always over the moon

さびしいよ さびしいようと 草紅葉



さびしいよ さびしいようと 草紅葉  流星
(さびしいよ/さびしいようと/くさもみじ)





 
f0053297_2075065.jpg



◎ 季語: 草紅葉 (水草紅葉) [秋]









・。・☆皆様から頂いた作品です(敬称略)。ありがとうございます♪ .☆・。  


さびしさ むなしさ 皆来い
 一人ぽっちの あたしには 貧乏神でも 顔出しゃうれし
さびしさ むなしさ 皆来い
 一人ぽっちの 涙顔 疫病神が 手ぬぐいを
 一人ぽっちの あたしにも いつかは吹くさ さちの風
   そしたら 言うんだ 皆帰れ   絶対 言うんだ 皆帰れ

さびしさ むなしさ 皆来い 今は まだまだ 皆来い   
                                 ぼたん

草もみじ掻き別けて今頂きへ        よし


草紅葉 何時の日か見た 里の山     愛媛子


寂しくて 賑やかに笑う 今宵また      harumi


さびしん坊 お化けはおまえか 草紅葉   SARAH

草紅葉 集めて燃やす 人恋心        SARAH


さびしいよさびしいようと草紅葉       (流星)
      水の精霊ささやきかける     (らっこ )


秋月を 連れ仰ぎし 夜を想う         詩楽麿

独り身に 忍び寄りたる 時雨音       詩楽麿


さみしいよぉ 愛しいあのこの もみじの手   al17


さびしいよ さびしいようと 風の泣く      ななし子






____________________________________

この記事へのコメント


あの頃に戻ってあなたに会いたい・・・
青春の後姿は誰も皆忘れてしまう
今愛を捨ててしまえば傷つく人も無いけれど・・・

いま、寂しい寂しいとやはり何処からか聞こえてきます。
Posted by sam at 2008年10月30日 08:26


草もみじ掻き別けて今頂きへ     よし

故郷の尾鈴山も色付いていることでしょう。
Posted by yoshiyoshi at 2008年10月30日 08:34


さびしさ むなしさ 皆来い
 一人ぽっちの あたしには 貧乏神でも
               顔出しゃうれし
さびしさ むなしさ 皆来い
 一人ぽっちの 涙顔 疫病神が 手ぬぐいを

 一人ぽっちの あたしにも いつかは吹くさ さちの風
   そしたら 言うんだ 皆帰れ   絶対 言うんだ 皆帰れ

さびしさ むなしさ 皆来い
  今は まだまだ 皆来い   
                     ぼたん

粗末な物ですみません。
   
Posted by ぼたん at 2008年10月30日 09:35


もののけの住む池をはなれ、寂しいよの声が
遠ざかる辺りまでくると、赤、黄、ピンクの絨毯を
敷き詰めたような草紅葉ケ原に出ますよ。

そちらに真っ直ぐ行く人が多いのですが、
流星さんは、怖いもの見たさであえて近寄る。
そうしなと、落ち着かないのかも知れない。

池に近づき過ぎると、水面の美しいお顔に枯れた水草が
かかって、四谷を思い出して腰を抜かしませんように。(大笑)
Posted by 漫歩 at 2008年10月30日 10:01


★samさま
 ~青春の後姿を~誰もみな~わ~すれてしまう~♪
 ユーミンの真似して歌っています。
 samさんにも聴こえるでしょ?
 あの声が・・・


★yoshiyoshiさま

 >草もみじ掻き別けて今頂きへ     よし

 よしさんの故郷宮崎の山も秋の色に染まっていますね。
 私も山のてっぺんに登りたい・・・・


★ぼたんさま
 あまりに胸にズシンときて・・・涙が止まらなくなりました。
 洗面所で顔を洗ってきました。
 ありがとう、ぼたんさん。
 粗末だなんて謙遜しないで。
 貴女の優しさに、打たれました!!
 ブログやってて良かったです。


★漫歩さま
 まるでコスモスの花を敷き詰めたような、美しい草紅葉ガ原へ。。
 私は辿りつけるのでしょうか。。
 どうしても、物の怪の正体が見たくて(笑)
 で、お岩さん!(爆笑)
 これ、今夜のバーボンのおつまみになるのでしょうね?
 いやん、ばかん! 
Posted by 流星 at 2008年10月30日 10:17


