always over the moon

カテゴリ:retouch/anima/paint( 56 )

葉牡丹 :俳句

葉牡丹の己を抱くふしあはせ   中原久遠 (流星マリコ)
  (はぼたんの おのれをいだく ふしあわせ)

季語: 葉牡丹(はぼたん)  【冬】 植物

※ まつやま俳句ポスト 二回目投句 兼題 『葉牡丹』    :並

f0053297_3235683.jpg


 夏井いつき句集より (とし坊さまよりご紹介)

 ・幻聴やたかみにくらき桐の花
 ・敬老の日の警報のでてをりぬ  
 ・うぐひすに見せてはならぬ鏡かな
 ・花びらを追ふ花びらを追ふ花びら


 
                        Thank you very much!

                     御手洗の氷をすてる二月かな         与太郎

                     葉牡丹の渦葉広がり歩を止めし        詩楽麿

                     外輪の白花揺れし葉牡丹の
                             紫内輪人生縮図          詩楽麿

                     行きゆきてけふ棲む国の雪を見る      流星マリコ



今年に入ってから、まつやま俳句ポスト365に投句をし始めました。
じつは半年も前から親しい句友にお誘いを受けていたのです。
けれど、そのサイトには既に「流星さん」がいらっしゃいますし、
私はあまりそういう場所に参加するのは好まないので、ずっとロムさせて頂いていました。

そのうちに、選者の夏井組長の、懇切丁寧な俳句のご指導に、感動を受けるようになりました。
とくに「添削の杖」というコーナーが素晴らしい。
文語、歴史的仮名遣いの使い方など、知らないことばかりでした。
また、入選なさっているお句の個性の豊かさも、読ませて頂いてとても楽しい。

やがて、毎回眺めているだけより、参加してみようかという気になりました。
ともあれ、まつやま俳句ポストには、「流星」では紛らわしく申し訳ないので、
中原久遠(なかはら くおん)という俳号で投句させて頂くことにしました。

「久遠」とした理由ですが、五年ほど前、大丈夫さんという句友から、
「流星というのは、すぐに消えてしまう。長く俳句を続けるならもっと永続性のある名前にしたら?」
とアドバイスを受けたことがありました。
このたび、そのアドバイスを思い出し、久遠と致しました。
これなら長続きだけはしそうです。たとえ細々とでも。
まだまだ俳句を生涯の趣味にする覚悟はできてないので、
暫くは「流星マリコ」でいたいと思っていますが、
ずっと先になって、中原久遠になるかもしれません。
私は面倒くさがりなので、あまり次々と俳号は変えたくないですし。

というわけで、なんとか投句できれば、このブログでも俳句の更新ができると思います。
選外でもアップしますよ。ちなみに、この 葉牡丹の句は、二回目の投句で、並選を頂きました。
初回投句の 霜 も並選を頂きましたので、次回にアップすると思います。
相変わらず全く季節感のない句ですが、これが私の句ですから仕方がありません。
並選に拾って下さった選者の夏井組長に感謝です。
たとえ週に一句でも、与えられた兼題で詠むって難しい。
人生はそうでなくてもつらいことが多いので、趣味の俳句でまで苦しい思いはしたくありません。
まず一番に楽しく詠めればいいな、と思っています。

(※画像は葉牡丹ではありません。水族館で撮った写真を加工したものです)
[PR]
by mariko789 | 2014-01-31 04:20 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(20)

大晦日(おほみそか) :俳句

    プラスマイナス〆て御破算大晦日   流星マリコ
     (プラスマイナス しめてごはさん おおみそか)

季語 : 大晦日、大三十日(おほみそか)、大年(おおとし、おおどし)、大つごもり 【冬】 時候


f0053297_1530436.jpg



                            Thank you very much!

                     大みそか目溢しもあり薬喰い     kimcafe

                     元日や禰宜に出会ひし町はずれ   与太郎

                     大晦日 一夜明ければ お正月   idea-kobo


皆さま、本年は拙ブログにご訪問いただき、まことに有難うございました。
あまつさえコメントまで下さった方々には感謝でいっぱいです。
引越ばかりでリアルの友人に恵まれないワタクシですが、
淋しい思いもせず、今年も元気に越すことができたのは、
ひとえにブログ仲間の皆さまと、ロムさん達の声なき応援のおかげです。
皆様がよりよき新年を迎えられますよう、日ごろの感謝をこめてお祈りいたします。
また新年も変わらず、宜しくお願いいたします。
[PR]
by mariko789 | 2013-12-31 15:43 | retouch/anima/paint | Trackback

白鳥(はくちょう) :俳句

    白鳥や欠けゆく恋を擁きつつ  流星マリコ
      (はくちょうや かけゆくこいを いだきつつ)

季語: 白鳥、スワン、大白鳥、黒鳥、    【冬】 動物

f0053297_22461163.jpg


                       Thank you very much!
 
