always over the moon

カテゴリ:retouch/anima/paint( 54 )

ふるさとの寄る辺とだえし寒月夜 :俳句



f0053297_19232475.jpg





ふるさとの寄る辺とだえし寒月夜    流星
(ふるさとの/よるべとだえし/かんつきよ)

◎ 季語:   寒月夜   【冬】 ・天文 







クリスマス目前だというのに、いつも暗くてすみません!
次回こそ、ぱーっと明るいのを打ち上げますので!

(撮影:12月の満月+近所の猫の合成です)









★☆~皆さまから頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪~☆★


ふるさとの 寄る辺偲んで 唄うたい    極楽とんぼ

寒月夜 鋭き光 猫眼              Nong-Khai
[PR]
by mariko789 | 2008-12-23 09:16 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(43)

横なぐる秋雨に灯る傘ひとつ :俳句



 横なぐる秋雨に灯る傘ひとつ 流星
(よこなぐる/しゅううにともる/かさひとつ)

f0053297_22394715.jpg


季語: 秋雨(あきさめ・しゅうう・しうう) 【秋】 天文







・。・☆皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・。・☆・。  

秋雨に 迎えの温もり 思い出す         SARAH


秋雨情 足音灯火 待ちわびて          Aki


濡れしまま 抱かれてもいい 秋雨かな     漫歩


横なぐる秋雨に灯る傘ひとつ        (流星)
     早く来てねと心おどらせ      (愛)


横なぐる秋雨に灯る傘ひとつ         (流星)
 ぽたりぽたりと雫おちゆく          (らっこ)


灯をこぼす格子ベンガラ初時雨          道州


傘もなし 秋雨に紛れ 鳥を待つ            詩楽麿

鳥飛びし秋雨を裂きて濡れままに  宛てさえ知れず彼方の空に   詩楽麿


秋雨の 煙る向うに 人が待つ            Nong-Khai


我が頬を つたう涙は 想う君へ、          yamaoji.


傘ひとつ 持てば安心 ウォーキング         極楽とんぼ

More
[PR]
by mariko789 | 2008-11-13 22:36 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)

青蜜柑 (あおみかん) :俳句

死ねもせで手にまろやかな青みかん 久遠 (旧: 流星)
f0053297_23503330.jpg


(しねもせで/てにまろやかな/あおみかん)

季語: 青蜜柑(あおみかん) [秋]


・。・☆皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・。・☆・。  

貧乏を兄と耐えたり蜜柑剥く          よし


死ねもせで手にまろやかき青みかん     (流星)
    生き行くことの証しなるかも       (愛)


神の手にゆだねしいのち青蜜柑        道州


死ねもせで手にまろやかき青みかん     (流星)
   思い出重ね生命(いのち)繋がん    (らっこ)


己が心(おのがしん) 見えぬ魔手おり 乱されむ   yamaoji.


青蜜柑 見れば見るほど 唾の湧く           極楽とんぼ


青蜜柑 すっぱき味も また人生            SARAH


人生は 其処に歴史を 刻むもの 地獄知らずんば 天国知らざり Nong-Khai


青蜜柑 内包種の 未来抱く             詩楽麿

More
[PR]
by mariko789 | 2008-11-11 23:47 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)

林檎に刃くるくる生まれる赤い蛇 :俳句



林檎に刃くるくる生まれる赤い蛇  流星







f0053297_1645416.jpg

(りんごには くるくるうまれる あかいへび)


◎ 季語:林檎(りんご) 【秋】








・。・☆・。頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・。・☆・。  

ひばりいき 歌いし林檎 なお実る!    詩楽麿

赤い蛇 邪念渦巻く 我が心        極楽とんぼ

渦巻きは 見ててグルグル 眼が廻り    Nong-Khai

リンゴに歯 飛び散る果汁に 初恋思う    sarah

季語: 林檎 [秋]

More
[PR]
by mariko789 | 2008-10-18 20:32 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)

耳のなか生きているぞと蚯蚓鳴く :俳句

耳のなか生きているぞと蚯蚓鳴く  流星
f0053297_2131738.jpg

(みみのなか いきているぞと みみずなく)


