always over the moon

カテゴリ:retouch/anima/paint( 54 )

野分(のわき)


 ドーベルマンに吐きもどされてゐる野分
 (ドーベルマンにはきもどされているのわき)

f0053297_14525760.jpg


◇ 季語: 野分(のわき)、野わけ 【秋】 ・天文
  (秋の強風。野を分けて吹くほどの意  by 角川必携季寄せ)


◇ この時期に、秋の句なのですが、「いつき組新聞」の「野分の座」にエントリーされた句です。
  1月発刊の新聞で、選の結果が出ました。貴重な票を入れて下さった方々に感謝です!
  諸般の事情により、今年から新聞の購入を中止しまして、投句も前回の「淑気の座」からお休みしました。
  今年から、海外在住でも無理せずできる範囲で俳句を楽しみたいと思います。家庭平和のためにも。

◇ 画像はレタッチしています。 コメント欄は閉じております。







[PR]
by mariko789 | 2017-02-08 15:03 | retouch/anima/paint | Trackback

風邪(かぜ)② 


 ももいろに茹だつてゐます風邪の貌
 (ももいろにゆだっています かぜのかお)


f0053297_15182010.jpg

◇ 季語 : 風邪(かぜ)  【冬】 ・人事(生活)


◇ 現俳協インターネット俳句会 2017年 1月/汝火原マリ
  
  
◇ 画像は、以前マウスでお絵描したもの。パソコン内の整理をしていて見つけました。
  俳句は、この絵にあわせて作りました。つまらない句ですが、票を頂いたので、投稿できました。
  いつの日か、水彩画(マウスでお絵描ではなく)と、もう一つ語学に挑戦できたらいいなぁ。生きていれば(笑)


◇ 投稿する俳句が溜まってしまったので、どんどん更新してゆくつもりです。コメント欄は閉じています。









[PR]
by mariko789 | 2017-02-02 15:22 | retouch/anima/paint | Trackback

鵙の贄 :俳句



  ダ・ヴィンチの描く人体鵙の贄
   (ダ・ヴィンチのえがくじんたいもずのにえ)


  鵙の贄牧羊神は槍を研ぐ
  (もずのにえ ぼくようしんはやりととぐ)


f0053297_04155671.jpg


季語: 鵙の贄(もずのにえ)  【秋】・動物

※ 松山俳句ポスト365 九十回め投句 兼題(第151回)『鵙の贄』 :人選 二句 (中原久遠)

◎ 画像の左半分は、ダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」  右半分は「牧羊神」の像です。
 
◎ 今回は、エキサイトブログの新管理画面の「通常編集」を使って投稿しました。
  なんとか慣れなければ。
  この投稿のコメント欄は閉じております。






[PR]
by mariko789 | 2016-08-31 04:22 | retouch/anima/paint | Trackback

うすもの :俳句




うすものや一指もふれずふれさせず

(うすものや いっしもふれずふれさせず)

f0053297_1842639.jpg



Thank you very much!

羅に透けるおもひを怖れをり   櫛原希伊子 (とし坊さまよりご紹介)



◎ 初蝶来何色と問ふ黄と答ふ  高浜虚子
  
◎ 季語 : うすもの 【夏】 ・生活 (現俳/6月/汝火原マリ)

◎ じつは2日の夕刻から突然ネット接続が切れてしまいました。
  一日半、ネットなしの暮らしで、時間がたっぷり(*_*;
  おかげで写真の整理が捗りました。

  で、ネット接続ですが、今さっき、やっと修復して、ほっとしました。





[PR]
by mariko789 | 2016-08-04 18:49 | retouch/anima/paint | Trackback

伊予柑(いよかん) :俳句




口中に匂ふ伊予柑けふの恋  中原久遠
(こうちゅうににおういよかん きょうのこい)

f0053297_13192861.jpg


季語 : 伊予柑 【春】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 七七回め投句 兼題(第137回) 『伊予柑』 : 人選


◎ 一昨年だったかな、マウスでお絵かきしたものです。

◎ コメント欄、閉じています。ただいま、プラハ旅行と、リバプール移転の件で、多忙です。






[PR]
by mariko789 | 2016-02-15 13:25 | retouch/anima/paint | Trackback

火事 :俳句




人妻の火事を映してゐる眸  
(ひとづまのかじをうつしているひとみ)

f0053297_1443091.jpg


季語: 火事(かじ) 【冬】・生活

投稿したい冬の俳句が5つも溜まってしまいました。
今日がもう立春ですので、急いで投稿してしまおうと思っています。
自分のメモですので、お仲間の皆さまはスルーして下さいませ。
コメント欄は閉じております。 (現/1月/汝火原 マリ)
[PR]
by mariko789 | 2016-02-04 14:10 | retouch/anima/paint | Trackback

月 :俳句




月遠し弥勒に脈のなき手首    中原久遠
(つきとおし みろくにみゃくのなきてくび)

f0053297_14521028.jpg


季語: 月(つき) 【秋】 ・天文


※ いつき組の新聞の「月の座」にエントリーされた句です。


Thank you very much!

