always over the moon

物憂げに打ち上げられしココナッツ



物憂げに打ち上げられしココナッツ 流星
(ものうげに うちあげられし ここなっつ)





f0053297_1403368.jpg


◎ 季語: 椰子の実(ココナッツ) [夏] ←私の独断かも。

◎ 撮影: サムイ島(タイ)のビーチにて。










 ・。・☆皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪・☆・。  


流れ付き 椰子の実一つ 根も張れず    詩楽麿

椰子の実が たどりついたは 終の棲家    yamaoji.

流れても 命をつがん ココナッツ    極楽とんぼ





______________________
この記事へのコメント


おはよ!

>なぜかわからないけど、フランス語で聴いてみたいです。
<あの「太陽が一杯」を思い出させるからです。

この砂を浴びたココナツが、ラストシーンで引き上げられたヨットに見えますね。
Posted by 遊子 at 2008年08月07日 10:58


サムイはなつかしい島です。ココナツは郷愁。
そのころの学生のうち、実家がサムイという学生も数人いて
休日に島でばったり。
(私にとって)観光地でもあり、生活の延長の地でもありました。
流星さん、ありがとう☆
Posted by Nuts on at 2008年08月07日 11:31


流星様
うん、この椰子の実だかココナツの実だか海に打ち上げられた姿に哀愁を感じさせられますね。まして、実から新たな芽がでている。その芽の思いを察するに、これぞ『めでたい』話しですよね。

流れ付き 椰子の実一つ 根も張れず
Posted by 詩楽麿 at 2008年08月07日 13:52


流星さんの惚れこんだ歌にコメントできなくて残念。
私の関心は、この浜辺の椰子の実の芽。
漂流中に出たのか、打ち上げられてから出たのか。
生命力とともに、命を継続させて行こうと言う意志を
感じて、感動しました。
Posted by 漫歩 at 2008年08月07日 14:53


 「物憂げに 打ち上げられし ココナッツ」

わっああ!
流星さん!どれもとっても好き、訪問するのが楽しみなんですが
今日のこの句はTOP3に間違いなく。
何て素敵な句なんだろう。
これはぜったい流星さんじゃなければ詠めないと思います。
Posted by 風のぶ子 at 2008年08月07日 15:37


☆遊子さま
  あはは♪ 「太陽がいっぱい」、アランドロンでしたね!
  英国には24時間、昔の名画を放映しているチャンネルがあり、私は英語の勉強と称して
  毎日3本くらい観ていました。
  スティーブ・マクイーンの「恐怖の報酬」も良かったなぁ。
  オードリー・ヘップバーンの映画も全部、このチャンネルで見ました。
  「カサブランカ」、「ひまわり」、「哀愁」、、みんな好きデス♪


☆Nuts onさま
  ああ・・・サムイはバンコクから近いですものね。
  良い想い出が沢山あるのでしょうね・・・
  私は家人と、この秋、また別の島に行く予定です。
  また海の写真を撮ってきますよ★


☆詩楽麿 さま
  「これぞ、めでたい」って!(笑)
  椰子の実、強いですね。
  こんな状態なのに、芽をだして生きようとしている。。
  発句をありがとうございます♪
Posted by 流星 at 2008年08月07日 19:21

☆漫歩さま
  やはり、芽に、お目が留まりましたか。(笑)
  私もなぜ撮ったかというと、芽が出ていたからなのです。
  生命力が凄いな・・と思って。
  物言わぬ植物から、教えられることってありますね。
  ありがとうございます♪


☆風のぶ子さま
  そ、そんな・・・・。
  尊敬する風さんから、そんなに過分に褒めていただき、力強いエールを頂いた気分です!
  私なんか・・・・とつい凹みがちになるのですが、、
  エイヤっと、跳ね返しますね。ありがとうございます♪
Posted by 流星 at 2008年08月07日 19:27


写真見させていただき、開口1発、あー、家人さんと行かれたサムイ島の写真!っわかりましたよ。

椰子の実が たどりついたは 終の棲家 yamaoji.

PS:プロフィールのチョッと上目遣いニャンコ、カワイクテ気になっています。
Posted by yamaoji at 2008年08月07日 20:20


こんばんわ、 八月の濡れた砂・・知りませんでしたが
流星さんのお話で私も聞いてみたくなりました。
石川セリさんって、井上揚水さんの奥様ですよね?
聞いてみますね。 ココナッツ・・・私は、 遠き島より・・・の
椰子の実 の、歌を思い出しました。
Posted by ぼたん at 2008年08月07日 20:21


流星さん、こんばんは。

「遠き島より流れ来し椰子の実ひとつ」

は、まさに、こんな光景を詠んだ詩なのでしょうね。

「物憂げに打ち上げられしココナッツ」

も負けていないな〜♪
Posted by 道州 at 2008年08月07日 21:58


椰子の実ですね。
打ち上げられて良かったですね。また芽が出ればしめたものです。
情熱的な歌詞ですね。おじいさんには強すぎますね。(笑)
Posted by 大丈夫 at 2008年08月07日 22:48



そうそう、ムスタキで聞いてみたい、
しかし何やねぇ、コメントの尻に書くのは辛いねぇ、
殆んどみんなが云うてるんだもの。
Posted by yoshiyoshi at 2008年08月07日 22:51


