always over the moon

中指で刻む ジュテーム(je t'aime)秋扇 :俳句


 中指で刻む ジュテーム(je t'aime)秋扇    流星
(なかゆびで きざむジュテーム あきおうぎ)

f0053297_20271680.jpg



季語: 秋扇(あきおうぎ)  【秋】  生活

写真: バリ島 ヌサドゥア・ビーチ(9月)








・。・☆・皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・☆・。  

中指で刻むジュテーム(je t'aime) 秋扇   流星
        今君の手のひらの中で遊ぶ    遊子


よせ返す 波が刻んだ 秋扇     SARAH


中指で刻むジュテーム(je t'aime) 秋扇   流星
          消さずにおいて黄昏迄は   らっこ


相合傘 小指が繋ぐ 実りの秋       Nong-Khai


白砂に 愛していますと 走り書き     yamaoji


砂を這う 波も恋字を 秋扇     詩楽麿

うらぶれて 白浜歩く 一人もの 心に秘めし 波秋扇   詩楽麿





______________________________________
この記事へのコメント


綺麗・・・この場所は心癒されるところですね。

中指で刻む ジュテームーーなんてロマンチックな・・・
脱帽です。 今日からは流星さんが・・ NO1 ですよ。
凄い・・凄い・・ 本当に凄い・・
Posted by ぼたん(NO1より) at 2008年10月20日 09:50


流星さん、おはようございます。

中指で 刻む ジュテーム(je t'aime) 秋扇   流星
         今君の手のひらの中で遊ぶよ   遊子

おおっ、来ましたね、恋の句、秋風とともに・・・
エキゾティックで艶っぽい流星節・・

手前に広く砂浜を置いたところで、秋の誰もいない海の強調・・
視線を誘導される向こうの傘の下が気になる・・・
Posted by 遊子 at 2008年10月20日 09:54


>砂の柔肌に ”ジュテーム” と刻んだ その指・・・・<

憧れますますねぇ。
こういう世界が流星さんにあって、漫歩にには、
過去も現在も未来も、まるで縁が無いとは、
人生は不公平です(笑)
”あんた 妬いてんのねーーーーーー”

それにしても配置の良さ、名詞止めで印象を強めた句。
リズムに酔いました。
Posted by 漫歩 at 2008年10月20日 11:03


こんにちは。

ボクのことを 信ジュテ~ム♪
キミのことが好きだ、白身より!

などと、阿呆なことを言っていたのはいつの頃だったか・・
’ジュテーム’・・今ではとんと使わなくなってしまいました・・シミジミ

そういう意味では、ワタクシの場合 「秋扇」 というより
「捨団扇」 かな~^_^;
Posted by 克ちゃん at 2008年10月20日 15:06


つづる文 文字を紡げど 届かぬ思い

こうして私もオトナになりました?(w


ウソでも夢でもいいから、「愛してる」と聞きたかった。
今でもきっと、ソレを求めている。
だけど、拒否もしている。
そんな事もあったんだと、遠い目で見ている。

愛憎が 思い出に…変わりはじめているような気がする。

小さなメモ。見慣れた文字の破片。
そんなものすら捨てきれずにいたけれど。
…捨てるなんて、できないけれど、片付けられるようになった。

誰も悪くないの、そうなっただけ。

キレイになったと周囲から最近言われるのが不思議。
キモチはまだ、整頓できていないのに。
キレイになったね、と…、今は誰に言われたいのかもわからない。

je t'aime が思い出に変わるまで。


そしてまた、流星サンとこで駄文を書いてしまいましたm(__)m
Posted by harumi at 2008年10月20日 15:28


ジュテーム遠い遠い昔そんな事を言ったこともあった様な記憶のはてに、
今は亡羊と霞んで、何億光年も昔の事のように感じます。
Posted by 愛媛子 at 2008年10月20日 15:41


よせ返す 波が刻んだ 秋扇

って・・・ 拙いのばかりですみませーーん! 笑

こんな砂浜で一日のんびりと何もしない贅沢を思い切り味わいたいです。
カバンにはお気に入りの本だけいれて・・・。
波の音を聞いていたら、全部忘れて生れ変われそうな気がします。
Posted by SARAH at 2008年10月20日 16:11



この句、ムスタキに似合うなぁ、「私の孤独」が聞こえるようだもの。
Posted by yoshiyoshi at 2008年10月20日 17:11


こんにちわ、流星さん
LOVE LETTERS IN THE SANDですね、
まだやったことが無い(^◇^;)
Posted by sam at 2008年10月20日 17:28


