always over the moon

カテゴリ:Nikon D80( 630 )

ボイセンベリー(木苺)、赤ミラベル、ヒメジョオン





ボイセンベリー(キイチゴ) 
今年はボイセンベリーの豊作でした。
高低の差の激しい気温や、強風、日照りにも負けず、沢山の実をつけてくれました。
去年は食べなかったのですが、今年はジュースに混ぜて飲んでいます。栄養価が優れているんですって。

f0053297_12182560.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-08-08 12:43 | Nikon D80 | Trackback | Comments(22)

日本から届いた句集と絵葉書 




一昨日、日本の友人(Y・Rさん)からの郵便小包で、句集が届きました。
f0053297_20122259.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-08-05 20:36 | Nikon D80 | Trackback

薔薇 :俳句





薔薇倒る火攻め水攻め地震(なゐ)の攻め   久遠
(ばらたおる ひぜめみずぜめ ないのせめ)

f0053297_13193897.jpg


季語:  薔薇(ばら)  【夏】 ・植物



異常気象が言われて久しいとはいうものの、近年の異常ぶりは甚だしいと思う。
猛暑や火山の噴火、自然発火の山火事。洪水、台風。そしていつどこで起きるか判らない地震。
ハンガリーは温泉だらけの国なのに地震はないな、と思っていたら、誤解でした。
7月19日に、マグニチュード3,9の地震あり。
日本のような大きな地震は来ないとはいうものの、1763年にはマグニチュード6,3の地震で60人死亡。
世界中どこに住んでも、自然災害はつきもの。いざというときのための備えはしておかなければね。

More (続きを読む) 
[PR]
by mariko789 | 2015-08-03 13:40 | Nikon D80 | Trackback

薔薇(紅/白)、忘れ草、スイカズラ、底紅、



  
【紅薔薇】

六月の初めから順繰りに三輪咲いて、名残惜しげに散ってゆきました。
散ってしまったあともハート型の花びらが幾枚か風にも飛ばされず地面に落ちていました。 
f0053297_12192854.jpg
 



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-07-15 13:18 | Nikon D80 | Trackback | Comments(27)

苺&チェリー不作、ラズベリー、レッドカラント

今年のブダペスト近郊(我家)の気候はとみに奇妙。
この原因は、あまりに上下しすぎる気温にあるのか、強風や大雨が続いた悪天候に拠るものか、さっぱり分かりません。
ともあれ、この不安定な気候のせいか、我庭の果物の収穫が激減しています。


(1) (1) 苺

いつもより小さいかな?とは思いましたが、花は沢山咲いたのです。
しかし、収穫時の今、実があまりに少ない。しかも大半は食べる気が起きないほど小さい。
二日間、10粒ほど採って食べましたが、諦めました。
去年は実の最盛期に留守にしてしまいましたが、その前に飽きるほど食べたのに。

f0053297_13455766.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-06-12 14:31 | Nikon D80 | Trackback | Comments(16)

芍薬、ハリエンジュ、薔薇、イヌバラ、ポピー、

庭の花シリーズです。


(1) 芍薬 (しゃくやく) 紅色

f0053297_141033.jpg


f0053297_1413877.jpg 三箇所の茂みに、

百以上の花が咲きます。

匂いも良く、蜂が群がっています。




More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-05-21 14:25 | Nikon D80 | Trackback | Comments(30)

暖か  : 俳句

水笛に集ひくる鳥あたたかし  中原久遠
(みずぶえに つどいくるとり あたたかし)

f0053297_22113193.jpg


季語:  暖か       【春】 ・時候


※ 松山俳句ポスト365 五十六回め投句 兼題(第108回) 『暖か』 : 人選 2

              
                    Thank you very much!

              あたたかし此処に三日は夏日じゃが  idea-kobo 

              鉢の藤すがるものなく花咲きぬ     与太郎 

              行く春や琴の覆ひの古錦        与太郎

              行く春やペットショップの値下げ札    くをん

              温かき庭の筵や小さい子         与太郎

              老人を支える杖に若葉かな       詩楽麿

              幾久し旅の途上に雨宿り
                    人の温もり古家の香り      詩楽麿 




◎ 水笛というのは、文字通り水を入れて吹く笛で、写真のは、ブダペストの屋台で買いました。
   吹くと鳥そっくりの音色です。
   庭で調子にのって吹いていたら、隣の奥さんに睨まれました。

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-28 22:32 | Nikon D80 | Trackback | Comments(28)

洋ナシの花、桜桃の花、姫プラムの花、

あっというまに、庭の果物の花が満開になりました。
前回投稿した杏の花はもう散り、円錐形の実がなるプラムの花だけはまだ咲いていません。



1) 洋ナシの花。普通にお店で売っているサイズの実がなります。
   気品のある美しさで、ずーっと見ていても見飽きません。

f0053297_1313472.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-20 13:31 | Nikon D80 | Trackback | Comments(22)

ミニプラムの花、杏の花、セイヨウヒイラギ、ヒメオドリコソウ、パンジー

庭に咲いている花々、前回の続きです。



1) ミニプラムの花。この実は小さいけれど凄く甘くて美味しいのです。
  花は盛りが過ぎて、どんどん散っているところ。

f0053297_14205552.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-04 14:33 | Nikon D80 | Trackback

春の風 :俳句

 春風や獣医の鞄ふくらみて  中原久遠
(はるかぜや じゅういのかばん ふくらみて)


f0053297_15361813.jpg


季語: 春の風、春風(はるかぜ・しゅんぷう) 【春】 ・天文

※ 松山俳句ポスト365 五十一回め投句 兼題(第102回) 『春の風』 : 人選

                       Thank you very much!

                  大寺や畳の上の春の風    与太郎 
 
                  我が子さえ所在知れない冬去りぬ   詩楽麿

                  久遠なる命の連鎖なお続き
                       木の葉の如し我が命かな    詩楽麿

                  朧夜の気づかぬほどの下り坂   池田澄子 (麗門さんよりご紹介)

                  マラソンの息の絶え絶え二月尽    くをん

                  黒猫に蹴られ奈落へ雛人形        くをん

                  ふくらみて笑いが止まらん我が財布   idea-kobo


◎ 写真は古いものの使いまわしです。この写真、好きなので♪
[PR]
by mariko789 | 2015-02-28 15:39 | Nikon D80 | Trackback