always over the moon

2009年 08月 31日 ( 1 )

流れ星 :俳句



息絶へし魚の眸に流れ星  流星





横道に逸れてよろしき子蟹かな    流星
(よこみちに/それてよろしき/こがにかな)

◎ 季語: 蟹  【夏】 ・動物





蟹は蟹。
まっすぐに歩くなんてできません。
好奇心のおもむくまま、どんどん横道に逸れてゆく。
蟹に生まれたのですもの、それでいいのです。


ある夜、砂浜で、子蟹が魚と出会いました。

「魚さん、こんなところに寝ていると、僕が食べちゃうよ」

「あゝ、蟹の坊やかい。わたしはもう死んでいるんだよ。坊やに食べられれば本望ってものさ」

「死んでるって? それってどういうことなの?」

子蟹が、びくびくしながら魚の瞳を覗き込んだその時、
硝子のような瞳の中に、さーっと流れ星が飛んでゆきました。

そうか・・・死ぬって星の国にゆくことなんだね。


f0053297_9938100.jpg


息絶へし魚の眸に流れ星    流星
(いきたえし/うおのひとみに/ながれぼし)

季語: 流れ星/流星   【秋】 ・天文



★またもや不気味な写真で、ごめんなさい!
(写真:ホアヒン・ビーチ,  Nikon D-80)






★☆~皆さまから頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪~☆★


うつくしき国を作らんと秋風に立つ      kawazukiyoshi


コン・ファラン 兜煮だしたら しかられた       銀河王子


ぬすびとは流星 心奪われし          とし坊


臨終に 子蟹と語る 鯛の目よ           詩楽麿

歩く先 死鯛と語る子供蟹かな          詩楽麿


台風の 渦中で兜煮 突く夕          のんかい


道をしへ三途の川の先までも           空見

息絶へし魚の眸に流れ星   (流星)
       落ち行く先は海空の紺       空見


魚逝き その実で生きる 食物連鎖        yamaoji
[PR]
by mariko789 | 2009-08-31 08:43 | Nikon D80 | Trackback | Comments(51)