always over the moon

カテゴリ:olympus OM-D E-M5( 178 )

英国の桜

こちらハンガリーでは、今週末と来週末にブダペストで「桜祭」が開催されます。
天候と、風邪気味の夫の体調をみて、行けたら・・・と思っています。

英国では、私たちが滞在していた三月後半が桜の満開でした。
雨も多く、寒かったのですが、寒さに強い品種が植樹されたのでしょうね。


1) ロンドンの街のなかの桜。
   そうそう、バスの中から見たチェスター(リバプールの近く)の街並にも桜が溶けこんでいましたよ。

f0053297_13451160.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-10 13:58 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(17)

桜まじ :俳句

なまぐさき獣のあくび桜まじ

f0053297_1438564.jpg


季語:   桜まじ            【春】 ・天文
 「まじ」は南または南よりの風。「桜まじ」は桜が咲くころの暖かな南風(by 角川季寄せ)


                   Thank you very much!

              華やぎて春の到来 桜園       詩楽麿

              数々の記憶を招く公園も
                  色とりどりに春の粧い    詩楽麿 

              摘み草の蓬ほのかに温かく
                    薬のごとき匂ひありけり  与太郎

              山吹の花のくさむら昨日より
                 かさ広がりて春は長(た)けたり  与太郎






◎ 桜が満開の英国・チェスター動物園にて一句。
   画像はチーターです。

◎ 桜の写真は、近日中にまとめて投稿いたします。
[PR]
by mariko789 | 2015-04-09 14:41 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

St. James's Park @London

ロンドンには大きな公園が幾つかありますが、私が一番好きなのは小さめな公園、セント・ジェームズ・パークです。
鳥やリスがたくさん居るから。
画像を大きくすると重たくなる。
かといってあまり小さくするのは、鳥さんたちが可哀想な気がして。


1) 鴨と鳩の仲良しさんと、咲き乱れる水仙。春爛漫じゃね~♪
   (鴨じゃなくてアヒル?)

f0053297_1523844.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-07 15:10 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(18)

アーモンドの花、連翹、八重の水仙

記録として撮っている庭の花です。UP しないと時期を逸してしまう。
去年や一昨年と比べると、気候の変化が判ります。

旅行から帰ってきたら、欧州中央部に突風が吹き荒れていて、近隣の国では死者もでるほど。
ハンガリーでも樹木が倒れて家が倒壊したり、被害が出ています。
我家も、庭の物置の屋根が一部吹き飛び、夫が取り合えずの手当をしましたが、
現在、修理屋さんを待っているところです。
今晩も突風が吹いていて、せっかく咲いた花もどんどん散っています。


1) アーモンドの花。
  満開を過ぎ、散っているところ。木の下は花吹雪です。 

f0053297_22571585.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-02 23:13 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(22)

三月 :俳句

三月のやや眠さうな人面魚  中原久遠

f0053297_13533647.jpg



                   Thank you very much!

              川ぎりに舟ぬれて出る猫柳    与太郎

              倫敦に古書を贖ふ花の午後   くをん

              開花時の短し美こそ桜なれ      詩楽麿

              花吹雪 肩に掛かりてなお咲きし
                     路面に落ちて踏まるる桜    詩楽麿 


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-01 14:00 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

やっと猫柳 @ハンガリー

今年は去年と比べ、庭の花木の生育がぐーんと遅れています。
去年雨が多かったのと、冬の気温が低かったせいでしょう。
去年の今頃は、アーモンドの花が満開だったのですが、今年はまだ蕾。
毎日記録として花木の写真を撮っているのですが、その中からいくつか。


1) 昨日の猫柳。じつは今日は気温が上がり、幾つかの花?は黄色くなっていました。

f0053297_22164445.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-03-22 22:40 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(24)

水菜(みずな) :俳句

ぶぶづけに水菜をそえて楽屋裏  中原久遠

f0053297_2232920.jpg


季語: 水菜(水菜)、京菜 【春】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 五十二回め投句 兼題(第103回) 『水菜』 : 地 

俳句集団いつき組 夏井いつき組長 選評:

 こちらは「楽屋裏」としかありませんので、どの土地のどんな劇場であるのかは分かりません。が、上五「ぶぶづけ」の一語で京都に違いないことが分かります。「ぶぶづけ」とはお茶漬けのこと。「水菜」の漬け物を添えての軽い腹ごしらえです。こちらは京都ならではの壬生菜の漬け物かもしれませんねえ。


自分的には無印句でした。地選に採って頂き、大幸運☆ 組長に大感謝です☆

こちらハンガリーでは、水菜みたいなの(そっくりです)は10cmくらいにカットした葉っぱだけを、
袋詰めで売っています。サラダ、味噌汁の具、おひたしなどにして食べています。

画像は、私の楽屋裏。パソコンデスクの左側の空間です。
四季用の「角川季寄せ」の定位置。
季重なりを調べたりするのに、四季全部が出ているので便利。
いっぽう、季節別の歳時記は、ベッドサイドテーブルが定位置です。
今も、この右隣にあるパソコンから、打っています。



                   Thank you very much!

