always over the moon

花芒(はなすすき) :俳句


底しれぬ沼の愉楽や花芒  久遠 (旧:流星)
 (そこしれぬ/ぬまのゆらくや/はなすすき)






f0053297_21582725.jpg



◎ 季語: 花芒(はなすすき) 【秋】 






・。・☆皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・。・☆・。  



花芒 音に溺れて 忘我の地    SARAH


底尽きて 金が無くなる 法隆寺    Aki
               

へなちょこにぺんぽこりんと寒の雨    よし


溺れるてふ 言葉に酔うて 近松忌      漫歩


泥沼の 淵に可憐な 花芒 深みに嵌まれど 明日に向かいて  Nong-Khai


底しれぬ沼の愉楽や花芒         (流星)
  ゆらゆらゆらり漂い続け    (らっこ)


されるまま ながされるままの 愛もよし、   yamaoji


底しれぬ 奈落の縁に たたずんで    極楽とんぼ





__________________________

この記事へのコメント


片想い同好会NO5!この3日間、溺れておりました!!しかし、知性(ん?)が邪魔して?沼底までは行かないで、只今戻りました!!ブラボー(我ながら、朝からこんなにテンション高くして大丈夫なのか・汗)
Posted by さくらひめ at 2008年11月25日 09:52


おはようございます。
今日の写俳は、一転して、高尚難解ですね。
流星さんは、まだまだ、お若い。
全てに、楽しんでいらっしゃるのですね。溺れるくらいに・・・。
「枯芒」でなく、「花芒」がこの俳句生かしていますね。
Posted by ヒコ at 2008年11月25日 09:58


流星さん、おはようございます。

底しれぬ沼の愉楽や花芒   流星

枯れる一歩手前の花も実もある花芒、
底しれぬ沼の傍で、こんなにも切なく咲いているなんて・・・
嫋々たる風情は、流星ワールド。

「溺れて・・・溺れさせて」は知性的な流星さんだから言えるのね、
遊子が言おうものなら一大センセーション、
でも、言いたくて、朝から大いに揺らされてしまひました。

写真は幻想的だけど、まだ若い花芒をじっくり見る事ができますね。
Posted by 遊子 at 2008年11月25日 10:15


OK・・あなたの物差しで計って納得がいくまで 溺れて下さい。
私も、自分の物差しを持っています。 悩み事も・楽しい事も・お酒も・・・
ギャンブルはいたしませんが・・・とにかく、自分が納得したら
それでオシマイ・・、悩みも これだけ悩んだんだからもう充分ーーーと、
あとはどうともなれーーです。 楽しみも同じです。
NO2も、ご自分の物差しで計って下さい。人は好き勝手に言いますが、
何よりもご自身で納得される事が一番大事・・・だと、NO1は思います。

人間ですもの 悩み・煩悩・大いに結構・・・・ 反省は大事ですが、
後悔は無用です。  それもNO1の経験からです・・・。
ごめんなさい・・また偉そうに書いて・・・イカン・ポカン・・・。(これ反省)
Posted by ぼたん at 2008年11月25日 10:15


おはようございます。

おぼれるリスト、ですが
お酒・・飲めなかったんじゃないですかね、流星さん^_^;

ワタクシは、沼というより
黄金色の泡が出るぬるま湯にボヤ~~っと入っていたいです♪
「ぜいたくは、背に床柱、前の酒、両手に女、ふところに金」
とは江戸の狂歌ですが、・・これだな^_^;

あっスミマセン、また関係ないハナシばかりして・・アセ
Posted by 克ちゃん at 2008年11月25日 10:32


この植物は日本にありませんね。
雄しべが風を待って、垂れ下がっております。

人ゆえに快楽にはまり込むのですね。
他の動物はそんなことはありません。

脳が発達すればするほど、今度は
さらにそれをコントロールする上位の脳が必要ですね。

それは自分で作るしかないのです。
そこが人間の難しい所ですね。

思索的な俳句の名手ですね。私は単純馬鹿ですから
簡単なものしか出来ません。(悲しい)
Posted by 大丈夫 at 2008年11月25日 11:28


花芒 音に溺れて 忘我の地

いやーー。ステージの上で死ねるなら本望なんて歌っておりますが
ステージの上で死なれたら周りが迷惑だろうとか
そんな状態で上がれるわけなかろうとか
歌手仲間で言い合っています 笑

歌の歌詞から自分たちで物語を作り出す
それもまた楽しい秋の夕暮れでした。
Posted by SARAH at 2008年11月25日 11:48


流星さん 今日は燃え盛る炎の様に情熱的且つ
冒険的ですね〜良いわぁ〜!!その喜怒哀楽に惚れた!!
芒と書くのも凄い素敵です。ススキの花も妖艶で血走って
おりますぞ!!

「底尽きて 金が無くなる 法隆寺」 
               Byさすらいのギャンブラー

〈鐘が鳴る鳴る〉より面白いかな? きゃはっ!!
Posted by al17 at 2008年11月25日 15:43


へなちょこにぺんぽこりんと寒の雨      よし
Posted by yoshiyoshi at 2008年11月25日 17:05


ー 溺れるてふ 言葉に酔うて 近松忌 - (11月22日でした)

> 恋・・仕事・・お酒・・ギャンブル・・ゲーム・・ブログ・・なんでもいい <

このうち、なんでもよくないが一つ、要熟慮が一つ、あとは溺れてみるもよし。
ブログに溺れると助っ人は来るは、来るは、全然心配要りませんよ(笑)
Posted by 漫歩 at 2008年11月25日 17:18

 
泥沼の 淵に可憐な 花芒 深みに嵌まれど 明日に向かいて

溺れる程の何か、此れが見つかると生活に活気が出ます。
其れが有れば、例え火の中水の中になりますよね!!
花芒、綺麗な橙色と黒のコントラストが素敵です。
Posted by Nong-Khai at 2008年11月25日 19:21
底しれぬ沼の愉楽や花芒    流星
  ゆらゆらゆらり漂い続け  らっこ

流星さん、こんばんは~

花薄、見事に捉えられましたね~

私は、ブログ・・・それも写俳ブログに溺れています
と1度は言って見たいですわぁ~
でも、ネット依存症気味なのは
以前からです(;^_^A アセアセ・・
Posted by らっこ at 2008年11月25日 20:32

 
来ちゃいました。

書き込みがなんだか切なく感じたのはyamaojiだけですか?

yamaojiはいつでも、藁は出してますよ。

されるまま ながされるままの 愛もよし、yamaoji
Posted by yamaoji at 2008年11月26日 01:14


 
底しれぬ 奈落の縁に たたずんで

そんな感じの昨今です…。
Posted by 極楽とんぼ at 2008年11月26日 18:57
[PR]
by mariko789 | 2008-11-25 22:04 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9776879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]