always over the moon

仏桑花(ぶっそうげ) :俳句


仏桑花愛の極みの殺意かな  久遠 (旧:流星)
 (ぶっそうげ あいのきわみの さついかな)





f0053297_20204478.jpg




◎ 季語: 仏桑花(ぶっそうげ)=ハイビスカス [夏]









・。・☆・皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・☆・。  


仏桑花 合掌をほどき 愛受け止める    SARAH


不景気に 耐えて花散る 夫婦花       al17


仏桑花 心はち切れ 物騒か 【川柳】     詩楽麿

意も告げず 背向くる 人よ 仏桑花       詩楽麿


仏桑花 愛の極みの 殺意かな       流星
   思い叶うは夢のまた夢          らっこ


ぶっそうだ....危険な愛に...賭けるのかい  花輪


灼熱の 愛に焦がれて 仏桑花     Nong-Khai


朱色とは 女性(にょしょう)の情念 刹那かな   ,yamaoji


物騒ゲッ! 愛の極みの 殺意かな   極楽とんぼ


一途なる思ひカラカラ風車    道州


仏桑花 ぽとりと落ちて 夏が逝く    harumi






______________________________________
この記事へのコメント


確かに物騒な句だ。(笑)
愛の炎(ほむら)に焼かれてもみたいような。
Posted by yoshiyoshi at 2008年10月23日 09:02


日本にもありますよね  かわいさ余って憎さ百倍  好きだからこそ・・・
愛が強すぎて強すぎて斜に構えちゃうからこそ・・・・ 思いが
果たせない時、未来永劫自分の物に・・・そして・・・・結果はーーーーーです。 お互い 片思い同好会としては、高嶺の花  的な愛ですね。
でも、 死んで花実が咲くものか  ですから・・。
Posted by 会員NO1(ぼたん) at 2008年10月23日 09:19


怖いタイトルですね。カルメンを思い出しますよ。
ハイビスカスっていろいろな色があって楽しいですよ。
他の色も探してみてくださいね。
Posted by 大丈夫 at 2008年10月23日 09:47


最近ハッ!とするような 凄みのある句を読まれますね~
シャンソンで「愛の為 アナタを殺しました」って歌詞があったような~
Posted by めだか at 2008年10月23日 10:44


おはようございます。

いつもながらの、素晴らしい感性ですね。

ハイビスカスを、仏桑花と詠まれるところなどは、
中七を引き出す、技術ですね。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 鴎 at 2008年10月23日 11:35


そうそう・・シャンソンの「思い出のサントロペ」という
歌詞の中でもありました「今・・・ あの人を殺しました」
この歌を歌う時にどういう状況で殺したのかという話を先生としました
先生は「自分のものにならないから殺してしまった」
私は「彼を苦しみから解放するために殺してしまった」

愛する人を殺す瞬間というのは どんなシチュエーションでなのでしょう?
他の方の意見も是非聞いてみたいです。
Posted by SARAH at 2008年10月23日 11:36


仏桑花 合掌をほどき 愛受け止める
Posted by SARAH at 2008年10月23日 11:38


怖いね 愛の極限。 でもそんな燃える愛「愛が沸騰点を超えるとき」分かるような気がします。 死ぬほど好きな人が居た若い時にもどるような写俳ですね。
Posted by 臥竜 at 2008年10月23日 11:52


こんにちは。
今日はまた物騒な・・あっ、よしさんに先に書かれた!クヤシ~(>_<)

もとい
映画好きのワタクシとしては
愛の沸騰点というバクハツ的なニュアンスとはちと異なりますが
今村昌平監督の 『赤い殺意』 を想起しました。

愛は・・人を’獣’にしてしまいますね。
しかも困った事に、愛は水ではないので、人それぞれに’沸点’が違う・・(-_-;)
Posted by 克ちゃん at 2008年10月23日 12:06


