always over the moon

カテゴリ:olympus OM-D E-M5( 191 )

ラズベリーの花、オオアマナ、コデマリ、アリウム、黄藤、ブルネラ・ラングツリーズ 

庭の花シリーズです。


(1) ラズベリーの花
  お花の一つがラズベリー一粒になるので、これで二粒。
  庭の片隅にあるラズベリー畑、今年は元気の良い花が沢山で、実も多くなりそう。
  この花を撮ったのは初めて。すごく小さな花なので、今まで見落としていました。

f0053297_1312428.jpg
  

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-05-12 23:20 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(30)

St. James's Park(2) @London

ロンドンの「セント・ジェームズ・パーク」の続きです。
前回と似たような鳥の写真になってしまいましたが、私が好きなので投稿しちゃいます。


1) 鴨さんですよね。顔と、あんよが可愛いと思って撮りました。

f0053297_1291992.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-25 01:45 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(21)

椿(つばき) :俳句

念入りにつくる女優の貌 椿  
(ねんいりにつくるじょゆうのかお つばき)


f0053297_1433529.jpg


季語: 椿(つばき)  【春】 ・植物

◎ 画像は英国チェスター動物園で撮ったもの。
  デジカメ写真を撮り始めて十年余、椿を撮ったのは初めてと思う。
  あまりに嬉しくて、一句添えてみました。
  自分のメモ句なので、どうぞ皆さまはスルーして下さいませ♪



                  Thank you very much!

               花冷の電流太しドライヤー        とし坊

               桜花咲き地球に幸撒き異国にも     詩楽麿

               故郷の桜花を想起ブタペスト
                   集いし人に変わりあらねば   詩楽麿

               蒲公英の綿毛は春の風のなか
                    命ひとつをもちて舞ひゆく    与太郎

               瞞されて男の背ナや落椿          麗門


[PR]
by mariko789 | 2015-04-19 14:38 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

英国の桜

こちらハンガリーでは、今週末と来週末にブダペストで「桜祭」が開催されます。
天候と、風邪気味の夫の体調をみて、行けたら・・・と思っています。

英国では、私たちが滞在していた三月後半が桜の満開でした。
雨も多く、寒かったのですが、寒さに強い品種が植樹されたのでしょうね。


1) ロンドンの街のなかの桜。
   そうそう、バスの中から見たチェスター(リバプールの近く)の街並にも桜が溶けこんでいましたよ。

f0053297_13451160.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-10 13:58 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(17)

桜まじ :俳句

なまぐさき獣のあくび桜まじ

f0053297_1438564.jpg


季語:   桜まじ            【春】 ・天文
 「まじ」は南または南よりの風。「桜まじ」は桜が咲くころの暖かな南風(by 角川季寄せ)


                   Thank you very much!

              華やぎて春の到来 桜園       詩楽麿

              数々の記憶を招く公園も
                  色とりどりに春の粧い    詩楽麿 

              摘み草の蓬ほのかに温かく
                    薬のごとき匂ひありけり  与太郎

              山吹の花のくさむら昨日より
                 かさ広がりて春は長(た)けたり  与太郎






◎ 桜が満開の英国・チェスター動物園にて一句。
   画像はチーターです。

◎ 桜の写真は、近日中にまとめて投稿いたします。
[PR]
by mariko789 | 2015-04-09 14:41 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

St. James's Park @London

ロンドンには大きな公園が幾つかありますが、私が一番好きなのは小さめな公園、セント・ジェームズ・パークです。
鳥やリスがたくさん居るから。
画像を大きくすると重たくなる。
かといってあまり小さくするのは、鳥さんたちが可哀想な気がして。


1) 鴨と鳩の仲良しさんと、咲き乱れる水仙。春爛漫じゃね~♪
   (鴨じゃなくてアヒル?)

f0053297_1523844.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-07 15:10 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(18)

