always over the moon

カテゴリ:Nikon D80( 627 )

聖夜 


 箸洗ふ聖夜の星は星として
 (はしあらう せいやのほしはほしとして)

f0053297_06113559.jpg

◇ 季語: 聖夜 【冬】 行事

◇ e船団 俳句クリニック 2016年12月28日  谷さやんドクター : 今週の十句
  聖夜はとっくに過ぎてしまいましたが、谷ドクターに選んで頂き、良かったです。(俳号:汝火原)
f0053297_06124892.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日記 聖夜の食卓】

  上の画像は夫の手料理、鶏の丸焼き。23年ぶりにクリスマスのシェフになってくれました。
  あとは私の手抜き料理。春巻やら、スモークサーモンやら、おつまみ系。
  クリスマス・プディングは買って、火をつける用のブランデーも用意しましたが、まだ食べていません。
  すっかり体重オーバーになってしまった夫が、お正月に切ろうというので、それでもいいかと。
  
  あと、ここだけの話、私が鶏より美味しいと思ったのが、北京ダックでした。
  冷凍のを買ってオーヴンで焼いてほぐして、ついてきたパンケーキにのせ、胡瓜と葱の千切りものせ、
  タレをかけ、包みこんで頂く。下の画像は、焼きあがったばかりのダック。私も体重オーバー気味です。

f0053297_06242927.jpg



※ じつはあと二句、今年の句が残っているのですが、暗めの句なので、三が日が過ぎてから投稿しようと思います。
  その前になにか明るめの句が入りましたら、更新いたします。
  皆さま、今年もお付き合い頂き、有難うございました。 どうか良き新年をお迎えくださいませ。








[PR]
by mariko789 | 2016-12-30 06:35 | Nikon D80 | Trackback | Comments(18)

毛布(もうふ) :俳句


 わたくしを発酵させる毛布は黄
  (わたくしをはっこうさせるもうふはき)

f0053297_16251226.jpg


◇ 季語 : 毛布 【冬】 ・生活

◇ 松山俳句ポスト 九十八回め投句   兼題(第159回) 『毛布』 :  地選一句、 人選二句 (中原久遠)

◇ 発酵という言葉はぱっと浮かんだもの。推敲もなにもせずすらっとできた句で、没とばかり思っていました。

◇ 選者の「俳句集団いつき組」 夏井いつき組長の選評。
   

f0053297_16262411.jpg

◇ 画像は家に飾ってあった薔薇の花です。



◇ 下の二句は人選を頂きました。


毛布の闇足すりあはす音さびし  
(もうふのやみ あしすりあわすおとさびし)



 

f0053297_16353470.jpg

贈られしらくだの毛布パオの初夜
(おくられしらくだのもうふパオのしょや)


◇ 上の画像は、プラハ動物園で撮った、モンゴルの住居パオ。右側の派手なのは、屋内の天井。
  じつはこの句が本命でした。
  自選力がなく、本命句が没ることが多いのですが、今回は人選に採って頂き、ほっとしました。
  来年の課題は、もっと自選力をつけること。








[PR]
by mariko789 | 2016-12-28 16:43 | Nikon D80 | Trackback | Comments(16)

帰り花(かえりばな)


 人間の指なつかしむ帰り花
 (にんげんのゆびなつかしむ かえりばな)


f0053297_00072821.jpg


◇ 季語: 帰り花、返り花  【冬】 植物
 ※ 11月頃の小春日和に、桜、梅、梨、躑躅などの草木が本来の季節とは異なって咲かせた花のこと。
    人が忘れた頃に咲くので、「忘れ花」といった言い方もされる。「二度咲」「狂い咲」ともいう。(by wikipedia)


◇ テキストブック「NHK俳句」12月号  堀本裕樹選 佳作 (中原久遠)


◇ 画像はハンガリーで撮った写真の蔵出しです。



More (日記を読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-12-24 00:31 | Nikon D80 | Trackback | Comments(24)

貴船菊(きぶねぎく)


