always over the moon

秋雨に打たるるほどに貌もたぐ :俳句

f0053297_0132040.jpg


(あきさめに/ぶたるるほどに/かおもたぐ)



季語: 秋雨(あきさめ) [秋]

擡ぐ(もたぐ):持ち上げる。起こす。



・。・☆ 皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・。☆・。  


今日も又 苦労の数だけ 笑み浮かべ     al17


ほとばしる 笑みの素顔に 時雨止む       詩楽麿

歳刻み 小皺の語る 秋の暮れ          詩楽麿


秋雨に 手をかざしては 明日探す        SARAH


顔もたぐ 短足の上の 大あたま        極楽とんぼ


秋雨と 涙をふるい 面あげる           harumi


えんやらしょ仕事終わりの小鰭鮨        よし




____________________________________

この記事へのコメント


流星さん、こんにちは♪

今日の写俳も流星さんの世界で素敵!!

>困難を克服してきた人の顔は美しい。
>若い人の持って生まれた美貌より、老いた人の味わいのある顔はもっと美しい。

私も同感。
でも・・・まだ自分の顔はちょっと苦労が足りないのかも?(苦笑)

私は『眼差し』の美しい人、凛とした人になりたいと日々願って。
これから、一生懸命頑張って、深みのある顔、人間になりたいなぁ。

・・・それと、美しい言葉を紡げるひとに。
Posted by frogmomo at 2008年11月02日 08:44


流星さん、おはようございます。

秋雨に 打たるるほどに 貌の燈や   流星

深~い写俳。
特に貌の燈やが良い。

無駄なものを大胆に切ったから、余計に想像力が刺激される。

イメージは、清張の「張り込み」の一見平凡な主婦。
この、慎ましやかな伏せた美しい眼差しのどこに、あの、大胆にも情熱的な意志を見つけることができようか?
Posted by 遊子 at 2008年11月02日 10:09


様々な思いを抱かせる写俳です。
だから私が言ったでしょ。半日は潰されるって。(笑)

人の顔はその人が作りあげたものです。
ですから、若い頃はまだ刻むべきものが無いから平板、
歳と共に、生活の過程のなかでそれぞれの刻みが現れます。

このウエイトレス嬢、無感動な表情の目が穏やか、
内面には窺い知れぬものがあるでしょうね。

白人から見ると、東洋人のこうした表情が神秘的であり、
不気味感があるかもしれません。

人でも動物でも表情を追っかけ始めると病みつきになりませんか。
Posted by 漫歩 at 2008年11月02日 10:09


女性の顔って、歴史が表れるって言うよね。
きれいなのに、荒んだ影を感じる人も居れば、
それほど美人でないのに、とても、魅力的な人もいる。
良い人生を送っている人は、体内からのゆとりが表れるのでしょうね。

この写真、、、、、、流星さんかと思っちゃった ^^)
残念!!
Posted by 1セント・・・ at 2008年11月02日 10:21


こんにちは〜流星さん^^

人の苦労が判る人になられた事は
人生最大の収穫ですよね。
苦労して居ない人には その痛みも
美しさも見えないと思います。
味の有る素敵な大人の俳句ですね^^

今日も又 苦労の数だけ 笑み浮かべ
Posted by al17 at 2008年11月02日 10:49


こんにちは。
いつも素敵な写俳ですね~(*´艸`)
「年をとったら自分の顔に責任を持ちなさい」と亡くなった母がよく言いました。
活きている姿勢が顔にも表れますよね。
皺のはいる深さや場所で表情も変わってきます。
大変でも笑って過ごしたい。
良い皺が入るように頑張らなきゃいけませんね。
Posted by 雪割草 at 2008年11月02日 12:47


流星さん、こんにちは。

 深い味わいの俳句ですね。小生などには
 なかなか詠めない句です。
 困難を乗り越えてきた人の深い眼差しが
 印象的です。

 人と話すときには、必ずその眼をみます。
 眼にこそ、その人の心がありありと浮かんで
 いるからです。
 アッ!そうだ、「目は口ほどにものを言い」
 でした。
Posted by イワン at 2008年11月02日 13:00


世の中いろんな顔があるけれど、スターウオーズには驚いた!
惹かれる顔は内面が美しいのですね、
とうとう寒くなってきました・・・タイへ行きタ~~イ
Posted by sam at 2008年11月02日 13:26


