always over the moon

カテゴリ:Sony Cyber-shot G( 118 )

アンコール・トム/バイヨン ③

【カンボジア アンコール遺跡群 アンコールトム/バイヨン③】



1)バイヨンの柱の浮彫  蓮のうてなで踊るアプラサス(天女)
f0053297_12421017.jpg



         

         坂道の破れ芭蕉や風の音    よし

         梳る夫の憂いや秋すだれ    流星

         蜂の唄聞いて微笑む糸瓜かな   よし

         秋遍路ちちへははへと写経せり  流星

         葛の葉はダムの底まで行き着かず    よし

         バイヨンに 地湧の菩薩の 踊り出て   idea-kobo

         初秋陽に 石浮き菩薩 祈り届けむ   詩楽麿

         菩薩舞う浮き彫り姿石の上 
               祈り叶えと絶えぬ民達    詩楽麿



More(続きはこちら)
[PR]
by mariko789 | 2012-09-13 13:04 | Sony Cyber-shot G | Trackback

アンコールワット③

いると思ったんですよね~
野生の生き物が。
やっぱり棲んでいました。野猿でした。



1)母と子。それぞれの明日、それぞれの望み。
f0053297_13352598.jpg


          

         眼を病むや灯火親しき宵なれど     よし

         首なしの仏に走る稲光          流星

         墨書あり 祇園精舎の 跡追いて     銀河王子

         瘋癲と云われまた啼く虎鶫        よし

         遺跡前 野猿親子に 晩夏さる     詩楽麿

         今もなほ 遺跡訪ねる 人々の 
                 祈り叶えと 首なしの像     詩楽麿



More(続きはこちら)
[PR]
by mariko789 | 2012-09-04 13:56 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(38)

青簾(あおすだれ) :俳句

.

           やは肌に灸すゑをり青すだれ  久遠 (旧:流星)
              (やわはだに やいとすえおり あおすだれ)

季語: 青簾(あおすだれ)、簾、竹簾、伊予簾、絵簾、古簾  【夏】 生活
灸(やいと)=お灸のこと

f0053297_1255294.jpg



            

            月光の 忍び入りたる 青簾        詩楽麿

            慕えども すでに宿りし 恋人を 
                    簾透かして 如何に忘れむ     詩楽麿

            射干や那須与一を待ち焦がれ       よし

            短冊に記さぬ想ひ梅雨の星         流星

            青すだれ ちょこっと覗いて エエかのう   idea-kobo
            


なぜか簾というと、父方の祖母を思い出す
彼女の肌は真っ白で搗き立ての餅を思わせた
うつ伏せになり、露にした白い背に灸を据えていた祖母
その姿は幼心にも、なにか見てはいけないもの
秘密の匂い
そこはかとなく性的なものを感じさせた
いま考えてみれば当時の祖母は
老女というのにはまだ若かったのだ
簾越しに覗いていた祖母の白い肌
[PR]
by mariko789 | 2012-07-08 13:05 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(49)

カモメのナナサン

イスタンブール


1)ある日のこと、見晴らしの良いテラスで朝食をとりました。
  写真を撮り終り、食事の向きを海に向け直し、腰を下ろすと・・・・
f0053297_1302080.jpg







2)一羽のカモメが、ひょんと私の目の前に止まったのでした。
  『絶好のシャッターチャンス!』
  テーブルの上にあったコンデジ(カメラ)を慌ててON!
f0053297_1324741.jpg



                

                麦殻の火ばかり闇に紅くして     よし

                見晴らすや 街並み夏に 衣替え     詩楽麿

                離れ地の 忘れじ人へ 今もなお 
                        思いのたけを 鴎に託す    詩楽麿

                誘蛾灯逢ふ瀬の虫のもろともに     流星

                夕立や逢引宿の灯は潤み         流星

                出合茶屋霞みしけふの夕立かな     麗門
                




◎続きはMore をクリックしてね~♪ 

More
[PR]
by mariko789 | 2012-06-19 01:49 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(39)

六月 :俳句

.



          四の五のと言うな空憂き六月に   流星
                  (しのごのと いうなそらうき ろくがつに)




f0053297_2402849.jpg


季語:六月(ろくがつ)  【夏】 時候


◎画像出演は、イスタンブール在住のカモメの七(ナナ)さん。



              

              指先に玩具のやうな天道虫    よし

              葛切や細腕奮ふ京の友  流星

              ぶぶ漬けに葛切までも喰らふ客   流星
              
              黒髪の貞子が招く井戸浚   流星

              あまたある 鳥に睨まれ すくむなり    詩楽麿

              時は今 色褪せたるや 光沢を 
                       歳を凌駕し いざ磨かむや    詩楽麿

              六月に やっと梅雨入り おしめりが       idea-kobo



[PR]
by mariko789 | 2012-06-07 03:18 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(38)

白雨 :俳句


 



            彼方より悲鳴聞こゑし白雨止まず    流星
               (かなたより ひめいきこえし はくうやまず)




f0053297_1443462.jpg

                      季語: 白雨(はくう)、夕立、スコール、驟雨   【夏】 天文


                  


 
                 

                      雷去れば山に隠れる夏の月    よし

                      煉獄の地は愛に似た茅花揺れ    よし

                      胸乳のかがよふ白さ晶子の忌    流星

                      蜘蛛の子の脚焼き尽くす酒場の灯  流星

                      五月雨や人なき岸の一軒家      与太郎





◎画像は去年の7月、マレーシアのキャメロンハイランドで、トレッキング中に撮ったもの。
  いきなりの激しい雨に襲われ、廃屋に避難しました。画像の上の黒い部分は廃屋の屋根です。
  どこからかぎゃあっという叫び声が聞こえてきて、ぞくっとしましたが、それっきり静かになり・・・
  あれは鳥の声だったのかもしれません。
[PR]
by mariko789 | 2012-05-30 11:47 | Sony Cyber-shot G | Trackback

コンデジでもマニュアルモードが、面白い・・・か?