今生の月に語らむ夢一部    詩楽麿
 
冬月に凍てつく手すら伸ばしつつ 愛しき人の面影見つむ  詩楽麿

月を見る 猿を決め込む 団子食う   yamaoji.





More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2016-01-31 14:04 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(16)

秋刀魚 :俳句




昨今の秋刀魚と母のかぼそさよ  中原久遠
(さっこんの さんまとははの かぼそさよ)

f0053297_13522930.jpg


季語: 秋刀魚  【秋】 ・動物

※ 松山俳句ポスト365 七十回め投句 兼題(第130回) 『秋刀魚』 : 人選

Thank you very much!

かぼそさよ それでもしっかり根をはって   idea-kobo

昨今の万聖節や魔女ばかり    麗門

懐剣のやうな秋刀魚を身の内に  久遠

残菊や捨てかねてゐる肖像画  久遠(10/28)

古下駄に南瓜載せたり裏畠    与太郎

明け染めし晩秋飾る秋刀魚雲   詩楽麿

煙るなか団扇ふりふり七輪の 秋刀魚焼きたる母の面影  詩楽麿



◎ ツイ友の、「このごろの秋刀魚は小さい」という呟きを頂いての一句でした。
   こちらでは秋刀魚は見かけません。大好きなんですが♪
   「母」は、痩せて小さくなってしまった英国の義母です。今回は、自分的本命句は没でした。
   ところで、俳句ポストの次の兼題は  『蜜柑(冬の季語)  締切 11月11日(水)』 とのことです。


◎ ハロウィンのイラストは、私の駄作です。
  皆さまの地域では、ハロウィンは盛り上がっていますか?
  こちらでは、八百屋に大量の、大きなカボチャが並んでいるほかは、それらしき気配もありません。
  なので、子どもたちにお菓子も用意していませんよ~
     





   
[PR]
by mariko789 | 2015-10-30 14:02 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(20)

桔梗(ききょう) :俳句

九つの姫の遺髪と白桔梗 中原久遠
(ここのつの ひめのいはつと しろききょう)

f0053297_13115447.jpg


季語: 桔梗(ききょう)、きちかう  【秋】 ・植物

※ 松山俳句ポスト365 六十三回め投句 兼題(第123回) 『桔梗』 : 人選

◎ この句には特定のモデルはありません。九つ=九歳です。
  もっと明るい句も出しているのですが、なぜか私の場合、採って頂けるのは暗めの句が多いのです。

Thank you very much!

白桔梗十二の遺髪笹の下  to_shi_bo

梳き流すあなたの髪や盆の月  麗門

晩夏光ポニーは野辺の草を食む 久遠(8/17)

鈴蘭や君主の抱く幼妻 久遠(8/21)

月あをき砂漠に紡ぐ千夜かな  久遠(8/22)

露草や終焉を説く陰陽師  久遠 (8/24) 

  
◎ しばらく涼しい・・・というより20℃前後の肌寒い日が続いていたのですが、
  天気予報に拠りますと、今日からまた30℃超えの夏日が戻ってくるそうな。
  もう何を着てよいのか。バスのなかでも風邪引きさんが目立っています。





 
[PR]
by mariko789 | 2015-08-24 13:17 | retouch/anima/paint | Trackback

花冷(はなびえ) :俳句

電気むさぼる花冷のドライヤー  中原久遠  (地選)

f0053297_0572584.jpg



 季語:花冷(はなびえ)  【春】 ・時候

※ 松山俳句ポスト365 五十五回め投句 兼題(第107回) 『花冷』 : 地選1、 人選1
 

 俳句集団 いつき組 夏井いつき組長 選評:

 同じ音系でも、こんな音もあるのだ!と愉快になりました。「花冷のドライヤー」が、温度としての対比イメージを持っていることは言うまでもありませんが、「電気むさぼる」という擬人化が巧いですね。「ドライヤー」ほど、使用している「電気」の量を思わせる電化製品はないなと納得。一句に隠された濡れた髪のイメージもまた「花冷」という季語を引き立てます。



思いがけない句で地選を頂き、びっくりしました。
このところ句作が煮詰まってしまい、冗談というか、遊び心で出した句でした。
今回の結果に勇気を頂き、これからも、色んなタイプの句を詠んでいけたらなぁ、、と思いました。

※ 写真はチェスター動物園にて。桜の花とフラミンゴ。
   レタッチで色彩を昔風にしてみました。

More (続きを読む)
[PR]
by mariko789 | 2015-04-18 01:14 | retouch/anima/paint | Trackback