★ぼたん(No.1)さま
 お褒めいただき、嬉しいです♪
 でもやっぱり、会長はぼたんさんです、言いだしっぺですしね♪
 これねー、、うっかりすると、俳倫に触れるかと、、ひやひやしてたのですが、
 大丈夫だったようで、良かったです。


★遊子さま
 >中指で 刻む ジュテーム(je t'aime) 秋扇   流星
        > 今君の手のひらの中で遊ぶよ   遊子

 下77をつけて下さったのですね、ありがとうございます♪♪
 皆さん、写真に目が行って良かったです!
 これ、写真がなかったら・・あぶないあぶない(笑)


★漫歩さま
 漫歩さんにも身に覚えがあるでしょう?
 激しい恋の思い出の100や200(笑)
 この俳句、最初は、
 「帯に挿す 白きジュテーム 秋扇」だったのです。
 でも、もっと具体的にしちゃえ!と、直しました。
 具体的すぎて、かえって裏の意味を誤魔化せたかな。良かった・・・。


★克さま
 黄身だけを~黄身だけを~焼いてくれ~ボクの卵焼き~♪♪
 って、歌わせないで(笑)
 私ね、克ちゃんのコメント、怖かったんです、じつは。
 他の人の目は誤魔化せても、克ちゃんの目は誤魔化せない、
 きっと裏の意味がばれてしまう、、
 でも、、たぶん分かっていても、知らん振りして下さったのね、
 ありがとうございます!
 で、捨て団扇って・・・(爆笑)
Posted by 流星 at 2008年10月20日 20:48

★harumiさま
 またまた素敵な散文をありがとうございます!
 どんなにつらい恋も、やがては思い出に変わるのね。
 そして一つ恋が終るたびに、女は綺麗になるのです。
 今のharumiさん、きっと凄く輝いていると思う。
 近くなら、本当に撮らせて頂きたいです!(マジ!!)
 また書いてくださいね、楽しみにしています♪ 


★愛媛子さま

 >今は亡羊と霞んで、何億光年も昔の事のように感じます。

 実は私もそうです(涙)
 何億光年も遡って、詠んだ句です、少し黴くさいかも(笑)


★SARAHさま
 
 >よせ返す 波が刻んだ 秋扇

 ロマンティックな句を、ありがとうございます♪
 写真は9月にバリ島で撮りました。
 何もしないで本を読みながら、数日過ごしたら、、リフレッシュするでしょうね、
 私は夫と一緒であっちこっちバタバタしてました(涙)
 私は、本とシャンソンのCDを持って、海辺で一人でのんびり過ごしたいです。


★yoshiyoshiさま
 
 >この句、ムスタキに似合うなぁ、「私の孤独」が聞こえるようだもの。

 ありがとうございます!!
 シャンソン大好きのよしさまにそう仰っていただき、嬉しい限りです!
 

★samさま
 砂に書いたラブレター・・・
 そう思います?(謎の微笑
 samさんの「おっぱい山」も、色っぽかったですね♪
Posted by 流星 at 2008年10月20日 21:14


中指で 刻む ジュテーム(je t'aime) 秋扇   流星
          消さずにおいて黄昏迄は  らっこ

流星さん、こんばんは~

砂に書いたラブレターですね~
ロマンチックだわぁ~

我が家の秋扇(扇風機)も、
まだ出しっぱなしです
(;^_^A アセアセ・・
生活派爽やか俳人らっこ(ほんまかいな?)
Posted by らっこ at 2008年10月20日 21:19



相合傘 小指が繋ぐ 実りの秋

秋の九十九里浜とは比較にならない…
当たり前ですよね!!
珊瑚礁の砂浜は静かで綺麗
絵葉書や壁紙になります
Posted by Nong-Khai at 2008年10月20日 21:57



こんばんは。

裏の意味があったのですか・・!?
ドラえもんに出てくる 「のび太くん」 のような
素直で純粋なワタクシにはさっぱりわかりません。

ただ、有名な小説の一文を思い出しただけです。

 「こいつが一番よく君を覚えていたよ。」と、島村は人差し指だけ伸ばした
 左手の握り拳を、いきなり女の目の前に突きつけた。
 「これが覚えていてくれたの?」彼女は島村の掌を拡げて、その上に顔
 を押しあてた。
 
                           川端康成著 『雪国』 より
Posted by 克ちゃん at 2008年10月20日 22:46


このyamaojiがおとめチックな句を・・・
わかりました、流星さんのお写真がyamaojiをそうさせるんだと!
お写真と俳句がかもし出す、なんともいえない雰囲気がそうさせるんです。

白砂に 愛していますと 走り書き、yamaoji
Posted by yamaoji at 2008年10月21日 00:34



流?様

何とロマンチックな写真。そしてこれをかざる写真俳句。余りのショックにお名前の星が絵となりました!エ〜!