日本の女の眼ですね、ただ・・現代の女の子には絶対に・・
見れない眼です。  先の先を見ている・・・そのくせ やさしさも
忘れずにある・・・明治・大正の女性です。
でも、我々にもあるはずですのに・・・どこかに忘れちゃったのでしょうか?
Posted by ぼたん at 2008年11月02日 13:32


流星さん、こんにちは。

昔から「四十を過ぎたら自分の顔に責任を持て」と言いますね。
過ぎた今、かなりたじろぐ名言ですが言い得ているいるなと思うこの頃。
バリのこの若いお嬢さんの先は確かでしょう。
Posted by 風のぶ子 at 2008年11月02日 13:44


貌には、その人の歴史が刻まれると言いますが、
私は、幾つなっても自分の貌が無いようです、
スーパーの日替わり商品のように、毎日変わります。
今までは、四十五十は洟垂れ小僧で良いですが、
還暦が過ぎ古希に垂んとする年が来ても迷いの毎日です。
Posted by 愛媛子 at 2008年11月02日 15:46


流星さん、こんにちは~

ん?
句を訂正されましたか?

秋雨に 打たるるほどに 貌もたぐ

若いときの苦労は買ってでもしなさいと
よく言われますね~
苦労した分、人の痛みのわかる人間になれるから・・・

この女性もきっとそうなんだろうなぁ~と
思います。
Posted by らっこ at 2008年11月02日 16:42


流星様
う〜む。今度は、顔で来ましたか。人の顔は、千差万別。生きて来た道の相違と親の相違、生い立ち環境の相違等がありますよね。
築地の旦那衆も色々。人生色々、私も色々。

ほとばしる 笑みの素顔に 時雨止む

歳刻み 小皺の語る 秋の暮れ
Posted by 詩楽麿 at 2008年11月02日 17:30


苦労を重ねた人の顔って本当に味わいのある顔をしていますね。

若いときは不細工だと思っていた人でも、味わい深いいい顔になってくるから
やはり、人間というのは中身が大切なのだと思います。
キレイな人も下品になったり、ブスも上品になったりと
年月は人を色んな顔に変えていきます。

鏡を見て笑いシワが気になる事もありますが、幸せの数だけ
のシワなんだからいいじゃないかと、言い聞かせています。

秋雨に 手をかざしては 明日探す
Posted by SARAH at 2008年11月02日 21:57


貌と言う漢字を「かお」と読ませるあたり、鬼才を感じますね。
何度失敗しても失敗しても起き上がる・・
甘な私には出来ない事だな!
今、河出文庫「海を渡るバイオリン」と言う本を読んでいますが、
朝鮮人 陳昌鉉さんが差別意識のある日本で、独学でヴァイオリン製作者になるまでの実話です。

手のひらにも顔にも、その人の人生が集約されますね。
ありがとうございました。
Posted by 大丈夫 at 2008年11月02日 23:55


★frogmomoさま
 こんばんは~♪

 >でも・・・まだ自分の顔はちょっと苦労が足りないのかも?(苦笑)

 momoさんのような美女は、それだけで世の人々の目の保養になっています、
 そのまま変わらないでね(水晶玉を覗きながら・・)
 美しい言葉を紡ぐのも、もう今のままで充分です!
 あんまり遠くへいかないで~~(笑)


★遊子さま

 >特に貌の燈やが良い。

 ごめんなさい!
 あまりに分かりづらいかと、変えてしまいました、
 少し意味合いが違いますが、分かりやすくはなったでしょ?
 松本清張ね、好きですね~、あの緻密なミステリー。
 っていうか、彼の推理小説は、人間を描ききっている。
 この写真から、「張り込み」をイメージして下さるなんて、ううう(嬉し泣き)


★漫歩さま
 また~、半日潰れるなんて、嬉しいことを!
 漫歩さんのお顔はさぞ味わいがあるのでしょうね・・・
 あの能面のように・・・?
 動物や人の、表情を追いはじめると、なかなかシャッターが押せなくなります、
 本当は、連続で何十枚も撮ればいいのでしょうね、遊子さんのように(想像です、)


★1セントさま
 綺麗な人ほど、美しく老いるのは難しい気がします。
 だから、1セントさん、ご用心あそばせ~~♪
 今の美貌を、たもってよ~
 (証拠写真、もってるからね! 笑)
Posted by 流星 at 2008年11月03日 00:24