              住み慣れた家に咲きたる水仙花    詩楽麿

              無常なる時代の波の変わり目に
                    届かぬ未来に何を託さむ   詩楽麿

              言ってやらなきゃ判らぬ野暮へ 
                   江戸の生まれのいい啖呵   与太郎(都々逸)

              虚空蔵菩薩を祖父として水菜   くをん

              鷲鼻のシェフの水菜のプチサラダ   くをん

              ぶぶづけや春の季語類鉢合わせ   to_shi_bo




もう一句。実はこちらが自分的には本命句でした。
人選に採って頂き、嬉しかったです。
しかし・・・私の句は平凡な言葉しか使ってないですねー。
もう少し教養を蓄えて、もっと語彙を増やさなければ。。

ずぶ濡れのものら痛まし水菜さへ  中原久遠 

f0053297_22444514.jpg


写真は、水難の渦中にあった我家です。修理完了し、水難からやっと解放されました。
ただいま、レンズの修理から戻ってきたオリンパスのミラーレスの撮影練習中。
ネットでマニュアルを読んだら、今まで使っていなかった機能がいっぱい。
手早く設定を変える練習中なのですが、とろい私にはきつい修行です。
[PR]
by mariko789 | 2015-03-20 22:51 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

月朧(つきおぼろ) :俳句

ヴィーナスの乳房ふつくら月朧   くをん
(ヴィーナスのちぶさふっくらつきおぼろ)

f0053297_1582291.jpg



季語: 朧月、月朧  【春】 ・天文
・春は大気中の水蒸気によって月がぼんやりと見えることが多い。春らしい趣の月である(by 角川季寄せ)


                          Thank you very much!

                    ドナウ川 連なる街に冬歴史      詩楽麿

                    国境の街に横たうドナウ川
                          エステルゴムに情緒届けし    詩楽麿 
 
                     降る雨に黒ぐろ光る春の河         くをん

                    着ると暑く脱ぐと寒くてつくしんぼ  池田澄子 (麗門様よりご紹介)






◎ 昨夜はティピカルな朧月でした。幻想的ですよね、朧月・・・♪
  上の画像は以前に撮ったもので、ブダペストの「漁師の砦」です。



◎ 蛇足。昨晩ベランダから撮ったティピカルな朧月 ↓

f0053297_14282564.jpg

[PR]
by mariko789 | 2015-03-05 14:16 | olympus OM-D E-M5 | Trackback

師走(しはす) :俳句

文字化けのメール飛び来る師走かな
(もじばけの めーるとびくる しわすかな)

f0053297_15555351.jpg


つい先日、飛び込んできたのは、こんな文字化けでした ƒ}ƒŠƒR @‚³‚Ü
メール全文が文字化けではなくて、この部分だけ。理由は皆目見当もつきません。

さて。
レンズ不具合のオリンパスですが、一昨日からカメラバッグに入れて、布団の中に入れ、じわじわと温めています。
昨日は調子が良くてモニターに「レンズの状態を確かめてください」の文字も表示されず、なんとかシャッターも降りたのですが、
今朝はまた、もとの不具合に戻ってしまい、真っ黒なモニターに「レンズの状態を~」の文字がくっきり。
理由は皆目、見当もつきません。
機械音痴のワタクシ、パソコンもカメラも判らないことだらけです。

今年もあと四日を残すのみ。
一年があっという間に過ぎてしまいますよねぇ…

                       Thank you very much!

                 凍てつきし部屋に孤老の花咲くや     詩楽麿

                 今もなお枯れずか夢の一欠片(ひとかけら)
                           脳裏を廻り寝る間も惜しむ    詩楽麿  

                 行く年やせめて富くじ当りたや       与太郎

                 煤掃いて水仙の花活けんとす        与太郎

                 針の世に晒す生身や去年今年(こぞことし)  くをん



◎ 画像は、ブダペストの中央市場です。
  年内にもう一度、ブダペストに行きたいと思ってはいるのですが。。






 
[PR]
by mariko789 | 2014-12-27 16:11 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(14)

牡丹鍋(ぼたんなべ) :俳句

牡丹鍋嗅がせ胎児を弾ませる  中原久遠
(ぼたんなべ かがせたいじを はずませる)

f0053297_1337741.jpg


俳句集団いつき組 夏井いつき組長 選評(地選)

これ絶対、味噌味の「牡丹鍋」なんだろうなあと想像しました。「喰い」ではなく「嗅がせ」が巧いなあ。その匂いが「胎児」に届いたかのように腹の中でビクンと動くのが分かった、というリアリティ。「弾ませる」という表現が非常に生き生きしていて、これも「天」に推したい一句でありました。


牡丹鍋というのは、猪鍋のことです。
私は昔、奥飛騨の温泉宿で食べた記憶があります。
安いツアー宿でしたので、お肉はちょっぴりだったかなぁ。 

ところで、胎児の臭覚ですが、11~15週頃に鼻がきちんと形成されています。
よって、母親が嗅ぐ匂いや食べ物の匂いも胎盤や臍の緒を通して判るそうです。

久々の地選、ものすごく嬉しかったです。
今まで俳句ポストに投句したなかで、自分的には一番納得のできた句で、
もしも没ったら、これからどのように俳句を詠んだらよいのか路頭に迷うところでした。
組長に採って頂き、ほっとしました。
こののち、体調不具合もあり、俳句もずっと不調が続いています。(>_< )  
写真は添え物で、句とは無関係です。

                     Thank you very much!

            弾ませる 今日も元気に頑張るぞ~ッ!   idea-kobo

            イノシシの鍋に踊りし肉破片        詩楽麿

            にんげんがとぐろを巻いて牡丹鍋      くをん

            黒門も落ち葉の中となりにけり        与太郎


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2014-12-19 14:09 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(18)