always over the moon

魂も肌寒し夜や熾き火みゆ

f0053297_23533765.jpg


  魂も肌寒し夜や熾き火みゆ  流星
(たましいも/はださむしよや/おきびみゆ)


季語: 肌寒(はださむ)  [秋]  時候






・。・☆皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・。・☆・。  


魂に 人生織り込む 冬至かな        Aki


熾き火より 沸き立つ情熱 己が内に    SARAH

心には君が残せし痛みだけ 熾き火 掻き立つ勇気もなくて・・・   SARAH


肌寒き夜も燃え上がる情熱の 魂の底熾き火あるらむ         愛媛子


恋化石 復活起爆 残照か            詩楽麿


遠く来て胸の燠火の冷めやらず         よし


埋火のごとくに恋を隠しけり           道州


木枯らしが 吹き抜く廊下 冬の朝        Nong-Khai


魂も肌寒し夜や熾き火みゆ      (流星)
  熱き思ひは海峡渡る        (らっこ)


秘め心 情念の焔 寒冬夜           yamaoji
続きを読む





___________________________________

この記事へのコメント


なにをおしゃっているのやら・・・情熱の火??
そんなもの燃やすのではない・・・燃えているものですよ ( 偉そうにごめんなさい )  誰も消せない 火 それが情熱です。
多少の勢いの違いはあるかもしれませんが・・・
流星さんの齢 では、まだまだ・・まだまだ・・ 業火(激しい火)ですよ。
私でさえ・・・業火・・のつもり(笑)
落ち込んだら・・・ 暫くは落ち込んでいてもいいですよ・・
けれど、必ず そうかあーー と、思えるときが来ます、そしたら
俄然ダッシュで身体中の情熱に、空気を入れてください。
ーー 老婆心 ぼたんNO1 より ---
Posted by ぼたん at 2008年11月10日 10:14


久し振りに「熾き火」の言葉・・・懐かしい!・・・子供の頃は毎日見聞きした言葉!!
「熾き火」があれば、まだ大丈夫NO2頑張れ♪♪♪
(もうNO5だけでは、寒くて寝れない?爆・NO5より)
Posted by さくらひめ at 2008年11月10日 11:04


そちらでは、熾火ですか。
日本では、死語も同然てすよね。
敬虔な仏教徒たちに触れ、
流星さんの魂もさらに、清められ、高められるのてすね。
Posted by ヒコ at 2008年11月10日 11:06


流星さん、こんにちは。

魂も肌寒し夜や熾き火みゆ    流星

魂も肌寒し夜や・・・といって、魂に丹前(言う事が古い!)を着せるわけにもいかんしね・・・(笑)
熾き火みゆ・・・あっ、これで暖かくなるね・・くすぼらせちゃダメだよ・・盛大にいきませう。(笑)

それにつけても立派な回廊のあるお寺?  
ぴかぴかに磨かれた扉に、人々の信仰の深さが見えるね。  
Posted by 遊子 at 2008年11月10日 12:11


「熾火」を使って句をつくるチェンマイのひと。
何と豊かな言語知識の持ち主だろうか。

感受性も高いので心を様々に揺らして佳写俳を作るひと。

流星さん、熾火を燃やし続けるには酸素と足し炭が要り
ますよ。  百も承知の癖に(笑)

都はるみは、ナツメロ歌手になりましたから、そのうち
ナツメロ番組に出ますよ。「千年の古都」聴いてね。
Posted by 漫歩 at 2008年11月10日 12:19


「熾火」みゆとは 流星さん 流石に素晴らしいです。
これは中々出ませんよ。源氏絵巻みたいで素敵です。

力を振り絞って「熾火」。。。燃やし続けましょう。
 
魂に 人生織り込む 冬至かな

21日が冬至ですね。
関係無い句ですみません。
Posted by al17 at 2008年11月10日 13:10


熾き火より 沸き立つ情熱 己が内に

心には   君が残せし  痛みだけ  熾き火 掻き立つ勇気もなくて・・・

熾き火・・・・ ちょうどこっちでBBQの話題だったし
ぴったりだったかもです。 笑
Posted by SARAH at 2008年11月10日 13:23


熾き火、
昔懐かしい優雅なよき言の葉ですね。
本来この火は、自らめらめらと熾きるポジティブな物でなく、
誰かに熾こされて胸の奥底から目覚めるネガティブな物でないかと考えます。
流星様は、その熾き火が胸の中で燃えさかるのが見えた、
後は、息を吹き掛けて眼を覚まして貰うだけの事ですよ。
情熱の火は赤々と燃え上がることでしょう。