流星さん、こんにちは。

仏桑花 愛の極みの 殺意かな  流星

流星節・・・そうきましたか?(笑)
いつも思うのは、「愛は限りなく奪うもの」
誰にでも優しく来るものは拒まない人って嫌!(笑)
私だけを見ていて欲しい・・・
それがどうしても出来ないのなら、追いかけて追いかけて・・
鐘の中に逃げたって・・ぐるぐる巻きにして・・・
って、安珍清姫やわ~・・(爆)

で、これ遊子じゃないよ・・・(笑)
Posted by 遊子 at 2008年10月23日 12:31


情熱的以上のすさまじさを感じますー。
どこか言葉のギャグと情熱的な花の名前を織り込んで
すご腕だなぁ~。
Posted by maa at 2008年10月23日 12:44


こんにちは〜流星さん

仏桑花とは驚きました!!
燃え盛る炎の様な愛も
耐えて忍ぶ愛も有りますが
それが狂気になった時は
事件が置きますね。

「不景気に 耐えて花散る 夫婦花」
          By我が家の風景です。(笑)
Posted by al17 at 2008年10月23日 13:12


いや、久々『愛のコリーダ』を思い出しました。強烈な俳句に、絶句。

仏桑花 心はち切れ 物騒か 【川柳】

意も告げず 背向くる 人よ 仏桑花
Posted by 詩楽麿 at 2008年10月23日 14:41
> 仏桑花 愛の極みの 殺意かな  流星 <

写真と句を見た瞬間、私の頭は、日本で余りにも有名な
スキャンダラスな事件を思いました。
あの事件こそ、今日の流星さんの写俳そのものだと
思いました。
人のイメージとは仕方の無いもので、折角の見事な
流星美学を壊すことになり申し訳ありません。、許してね。
Posted by 漫歩 at 2008年10月23日 14:43


★yoshiyoshiさま
 はい、物騒です(笑)

 >愛の炎(ほむら)に焼かれてもみたいような。
 そういうご経験があるのでは・・・ほむらの匂いがします(笑)


★ 会員NO1(ぼたん)さま
 そうそう、死んで花実は咲きません、
 殺してはお縄です。ちょっとブツだけに(笑)
 片想いでは、こんな恋はできませんねぇ。
 せめて、お煎餅をポリポリしながら、サスペンス小説の中の愛憎劇に、
 溜息をつきましょう・・・


★大丈夫さま
 ハイビスカス、ピンクや白も可愛いですねぇ
 赤とはまったく印象が違いますね。
 これが白いハイビスカスでは、この句は似合わないです、
 次は、白で別の句にトライしますね♪


★めだかさま
 ハッとして頂けるよう、努力しております!
 シャンソン、大好きです。
 フランス語も、分かりませんがあの音が好き。


★鴎さま
 復帰、お待ちしていました!!
 また、沢山インスパイアしてくださいね♪
 外国の名前のお花、和名にすると、またがらっと雰囲気が変わり、
 面白いなぁ・・と思うのです。
Posted by 流星 at 2008年10月23日 16:00


★SARAHさま
 私のお友達は、彼を殺したいと真剣に思いつめていました。
 もうずっと以前のことですけど。
 不倫だったのです。
 彼が横で眠っている顔をじっと眺めながら、いずれ家庭に帰ってしまう彼がうらめしかった。
 苦しくて苦しくて、これほど苦しいなら、いっそ彼を殺してしまおうと思ったそうです。
 自分の苦しさから逃げたかったのですね。
 嫉妬・・とも少し違うのじゃないかしら。
 人間、せっぱつまると、相手の気持より自分の気持だと思います。

 ですので、歌ってくださるときは、あまり感情をこめず、少し呆けた感じで歌って頂きたい・・・これは私の希望です。
 ーお友達から、聞いた話ですけど。。ー

 >仏桑花 合掌をほどき 愛受け止める

 深い深い、仏さまの愛ですね。
 お寺のライブの雰囲気が伝わってきます♪


★ 臥竜 さま

 >死ぬほど好きな人が居た若い時にもどるような写俳ですね。

 ありがとうございます!!
 そういって頂き、とっても嬉しいです♪


★克さま
 そう物騒なんです♪(その意味で、このお花にしたのですもん)
 「赤い殺意」、良かったですねぇ。
 あの、肉感的な女優さん、お名前は失念しましたが、名演技でした!
 色っぽかった、人間の本質を抉り取ってましたねぇ、
 ってこれじゃ映画愛好会(笑)
 「複雑系」めざして、腕まくり~(笑) 


