always over the moon

2016年 10月 18日 ( 1 )

花野 :俳句



   晩年や抜き手を切つて花野へと
    (ばんねんやぬきてをきってはなのへと)


f0053297_14344246.jpg


◇ 季語: 花野 【秋】 ・植物

◇ 現俳協ネット句会は仲間同士の互選なのですが、高得点の句と注目の句には協会の先生の講評がつきます。
  この句は、互選では零点でした。されど講評を頂いて、救われました。
  というのも9月の互選の結果は、5句出して合計で3点という、最悪なものだったからです。
  捨てる神あれば拾う神あり。拾ってくださった五十嵐秀彦氏の講評です。

f0053297_14395941.jpg

◇ この句を詠んだころ、YouTubeで日本のTV番組「メガ クライシス」を観て、危機感を抱いていました。
  「晩年」は太宰治も書いていますが、年齢とは関係ありません。
  毎日、無事に生きているということは奇跡かもしれません。

◇ 画像は、我家からシティセンターへ向かって歩いてゆく途中の景。
  正面のビルは学校か、学生寮か。近年、リヴァプールは大学や専門学校が林立して学生都市になっています。





【日記・自転車】

自転車を買ってから、だいぶ経ちましたが、先日やっと公園で1時間ほど乗れました。
過日ブログに書いた、サドルが左右に揺れる件は、夫に頼んで直してもらったのですが、
ハンドルが右に傾いて締めてあり、乗るとどうしても右へ行ってしまう。
それもなんとか直してもらったら、こんどはブレーキが利かない。
夫曰く、ブレーキが締まりすぎていてタイヤが傷むので、甘くしたと。
確かに、後輪のブレーキがタイヤに当たっていて、キィキィ鳴ってはいたのです。
しかしブレーキが利かないと、怖いので、それも直してもらったのですが、
公園で乗ったところ、後輪のブレーキが常時タイヤに当たっていて、重い。
ちょっとした坂道でも、登れない。

f0053297_14513424.jpg

私は小さいので、こちらの大人用自転車は乗れないので、ジュニア用を買おうと思ったのですが、
「通勤用折りたたみ自転車」というのを見つけ、銀色の車体が気に入って買いました。
今まで、日本やタイやバリ島で、自分の自転車やレンタルの自転車を何度も乗ってきましたが、
こんなに乗りづらい自転車は初めてです。
しかも、夫が、急降下の坂道(下りきったところが車が爆走する車道)を、下りろとかいうので、
すっかり怖くなってしまいました。ブレーキもなんだかヘンだし。
それでも自分の自転車があるというのは嬉しいものです。








[PR]
by mariko789 | 2016-10-18 15:09 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(16)