always over the moon

2017年 05月 29日 ( 1 )

Haiku in English (英語俳句)(1)


毎日英語俳句を作り始めて、ちょうど一ヶ月経ちました。
なんでもやってみないと判らないので、まず練習です。
英語俳句英語俳句・・・と考えても埒があかないので、まず英語の短詩を作る。とにかく毎日一詩つくる。
決まりは、短い3行。季語はなくてもよい。それだけです。
下の日本語訳は、ブログに載せるので、今さっきざっと訳したもの。日本語の句を最初に作ったのではありません。
日本語から英語に訳すのは、私には難しいです。


f0053297_16070930.jpg


The world is full of water,
seas, rivers,
lakes and teardrops
(Kuon 29/04/2017)
水の星 海・湖・川と落涙と (みずのほし うみうみかわとらくるいと)


Rowing a boat
to the isolated island
in the summer dusk.
(Kuon 30/04/17)
孤島へと漕ぎ出す小舟夏の宵 (ことうへとこぎだすボートなつのよい)


A lot of green buds
in my tiny garden,
heralds the summer
(Kuon 01/05/17) 
蕾らは夏の魁わが庭の (つぼみらはなつのさきがけわがにわの)


Tulips and tulips.
So many tulips and colors,
at the park in London.
(Kuon 03/05/17)
倫敦の苑の数多のチューリップ (ロンドンのそののあまたのチューリップ)


Daffodils line the park
although nearly summer,
still unchanged bright yellow.
(Kuon 05/05/17)
公園の色あせぬまま黄水仙 (こうえんのいろあせぬままきすいせん)


A few seagulls gather this morning
on the tall tower,
delighted with summer wind.
(Kuon 06/05/17)
夏の風塔に鴎の集う朝(なつのかぜとうかもめのつどうあさ)


Thank you very much!
.
梅雨に入る前のゴシゴシ綺麗好き   たんと(ブラシの木の写真俳句)
.
Bottle-brush trees scrub the sky.
They love to clean,
just before the rainy season. 
(英訳 by 久遠)
. 



いちばん悩むのが詩の最後の終止符です。打つべきかどうか。で、打ったり打たなかったり。
文法上の間違いがあっては嫌なので、単身赴任中の夫(英語教師)にチェックしてくれる?とメールしたところ、
ヘイヘイホーと快諾してくれました。これが赴任中でなければ、絶対に「メンドイ」と拒絶されるところ。
夫には毎日メールを書いているのですが、話題に事欠くのですよ。まさか5行や10行で終われないし。 
なので、短詩の文法チェックで、話題づくりにもなり、一石二鳥。
句読点の欠落、前置詞の欠落、三単現のSの欠落を何度か指摘されました(~_~;)
おまけに「僕の方がはるかに詩の才能がある」と言うので(昨日の電話で)
「なら、作りなさいよ、できるものなら」と応答しました。
今は練習中でこんなのしか作れませんが、今にきっと佳作をものにしてみせる!

このところ、日本語の俳句は毎日日記帳に記す4句以外、まったく作っていません。
ネット句会も(NHKも)すべて参加していません。 
地球のポールシフトと気候変動など、ちょっと込み入った調べものに時間を費やしています。
地球は今、大きな過渡期にきている気がします。







[PR]
by mariko789 | 2017-05-29 16:55 | Nikon D80 | Trackback | Comments(22)