おはようございます。

草紅葉の上を、秋の魂が通り過ぎようとしていますね。

人知れず、絶え絶えに流れている水・・「忘れ水」
落葉のシーズンは小川になって人目に触れますが、冬が来て雪に埋もれたら
また忘れられてしまう宿命・・誰かが憶えていてくれるといいんだけれど・・
ワタクシの 酒とバラの日々 もいつまで続きますやら・・さみしいね

ところで、この写俳を拝見していたら
またひとつ’スケッチ’が出来ました!流星さん有難う♪
次回のスケッチ後編に差し込みますね。題【Body&Soul】
Posted by 克ちゃん at 2008年10月30日 10:23


何が寂しいのですか?
私はもうなれましたよ。
寂しいときは星を見ます。
天体望遠鏡で星雲を見たときは感動しましたね。

酒を飲んだりはしません。

寂しさにも慣れました。
Posted by 大丈夫 at 2008年10月30日 10:41


流星さん、おはようございます。

さびしいよ さびしいようと 草紅葉   流星

直球ど真ん中の写俳。
ぐらり受け損ねて、倒れている遊子。(笑)

水の透明感が爽やか・・・トルコブルー、さらさら音まで聞こえそう・・
ナルシスじゃなくても、水仙になってしまいそう。

さびしいよ さびしいようと ・・・朔太郎を思わせるリフレイン

草紅葉 ・・・がぴったり。

しばらく立ち直れない、遊子です。
どないしてくれるねん~!・・・とからんでいる。(爆)
Posted by 遊子 at 2008年10月30日 11:45


美しい水面から水の精霊が顔を覗かせそうな
雰囲気のある水面で、秋の寂しさが良く出て
さびしいよ 寂しいよと語りかけて来るようです。
草紅葉 何時の日か見た 里の山
Posted by 愛媛子 at 2008年10月30日 12:22


寂しいっす。
ホントに・・・
寂しくなってから
昔は好きじゃなかった人に
「この人も、頑張ってんだなー」
とか、
「この世であった縁のある人」
なんて思っちゃったりして。
『元気?体を大事にね』
言っちゃったりして。
寂しい気持ちが、人を優しくするんでしょうか~
Posted by maa at 2008年10月30日 12:30


寂しくて 賑やかに笑う 今宵また

…って方もきっといらっしゃるのでしょうね、夜の街には。

私?私は、お仕事ですから。
自分が寂しくても、そんなそぶりは見せず笑っています。

それがお仕事だから。
Posted by harumi at 2008年10月30日 12:44


なんだか 心にガツンとやられてしまいました・・・

さびしん坊 お化けはおまえか 草紅葉 

草紅葉 集めて燃やす 人恋心

秋の暮れには、なにか人の心を揺さぶるものがあるようです。
その正体は何なのか・・・ 
自分の心の底に溜まった澱なのか・・・
はたまた 仕舞い忘れた日記なのか・・・
あの人が残していった靴跡か・・・・・

寂しさも いつか心の糧になる
そう信じて今は前を向いていこうと思っています。
Posted by SARAH at 2008年10月30日 14:43


流星さん、こんにちは。

池にうつるのは、空の色なのかしら?
ちょっとさびしいけれど、美しい風景。あ。流星さんの心が美しいのね♪
さびしい。と素直に言えるなんて、いいな。
意地っ張りの私には、なかなか言えない言葉です。(苦笑
でも、ある時こんな言葉をみつけ、心がほんの少しやわらかくなりました。

 さびしさを恥じない。

 「愛されたい」と
 願わない人はいないのだから。
              おーなり由子:著 365日のスプーンより
Posted by ちえ at 2008年10月30日 14:44


草紅葉・・・と言うものがあるとは思いませんでした。。。。。
私が、もの知らずなのでしょう、、、、ネ。
流星さんの心の隅、、、、、そうですか・・・
「寂しい」と言う言葉の響が、寂しいですネ。
Posted by 1セント・・・ at 2008年10月30日 16:39


★克さま
 水溜りを”忘れ水”と呼ぶ美意識。。
 忘れられてしまう儚いものへ哀れを感じる繊細な心。大切にしたいですね。
 克ちゃんの”酒とバラの日々”が終るとき、それは新しい旅立ちのときなのでしょう。
 ファンの私としては、ずーっとそのままでいてほしいけど(みぃちゃんもそう言ってます)
  【Body&Soul】、色即是空・・・(意味不明)。。楽しみにお待ちしております♪