 裏庭にすこし猫背の貴船菊
 (うらにわにすこしねこぜのきぶねぎく)

f0053297_16040727.jpg



◇ 季語: 貴船菊(きぶねぎく)、秋明菊(しゅうめいぎく) 【秋】・植物

◇ 現代俳句協会ネット句会/11月/汝火原 マリ

◇ 画像は裏庭の日陰に咲いていた貴船菊です。(9月~10月にかけて)
  日が差さないので、ついに一輪も上を向かずうつむいたまま終ってしまいました。
  とし坊さんと百合さんにお見せすると約束をしたものの、今まで句に選が入らず、
  お蔵入りになるところを、貴重な一票を頂き日の目を見ることに♪ 
  これにて今年の秋の俳句はお終いです。たぶん。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日記 ・エリナー・リグビー】

リヴァプール、スタンリー通りのベンチに座ったエリナー・リグビーのブロンズ像。
(エリナー・リグビーはビートルズの歌の中のヒロイン)。。

f0053297_16081067.jpg

ここでも小鳥のロビンは、孤独なエリナーに、歌いかけているような。
ロビンとは書いてありませんが、絶対にロビンです。ロビンは野生でも人間を恐れないので、すぐ側まで来るし。
イギリスの国鳥ですし。

そういえば、昨日、庭でちらっと青い小鳥を見かけました。 
アオガラ(Blue tit)です。気品のあるブルー。いつか撮れるといいなぁ。
それと、ちっちゃなクリスマスツリーを買いました。ツリーにライトが灯ると、なぜかウキウキするのは不思議♪












[PR]
by mariko789 | 2016-12-03 16:12 | Nikon D80 | Trackback | Comments(18)

ねんねこ ② :俳句



  ねんねこの母たちつくす線路際
  (ねんねこのははたちつくすせんろぎわ)

f0053297_14580626.jpg


◇ 季語 :   ねんねこ  【冬】 ・生活


◇ 画像は以前タイのホアヒンで撮ったものです。私が幼い頃住んでいた家も、このような線路際にありました。


◇ 句は、去年の俳句ポストの兼題「ねんねこ」で、落選したものを一字推敲しました。
  今回、二人の方に採って頂き日の目を見ることに。現俳協ネット俳句会/10月/汝火原 マリ




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【日記 初雪と、(しなさい)】

いやはや、寒いはずです。昨日の朝、起きて外を見たら、このようになっていました。
まだ咲いているフクシアが震えています。
(※ 今朝も同じ。昨夜から雪か雹が降ったり止んだり)

f0053297_15075003.jpg

写真を撮ってたら、ロビンが飛んできたので、餌をあげました。もはやミミズを探すのは難儀と思う。
初雪と思いますが、顆粒状のアイスが大量に含まれていて、これは雹(ひょう)ですね。
雹で一句…(うーむ)  初雪で一句…(うーむ)

水曜日からずっと悪天候が続いていましたが、木曜に暴風雨の中、お墓参りに行ってきました。
で、その帰りに街で用足しのついでに、撮った写真。

f0053297_15145337.jpg


わりとお洒落なブティックなのですが、 SuperdryStore.  という看板の上、 

極度乾燥(しなさい)

という文字、読めるでしょ。私はこの(しなさい)という命令形に衝撃を受けました。
俳句でも命令形はインパクトが強く、特別な使い方です。
それとこの( )カッコはなにゆえに?
俳句でも、カッコはどうしても文学的な必要性がある場合にのみ使えます。
この看板のカッコには、文学的、あるいは商業的な必要性があるのでしょうか。
この店で売っている服には 極度乾燥 というロゴが付いてますが、若者たちは「カッコイイ!」と思うのでしょうか。

追記:コメント欄で教えて頂きました。人気の秘密  SuperdryStore. 極度乾燥(しなさい) 

いずれにせよ、極度乾燥は、この街には大いにけっこう。
曇り、雨、雪で、ついにスーパームーンも撮れずじまいでした。












[PR]
by mariko789 | 2016-11-19 15:27 | Nikon D80 | Trackback | Comments(20)

桃(もも) :俳句


  視姦めく箱入り桃の品定め
  (しかんめくはこいりもものしなさだめ)

f0053297_23082359.jpg


◇ 季語 :桃、桃の実、白桃、水密桃  【秋】 ・植物


◇ 『愚陀佛庵 インターネット俳句会』 館長 八木健氏選 特選
  9月末〆、10月発表分。
  八木健先生の楽しいハイクアート(イラスト)を添えて頂き、嬉しさ倍増です。(汝火原マリ)

f0053297_23110395.jpg
 

◇ 最近、複数のネット句会に参加していますが、こちらの句会は川柳っぽい句も採って頂けるので、
  肩肘はらず、悩まず、楽しく詠ませて頂いてます。八木先生、有難うございます。


