always over the moon

カテゴリ:collaboration( 22 )

手水(ちょうず)  :俳句




 惜しみなく君が手水に花のまま   久遠(旧:流星)
 (おしみなく きみがちょうずに はなのまま)


 季語: 花 (桜)   【春】  植物




☆写真は とし坊さま より。神社の手水鉢に落ちていた桜花。








f0053297_15234298.jpg







********************************************

    ありがとうございます。 (敬称略)


 花浮かぶ手水使わず去ぬるかな    漫歩

 赤々と情炎燃ゆる終の恋、     yamaoji

 初虹ややがて鼠が引いてゆく      よし

 祈願込め 浮きし桜に 目をとられ 心に漂う 試練の波よ    詩楽麿

 美手注ぐ 祈願の乙女 仕事か恋か  詩楽麿


More
[PR]
by mariko789 | 2010-04-22 15:21 | collaboration | Trackback | Comments(2)

ちちははを夜空にさがす星の盆 :俳句

ちちははを夜空にさがす星の盆  流星
(ちちははを よぞらにさがす ほしのぼん)

季語: 盆【秋】行事
初めてNHKのフォト575に入選した作品でした。



f0053297_13574778.jpg


・。・皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・。・☆・。  

終戦は 御盆と共に 有りにけり   Nong-Khai

逝きし人 何処にありしか 盆の夜    詩楽麿

父母(ふぼ)想い 舞う蛍火や 盂蘭盆会    yamaoji.

More
[PR]
by mariko789 | 2008-08-10 13:56 | collaboration | Trackback | Comments(0)