                 花さえも冷気に萎れ種と化す     詩楽麿

                 寒月の渡る軌跡を仰ぎつつ
                       春待つ心 西に沈まず    詩楽麿

                 楽奏にちゃりんと愛の手 社会鍋      流星マリコ


人の心の移ろいを 
とめることはできずとも
満ち足りたあの一瞬(とき)を
未来永劫
いだき続けることは
できるはず。。
[PR]
by mariko789 | 2013-12-17 22:50 | retouch/anima/paint | Trackback

十日の菊 :俳句


   バーゲンセール十日の菊のさき急ぎ  流星
      (ばーげんせーる とおかのきくの さきいそぎ)


f0053297_15315540.jpg


【季語】 残菊、残る菊、十日の菊  : 秋 (植物)
・ 晩秋、ひっそり咲き残っている菊。
  九月九日の重陽の日は「菊の節句」ともいい、それに間に合わなかった菊のことを「十日の菊」という。
  時期はずれで役に立たないことのたとえである。(by 角川俳句歳時記)


                  Thank you very much!

          marikoちゃん咲いて残菊皮肉れる   to_shi_bo

          菊畑 満開仰ぐ 空の青           詩楽麿

          白菊を千切り送りし我が母に
                 参列空に虹も浮かびし      詩楽麿

          さき急ぎ我先にと走り出し          idea-kobo 

          水悠々野菊の下を流れけり        与太郎

          今朝の雨菊の雫となりにけり          与太郎



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2013-10-25 15:45 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(23)

葡萄(ぶどう) :俳句

   白鳩の命をうるほして葡萄    流星
 (しろはとの いのちをうるおして ぶどう)

【季語】   葡萄(ぶどう)   : 秋 (植物)

f0053297_1483581.jpg

(画像は、イラストです。)

我が荒れ庭に、ささやかな実を垂らしている葡萄。
猛暑から或る日突然に強風が吹き冷たい雨がふり続く天候になり
成長がとまったまま熟れてしまいました。
小粒ながら口に入れれば、仄かに甘い葡萄の味はするものの。
そんな哀れな葡萄の、ひとつふたつ落ちた粒を、鳩がついばんでいました。
その鳩も、見ればあまりパッとしない淋しげな様子。
命あるものはみな、他者を助けたり他者に助けられたりして果てるもの。
私もきっとそんなふうに・・・・。


                 Thank you very much!

           不揃いの葡萄ふふみて逡巡す       あかね

           街出(い)でて見渡す限り蕎麦の花     よし

           捥ぎたての 葡萄ほうばり 秋を知る    詩楽麿

           かの人が指で差し出す葡萄粒
                     唇寄せて心をも吸う      詩楽麿




タイトルが「葡萄」なので、葡萄の検索で見えるお客様がいらっしゃると思います。
これもまたパッとしない画像ですが、我家の葡萄をアップします。

f0053297_14222513.jpg


実はまだハンガリーの長期滞在ビザが取れてなくて、9月9日で滞在許可が切れてしまいます。
もしもそのままビザ申請が拒否されれば、即どこかの国へ出なければならず、
その後半年はハンガリーに入れなくなります。
そんなこんなで、しばらくブログは休み休みになるかもしれません。
[PR]
by mariko789 | 2013-09-01 14:32 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(46)

イラストの練習をしています。

ちょっとワケがあって、数日前からイラストの勉強をしています。

つい最近インストールした inkscape の使い方を覚えながら。。

四番目の練習作 『花と少年』
f0053297_3583978.png



                 
                   Thank you very much!

           葛の葉に雨音激しき夜の闇        よし

           手習いに 秋も忍びて 枯葉描く      詩楽麿

           久々に 思い浮かべた 幼少期
                描くイラスト 懐かしきもの     詩楽麿

           なかなかの 出来栄え拝見 ホッとする   idea-kobo

           星飛んで天の河原に落ちにけり      与太郎

           コオロギの淋しう鳴いて留守の家      与太郎

           窓際のちさき机に衣被(きぬかつぎ)       よし



More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2013-08-23 04:27 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(48)

大試験(だいしけん) :フォト俳句



f0053297_2301119.jpg





父母のすねを噛みしむ大試験  流星
(ちちははの すねをかみしむ だいしけん)

季語: 大試験、進級試験、卒業試験、及第、落第      【春】 生活


 
ヤギのお父さん、スネがやせ細って立ち上がれないようです。
お母さんのスネも細々です。
世の中の受験生たち、どうか試験に合格しますように!
 
実はこの写真、ボツだったのですが、お父さんの表情が愉快だったので、駄句をつけてみました。

               
                

                 Thank you very much!