★遊子さま
 そうですよね~
 誰にでも優しい人は、ニクラシイ。
 自分にだけ、優しくしてほしい。。
 うちの家人は、誰にも優しくないです。たとえ相手が凄い美女でもそっけない(笑)
 恋の駆け引きは難しいです。
 追いかけて追いかけて・・・の遊子さんタイプ。
 結局そういう女性が恋の勝者になるのよねぇ。(羨望の目)
Posted by 流星 at 2008年10月23日 16:23



ハイビスカスのことを仏桑花と言うとは知りませんでした!

上記コメント、私もナットク!
ドロシーさんはそんなタイプですよね。見習わなくってはいけません!
って思いますが、私にはムリ・・・

でもピカソ展で奥さんのジャクリーヌさんのピカソの死後の
憔悴ぶりの写真見たら
こんな恋に生きた人生ってのもうらやましいなぁって思いました~
Posted by イヴォンヌ at 2008年10月23日 16:39


愛の極みの殺意、
可愛さあまって憎さ百倍などと言う下司の愛と違う、
高く高く散華した愛を感じました。
流星様の素晴らしさに脱帽いたします。
Posted by 愛媛子 at 2008年10月23日 17:13


仏桑花 愛の極みの 殺意かな  流星
   思い叶うは夢のまた夢  らっこ

さだまさしさんの曲に「夢のまた夢」
という悲恋の歌があるんです。
それを思い出しました。
あぁ~~
切ない恋心ですわ~
Posted by らっこ at 2008年10月23日 18:40


こんばんは流星さん......

爆笑族いきます.....

『ぶっそうだ........危険な愛に.......賭けるのかい』....なんて...(冗談)
ん?......キョロキョロ.........殺気....か........?(冷汗&爆笑)



ん〜〜〜??流星さん......さては.....恋でも..........

人生長し..........たまにはいいかもよ......



          .....Oh.........baby..........
Posted by 花輪 at 2008年10月23日 19:31



流星さん、こんばんは♪

今日の句もゾクッとくるいい句ですね。

私は殺したい・・・より、殺されたい・・・でしたが。(笑)
この人に殺されたら・・・幸せの極みだと思ったことが。

今考えると、傍迷惑な考えですが・・・勿論、実行されなかったのでこうしてfrogmomoは存在しております。(笑)
Posted by frogmomo at 2008年10月23日 20:08


灼熱の 愛に焦がれて 仏桑花

愛されるのは嬉しいですが殺されるのは…
そう言えば『部屋とTシャツと私』って歌が有りましたね。
写真の撮り方が芸術して来ましたね!
Posted by Nong-Khai at 2008年10月23日 20:23


★maaさま
 
 >どこか言葉のギャグと情熱的な花の名前を織り込んで すご腕だなぁ~。
 素晴らしい褒め言葉をありがとうございます! 
 「すご腕」めざして、がんばります♪
 ギャグ。分かるか分からないかの微妙なスパイスを意図しました、
 そこを突いて頂き、嬉しいデス!


★al17 さま
 物騒な句で、すまぬことです!
 あきさんのような、しっとりした詩もいいなぁ。。

 >「不景気に 耐えて花散る 夫婦花」

 うーん、世界同時金融危機で、ますます世界経済は落ち込んでいますねぇ・・。
 うちも不安ですよ、ポンドが下がるし、ドルも下がるし・・。
 お互いに耐えましょう!