こんばんは。

切れ長の瞳が素敵♪
とても「目ぢから」のある女性ですね。
それに引きかえワタクシ、いつまでたっても
苦労知らずの「のび太君」顔・・トホホ(-_-;)

それにしても、写真は引き算と言いますが
大胆かつ見事な‘省略法’!
感服いたしました。m(__)m
Posted by 克ちゃん at 2008年11月03日 00:28


★al17 さま
 ありがとうございます♪
 苦労はけっこうしたと思います。自分の選択ミスもあったけど。。
 でもそれが身についたかな? 同じミスを繰り返してたりして(笑)
 せめて人には優しくしたい、そう思います。
 
 >今日も又 苦労の数だけ 笑み浮かべ

 はい! そうしますね!


★雪割草さま
 お久しぶりです♪
 そうそう、素敵な皺をつくりたいですね!
 目元の笑い皺は、かえってチャーミングですもの。
 私も、自分の顔に責任が持てるよう、ガンバリマス!


★イワンさま
 こんばんは~
 目は口ほどにモノをいい。確かにそうですね、
 唇だけで笑っていても、目が怖かったりすると、内心がバレバレです(笑)
 イワンさんは、きっと優しい眼差しの方なのでしょうね。
 拙ない写俳に、過分なコメントを頂き、(^人^)感謝です♪


★samさま
 そうそう、内面が美しい人には惹かれます。
 あとヘアスタイルが決まってる人、samさん、私の髪、なんとかしてー(笑)
Posted by 流星 at 2008年11月03日 00:39

★ぼたんさま
 明治大正の、日本の女の目。
 確かに仰るとおりです!
 今の日本の若い女性の目からは、緊張感がなくなってしまったのでしょうか。。
 この娘さんは、両親がなく、伯母さんの経営するレストランで働きながら、英語の勉強をしているそうです。
 ね、だから顔に緊張感があるのね、生活がかかっているから。


★風のぶ子さま
 (水晶玉を覗きながら・・)、風さんはとっても魅力的です。
 小悪魔的なムードもある、、あらら、ブログのイメージと違いますね、
 水晶玉、曇っているかな?


★愛媛子さま
 毎日日替わりで顔が変わるなんて、とっても素敵だと思います。
 愛媛子さんの心の柔軟性が、きっとそう見せるのですよ~
 (水晶玉を覗きながら)、そのヘアスタイルもばっちり決まってますし、
 すっごく若々しくて知的ですね!


★らっこさま
 そうです、句を少し変えました、分かりづらかったかな?と・・。
 (水晶玉を覗きながら)、らっこさんは、とっても優しそうな穏やかなお顔を
 なさっていますね。誠実さがお顔に出ています! 
Posted by 流星 at 2008年11月03日 01:01

★詩楽麿さま
 築地の旦那が手を出してらしたから、こちらは貌で(笑)
 手相、人相で、過去や運命も分かりますか?
 歳をとったら、良い顔でいたいですね、築地の旦那衆もそう思っていることでしょう。
 またまた、素晴らしい句を二つも♪
 いつもありがとうございます♪


★SARAHさま
 SARAHさんは、ムードのある美女。
 シャンソンが創りあげたお顔です。
 きっとSARAHさんなら、中年になっても魅惑的な大人の女になりますよ♪
 
 >秋雨に 手をかざしては 明日探す<

 SARAHさん、手に虹が見えるでしょ? その虹を渡ってゆくのは貴女です!


★大丈夫さま
 大丈夫さんこそ、困難に打ち勝った男の顔をなさっていると思います!
 「海を渡るバイオリン」、興味深いでうすね、
 私は小説も好きですが、実話もとても好きです。
 いつかチャンスがあったら読んでみたいです。
 手や貌に現れる人生、、良いものにしたいですね・・・


★克さま

 >苦労知らずの「のび太君」顔・・トホホ(-_-;)

 あららーでも、、私の水晶玉には・・・(らりるれろ・・ 意味不明)
 克ちゃんは、あと50kg位太って、もっとモテなくなったほうが身のためだと思いますが・・・
 写真は引き算というのですか・・・知りませんでした!
 実は、片目だけのもあったのですが、、引き過ぎかと思って、両目にしました。
 いつも色々教えて頂き、感謝しております♪♪
 図書館の大島さんと、黒猫のオオツカさんに宜しく~~♪
Posted by 流星 at 2008年11月03日 01:17


顔もたぐ 短足の上の 大あたま

頭が大きいと賢そうに見えると思っていたに、最近は「小顏」が流行してかたなしじゃあ…。
Posted by 極楽とんぼ at 2008年11月03日 09:55


 秋雨と 涙をふるい 面あげる

ひと雨毎、冬に向かうこの頃。
人も季節も、去るものを追うのは無駄な事。
花は散るから美しいのだし、明けない夜もないのだから。
「息をする間」が「いま(今)」なら、しっかり顔をあげて、今を胸張って歩かなきゃ!

