always over the moon

2017年 01月 27日 ( 1 )

湯婆(ゆたんぽ) :俳句


 湯婆あけ夢のぬくもり流しけり
 (ゆたんぽあけゆめのぬくもりながしけり)

f0053297_15233327.jpg



◇ 季語 : 湯婆(ゆたんぽ)、たんぽ  【冬】 ・人事(生活)


◇ 現俳協インターネット俳句会 12月/汝火原マリ
 
  以前書いたように、湯たんぽを買ったので、なんとか考えた一句でした。
  いざ詠むとなると、難題でした。お仲間の票が入り、ほっとしました。


◇ 画像は、我家の庭の薔薇。
  この薔薇は手の届かない高い枝に咲いていて、今も寒中ながら、二輪咲いています。
  最近は、ロビンも来なくなったので、あまり庭にでなくなりましたが、
  出たときには、この薔薇の木に「お元気で何よりです」と声をかけています。

  久々に画像に文字を入れてみました。
  ふとNHKの「カシャッと一句フォト575」が放送されていた頃の雑誌を読み返していたら、とても懐かしくなって。
  当時のお仲間の殆どがちりぢりになってしまい、今では連絡も取れなくなってしまいました。
  皆さん、お元気でいてほしいです。そしてたまには夢の中でお会いしましょう。





  


[PR]
by mariko789 | 2017-01-27 15:30 | Nikon D80 | Trackback | Comments(20)