★大丈夫さま
 大丈夫さんは、寂しさを克服なさったのですね、
 天体望遠鏡・・・
 私も欲しいです。
 でも南十字星がはっきり見えたら、帰りたくなるかも(宇宙人か、私は 笑)


★遊子さま
 直球だけど、スローボール(笑)
 これはね、写真のマジックね。色かもしれない。。
 私も、この水の色を見ていたら、胸が痛くなってしまった。
 その痛みを、俳句にしたら、こうなったのでした。
 褒めすぎだけどね、遊子さん♪ でも嬉しいです♪
 後押しされたと思って、これからも精進揚げします(は? 笑)


★愛媛子さま
 すっごく嬉しいお言葉を頂きました!
 水の精霊。いたのかもしれません。写らなかっただけで。。
 
 >草紅葉 何時の日か見た 里の山  愛媛子<
 
 懐かしい思いが胸に迫る句を、ありがとうございます。  
Posted by 流星 at 2008年10月30日 19:58

★maaさま
 大人って、寂しいよね。
 なぜかな。。答えが出ない問いかけを繰り返したりして。
 寂しいから、人の痛みもわかる。だから優しくなれる。
 もしそうなら、寂しさは優しさの泉なのかも。
 だとしたら、あんがい大切なものなのかもしれないね。
 いつもは明るいに越したことないけど、たまには心の深遠を覗いてみるのもいい・・・。


★harumiさま

 >寂しくて 賑やかに笑う 今宵また  harumi<

 ああ、、私もそういう経験あります。
 寂しくてパチンコ屋さんに通った時代もありました(笑)
 チョコレートを山ほどかかえて帰った、あの虚しさ。。。
 でも、寂しい人々を迎えるお仕事は、気苦労も多いですね。
 たとえロマンティックなピアノ演奏が流れるお洒落なラウンジでも。。
 harumiさんのお店に、行ってみたいです。


★SARAHさま
 ごめんなさい!
 繊細なところに触れてしまいましたか・・・?
 
 >さびしん坊 お化けはおまえか 草紅葉 SARAH<

 >草紅葉 集めて燃やす 人恋心   SARAH<

 ぐぐっとくる句を二つもありがとうございます。 
 私は、訳もなく寂しくて、立っていられなくなるときがあります。
 スーパーで買い物中、寂しげな曲が流れてきたときなど、一番あぶない。
 音楽の魔力は、感覚に直接訴えてくるから怖い。。
 SARAHさんはきっと人々を癒す歌を歌ってらっしゃるのでしょうね。
 きっとSARAHさんには、寂しさも悲しみも、みんな”歌の肥やし”になります!
Posted by 流星 at 2008年10月30日 20:15


★ちえさま
 こんばんは~
 この池の水が青いのは、仰るとおり空の青を映しているのです。
 バリ島の抜けるような青空でした。
 「さびしい」と言えない、意地っ張りのちえさん、でも貴女が寂しいと言いたい人には、きっと伝わっているはず。
 そして優しい言葉をプレゼントしてくれているはず。
 だって、ちえさんは、そうせずにはいられない可憐な人だから。。。
 
 > さびしさを恥じない。

 >「愛されたい」と
 >願わない人はいないのだから。

 真珠のようなフレーズですね。
 自分の心に素直に、ね・・・。


★1セントさま
 こんばんは~

 >草紅葉・・・と言うものがあるとは思いませんでした。。。。。

 普通の人は知りませんって!(笑)
 私も、10日前まで知りませんでした。
 うんうん、寂しい・・という言葉そのものに寂しい響きがあるわね。。 
Posted by 流星 at 2008年10月30日 20:25



流星さん、こんばんは。
さびしいよう 静かに語る水辺のお水はどんなに澄んでいるんでしょうね。
秋の純情を見る思いです。

物の怪って絶対あるよね。
恐さを覚えたら霊感で、怖くなかったら物の怪なんだわ。
Posted by 風のぶ子 at 2008年10月30日 21:11


透き通った蒼い蒼い水底には何があるのでしょう?
浄土でしょうか? 引き込まれそう~
引き込まれてふ~っ と消えてしまうのもまた いい終わり方かも…
Posted by めだか at 2008年10月30日 21:32


美しい画像と、何ともいえない
詩のような響きを持つ17文字
本当の心を出しておられるのでしょうね。
Posted by れいん at 2008年10月30日 22:42


こんばんは

流星様の、お句の世界がわかりました。

流星様の個性が、童話などのお話のように
素敵に表現されているようですね。
勝手に考えて、すみません。
Posted by 鴎 at 2008年10月30日 23:31


★風のぶ子さま
 こんばんは~
 秋の純情。。その言葉、いけてます!
 