★詩楽麿さま
 『愛のコリーダ』ですか、大島渚監督ですね、
 私はあの映画、ギリシャに住んでいたとき、フランス語チャンネルで、
 無修正版を見ちゃいました!
 家人も、びっくり仰天で、いまだに、あれほどのポルノの傑作は、もう
 二度と出ないだろうと言ってます。

 >仏桑花 心はち切れ 物騒か 【川柳】

 >意も告げず 背向くる 人よ 仏桑花

 素敵な句を二つも、ありがとうございます♪♪


★漫歩さま。
 スキャンダラスな事件とは・・・
 もしかして、上で詩楽麿さんが仰った、『愛のコリーダ』の元になった、実話
 でしょうか・・・。
 俳句は、人それぞれ、違って解釈してくださるところが面白いです♪
 イメージを広げてくださり、とっても嬉しいですよん♪♪ 
Posted by 流星 at 2008年10月23日 21:32


★イヴォンヌさま
 ね、ドロシーさん(あ、遊子さんだった・・)の、あの情熱を見習わねばなりませぬ。
 はやくイヴォンヌさんも、追いかけるに値する人を見つけてね。
 ピカソの奥様の憔悴ぶり・・・相手がピカソですものねぇ。。。
 ああーー、私も芸術の秋、したい!


★愛媛子さま

 >高く高く散華した愛を感じました。

 とっても嬉しいお言葉。
 胸にしっかり受け止めました。また精進いたします!


★らっこさま

 >仏桑花 愛の極みの 殺意かな  流星
 >  思い叶うは夢のまた夢  らっこ

 わー、素敵に繋げてくださり、ありがとうございま~~す♪ 
 さだまさしさんの「夢のまた夢」ですか、
 残念! 聴いたことないです。
 ようつべで、チェックしてみますね、
 悲しい恋。。。恋って障害があればあるほど、燃えるのよね。。


★花輪さま

 >『ぶっそうだ........危険な愛に.......賭けるのかい』....

 やや! これ俳句になってるし(笑)

 私は今、恋している・・・と言いたいけど、残念! 夫がいるしぃ。。
 憧れの人はいますよ、
 こういう創作系ブログをしてると、相手の作品に惚れちゃう。憧れちゃう。
 でも、それはリアルな、その人自身に恋するのとは違うのね、
 俳句的憧憬。人畜無害でーす♪(笑)
Posted by 流星 at 2008年10月23日 21:44


★frogmomoさま

 >この人に殺されたら・・・幸せの極みだと思ったことが。

 感じていました。なんとなく・・・。
 momoさんの俳句の中に、そういう滅びの美というか、そんなものをふと
 感じたことがありました。
 でも、燃える恋愛を経験せずに、終ってしまう人生より、ずっと豊かだと思うの。
 momoさん、やはり素敵だわ。すっとそういうこと言えるところも、好きです!


★Nong-Khai さま

 >灼熱の 愛に焦がれて 仏桑花

 情熱的な句をありがとうございます♪
 のんかいさんも、気をつけてくださいよ~、独身なのですから。
 魔性の女性ほど、チャーミングですからねぇ。。
Posted by 流星 at 2008年10月23日 21:51



流星さん、こんばんは。

赤いハイビスカスの花に、
どんどん吸い込まれそうな感じがして、、ドキドキ。
愛が沸騰点をこえると、、
恐ろしい結末が待っていそうです。(ムンクの顔
ドラマチックな愛に、憧れた時期もあったけれど、、
現実は厳しいです。トホホ。
Posted by ちえ at 2008年10月23日 22:34


朱色とは 女性(にょしょう)の情念 刹那かな ,yamaoji

お題に、ドキッとさせられ、写真の色で 血を思いました。
ハイビスカスって元気な花でもらうとうれしい気持ちにさせられる半面、
散際は、首から落ちるのでチョッと気にかかる。
PS:ドイプイ村では、ポインセチアとハイビスカスは同じ時期に咲きますよ。
 