             柔らかな風に誘われ鳥雲に      よし

             大試験 人生の時々 試練あり   idea-kobo

             文よみて窓あけみれば春の月
                    我をとひくる花の一片   与太郎

             子育てに臑を削りし悲哀かな     詩楽麿

             歯も抜けてお歯黒如き口中も 
                   古来の順に老化止まらず    詩楽麿




最近、反抗的だった子ども時代が悔やまれてなりません。
次回、両親の墓参をする折には、心から謝りたいと思っています。 

More (木の上の小屋)
[PR]
by mariko789 | 2013-03-02 04:02 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(51)

羽子(はね) :俳句

,


f0053297_012388.jpg




大空へ翔んでゆきたくなつた羽子    流星
(おおぞらへ/とんでゆきたくなった/はね)



◎ 季語: 羽子(はね、はご)、羽子つき、追羽子(おいばね)、揚羽子(あげばね)、遣羽子(やりばね) 【新年】 ・生活

   ・女児の新春の遊戯の一つ。羽子つきは室町時代から胡鬼(こき)の子勝負として行われてきた。
    一つの羽子をつき上げては互いに送りあい競いあう「追羽子」と、
    一人で数え歌を口ずさみながらつく「揚羽子」がある。  (以上、角川歳時記)


◎ 画像は windows の paint にてマウスでお絵描き。


          

                     Thank you very much!

          思ひ出は炉明の猫大家族       よし

          なったわね 願い叶って鳥になり     idea-kobo

           空を切り ◎×△ 墨の味        くーぽあくーぱー

          遷り行き 見向きもされぬ 羽子板や       詩楽麿

          正月の姿変わるも人心の 
                 新たなりしや 変わらぬ思い      詩楽麿 





お正月がきて
また羽子(はね)のハニーの出番がやってきた
冬美ちゃんと雪子ちゃんの仲良し姉妹は
お空が晴れればお庭にでて
追羽子で遊びます

カーン カーン
羽子板で打たれるたびに
ハニーは「痛い痛い」と身をよじる

大空を見上げれば
雀が楽しそうに飛んでゆく

ハニーだって
ハニーだって
きっといつか雀みたくお空に飛んでゆく

冬美ちゃん、雪子ちゃん
今まで仲良くしてくれてありがとう

そう言いながら、大空高く高く高く
雲より高く
飛んでゆくんだよ
[PR]
by mariko789 | 2013-01-05 00:39 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(40)

2013年 賀正

.


f0053297_18162440.jpg


干支一字マウスで描く筆始   流星   (季語: 筆始 ・新年)
(えといちじ/まうすでえがく/ふではじめ)



        

                Thank you very much!


        元朝の陽射しを胸に 復活す     to_shi_bo

        想像の翼欲しきや去年今年         克

        筆始 筆おろしかと うろたえる     idea-kobo

        買初めや酒にビールに赤ワイン      よし

        初夢や見るものとてもなかりけり     与太郎

        あら惜しや早正月も三日たつ       与太郎

        二年目の四半世紀の初明り        幻椏

        切れ味に年を占う初仕事          築地

        姫始あけおめことよろ恙なく         issyo.k

        初詣 神に届けと 太鼓打つ         詩楽麿

        不景気で絞り出されたお賽銭 
            ちゃりんちゃりんと音もまばらに     詩楽麿





動物大好きな私ですが、蛇だけはどうにも苦手です。
けれど蛇は実は縁起の良い動物なんですってね。
鏡餅も、とぐろを巻いている白蛇を表したものだとラーダさんに教えて頂き、びっくりしたところです。
今年は、みーちゃんの年。
貴方も私も、み~んなが豊かに幸せになれますよう、心から祈念申し上げます。

◎ 画像は、マウスで描いた巳の絵。マウスでお絵描き、面白いですね♪

◎ 本日の 【本の受け売り】
 お正月にはゲームで使うチャンスも多い サイコロ
 古代エジプト王の棺からも出てきたくらい歴史あるバクチの道具。(by 開高健 『知的な痴的な教養講座』)
 う~ん、古代エジプトでどのようにサイコロが使われていたのかしらね・・・?
[PR]
by mariko789 | 2013-01-02 18:20 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(58)

素裸(すはだか) :俳句

.




                素裸の鳥よ私よ日は暮れぬ   流星
                    (すはだかの とりよわたしよ ひはくれぬ)




f0053297_11404366.gif



    季語: 素裸、裸、丸裸、裸子 【夏】 生活
    暮れぬ=もうすぐ暮れる (この場合の『ぬ』は完了ではなく、未来の事柄について確実に起こり得るという意)


◎画像は、photoscape のGIFアニメで、鳥を飛ばしてみました。連写したので、できました~♪
[PR]
by mariko789 | 2012-06-05 11:49 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)