always over the moon

カテゴリ:olympus OM-D E-M5( 148 )

ブダペスト動物(植物)園 (2)

前回の続きです。
今回は、買ってまもないオリンパスOM-D E-M5 で撮った写真です。


1) 右下にペンギンたちがいるのですが、見えますか?
   この動植物園は、ビアホールやレストラン、売店がいたるところにあり、
   入園料の安さを、飲食の収入で補おうという意欲がみえみえ。
   動物を見るというより、動物のいる空間で、大いに食べよう、じゃんじゃん飲もう!という園です♪

   併設の遊園地にも、同じ入園券で入ることができ、
   遊園地には、世界で一番古い木製ローラーコースター(1922年製作)や、
   哀愁たっぷりのメリーゴーランド(1906年製作)もあります。
   無料の遊具もたくさんあるし、子どもも一日遊べる楽しい園ですよ♪

f0053297_1856535.jpg


                    Thank you very much!

                  魂の宿の生体盛夏なり               詩楽麿

                  園に有り姿形(すがたかたち)も異なれど
                            魂の宿に変わり無きかな    詩楽麿
 

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-07-10 19:36 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(19)

トラファルガー広場

昨日は、ブダペストの動物園に行ってきました。
お天気にも恵まれ、久々に楽しいおでかけでした♪
写真の整理は、いずれ近日中にするつもりです。
夫がいつも在宅なので、なかなか自由時間がとれません。

今日は、6月7日の、ロンドン トラファルガー広場の画像をちょっとだけ。


1) 
トラファルガー広場 はロンドンのウェストミンスターにある広場である。
1805年のトラファルガーの海戦を記念して造られた。
当初はウィリアム4世広場という名前だったが、
建築家のGeorge Ledwell Taylorの提案によってトラファルガー広場となった。
(by ウィキペディア)


f0053297_0454967.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-07-06 00:55 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(22)

大英博物館(2)

大英博物館、日本館より。
日本館は、三菱商事が単独でスポンサーになっているのですね。
10年間にわたり100万ポンドを拠出という、太っ腹。三菱商事さん、ありがとう!



1) 私がいちばんハッとしたのが、こちらの幽霊の掛軸。
   作者は、蒔直斉 と読めました。
   今で言う3Dといいましょうか、背景から抜け出てくる幽霊に、目が釘付けになりました。
   暗がりのなか、一人で見たら怖いです。素晴らしい!
   
f0053297_14125380.jpg


                   Thank you very much!

            古典画が英にて国を語りつつ      詩楽麿

            なお余る感動伝えし古典画の
                外地に在りて人目そらせず    詩楽麿


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-06-30 14:37 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(14)

大英博物館(1)

6月7日。大英博物館(ロンドン)を覗いてきました。
写真が沢山ですので、2回に分けてアップいたします。

ここは入場料無料ということもあり、いつ行ってもほぼ混んでいます。
今回も土曜日でもあり、大混雑でした。


1) 正面玄関です。

f0053297_4582757.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-06-29 05:17 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

OM-D E-M5 でストーンヘンジを撮る

6月2日に、ストーンヘンジ(Stonehenge)に行ってきました。
ロンドンの西、約200kmのソールズベリー駅から、ストーンヘンジ行のバスに乗り、20分ほど。
古い町並から田園風景を抜け、サイトに到着。
トイレに入り、無料の日本語のオーディオガイド(解説を聞ける機械)を首にかけ、シャトルバスに乗る。
現場に着くと、広大な草原の中に、どでかい石組が屹立しているのが見えてきました。

売店で買ってきたガイドブック(リチャード・コルト・ホア卿 著)の中から少しだけ抜粋(青字)してみます。

ストーンヘンジは、神殿として築造されたもので、儀式、埋葬と祭典の行われた場所だったのです。
この神殿は、約5000年前、新石器時代に築造されました。


1) 紀元前2500年頃には、これよりさらに大きな石材が到着し始めます。

f0053297_5192323.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-06-22 06:04 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(28)

六月(ろくがつ) : 俳句

六月や雲がとぐろを巻く遺跡
(ろくがつや くもがとぐろを まくいせき)

季語:  六月(ろくがつ)  【夏】 ・時候


f0053297_14411775.jpg
  


                     Thank you very much!

                 古代人 ストーンヘンジ神となす     詩楽麿

                 語り次ぐ術なき時代古代人
                     神と崇めしストーンヘンジ     詩楽麿 

[PR]
by mariko789 | 2014-06-21 14:42 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

olympus OM-D E-M5 買いました

防塵防滴。そこに惹かれました。
雨の中や砂漠で、カメラが壊れる恐怖で撮れなかった苦い経験の数々。
しかし、このカメラなら雨も砂塵もなんのその、問題なく撮れるという。
ミラーレス一眼 オリンパスOM-D E-M5
レンズは防塵防滴に適ったM.ZUIKO12-50mm

f0053297_6111777.jpg


狙っていたレンズとの組み合わせを、リヴァプールのカメラ店で発見。
即、購入。
してはみたものの、使い勝手がすぐには飲み込めませんでした。

撮りながら、練習しながら、指で機能を覚えることにしよう。
手にとってみたところ、その小ささと軽さにちょっと感動。
機能優先で選んだのに、見かけもかっちりとレトロっぽくて悪くない。
気の合うブログ仲間にリアルに会ってみたら、想像を超えてステキだったみたいな。
持っていて、ちょっと心が弾む。

さっそく試し撮り。

1) リヴァプールの運河にて。
   ファインダーを覗くと自動的にファインダー撮りになり、目を離すとディスプレー撮りに変わる。
   自動的というのが凄い。
   惜しいのは、焦点の範囲が広すぎること。
   ニコンのデジ一で、小さな点に焦点を合わせるのに慣れていると、
   この四角い焦点は、いかにもコンデジで歯がゆい。

f0053297_5325028.jpg

 

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-06-11 06:25 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(30)

シャワー :俳句

f0053297_724274.jpg



棒立ちのシャワー深夜のネットカフェ  (中原久遠)

山小屋のシャワー満天星の下   (中原久遠)


季語:  シャワー    【夏】 生活

※ 俳句ポスト365 十八回め投句 兼題 『シャワー』    :人 二句


◎ 画像は大英博物館にて olympus OM-D E-M5 にて撮影。
◎ 英国より帰宅したばかりで取り込み中のため、コメント欄は閉じています。  
[PR]
by mariko789 | 2014-06-09 07:30 | olympus OM-D E-M5 | Trackback