季語: 蚯蚓鳴く(みみずなく) [秋]
(昔の人は夕方どこからともなくジーッと音がするのを蚯蚓の鳴き声だとした。実は螻蛄=けら の鳴き声)



・。・☆・頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪・。・☆・。  

ウニャウニャと クネる姿は 我が人生    Nong-Khai

ミミズ鳴く じじいじじいと うるさいのう…    極楽とんぼ

時雨音 窓の隙間に 秋忍ぶ    詩楽麿

夕闇に 虫の音運ぶ 秋の風     詩楽麿

More
[PR]
by mariko789 | 2008-10-12 21:01 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)

禍々し悪夢にぐらり月夜舟 :俳句

禍々し悪夢にぐらり月夜舟 流星
(まがまがし あくむにぐらり つきよぶね)

f0053297_1131070.jpg

季語: 月夜 【秋】天文


・。・☆・皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・☆・。

うたた寝の 晩夏に揺らぐ 母の影    詩楽麿

今朝のこの夢 南天畑のバクに喰わせろ ( ぼたん祖母さま)

うたかたの月に漂ふ浮世かな     道州

女だから 母恋しくて 夢枕       yamaoji

頂いた 余命を生きる 仏の道      極楽とんぼ

More
[PR]
by mariko789 | 2008-08-25 11:00 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)

秋没日 :俳句


秋没日げんこで拭う目の雫  久遠 (旧:流星)
(あきいりひ げんこでぬぐう めのしずく)

f0053297_1112476.jpg


季語:秋没日(あきいりひ) 【秋】
この作品は、NHKのフォト575で入賞し、テレビで放送され、本にも掲載されました。







・。・☆・皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・。☆・。  

目の雫? 号泣みたいな 雨が降る   極楽とんぼ

一人観る ニャンとも言えぬ 黄昏ぞ    詩楽麿

げんこつで拭ふ泪や秋没日    道州

猫想う 夕日の果てに なにがあると    yamaoji. 

季語: 秋没日(あきいりひ)

More
[PR]
by mariko789 | 2008-08-22 11:10 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)

月よ月忘れられても恋よ恋

月よ月忘れられても恋よ恋  流星
(つきよつき わすれられても こいよこい)

f0053297_11182730.jpg

季語: 月 【秋】



埃にまみれた人形みたい
愛されて捨てられて
忘れられた部屋の片隅


季語:月 【秋】

・。・☆・皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .☆・。  

ツキよツキ 回って来いよ 手の平に   詩楽麿

ツキよツキ わが人生に 降り注げ


子の愛でる 人形其処に 魂宿る    Nong-Khai

蒼き月 其の灯りにて 闇照らす


月よ月 何故においらに ついてくる   極楽とんぼ

More
[PR]
by mariko789 | 2008-08-19 11:16 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)

U ターン夏のきらめき壊れてく

U ターン夏のきらめき壊れてく  流星
(ゆうたーん なつのきらめき こわれてく)

f0053297_1120287.jpg

季語:夏【夏】時候

旅の帰りって、どうしてこんなに疲れちゃうのかな。。


。・☆・皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・。・☆・。  

長旅は 厳しい試練と 同じ物 感動が有り 別れも有り   Nong-Khai

壊れゆく夏のきらめき旅の果    道州

旅の果て 辿りし里に 癒されて 悠久の夏空 ジッと見つむる    詩楽麿

加齢だよ カレーを食べて ボケ防止    極楽とんぼ

撮影: 2007年7月 タイ・サムイ島から、帰りのフェリーにて。

More
[PR]
by mariko789 | 2008-08-17 11:19 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)

貝の爪ならべ素足や眠りけり



 貝の爪ならべ素足や眠りけり  流星
 (かいのつめ ならべ すあしや ねむりけり)





f0053297_8471087.jpg




秘めたるは貝を枕の水中花

(ひめたるは かひをまくらの すいちゅうか)


◎ 季語: 素足 [夏]
      : 水中花 [夏]

◎ 撮影:チェンマイ。近所に咲いていた花と、家に飾ってあった貝殻を合成しました

More
[PR]
by mariko789 | 2008-07-26 08:44 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)