アーモンドの花、連翹、八重の水仙

記録として撮っている庭の花です。UP しないと時期を逸してしまう。
去年や一昨年と比べると、気候の変化が判ります。

旅行から帰ってきたら、欧州中央部に突風が吹き荒れていて、近隣の国では死者もでるほど。
ハンガリーでも樹木が倒れて家が倒壊したり、被害が出ています。
我家も、庭の物置の屋根が一部吹き飛び、夫が取り合えずの手当をしましたが、
現在、修理屋さんを待っているところです。
今晩も突風が吹いていて、せっかく咲いた花もどんどん散っています。


1) アーモンドの花。
  満開を過ぎ、散っているところ。木の下は花吹雪です。 

f0053297_22571585.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-02 23:13 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(22)

三月 :俳句

三月のやや眠さうな人面魚  中原久遠

f0053297_13533647.jpg



                   Thank you very much!

              川ぎりに舟ぬれて出る猫柳    与太郎

              倫敦に古書を贖ふ花の午後   くをん

              開花時の短し美こそ桜なれ      詩楽麿

              花吹雪 肩に掛かりてなお咲きし
                     路面に落ちて踏まるる桜    詩楽麿 


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-01 14:00 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

やっと猫柳 @ハンガリー

今年は去年と比べ、庭の花木の生育がぐーんと遅れています。
去年雨が多かったのと、冬の気温が低かったせいでしょう。
去年の今頃は、アーモンドの花が満開だったのですが、今年はまだ蕾。
毎日記録として花木の写真を撮っているのですが、その中からいくつか。


1) 昨日の猫柳。じつは今日は気温が上がり、幾つかの花?は黄色くなっていました。

f0053297_22164445.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-03-22 22:40 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(24)

水菜(みずな) :俳句

ぶぶづけに水菜をそえて楽屋裏  中原久遠

f0053297_2232920.jpg


季語: 水菜(水菜)、京菜 【春】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 五十二回め投句 兼題(第103回) 『水菜』 : 地 

俳句集団いつき組 夏井いつき組長 選評:

 こちらは「楽屋裏」としかありませんので、どの土地のどんな劇場であるのかは分かりません。が、上五「ぶぶづけ」の一語で京都に違いないことが分かります。「ぶぶづけ」とはお茶漬けのこと。「水菜」の漬け物を添えての軽い腹ごしらえです。こちらは京都ならではの壬生菜の漬け物かもしれませんねえ。


自分的には無印句でした。地選に採って頂き、大幸運☆ 組長に大感謝です☆

こちらハンガリーでは、水菜みたいなの(そっくりです)は10cmくらいにカットした葉っぱだけを、
袋詰めで売っています。サラダ、味噌汁の具、おひたしなどにして食べています。

画像は、私の楽屋裏。パソコンデスクの左側の空間です。
四季用の「角川季寄せ」の定位置。
季重なりを調べたりするのに、四季全部が出ているので便利。
いっぽう、季節別の歳時記は、ベッドサイドテーブルが定位置です。
今も、この右隣にあるパソコンから、打っています。



                   Thank you very much!

              住み慣れた家に咲きたる水仙花    詩楽麿

              無常なる時代の波の変わり目に
                    届かぬ未来に何を託さむ   詩楽麿

              言ってやらなきゃ判らぬ野暮へ 
                   江戸の生まれのいい啖呵   与太郎(都々逸)

              虚空蔵菩薩を祖父として水菜   くをん

              鷲鼻のシェフの水菜のプチサラダ   くをん

              ぶぶづけや春の季語類鉢合わせ   to_shi_bo




もう一句。実はこちらが自分的には本命句でした。
人選に採って頂き、嬉しかったです。
しかし・・・私の句は平凡な言葉しか使ってないですねー。
もう少し教養を蓄えて、もっと語彙を増やさなければ。。

ずぶ濡れのものら痛まし水菜さへ  中原久遠 

f0053297_22444514.jpg


写真は、水難の渦中にあった我家です。修理完了し、水難からやっと解放されました。
ただいま、レンズの修理から戻ってきたオリンパスのミラーレスの撮影練習中。
ネットでマニュアルを読んだら、今まで使っていなかった機能がいっぱい。
手早く設定を変える練習中なのですが、とろい私にはきつい修行です。
[PR]
by mariko789 | 2015-03-20 22:51 | olympus OM-D E-M5 | Trackback