always over the moon

カテゴリ:Nikon coolpix P510( 141 )

ブダペストの洞窟教会




f0053297_1431130.jpg 去年の暮に行ったブダペストの洞窟教会です。
越してきたときからずっと気になっていましたが、やっと念願叶って入館できました。
中央市場のあるペスト地区から、ドナウ川に架かる自由橋を渡り、右手にあるゲッレールトの丘の麓に教会はあります。ゲッレールトの丘は、高さ140m、中世には、ペストの丘(Mons Pestiensis)と呼ばれていました。
通りに面した大きな岩の上に十字架が立っているのが教会の目印です。

写真は、エントランス。
入場料は、500フォリント/大人。
解説を聞けるレコーダーを無料で貸してくれますよ(英語、ドイツ語)。

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-01-19 15:15 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(22)

電飾のトラム @ブダペスト



ブダペストのクリスマスに欠かせない、電飾のトラムです。
一時間に何本もないので(普通のトラムはどんどん来ます)、待っている間がつらい。
でもそのつらさはきっと報われる。



待ちに待った、電飾のトラム2号がやってきた!

f0053297_2344495.jpg




夫 「さっさと撮れよ。寒いんだから」

f0053297_237215.jpg




私 「できれば乗りたかったなぁ、あのトラムに」

f0053297_2393889.jpg




夫 「もっと撮らないと! 反対側のトラムが来ちゃうから」

f0053297_2404381.jpg




私 「あ、ほんとだ! 反対側のが来て、見えなくなっちゃう」

f0053297_2415848.jpg




私 「あ~~~~!!」
電飾のトラムが走り去ってゆく・・・

f0053297_2425878.jpg



夫 「さて、もういいだろ。帰ろうか」
私 「いやだ、まだ帰らない。もう一回、撮りたい」

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-12-23 02:57 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(21)

年末のブダペスト




昨日は朝から晩までブダペストの街に張り付いて写真を撮ってきました。
いちばんの目的は、ライトアップのトラムだったのですが、それはまた後日。
持って行ったカメラは、Nikon CoolPix P510 と、Canon PowerShot SX50HS。
今回はCoolPix で撮ったなかから。


1) 国会議事堂のクリスマスツリー

f0053297_1626494.jpg


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-12-16 16:50 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(20)

冬ごもり : 俳句





米びつに米ざくざくと冬ごもり

f0053297_14462759.jpg


◎ 季語 : 冬ごもり 【冬】 ・生活

◎ 写真は庭で撮ったものです。

Thank you very much!

冬ごもり でけるもんならしてみたい   idea-kobo

遠吠えを呑み込んでゆく冬の霧 久遠(12/03)

手套ぬぐ刑事二人が甘味処  久遠(12/05)


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-12-06 14:53 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(20)

スワン : 俳句





スワン降る真つくらやみに脚を突き
(すわんふる まっくらやみに あしをつき)

f0053297_14315050.jpg


◎ 季語 : スワン、白鳥、 【冬】 ・動物

◎ 写真は白鳥ではなく、カモメで、加工しています。ハンガリーで撮影。
(現11月(初)/2015/汝火原 マリ)
[PR]
by mariko789 | 2015-12-06 14:34 | Nikon coolpix P510 | Trackback

氷下魚(こまい) :俳句




少年の魚籠に氷下魚と海のつぶ
(しょうねんの びくにこまいと うみのつぶ)

f0053297_1422514.jpg



◎ 季語 : 氷下魚(こまい)  【冬】 ・動物

◎ 写真は以前ハンガリーで撮ったものです。(現11月(初)/2015/汝火原 マリ)
[PR]
by mariko789 | 2015-12-06 14:24 | Nikon coolpix P510 | Trackback

玉子酒 :俳句





ゆきひらに湯気ふはふはと玉子酒
(ゆきひらに ゆげふはふはと たまござけ)

f0053297_1427182.jpg


◎ 季語: 玉子酒(たまござけ) 【冬】 ・生活

◎ 写真は以前ハンガリーで撮ったものです。(現11月(初)/汝火原 マリ)
[PR]
by mariko789 | 2015-12-06 06:56 | Nikon coolpix P510 | Trackback

今年最後の庭の花

この数日、秋日和というより、冬晴れの好天が続いています。
伸びすぎた無花果の木を伐ったり、枯れた芍薬の葉茎を根元から伐ったり。
林檎やチェリーの葉は赤や黄に色づき、どんどん落ちています。

