always over the moon

揚羽蝶合わせ鏡のおおらかさ :俳句



揚羽蝶 合わせ鏡の おおらかさ  流星
(あげはちょう あわせかがみの おおらかさ)





f0053297_1432122.jpg



いちおうこのカップルも、木陰に隠れているつもりだったのでしょうけど・・・
流星は見ていた(笑)


◎ 季語: 揚羽蝶  [夏]

撮影:ペナン島(マレーシア)/バタフライ・ファームにて。

この蝶はアサギマダラの仲間で、アゲハチョウ上科に属する蝶です。








・。・☆皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・。・☆・。  

夏空も 狭しとばかり 蝶が舞う    詩楽麿

身を削り 子を残さんがため 契りあい   yamaoji

てふてふは 国に依っては 浮気者   Nong-Khai

海峡を越えゆく蝶のあまたかな   道州





_______________________
この記事へのコメント


写俳という匿名の世界で、見せていただくもの、
それにたいするコメントのご返事、それだけで
交流を続けている中で、垣間見えるものが結構
ありますね。
流星さんの洒落好きやウイットの連発の影で
見えなかったもの、
緻密な探究心を知りました。
これは収穫。
いい句ですね。
Posted by 漫歩 at 2008年08月06日 10:03


おはようございます。

この蝶さなぎが綺麗ですよね。

今年のはじめ西表島で見ました。

この蝶ばかり飼育しているところがあるんですよ。

綺麗な蝶ありがとうございました。本当に合わせ鏡ですね。(笑)
Posted by うらら at 2008年08月06日 10:04


爽やかな写俳ですね。
背景の緑も程よくボケて、あわせ鏡の蝶の白さを嫌が上にも浮き上がらせています。

>おおらかに合わせ鏡の揚羽蝶
御当地チェンマイのおおらかさにある、ゆったりした揚羽蝶の息吹を感じました。
Posted by 遊子 at 2008年08月06日 10:26


この蝶はかなり大きいでしょう。
日本に来るアサギマダラとは違いますね。
オオゴマダラに近いかな?
おらかに・・がいいですね。そうこなくちゃ!
Posted by 大丈夫 at 2008年08月06日 11:29


よく撮れたねって思ったらバタフライファームなんですね!
ペナン、私も行ったことだけはあるんですが、当時工事中だった
イースタンオリエンタルホテルが気になって、うろうろしてました。
さなぎが金色に光るなんて神秘的だわ…
Posted by Nuts on at 2008年08月06日 11:34


色々な美しい蝶が多いのでしょうね。
当に合わせ鏡ですね、
南米の方でしたか、蝶も渡りをするという事を聞いて吃驚したことがあります。
Posted by 愛媛子 at 2008年08月06日 11:40


こんにちわ、  昔の歌にーー  あら、見てたのねえ・・  と、言うのが
あります。 きっと蝶のカップルも そのように言ってますね。
仲が良いのは どんな動物・ムシでも 良いですね。
Posted by ぼたん at 2008年08月06日 14:03


昔、私が少女だった頃・・・
蝶々って、良く見かけたような気がします。
最近、、、、、見かけないような気が。
私の住んでいる所がそうなのかもしれないけれど。
海や、山に出かけたら、見つかるのかしら、、、
あの羽の模様は、本当に、芸術的で、素晴らしいですよね ^^)

ところで、、、、、
私のあの写真、、、、、、残してるの?
ヾ(@゚▽゚@)ノあははぁ   はじゅかしい・・・・
残しておくようなものではないかと思われるのですが(爆)

そのうち、流星さんも、顔出ししてね(願)
Posted by 1セント・・・ at 2008年08月06日 14:52


流星様
とうとうパピヨンの世界を掘り起こしましたね。その昔より、どの種類の蝶でも人の霊が宿るとか。私を大変可愛がってくれた母親方の祖母が他界した折りに斎場で、私の手の甲に黒揚羽蝶【羽根を広げると十五センチ】が止まりました。『お婆ちゃん色々世話になりました成仏してね』と告げると私の人差し指に乗り移り親族の頭上をゆっくり周り飛び去りました。その後には、クッキリと空に虹が現れた事が印象的な事柄です。