 >恐さを覚えたら霊感で、怖くなかったら物の怪なんだわ。

 なるほど♪
 怖いときもあるものね、地縛霊を感じたこと、何度もあります!
 特に英国。あそこは絶対に幽霊の本場だわ
 って、どんどん話が逸れて、ごめんなさい♪


★めだかさま
 あの、水底にはなにが棲んでいるのでしょうね。。
 実はあの池は、人々が清めに使う聖水と繋がっているので、精霊が棲んでいるのかも・・・
 でも、ひきこまれないで~~


★れいんさま
 わー、、、過分なお褒めのお言葉、、恥ずかしいです。
 でもとっても嬉しいですよ~~
 励みになりました、ありがとうございます。 


★鴎さま
 個性、と言ってくださると、とっても嬉しいのです。
 童話のような句をめざします!
 って、時々過激なのも混ざりますが(笑)
 いつもあったかいコメントをありがとうございます。 
Posted by 流星 at 2008年10月31日 00:02



綺麗な水のほとりの紅葉ですね。。やはり神秘な魔力があるような池ですから、心が洗われるようですね。 海外に居ると孤独感も一層強く感じるのは僕だけかと思ってましたが、、、。
Posted by 臥竜 at 2008年10月31日 00:13


さびしいよ さびしいようと 草紅葉  流星
  水の精霊ささやきかける  らっこ

流星さん、こんばんは~
すっかり来るのが遅くなってしまいました~

メルヘンチックですね~
写真も絵画のようでステキ♡
流星さんの心の叫び・・・というと直球になるので
水の精霊のささやきにしておきましょうね~
Posted by らっこ at 2008年10月31日 01:35


流星 様
『寂しさ、淋しさ』は、そこはかとなく人の命の無常観を憂い、古来より俳句・短歌に詠われ、源氏物語は、その象徴。

秋月を 連れ仰ぎし 夜を想う

独り身に 忍び寄りたる 時雨音

『寂しい』との言葉を使わず寂しさを表現。そこにそこはかとなき寂しさに深みが増すものですね。
Posted by 詩楽麿 at 2008年10月31日 03:24


★臥竜さま
 海外にいると、孤独感もいやます。確かに仰るとおりだと思います。
 家族や他人との拘わりが希薄になると、自分と対峙することも増えますねぇ。。


★らっこさま

 >さびしいよ さびしいようと 草紅葉  (流星)
         水の精霊ささやきかける  (らっこ )

 このままで、メルヘンになりましたね♪
 ありがとうございます!!


★詩楽麿さま

 >秋月を 連れ仰ぎし 夜を想う <

 >独り身に 忍び寄りたる 時雨音 <

 どちらもリアリティのある力作!
 さすがでございまする、築地の師匠♪

 >『寂しい』との言葉を使わず寂しさを表現。そこにそこはかとなき寂しさに深みが増すものですね。

 なるほど。中学校で習いました(笑)
 「秋寂し」という季語もあるように、例外はありますね。
 要は、「さびしい」「かなしい」「むなしい」「せつない」などの言葉が、より自分の心を伝えられると思えば、中学校の先生の教えは無視して、使えば良いと思います。
 私の好きな例句を2つ、下に書きますね。


   独りいて寂しさ照らす聖樹かな    森村誠一

   黄泉に来てまだ髪梳くは寂しけれ   中村苑子
Posted by 流星 at 2008年10月31日 09:24


さみしいよぉ 愛しいあのこの もみじの手
Posted by al17 at 2008年10月31日 12:45


★al17 さま
 
 >さみしいよぉ 愛しいあのこの もみじの手   al17 <

 あゝ、、らいずくん!!!
 私も貰い泣き・・・
 あきさんの句を頂きたい!(笑)
Posted by 流星 at 2008年10月31日 15:59


さびしいよ さびしいようと 風の泣く

心の風がヒューヒューと…。
Posted by at 2008年11月01日 10:00


★ななしさま

 >さびしいよ さびしいようと 風の泣く

 芒がびゅうっと風に靡いてる写真で、アップしたいようです。
 どなたかなぁ・・・。
 思い当たる方は、2,3・・・
 ともあれ、さびしい気持のこもった句をありがとうございます。  
[PR]
by mariko789 | 2008-10-30 20:05 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9775937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]