真紅の薔薇は固い莟のまま、咲きそうで咲けない。
毎朝、霜が降りる寒さなので、咲きかねているようです。

けれど白い薔薇は、元気に咲いてくれました。
右側は、ぎりぎりまで接写したもの。肉眼ではよく見えない薔薇の芯。クールピクスの威力だな。

f0053297_14475446.jpg






今年はもう咲かないと諦めていた、菊(ですよね?)の一群が好天に恵まれいっきに開花しました。
今年は大輪です。栄養は市販のものと、卵の殻を砕いたのをあげましたが、正しかったのかどうか。

f0053297_14504691.jpg







左は、セイヨウヒイラギの実です。真っ赤です。
こちらも接写してみました。拙者、接写が好きです(なんちゃって)
右側は、お馴染みのコスモスですが、未だに咲いていて、なぜか化け物的大きさのが一輪。
背は1メートル近く、普通の花の3倍くらい大きな花が咲いています。
栄養は・・・何もあげてないのですが~~(--;) 

f0053297_1454093.jpg





f0053297_1514770.jpgさて。家の売却ですが、売れそうで売れません。
昨日も一客、予約があったのですが、キャンセルになりました。
今日も夕方、予約があるのですが、果たして来て下さるかどうか。
考えてみたら、年末年始の引越はかったるいので、もうこうなったら、二月まで売れないでほしい。
というわけで夫と相談し、12月から値段を1割ほど上げることにしました。売れないでいい!
で、私がこの一週間、頑張っているのが床磨き。
僅か8畳ほどの部屋なのですが、越してきた直後、床を磨いても磨いても綺麗にならないので、
私が中途半端に磨いた後、夫がニスを塗ってしまったのです。
それがどうしても気に入らないので、今更、磨きなおしています。
ニスを取り除き、元々の油染みを取る。毎日3~4時間。それ以上すると、肩が抜けそうに痛くなる。
あと3~4日で完成したら、夫に仕上げのニスを塗ってもらいます。
(写真の右側が3~4回、磨いた部分。左側は、1~2回、磨いた部分。)


先日、嬉しいことがありました。
俳句の先輩、時田幻椏氏が、埼玉文学賞の俳句部門で受賞なさったのです。
幻椏さんは朝日俳壇に110回もご入選された、私が尊敬する先輩。
お会いしたことこそありませんが、時折メール交換をさせて頂き、いつも刺激を頂いております。
詳しくは、幻椏氏のブログの記事をご覧くださいませ♪

◇埼玉文学賞 受賞者発表
◇埼玉文学賞 作品紙上発表
◇埼玉文学賞授賞式
[PR]
by mariko789 | 2015-11-05 15:12 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(16)

家の売却 その(1)

今年の春からの懸案だった家の売却。
9日の金曜日、ついに夫が重い腰をあげ、駅前の不動産屋に行ってくれました。
そして12日(月曜日)に担当の人が家の写真を撮りにくるというので、
先週末は死に物狂いで掃除と整頓に励んでいました。
僅か二年半しか住んでいないのに、ダンボール箱など、ゴミが出るわ出るわ。

そして12日。
ラッキーだったのは、担当になって下さった女性が、少し英語を話すスペイン人だったこと。
もちろん彼女はハンガリー語もぺらぺら。二十年以上もハンガリーに住んでいるそうで。
夫と彼女がスペイン語で話すのを、スペイン語わかりませーんの私は、にこにこと聞いていました。

f0053297_1339029.jpg


あちこちの不動産屋に依頼するのは面倒なので、彼女と専売契約を結びました。
売り急いでいるので、彼女が提示した相場よりずっと低い価格にしました。買った値段より安い。
家のあちこちのリフォーム、下水道の接続など、払った費用も入れると、大きな損失です。

ハンガリーは大好きだし、もしも言葉がわかれば、もっと楽しく暮らせたと思う。
けれど、ここで夫の就職を探すのは難しそうだし、この先、世界になにが起こるか分かりません。
日本の皆さまは「まさか」と思われるかもしれませんが、欧州の真ん中に住み、
マスメディアが報じない世界の出来事を調べていくにつれ、何かが起こり始めていると強く感じます。
もちろん、何も起こらなければそれに越したことはないのですが。

英国の姑も老齢になっているし、まずは英国に帰ろう。早く帰ろうと思います。
こちらはもう初冬。冬に家を買う人はあまりいないと思うので、早くても来春の売却かしら。
不動産屋の担当は、「冬でもこの価格なら売れる」と請け負って下さいましたが。
売り買いは水物ですし、果たして・・・。
いずれにせよ、これからは毎日掃除にリキを入れ、私自身も小奇麗にしていなければね☆

◎ 画像は、庭に遊びにきた近所の猫。うちには飼犬がいないので、欠伸なんかして寛いでいます。
[PR]
by mariko789 | 2015-10-14 13:36 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(23)

蓮の実 :俳句

蓮の実や髑髏に目鼻口の穴  中原久遠
(はすのみや どくろにめはなくちのあな)

f0053297_132688.jpg




季語: 蓮の実(はすのみ、はちすのみ)  【秋】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 六十六回め投句 兼題(第126回)『蓮の実』 : 人選 (二句)

Thank you very much!

コスモスを投げてドナウや人恋し    麗門 

娘(こ)の墓は故国にありて秋彼岸   久遠(9/13)

老猫に骨の手強き焼秋刀魚  久遠(9/15)

彫物の彩は褪せるも男郎花  久遠(9/17)

通り魔の霧に濡れゐる片目かな  久遠(9/18)

数学の教師のジャージ秋暑し   麗門

蓮の葉を歩いてわたる道化師(ピエロ)かな  yamaoji


More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-09-20 13:37 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(16)