夏空も 狭しとばかり 蝶が舞う
Posted by 詩楽麿 at 2008年08月06日 15:24


☆漫歩さま
  緻密な探究心。そんなに褒めていただくと、木に登りますよ~(笑)
  実は4年も情報系ブログをしておりまして、書く前に調べる癖がつきました。
  一度、きちんと調べておくと、あとで何度も使いまわしが利きます。
  ありがとうございます♪


☆うららさま
  私も、この蝶のさなぎを見てみたいです!
  日本にも、珍しい昆虫が沢山いますね、
  絶滅しないでほしいものです。
  ありがとうございます♪


☆遊子さま
  これオリンパスです~。
  一眼ならもっと綺麗に撮れたでしょうねぇ・・・
  これはペナン島で撮ったのですが、チェンマイにもいると思います。
  ありがとうございます♪


☆大丈夫さま
  私の記憶が正しければ、、それほど大きくなかったです。
  少し大きめ・・くらいかな。
  「おおらか 」に共感をありがとうございます♪
Posted by 流星 at 2008年08月06日 17:59

☆Nuts onさま
  ああ、オリエンタルホテルが工事中の頃ですね。。
  ペナンもその気になれば、観光するところはけっこうあります。
  でも一人だと寂しいかな。。
  このバタフライ・ファームは、物凄い蝶の数で、見ているうちに、ポケットにも
  ハンドバッグにも蝶が入り込んで、びっくりしました。
  神秘的なさなぎ、私も見たいです♪


☆ 愛媛子 さま
  このバタフライ・ファームでは、他にも珍しい蝶をいくつか撮りましたよ。
  日本にも綺麗な蝶が沢山飛んでいるのでしょうね!
  蝶が鳥のように、遠くに飛ぶこと、私もこの時、初めて知ったのでした。
  ありがとうございます♪


☆ぼたんさま
  あはは♪
  「あら見てたのね~♪」は、都はるみさんじゃないですか?
  私は、芸能関係の記憶力だけはいいのです(笑)
  蝶々、大胆に仲良くしていました(笑)


☆1セントさま
  日本も都会では蝶が減っているのかな?
  温暖化で、住む昆虫や動物の種類が変化しているのかもね!

  あのお宝画像、保存していますよ~
  乾杯しているの(笑)
  私はね、松田聖子と似ていると想像してください(なんちゃって!)


☆詩楽麿さま
  まるで短編小説のようなエピソードを、ありがとうございます♪
  きっとお祖母さまも、シラクマロさんに最後のご挨拶ができて、成仏なさったと思います。
  パピヨンですね、実はさいしょ、
 
  パピヨンとパピヨンたしてパピヤッツ  流星

  と詠んだのですが、あまりの馬鹿馬鹿しさに自粛したのでした。
  発句をありがとうございます♪
Posted by 流星 at 2008年08月06日 18:16


こんばんは。
チョウのオスは、(アゲハに限らず)羽化したばかりのメスを見つけると、すぐさまとびつき、あっという間に ○ッテしまうとか・・めっちゃ強引!
ワタクシもヒト科のオスとしてその強引さ・・見習いたいものです!(゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ...アカンガナソレ・・勿論、冗談です。
でもどうやってメスを見分けるのでしょうね。とびついたらオスだった、ということはないのでしょうかね~ブツブツ・・といつも通りの支離滅裂コメントでスンマセンm(__)m

貴重な蝶を見せていただき有難うございます。やっぱ蝶撮るなら、早朝ですかね~
Posted by 克ちゃん at 2008年08月06日 19:28


アメリカ本土からメキシコまでの何千Kmも飛行する蝶が居るんですが名は忘れました。

身を削り 子を残さんがため 契りあい yamaoji.

ドイプイ村は黒っぽいてふてふが多いみたいです。
Posted by at 2008年08月06日 20:29


流星さん、こんばんは。

愛のカップルの覗き見はいけませんね(笑)。

でも、こんな美しい愛情表現なら、許す!