寂しいのは今じゃない。
過ぎた時を立ち止まって見ているせい。

だから、しゃんとして、顔をあげて、これからやってくる寒い季節に打ち勝たねば!

…って感じです♪
さ、とっとと仕事片付けよっと♪(^◇^ゞ

いつもながら、しょ~もないコト書き連ねてスミマセンm(__)m
Posted by harumi at 2008年11月03日 12:15


人の顔には色々の人生を物語っていますから 良い観点で感心してます。自分でも鏡を見ては ウワー シミダラケ、 シワダラケと嘆いてます。 
Posted by 臥竜 at 2008年11月03日 14:52


こんばんは流星さん!

その眼光は根性ありそうな光ですね。
我慢強さをも感じるよ......

今を犠牲にしてでも.....遠い将来の為か.........

言葉にしなくても........みたいな.....



               .........Oh.........baby.........
Posted by 黒のロケン・ロー at 2008年11月03日 18:14


こんばんは。
難しい句ですが、独特の感性をお持ちなので
流星さんらしく、普通ぽくなくていいですね。
良い写真ですね。
Posted by れいん at 2008年11月03日 19:03


えんやらしょ仕事終わりの小鰭鮨    よし

まさに顔は履歴書、一期一会のお客でも大抵当たってますね。
Posted by yoshiyoshi at 2008年11月03日 21:20


★極楽とんぼさま
 男性は、頭が大きいと、押し出しが良いですよ~~♪
 女性は、小顔に憧れるのね(フフ


★harumiさま
 こんばんは~

 >人も季節も、去るものを追うのは無駄な事。
 >花は散るから美しいのだし、明けない夜もないのだから。

 まったくそのとおりなのねぇ。
 若いときは、そう思うのに慣れてなくて、癒えるのに時間がかかるけど、
 ある程度、経験を重ねると、やり過ごし方も巧くなりますね、
 私なんか、もう・・・(え? 笑)
 素敵な句をありがとうございました♪
 ハロウィンのパーティは盛況でしたか?


★臥竜さま
  臥竜さんは、絶対に良い顔をしていらっしゃると思います。
  もてるでしょ? 隠しても、水晶玉はお見通し!(笑) 
Posted by 流星 at 2008年11月03日 21:20

★黒のロケンロー花輪さま

 女は根性がなくちゃ、生きてゆけないんだぜ、baby・・・

 今夜はどんな車でかっとばしてきたのかい?

 それじゃ、、レノンを聴きにゆくぜ・・・baby・・・


★れいんさま
 こんばんは~
 俳句はなかなか難しいですねぇ
 そこに写真をつけるとなると、なおさらです・・・
 毎回、七転八倒ですよ~


★yoshiyoshiさま
 
 >まさに顔は履歴書、一期一会のお客でも大抵当たってますね。

 やっぱりそうですか、、
 それにしても、さすがyoshiさん、
 私の最初の句は、こうでした、
 >履歴書は顔に記せり冬どなり   流星
 あまりに、そのまんまなので、変えたのです。よしさん、スルドイ・・・
 軽妙な句をありがとうございます!
 
Posted by 流星 at 2008年11月03日 21:29


この写真の女性は誰でしょうか?


疑問・・・

ギモン……
Posted by いなばみのる at 2008年11月04日 05:04

さっきのレスはキャンセル。

句と写真に目がゆき、下の文章を読んでなかった。

気になったのは、昔付き合っていた彼女に似ていたから……。
Posted by いなばみのる at 2008年11月04日 05:05


★いなばみのるさま
 おはようございます♪
 やはり、、翳のある顔の女に惹かれるのですね、、
 この顔は実はワタクシです、おひさしぶり、、そう私です。。。
 偶然、ブログで見かけた、昔の彼女とそっくりな面影、、
 そこから、ばらばらっとと記憶の糸が・・・
[PR]
by mariko789 | 2008-11-02 00:24 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9778253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。