砂を這う 波も恋字を 秋扇

うらぶれて 白浜歩く 一人もの
心に秘めし 波秋扇

消せね心を誰ぞ知るよしもなく、白浜の砂に残す足跡だけが真実を物語る。
Posted by 詩楽麿 at 2008年10月21日 01:59


★らっこさま

 >中指で 刻む ジュテーム(je t'aime) 秋扇   流星
         > 消さずにおいて黄昏迄は  らっこ

 まぁ・・・♪
 素敵に繋げてくださり、嬉しいです♪♪
 
 >生活派爽やか俳人らっこ(ほんまかいな?)

 私もそうだったんですよー、最初は(笑)
 だんだん、荒波に揉まれて、、こうなりました(笑)
 原因はシドニーあたりにあるらしい(って、人のせいに  笑)


★ Nong-Khai さま

 >相合傘 小指が繋ぐ 実りの秋

 ロマンティック~♪
 私は日本の海も撮ってみたいです♪
 特に荒涼とした日本海。
 津軽海峡~冬景色~~♪♪


★克さま
 ・・・・・・
 ・・・・・・・
 ・・・・・・・・やっぱり、、ばれてたのね、のびた君ったら(笑)
 お忙しいところ、島村さんと駒子さんの会話をありがとうございます♪
 ノーベル文学賞ですからね、大丈夫、大丈夫(意味不明)
 渡辺淳一さんの、「ひとひらの雪」でなくて良かった・・(さらに意味不明)
 これからも、こっそり、ヒトむら(ムラッ)、フタむら(ムラムラ)俳句を詠みたいと思いますが、
 サイトから追放されると困りますので、アップはしません(笑)


★yamaojiさま
 いえいえ、yamaojiさんは本質的にロマンティックな方です!
 ちょっと、日本昔話的、風合いがあるのも、大好きですよ♪

 >白砂に 愛していますと 走り書き、yamaoji

 言われた方は、幸せですね♪♪


★詩楽麿 さま
 またまた褒め殺しですかぁ?(笑)
 私など、まだまだ若輩もの、詩楽麿さまの足元にも及びません。

 >砂を這う 波も恋字を 秋扇
 >うらぶれて 白浜歩く 一人もの  心に秘めし 波秋扇 

 素敵な俳句と短歌をありがとうございます!
Posted by 流星 at 2008年10月21日 09:03



je t'aime 日本人は軽々言えない所がありますね。
言える気楽さは西欧人なんでしょうね。

動詞の変化を考えていました。夢が無いんですね。(笑)

秋扇と言う季語があるんですね。海岸に置き忘れたのか?
勉強されておられますね。
写真も句も逸品です。ありがとうございました。
Posted by 大丈夫 at 2008年10月21日 11:19



流星さん、こんにちは。

川端康成著 『雪国』とは、格調高く気付いていただけて良かったね。
人差し指も中指も西欧ではあぶないもんね・・(笑)

なんとな、シドニー辺りが震源地だとな?
光栄の突き当たりでござんすわいな・・(笑)
Posted by 遊子 at 2008年10月21日 11:27


★大丈夫さま
 「愛してる」という言葉、日本人はなかなか言えないですね、
 私の姑は、電話を切るときに必ず「アイラブユー」と言ってくれます、
 最初はテレましたが、今では嬉しい気持です。
 大丈夫さんに褒めていただき、勇気百倍です、ありがとうございます♪


★遊子さま
 心配性の飼いウサギが、遊子さんに宜しくといってます(笑)
 [雪国]、なんども読みましたよ~~♪
 中指は確かにあぶない! 
 西欧人には絶対に顰蹙を買う俳句でした(笑)
 
 >光栄の突き当たりでござんすわいな・・(笑)

 やっぱり影響されちゃってますよ~~
 怒らないでね、良い意味の影響でござんわいな~
[PR]
by mariko789 | 2008-10-20 20:25 | Nikon D80 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9776080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from マジックブレッド at 2011-02-02 08:35
タイトル : みじん切りが一瞬で!!
マジックブレッドは 1台で「きざむ」「おろす」「挽く」「泡だてる」「混ぜる」「擦る」を、あっという間にスピード調理。面倒な玉ねぎのみじん切りや 大根おろしも簡単。... more