always over the moon

地中海のマンボウ

北アフリカへ赴任していた夫が帰宅しました。
2ヶ月間で15kgも減量して、顔など見違えるほどほっそり。
あれほど出っ張っていたお腹もぺたんこになって、エネルギーが溢れているそうです。
その勢いで10時間ぶっとおしで現地の話を聞かされ、私は疲労の極致になりました。
現在紛争地になっている赴任地(仮にLBYとしておきます)の様子、
私が特に面白いと思ったところだけ書き出してみますね。
彼の職場(と寮)は、手付かずの地中海にほぼ面しているそうです。


f0053297_14434621.jpg

その青の極みの美しさはとても言葉なんかでは言い表せない。
ここLBYで、運転手や食堂のスタッフなど、下働きをしているのはほぼ全員がフィリピン人なんだ。
10年、20年、なかには30年も勤続しているフィリピン人がいて、彼らは庭で野菜や果物を育てている。
ゴーヤ、トマト、バナナ、コリアンダー、なんでもあるな。
釣が好きな人たちは、今はマンボウだらけだってこぼしてる。彼らはマンボウなんか食べないからね。
マンボウが、それも大きいのが、いくらなんでも異常だろうってくらい増えてるそうだ。
気候だけでなく、潮流も狂ってきているのかな。

鳥はスズメ。もう踏んじゃうくらいいる。
野犬もいる。LBYはイスラム教の国で犬は禁忌なのだけれど、
かつて外国人たちが連れてきたのを置いていってしまい、野犬化してしまった。
花はタンポポ。連日40℃という暑さの中を咲いているから、毎日水をあげてたよ。
社員食堂に1日3回行くのは面倒なので、2食にしている。肉類は鶏しかでない。
イスラムの国だから豚肉は禁じられてるしね。
牛乳の値段があがって、イギリスの5倍くらいもする。
テレビはないし、パソコンも自室にはないので、会社の図書館で借りてきた本ばかり読んでいる。
昔は欧米人が置いて行った英語の本が図書館に溢れていたけれど、イスラム過激派の奴が、
「本はコーラン以外はいらない」と、燃やしてしまい、今は少ししかない。
これからは、本を何冊かずつ持ってゆくよ。


話しながらもビールも止まらない夫。2ヶ月間、一滴も飲めなかった大好きなビールですものね。
私がいちばん聞きたいこと、「次の引越先」ですが、スペインは候補から外れました。
というより、これから欧州は危なくて住めなくなると、彼は予想しています。
欧州から離れるとなると、し残したことが沢山あり。
とりあえず、今の住まいの契約延長を交渉してみるそうです。
(画像は、同じ地中海でもスペインです)






[PR]
# by mariko789 | 2017-07-22 15:19 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(30)

夏草(なつくさ) :俳句


血痰や庭真四角を夏の草
(けったんや にわましかくをなつのくさ)

f0053297_19582570.jpg


Thank you very much!
.
滴る(したる)汗 樹木(きぎ)もうなだれ じょくしょかな   yamaoji.
.
風に舞いタンポポ咲くも地獄華    詩楽麿
.
タンポポの畑覆いし広がりも 平和の鐘の響く間に間に  詩楽麿
.
大水のやうやう引いて暑さかな    与太郎 
  


◇ 季語: 夏草 【夏】 ・植物       


庭の草があまりに生い茂ってしまい、伸びている部分だけでもと、鋏で剪りました。
治りかけのぎっくり腰を気遣い、前庭と裏庭と、1時間ずつ四日に分けてです。
夫にかかれば草刈り機でわけはないのですが、それでも太い茎やあまりに伸びているのは機械も嫌がるでしょ。
この国の湿った風土が身体に合わないのか、ときおり咳が止まらなくなり背骨に響くほど苦しい。

夫が予定どうり6月25日に帰国していれば、今頃は引越をしていたかもしれません。
でなければ借家の契約の更新をすませていたはずです。
今月中に帰ってきてもらわないと、契約更新をするったって間に合わない。
来月に入れば、もう更新はできなくなり、内覧の人たちが来はじめる。そうなったら絶体絶命のピンチです。

f0053297_19590538.jpg


先日は、お風呂場のドアの修理の人が来ました。
入居したときから不具合があったのですが、とくに支障はなかったのです。
この時期に不動産屋も一緒に来たのは、家の状態を検分したかったのでしょう。
イギリスでは、借主が家を汚く使うトラブルが頻発しているからです。
家を貸すほうも気が気ではないでしょうね。

それから、ガス・電気のメーターの交換も来ました。
純朴そうな青年が来て、もじもじしながら
「すみません。規則で、写真を撮らせてもらいたいんですけどぉ」
というので、ああ、ちゃんと工事をしたという証明に必要なのかと、
「すこしお待ちください」といい、二階に駆け上って髪の毛を整えてきて、彼の前に直立したら、
彼はぺこりと頭を下げて・・・ガス器具と電化製品の写真を撮り始めたのでした。



◇ 上の画像は裏庭。ね、こんな太い茎の雑草は草刈り機では難しいでしょう?
  下の画像は我家の表。ティピカルなイギリスの建売住宅。三軒長屋になっています。
  階下にキッチン、リビング、トイレ。二階に寝室が3つ。そしてバス&トイレ。
  玄関前の庭もぶっきらぼうな真四角です。







[PR]
# by mariko789 | 2017-07-16 20:12 | Sony Cyber-shot G | Trackback | Comments(33)