◇ 画像は、桃ではありません。ハンガリーの庭で撮ったアンズです。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日記・ 子どもの本】
もう一ヶ月も前ですが、近くの図書館で、「秘密の花園」という子どもの本をリクエストしました。
その図書館には現在置いてないものの、リヴァプール内の別の図書館にあるので、取り寄せてくれるというのです(有料)。
二週間くらいかかると言われましたが、その後、届いたという知らせはありません。

話は変わって。
夫が、街の中央図書館に行った折、ついでに「ピーターラビット」の本を借りてきてくれるように頼んだのですよ。
検索して、そこに何冊かピーターラビットの本があるのは突き止めてあったのです。
ところが、夫が子どもの本のコーナーに赴くと、係りの人に、「ここは大人は立ち入り禁止です」と言われたのですって。
大人は子どもの本を閲覧できない。お父さんは子どもの本を借りられない。
何故だと思います?
じつはこの国では、子どもへの性犯罪が深刻な問題になっているのです。
うっかり男性が、子どもの本のコーナーへ行こうものなら、変質者と間違われる。

昨日も、YouTubeで日本の小学生が一人で電車に乗って通学するのを見て、夫がのけぞっていました。
日本は安全な国なんだなぁ、、と。
そうですよ、私自身小学生のころ電車通学をしていた時期がありますが、問題はありませんでした。
日本は子供にとって安全な国。そう思います。今でもそうですよね?

で、「秘密の花園」「ピーターラビット」ですが、街の本屋さんに注文しようかしら。借りるのは無理そう。









[PR]
by mariko789 | 2016-11-08 23:38 | Nikon D80 | Trackback | Comments(18)

新絹(しんぎぬ):俳句



  新絹を緋に染めあげて清の妃へ
   (しんぎぬをひにそめあげてしんのひへ)


f0053297_16143975.jpg

◇ 季語 :新絹(しんぎぬ) 【秋】・生活
   その年の繭から取った糸で織り上げた絹 (by 角川 必携季寄せ)

◇ RNB南海放送ラジオ 【夏井いつきの一句一遊】 兼題「新絹」11月4日(金曜)放送 「天」
  「落書き俳句ノート」で放送の内容を読むことができます。 ボランティアの聞き書きの方々に感謝です。
  石川焦点さまとご一緒に「天」を頂きました。組長、ありがとうございます。

◇ この句は、私には珍しく、ぱっとできた句で、推敲もなにもしていません。
  「新絹」という文字を読んで、映画ラストエンペラーが浮かびました。清王朝の最後の皇帝に、十四歳で嫁した美貌の正妃。
  その顔を隠す、婚礼の緋色の布。中国では赤はお祝いの色ですが、同時に血の色でもあります。
  やがて時代に翻弄され、哀れな末期を遂げた妃。

◇ 画像は中国の詩絵。いぜん知人の所蔵のものを撮らせて頂きました。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【日記 丸焼けの公衆電話】
イギリスの治安は日々悪くなっている気がします。
うちの近くの公衆電話、ついこの間まではちゃんと使えたのに、今は丸焼けになっていて使い物になりません。
不良少年たちか、公衆電話の何たるかを知らない外国人が、油をまいて燃やしてしまったのだと思います。
その無残な姿の写真を撮りたかったのですが、誰が見ているか判らない、危険だから止めなさいと夫に止められました。

公衆電話のすぐ側には、郵便ポストがあります。夫曰く、ポストの投函口にも、火をつけたマッチを投げ入れる人がいるとか。
重要な郵便物はここには出せません。それでもうちの近辺はまだ治安が良いほう。

我家からはだいぶ離れているのですが、姑が住んでいたあたりは、銃撃戦がしばしば。大半は、麻薬売買のこじれが原因とか。
姑がずっと通っていたショッピングセンターは、二階の窓ガラスが銃で割られ、今は警察官が常駐しているそうです。
そこでは、買物客が流れ弾で殺されましたが、ニュースにもなりませんでした。
義兄が同じリバプールの救急病院に勤務していて、暴力や殺人の被害者が運ばれてくる数の激増に嘆いています。
女性が一人で外出するのは、よほど注意をしないと危ないかもしれません。