肌寒き夜も燃え上がる情熱の
         魂の底熾き火あるらむ
Posted by 愛媛子 at 2008年11月10日 13:57


人の心には、風が吹けばボッと燃え上がる火種は、あるもの。やけぼっくりとも言われているもの。
自身の心にいい聞かせ、封印したものが何かのキッカケで火が点く事もある。

恋化石 復活起爆 残照か
Posted by 詩楽麿 at 2008年11月10日 14:13


こんにちは

扉を開ければそこは
七転八倒の孤独な心理的暗闇
この部屋はまるで世界の中の孤島・・

世界が’自分以外’のところで動いている
ような気がすることは、ワタクシもよくあります。

まぁ一遍上人の踊り念仏でも唱えて
夜にたまったものは、朝に全部スッキリ出して
新しい日に向かってください♪
(ん~相変わらずかなり意味不明だ・・スンマセン^_^;)
Posted by 克ちゃん at 2008年11月10日 14:54


熾き火と燠火を一緒にして良かったのだろうか、
学が無いので許してたもれ、

遠く来て胸の燠火の冷めやらず    よし
Posted by yoshiyoshi at 2008年11月10日 17:27


流星さん、こんばんは。

「熾き火」

辞書に「赤くおこった炭火」とありましたが、まさにそんな感じの建物ですね。

>>私の情熱の火は、まだ残っているのだろうか。。

私には、流星さんの燃えたぎる情念がはっきりと見え、

埋火のごとくに恋を隠しけり 道州

と見ましたが・・・・(笑)。
Posted by 道州 at 2008年11月10日 19:59


★ぼたん(No.1)さま
 いえいえ・・・心の齢(よわい)は、もう138歳。へろへろです・・・
 業火・・・ねぇ。。。豪華ですねぇ(オヤジ・ギャグ飛ばしてる場合か、私)
 No.1さんの檄を頂き、なんとか最後の情熱を振り絞りましょうか・・・
 しかし、いったいその情熱をどこへ向けるの?
 あ! 片思いね♪
 私たち、片思い同好会~♪♪

★さくらひめ(No.5)さま
 熾き火って、炭火を使ってる人は、今でも使うわよね?
 こちらでは、まだ練炭なんか売ってるんですよ~、調理用ですけど、、。

 >(もうNO5だけでは、寒くて寝れない?爆・NO5より)

 あっはっは♪ ちゃんとパジャマを着てるわいなぁ~!(見得を切ってる)


★ヒコさま
 日本では、熾火はもう死語ですか~
 茶道を習っている方も、もう使わないのかしら・・・。。
 私の魂、清められ高められる日がくるのでしょうか??


★遊子さま
 遊子さんの丹前を貸してください(笑) コートでもいいな♪
 ここはね、普通の商店街の扉なの。
 ね、商店街には見えないでしょ?
 さすが、世界遺産の町だわよ~~  
Posted by 流星 at 2008年11月10日 21:02

★漫歩さま
 熾火。心の片隅に残っていた言葉です~
 
 > 熾火を燃やし続けるには酸素と足し炭が要りますよ。  百も承知の癖に(笑)

 誰か、酸素と足し炭を提供してくださる奇特なお方はおられませぬか?
 都はるみさん、時々NHKに出演します。千年の古都ですね、聴けるといいなぁ・・・・


★ al17さま

 >魂に 人生織り込む 冬至かな<

 あ、もう21日が冬至なんですか!? もう冬なんですねぇ・・・
 魂に人生織り込む・・・あきさん、素敵です!!!
 私も力を振り絞って、熾き火を燃やすよう、努力してみますネ・・・


★SARAHさま

 >熾き火より 沸き立つ情熱 己が内に<

 >心には   君が残せし  痛みだけ  熾き火 掻き立つ勇気もなくて・・・<

 SARAHさんの、お気持が素直に詠まれていて、胸を打ちました。。
 BBQ熾き火は大切!(笑)


★愛媛子さま

 >本来この火は、自らめらめらと熾きるポジティブな物でなく、
誰かに熾こされて胸の奥底から目覚めるネガティブな物でないかと考えます。

 すごい・・・すごいです。
 私の、このモヤモヤした気持がどうしてなのか、ピンポイントで指摘された感じがします。

 >後は、息を吹き掛けて眼を覚まして貰うだけの事ですよ。

 だれか・・・息を吹きかけて下さ~い!!!(大声で)

