、埋葬と祭典の行われた場所だったのです。
この神殿は、約5000年前、新石器時代に築造されました。


1) 紀元前2500年頃には、これよりさらに大きな石材が到着し始めます。

f0053297_5192323.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-06-22 06:04 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(28)

六月(ろくがつ) : 俳句

六月や雲がとぐろを巻く遺跡
(ろくがつや くもがとぐろを まくいせき)

季語:  六月(ろくがつ)  【夏】 ・時候


f0053297_14411775.jpg
  


                     Thank you very much!

                 古代人 ストーンヘンジ神となす     詩楽麿

                 語り次ぐ術なき時代古代人
                     神と崇めしストーンヘンジ     詩楽麿 

[PR]
by mariko789 | 2014-06-21 14:42 | olympus OM-D E-M5 | Trackback