ふだん、コンデジってシーンセクションかオートで撮ってますよね
私はそうでした。
しかし、コンデジのダイアルをよくよく眺めてみたら、M(マニュアルモード)もついていました。
ところが、取説を開いて最初から最後まで読んでみたところ、M に関する記述はないのです。
要するに、あるにはあるけれど、使わないほうが身のためだよ・・・みたいな?
とはいえ、シンプルに出来ているコンデジの背面、あれこれ弄っているうちに、わかりました。
シャッタースピードや f値を変える方法。




ソニーコンデジ (DSC-HX5V)
《M マニュアルモード》 



★f/3,5       ★露出時間 1/8秒      ★ISO-1600
★フラッシュなし(強制)                ★ホワイトバランス オート
f0053297_1363557.jpg




★f/8       ★露出時間 1/5秒      ★ISO-1600
★フラッシュなし(強制)               ★ホワイトバランス 電球
f0053297_138367.jpg




かなりの枚数を撮ってみたのですが、家の中なのでプライバシーが写り込んでいてアップできません~(汗
ホワイトバランスも、数ある設定によっては、黄色っぽくなったり、赤っぽくなったり、なかなか面白いです。
それと、コンデジは、どのような設定にしても、ピントが合いやすく、、
もっと言うならピントのほうから歩み寄って合わせてくれる感じです。
そこが一眼とは違いますよね~。
コンデジで、当たり前に撮れた写真ではなく、個性のある写真を撮ろうと思ったら、マニュアルがいいのではないか。
コンデジこそマニュアルで撮ると面白い、、これが今回のテストの結論です。

More
[PR]
by mariko789 | 2012-04-14 14:06 | Sony Cyber-shot G | Trackback

幻だったのか

いつのまに眠ってしまっていたのか。。
トレッキングから帰ってきてランチを食べて、、、ベッドに寝転がり本を読んでいたのに。
ふと頭から沈んでいくような、不安定な心地になり目が覚めた。
水でも飲もうか・・・
ベッドを離れ、リビングの窓際にひっそり置かれた舟形のソファーを、なにげなく見た。
なぜか視界が傾いて見える。奇妙だ。


あっと息をのむ。
彼はあの頃と少しも変わらない笑顔でそこにいた。

彼は微笑んだまま、すうっと音もなくドアを通過してゆく。
「待って!」 
私は声にならない叫びをあげ、彼のあとを追った。
f0053297_1333948.jpg


            

            覚めたるに像を結ばぬ春の雨       よし

            真昼月 追憶招き 春を呼ぶ        詩楽麿

            過ぎ去りし 記憶の彼方 旅立ちし 
                    君との語り 月花に求む     詩楽麿

            翔べるなら春らんまんの墓のもと        流星



 (続きは More  をクリックしてくださいませ。)

More
[PR]
by mariko789 | 2012-04-11 13:42 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(60)

ケンクラチャン ボートハウス リゾート @タイ(ケンクラチャン国立公園)

私も今まで何百というホテルに泊まりましたが、そのユニークさにおいて、ここは三本指に入るでしょう。
(Kaeng Krachan National Park)

1)私が泊まったボートハウスです。数多いどのボートも池に浮かんでいますが、固定されているので動きません。
f0053297_1235167.jpg


ここ、ケン クラチャン ボートハウス リゾートは、ペチャブリ県のケンクラチャン国立公園の中にあります。
バンコクの中心からタクシーに乗って行ったのですが、それはそれは遠かった!
2時間くらいかと高をくくっていたら、どうしてどうして。。
国立公園の中に入ってからも、山道を走るわ走るわ、両サイド深い森林のほかは何も見えない・・・
と、噂に聞いていた広大なケンクラチャンのダム(貯水地)が右手に見えてきた!
けっきょくお目当てのボートハウスに到着したのは、3時間余も走ってからでした。
(帰りは、ここからホアヒンに行ったのですが、ホテルの車で1時間半、料金は1200バーツでした)。

このボートハウスは、ダムに面して建てられており、朝夕に眺める水辺は、絶景でした。
遠縁の舞ちゃんと一緒に行ったのですが、一つのベッドを分け合うというのもナンなので、別々のボートに宿泊しました。

        

        音も無く 心に迫る 春の水          詩楽麿

        珍しき 泊まりの宿に 身を委ね 
             心揺さぶる ダムの水面よ      詩楽麿

        虫の音 カラオケ船に 歩く人         銀河王子

        頬白の囀る里の墨衣               よし



More (続きはこちら~♪
[PR]
by mariko789 | 2012-04-02 13:22 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(66)

フルーツと女と・・・バンコク点描

タイの首都バンコクは、さまざまな貌を持っている。
超モダンなビル群が林立しているかと思うと、安っぽくてきらびやかな夜の街もあり。


そして一年中、フルーツが豊富で美味しい。
切り売りのフルーツは、安くてフレッシュ。どこの屋台も客足が途絶えない。
この店は、お好みの果物を、ジュースにシェイクに、サラダにします、という。
f0053297_12252943.jpg


More (続きはこちら~)
[PR]
by mariko789 | 2012-04-01 12:56 | Sony Cyber-shot G | Trackback