 >肌寒き夜も燃え上がる情熱の
         魂の底熾き火あるらむ<

 私の駄句と、取り替えて頂きたいです(涙) 
Posted by 流星 at 2008年11月10日 21:22



これが商店街の扉ですか
とても見えませんね。
それに人がいないのですね。
こんな静かな感じの所で
ぼーっとしてみたいです。

熾き火に思いを置き換えて
詠まれたのでしょうね。
Posted by れいん at 2008年11月10日 21:37


木枯らしが 吹き抜く廊下 冬の朝

東京近郊も冬の訪れを感じる今日この頃。
七輪で魚焼く時、火にあたるのが心地良い季節。
先日毛蟹も届き、今日は殻で出汁を取って鍋にしました。
Posted by Nong-Khai at 2008年11月10日 21:54


★ 詩楽麿 さま

 >人の心には、風が吹けばボッと燃え上がる火種は、あるもの。

 築地の旦那衆の心にも、火種はあるのでしょうね・・・

 >恋化石 復活起爆 残照か<

 化石になっちゃうと、なかなか復活は難しいと思いますが、、どんなものでしょう?


★克さま

 >この部屋はまるで世界の中の孤島・・

 そうです、私は孤独です。こ、ど、く!

 >世界が’自分以外’のところで動いている
  ような気がすることは、ワタクシもよくあります。

 私なんかいつもです。一人、部外者のような。。。
 念仏踊りですか・・・
 ~念仏踊りは~うまく踊れない~♪ あまり夢中になれ~なくて~♪
 

★yoshiyohiさま

 >熾き火と燠火を一緒にして良かったのだろうか、

 わ! 難しい字! やはり「オキビ」と読むのですか?
 学がないなんて、ご謙遜を・・・!

 >遠く来て胸の燠火の冷めやらず    よし<

 お上手ですねぇ・・・すぐできちゃうのですか?


★道州さま
 
 >「熾き火」
 >辞書に「赤くおこった炭火」とありました

 え!? な、なんと。。
 私は、「一見、消えたように見えるけど、灰の中でカッと生きている火」かと、思ってました。
 ま、どっちにしろ、生きている火ということで・・(笑)

 >埋火のごとくに恋を隠しけり 道州

 だといいですねぇ! そうありたいです♪♪
 

★れいんさま
 観光地なのに、メインの道を外れると、このようにひっそりしていました。
 秋とはいえ、むし暑かったせいかも。。
 私も、もっとゆっくり何日か過ごしたかったです。 
Posted by 流星 at 2008年11月10日 21:59



魂も肌寒し夜や熾き火みゆ  流星
  熱き思ひは海峡渡る  らっこ

マラッカというとマラッカ海峡を
思い浮かべます。

世界遺産・・・歴史のある都市ですね。

↓はい、勤務中だったので労災おりました。
痛い思いはしましたが、
思い切って仕事を辞める機会が
できたのでそれはそれで
よかったのだと思います。
K子さんは、遊子さんの戦友でした。
お友達のKさんですね。
すみません(;^_^A アセアセ・・
Posted by らっこ at 2008年11月10日 23:32


今日からまた、お邪魔します。

秘め心 情念の焔 寒冬夜、yamaoji

小さいからだの心中からふつふつとわいている、女心を感じ取れますよ。

夜の寒さは、以外にストレートに真を衝くのかも?
Posted by yamaoji at 2008年11月10日 23:48


★Nong-Khai さま

 >木枯らしが 吹き抜く廊下 冬の朝

 しばらくそういう思いをしたことないです。
 寒い感覚を味わってみたい!
 
 >先日毛蟹も届き、今日は殻で出汁を取って鍋にしました。

 せめて、お写真で拝見したいです!


★らっこさま

 >魂も肌寒し夜や熾き火みゆ  流星
  >熱き思ひは海峡渡る  らっこ 

 NHKで放送されたドラマ「海峡」を思い出しました!
 テーマソング「かささぎ」は、さだまさしさんでしたよ~♪

 労災おりて良かったですね、
 辞めて良かった職場なら、結果オーライだったかも・・・?
 遊子さんの親友も、私の妹分も、おなじケイコさん。
 ケイコさんって、多いのかな♪
Posted by 流星 at 2008年11月11日 00:04

★yamaojiさま
 お久しぶりです!

 >秘め心 情念の焔 寒冬夜、yamaoji<

 きましたね~、久々のyamaoji節♪♪
 情念の焔、、素敵です、持っていたいものです。
 いよいよ、ロイクラトンですね、凄いですね、もう花火がドンドンと!
Posted by 流星 at 2008年11月11日 00:10
[PR]
by mariko789 | 2008-11-10 23:51 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9778055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]