アメリカ大陸では、4000キロを移動する蝶もいるとか。

本当に凄い生命力ですよね。

海峡を越えゆく蝶のあまたかな 道州
Posted by 道州 at 2008年08月06日 21:33


てふてふは 国に依っては 浮気者

蝶も蛾も美しいものは本当に美しいですね。
でも国に依って蝶々が浮気者の意味になる事が有ります。
そして、家の庭は密林なので揚羽、黄揚羽、黒揚羽、紋白、紋黄蝶が来ます。
Posted by Nong-Khai at 2008年08月06日 21:40


☆克さま
  チョウの雄が、雌を見るとすぐさま飛びつくというのは初耳でしたー!
  せめて雌に「オス!」と声をかけて欲しいですねぇ (-_-;

  どうやって、雌だと見分けるのでしょうか。
  そういう疑問を抱く克ちゃんは偉大です♪
  蝶を撮るなら、早蝶か?という疑問ですね、
  その疑問は、ずーっと三年くらい抱き続けていてくださいまっほー♪


☆yamaojiさま
  発句がなければ、どなたか分からないところですた!
  ドイプイにも沢山、てふてふがいそうですね♪
  いつも素敵な句をありがとうございます♪


☆道州さま
  ごめんなさい、覗き見しちゃいました (-_-;
  4000キロも飛ぶって凄いですね!!
  飛行機代もいらず、オイルもいらず。。
  私も蝶になりたい・・・♡
  ドラマティックな句をありがとうございます♪


☆Nong-Khai さま
  あ、蝶が浮気者の代名詞になるって、ありますね、
  花から花へと~♪  なんて。
  のんかいさん宅のお庭、興味津々です。
  もしかしたら、大屋敷なのでは??
  発句をありがとうございます♪   
Posted by 流星 at 2008年08月06日 22:37


マレーシアにご出張ですか?ペナン島のダメージ、解決しましたかね?
前勤務先の社長が無類の蝶好きでして、夏休みのたびにマレーシアやインドネシアに出かけておりました。
写真プリントの引き伸ばし機を社長から貰いましたが、引越しで処分してしまいました。
Posted by buen at 2008年08月06日 22:42


どんなに上手に隠れていても流星さんにかかったら、一句詠まれて一躍有名に^^
でも、ほんとによく撮れてますね~
Posted by hime at 2008年08月07日 00:25


もう、連日遊びすぎで帰省ぼけ。こんな夜中にすみません。

 「揚羽蝶 合わせ鏡の おおらかさ」
おおらかに。大胆に愛の交歓を。
流星さんが見ていたおかげで良い写俳、めでたし!

前記事につっこみ、剃髪はだめですよー
Posted by 風のぶ子 at 2008年08月07日 02:46


☆ぶえんさま
  ペナン島、あのインドネシア沖地震のときの報道が誤解を生んだようですね。
  私はあの時ペナン島に住んでいて、揺れている最中に記事をアップしました。
  実際は、海辺以外は殆ど被害はなかったのです。
  ちなみに私の住まいは、海辺から歩いて5分でしたが、津波の影響は全くありませんでした。
  
  この写真は、そのずっと後にペナンに遊びに行ったおりに撮りましたヨ。
  蝶好きな社長、ふとっぱらですね♪


☆himeさま
  ありがとうございま~す♪
  どんなに上手に隠れても~♪という歌を思い出しました♪


☆風のぶ子さま
  いいなぁ。。連日遊び遊びすぎなんて♪
  でもでもたまにはそんな時がなければね!!
  
  剃髪はあかんですか・・・(笑)
Posted by 流星 at 2008年08月07日 10:16


素晴らしい美しさですね
マレーシアの蝶と言えば謎の失踪事件、
小説「熱い絹」・ジムトンプソンを思い出しますね、
Posted by sam at 2008年08月07日 10:34


☆samさま
  まさに!!
  私も読みました、「熱い絹」。
  シルク王のジム・トンプソンの謎の失踪は、物凄く興味があります。
  現場だったキャメロン・ハイランドには、絶対に行くつもりです!
Posted by 流星 at 2008年08月07日 11:15


蝶の話ではないですが…^_^;
清張の「熱い絹」 キャメロン・ハイランドの地図が頭に浮かびますね~
あの山荘は現存してるのでしょうか?
Posted by めだか at 2008年08月07日 11:38