おやまドイプイ村の郵便番号は、50200 です。
Posted by yamaoji at 2008年10月24日 00:27


>愛が沸騰点を超えるとき・・・
コマンスマン・ドゥ・ラ・ファン (終わりの始まり)。

なるほど・・・・たしかにそうね。

この赤、情熱的すぎるぅ~~~
Posted by hime at 2008年10月24日 08:47


物騒ゲッ! 愛の極みの 殺意かな

何か恐い句になりました…。
Posted by 極楽とんぼ at 2008年10月24日 09:13


★ちえさま
 あゝ、ムンクの叫び! あれもぎょっとしますよねぇ、、
 
 >ドラマチックな愛に、憧れた時期もあったけれど、、
 >現実は厳しいです。トホホ。

 そのほうがいいのですよ、きっと。
 私も同じ、同じ!!


★yamaojiさま

 >散際は、首から落ちるのでチョッと気にかかる。

 そうなのですか!
 私は首から落ちるといえば、椿を思い出します。
 雪の上に、首からぽろっと落ちた真っ赤な椿の花は、それだけで物語になりますね!
 「女性の情念」の句をありがとうございます。
 私の情念はどこへ行ったやら~♪(笑)
 郵便番号、同じですよ、チェンマイは全域、同じだったりして?
 硬軟取り混ぜて箱詰めしています、ふっふ♪ 


★himeさま

 >コマンスマン・ドゥ・ラ・ファン (終わりの始まり)。

 終ってしまったらあかん
 綺麗なホテルにも泊まれないし、素敵な音楽も聴けない・・・
 赤は難しい色ですね、私には着こなせないです♪


★極楽とんぼさま

 >物騒ゲッ! 愛の極みの 殺意かな

 殺人現場に、踏み込んだ刑事さんみたい(笑)
 宝くじに当たったばかりに殺される人もいますからね、
 なんでも、ほどほどが一番。
 宝くじなら百万くらいがいい(笑)  
Posted by 流星 at 2008年10月24日 09:42



こんにちわ、流星さん、
今回はまた・・・物騒な句ですね(^◇^;)
真っ赤な真っ赤な炎が見えそうですよ
どうかしましたか?
Posted by sam at 2008年10月24日 16:56


★samさま
 物騒な句で、脅かしちゃいましたか?
 ごめんなさい♪
 私は、どうもしないですよ、残念ながら、
 いつもと同じ、同じ、同じ、毎日です(笑)
Posted by 流星 at 2008年10月24日 19:37



流星さん、こんばんは。

仏桑花愛の極みの殺意かな 流星

情熱的な恋に落ちましたか(笑)。

>>愛が沸騰点を超えるとき・・・

くれぐれも沸騰点を超える事のないよう、浪花の空より願っていますよ♪

一途なる思ひカラカラ風車 道州

「風車」は春の季ですが・・・。
Posted by 道州 at 2008年10月24日 23:23


★道州さま
 情熱的な恋に、落ちてみたいものです(苦笑い)
 愛の沸騰点より、ワタクシは、お鍋を焦がさないよう気をつけまする
 ともあれ、はるか彼方、浪花の空からのお祈り、しかと頂戴いたしました♪

 >一途なる思ひカラカラ風車 道州

 私の俳句への情熱も、カラカラ空回りしないよう、気をつけます! 
 久々コメント、とっても嬉しかったです♪♪
Posted by 流星 at 2008年10月25日 07:15


どんなカタチになるにせよ、始まった時は終わりを示唆している。
この世に生を受けた時、すでに死が待ち構えているのと似ているかもしれない。
だからこそ、良い終わりにできればいいのだけどね。

仏桑花 ぽとりと落ちて 夏が逝く
Posted by harumi at 2008年10月26日 01:50


★harumiさま
 そうねぇ、たしかに。
 終わりのない始まりなんて、ないものね。。
 それって、「無常」に通じるわ。。
 良い終わり・・・難しいわ。。

 >仏桑花 ぽとりと落ちて 夏が逝く

 うんうん、写実的で素敵な句です♪(サンクス!
Posted by 流星 at 2008年10月26日 08:41
[PR]
by mariko789 | 2008-10-23 20:18 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9776031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]