[PR]
by mariko789 | 2016-11-06 16:57 | Nikon D80 | Trackback | Comments(16)

林檎(りんご):俳句



   算数にがんじがらめの子へ林檎  
    (さんすうにがんじがらめのこへりんご)

f0053297_23053302.jpg

◇ 季語: 林檎(りんご)  【秋】 ・植物

◇ 『e船団 俳句クリニック』  10月26日 久留島元ドクター : 今週の十句
  選評をご紹介するかどうか迷ったのですが、私自身、勉強になりましたので貼り付けました。

f0053297_23115546.jpg

  選んで下さった久留島元ドクターに感謝です。


◇ 画像はさきほどキッチンで撮りました。泥縄です。小さな林檎は庭の小鳥たちと分け合っています。





【日記 :スマートテレビ 】

我家のTVは、ケーブルで繋げなくてもインターネットと繋がって(最初にパスワードを入力しました)、
YouTubeも、パソコンを通さずにそのまま観られます。

f0053297_23190029.jpg
で、普通のテレビ番組より、YouTubeを観ている時間のほうが長い。
夫はテレビ大好き人間で、一日12時間くらい観ているのじゃないかしら。

実は私はあまりテレビが好きではありません。静かに本を読んだり、俳句を考えたりするほうが楽しい。
しかし、一緒に観ないと夫が不機嫌になるので、一日4~5時間はお付き合いで観ています。
これが非常に苦痛。テレビ番組が進行中も、夫がずっと喋っているので、音声多重放送になっていて、
英語で同時に進む二つの会話と状況を把握するのに、神経がめちゃくちゃ疲れるし。
炊事をしたり掃除をしたり、家事をして逃げられる時間がありがたい。

とはいえ、日本の映画やドラマ(英語の字幕つき)では、思わず引き込まれるのも多々あります。
あと、「カラオケバトル」は、夫も私も大いに楽しみました。これは字幕もいらないですし。
英国の歌手のスカウト番組も観ていますが、夫曰く「日本人のほうが格段に歌が巧い!」と。

あと、毎日観ているのはアメリカの大統領選挙関連です。
ホワイトハウスに入るのは、ヒラリー氏かトランプ氏か? 








[PR]
by mariko789 | 2016-10-28 23:38 | Nikon D80 | Trackback | Comments(20)

秋薊(あきあざみ):俳句



   ことごとく雨つぶ砕く秋薊   中原久遠
   (ことごとくあまつぶくだくあきあざみ  なかはらくをん)


f0053297_13365151.jpg

季語: 秋薊(あきあざみ)  【秋】・植物


※ 松山俳句ポスト 九十三回め投句 兼題(第154回) 『秋薊』 :地選(1)  人選(1) 

◎ 俳句集団いつき組 夏井いつき組長選。久々の地選、思いがけない句で頂きました。
  自分的に本命だった句は選外。あとで気づいたのは、その句は季語をリスペクトしていませんでした。
  俳句は季語が主役。これからは気をつけます。
  その選外句は、化粧直しして、他へ投稿しますので、ここには書けないのですが。。
  組長の選に依り、教えて頂くこと数多。
  講演や句会などに出席するチャンスのない私、学びの場である「俳句ポスト」と組長に、心から感謝をしています。

◎ 画像は以前、ハンガリーの庭で晩夏に撮ったもの。
  雑草を刈るときにこの花も刈っていたのですが、野生的で、とにかく棘が痛くて、まいったのを覚えています。


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-10-04 13:54 | Nikon D80 | Trackback | Comments(13)

鬼灯(ほおずき) :俳句



  鬼灯や夕に艶めく泣きぼくろ
 (ほおずきや ゆうにつやめくなきぼくろ)


f0053297_14511289.jpg

  季語: 鬼灯 【秋】 ・植物

◎ 画像は、以前撮ったものの使いまわしです。(現代俳句協会/8月/汝火原マリ)

◎ この投稿のコメント欄は閉じております。





[PR]
by mariko789 | 2016-09-22 14:53 | Nikon D80 | Trackback