☆めだかさま
  たしか、現存していると思いますよ~
 
  あの小説の中にも、ジムの妹(たしか)が、蝶の収集をしてて、というエピソードが
  出てきましたよね。マレーシアは珍しい蝶の宝庫なんですよ~

  今朝、偶然、めだかさんのこと、考えていました。
  テレパシーが通じた?(笑)
Posted by 流星 at 2008年08月07日 12:51


テレパシー 通じましたね~^^
「熱い絹」はジム・トンプソンの妹が、軽井沢で殺害されたのが発端でしたね~
高価な蝶の標本を残して…
キャメロン・ハイランドは今でも貴重な蝶の宝庫なんですね~
行かれたらレポートお願いします~
Posted by めだか at 2008年08月07日 21:45


☆めだかさま
  ふっふっふ、、テレパシーでしたねぇ(笑)
  そうそう、軽井沢で殺されたのよね!
  キャメロン・ハイランド、できれば今年、無理なら来年と思っています。
  近いんですけどねぇ。。

  9月には、アンコールワットに行く予定です。
  今のうちに、この近辺の国を回っておこうかと・・・
  来年か再来年には、またサウジの家人の赴任地へ行く予定なの。
  ダイアルアップで、ブログ、できるかなぁ・・・
Posted by 流星 at 2008年08月07日 23:11


おおらかさ 笑って許す 母心

なかなかこうはいきませんが…。
Posted by 極楽とんぼ at 2008年08月09日 09:19


☆極楽とんぼさま
   >おおらかさ 笑って許す 母心

   >なかなかこうはいきませんが…。

  ほんなこつね・・・
  私もまだまだ修行が足らんばい・・。
 
Posted by 流星 at 2008年08月09日 10:31



今日、孫達帰りました。 10日間、毎年の事ながらてんやわんや…(^_^;)

またサウジへ越されるのですか~?
私が流星さんのブログに出会ったのは、サウジの頃。
オーストラリア、リバプール、家人さんとの出会い、義母さんのこと、とても印象に残ってて。

アンコールワットはまた行ってみたいで~す。
シェムリアップではソフィテルホテルに滞在しましたが、ホテルと現地の生活との格差、
酷いものでした。今はずっと良くなってるでしょうか? 
タイは行ったことがありません。今のうち、タイ近辺を報告してくださいネ~
Posted by めだか at 2008年08月09日 20:59


☆めだかさま
  お孫ちゃん台風一過ですね♪
  寂しくなりますね~、、
  
  そうなんです、またサウジに戻る予定です。
  この前のときは、ほら覚えてます?
  道路隔てた向こう側のコンドで、テロ事件勃発で、大量に外国人が殺されて。。
  うちのコンドは被害に遭わなくて本当に助かった・・・
  今は少し治安がいいみたい。
  まぁ、あれです、夫婦別居もあまり長くなると良くないしね。
  
  で、今のうちにこの近辺の国を回っておこうと・・・。
  アンコールワットは、出来たばかりの綺麗なホテルに泊まるみたい。
  ダンナのアレンジだから多分大丈夫。
  私がアレンジすると、ケチるので微妙なホテルになっちゃう(笑)
  あとね、タイのクラビ、そこは島じゃない、海岸のリゾートみたい、
  そこに行く予定。海の写真が撮りたくて。
  ダンナがのんべいであまりアチコチ行きたがらないの。
  それを引っ張り出すのが容易なこっちゃないわ(笑)
  
  福岡もまた行きたいです♪
  明太子とめだかさんに会いたい♪
  
Posted by 流星 at 2008年08月10日 07:43


孫 帰ってホット7割、寂しい3割ですョ~ 懐・痩せました~^^

そうでしたね。外国人が狙われると言うことで、急遽ナコンサワン?へ行かれたのですね~
うちの息子も十数年前 サウジへプラントの据付け工事で長期出張したことあり、
痩せて帰ってきました~

福岡へも是非! 
Posted by めだか at 2008年08月10日 09:17


☆めだかさま
  >懐・痩せました~
  わっはっは♪  そうでしょうとも!

  まぁ、めだかさんの息子さんもサウジへいらしたことがあるのですね。
  観光では行かれない国ですから、滅多にない経験はできますよ~
  
  福岡、行きたいなぁ。。
  何年か待っててくださいね!
[PR]
by mariko789 | 2008-08-06 14:01 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9773793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]