うわ~芽が出てますね~
今とっても芽が気になるわたしです^^
夕暮れの人気のない海岸にぽつんと椰子の実、ここにも哀愁を感じます。

ここにきてみなさんのコメント、ペガサスさんのコメント返しを読むのが好きです^^
Posted by hime at 2008年08月08日 00:12


どこからか流れ着いたこの椰子の実 これから根を張って生きていく様は人間の基盤にも似ていますね。 ココナツの心が良く現れている句で素敵です。
Posted by 臥竜 at 2008年08月08日 04:18


☆yamaojiさま
  やっぱりね、すぐバレますね♪
  海なし県のチェンマイに住んでいると、時々無性に海が懐かしくなります。
  9月には家人とどこかタイの島に行く予定なの。
  素敵な発句をありがとうございます♪
  あ、プロ写真の猫ちゃんは、借り物なのよ ( ^∀^)


☆ぼたんさま
  そうそう、井上陽水さんの奥様ですってね!
  お似合いのカップルだわ~~
  チャンスがあったら、youtubeででも聴いてみてくださいね。
  椰子の実の歌も、私は大好きですよん♪


☆道州さま

  苦節2ヶ月、道さまから句を褒められたのは初めてです(笑)

  記念にこのまま1ヶ月ほど更新しないでこのままに・・・(オイ!



☆大丈夫さま

  >情熱的な歌詞ですね。おじいさんには強すぎますね。(笑)

  またそんなことを(笑)
  高山病にもならず、高地をバスに6時間も揺られる旅をなさるくせに。。
  その発言、わかりませーん(笑)



☆よしさま
  ね!!!
  絶対にシャンソンっぽいですよねぇ♪
  初めて賛同者がでて、とっても嬉しいです♪


☆himeさま
  芽が出てますよ~~
  アボカドの芽をホウフツでしょ(笑)
  よろしく哀愁~♪(意味不明)
  私も、himeさんブログで、皆様のコメント&himeさんのレスを読むのが楽しみです。
  ブログの醍醐味かしらね?


☆臥竜さま
  人間の基盤。。さすがに知的なご意見!
  句も褒めていただき、すごく嬉しいです♪
  ありがとうございます♪  
Posted by 流星 at 2008年08月08日 09:18


島崎藤村の「椰子の実」
名もしらぬ遠き島より流れよる椰子の実ひとつ・・・
これはサムイ辺りの東南アジアから流れてくるとハワイで聞きました、
逆かと思っていました・・・。
Posted by sam at 2008年08月08日 13:02


あっ、今日はまだ記事の更新がないね。
流れ着いたやしの実が一つ物憂げにお留守番してます・・・

この句、当初より変わりましたね。
推敲が良かったです。
Posted by 遊子 at 2008年08月08日 14:23


名もしらァ~ぬ 遠い島より~♪
流れ寄る 椰子のみ一つ~~~  っていう歌があったのを思い出しました。
でもコレ、ココナッツなんだよね。
ココナッツと、椰子のみの違いが、分かりません。。。 (恥)

今日は、大きな地震があったし、
今季初の35.8度だって、、、、 あっつぅ~~~
Posted by 1セント・・・ at 2008年08月08日 18:23


はじめまして。kemyallさんのところから来ました。
(kemyallさんのところでコメ入れたことはないですが)

私事で恐縮ですが、子どもの頃、石川セリさんが好きで、この曲もお気に入りの一曲でした。(微妙にマセガキ)
よく聴いていた曲のタイトルでしたので、つい書きたくなりました。
スミマセン、いきなりでm(__)m

ところで、この俳句、ステキですね。
学生時代に萬葉集を勉強(?)していたからかもしれませんが、俳句にもとても惹かれます。

どなたの句だったか…確か、山口誓子…、
「夏草に 気罐車の車輪 来て止まる」
というのがあり、中学生の頃にお気に入りの俳句でした。

「ひとこと」の重さとか深さを感じ取れ、文字だけで十分その場面を想像でき、しかも短い文章で簡潔に完結してしまう「俳句」はオトコマエで、とてもステキ♥

自分にはマネできない、高等な言葉の技。
文字で絵や気持ちを描けるなんて、できそうでできない事ですもの。
だからこそ、更に惹かれてしまうのだとも思っています。

これからも是非訪問させていただきたく思います(*^。^*)
よろしくお願いしますm(__)m
Posted by harumi at 2008年08月09日 09:10


☆samさま
  あらー・・・
  私もハワイあたりの椰子の実が、あちこちに流れ着くのかと思っていました。
  サムイあたりの椰子の実、旅をするんですねぇ・・・。
  私も椰子の実になりたい.・。・☆・。 


☆遊子さま
  オリンピック休暇です(笑)
  今朝も寝不足でぼーっ。。
  推敲を褒めていただき、光栄にそうろう~♪


☆1セントさま
  ココナツと椰子の実は同じよん♪
  えー? 大きな地震があったの?
  被害は出ていないのでしょうね(祈願)
  35,8度は暑いでしょう!
  私は50度を体験したことあるわ。


☆harumiさま
  ようこそ、いらっしゃいませ♪
  ね、この歌、いいですよねぇ。。気だるくてムードがあって♪

  俳句。
  私はさっぱり分からないまま、始めてしまいました(笑)
  万葉集がお好きだと仰るharumiさんなら、もっとオトコマエな句を詠みそう♡
  こちらこそ、これからもよろしくお願いします。。
  さっそく競馬、温泉、サイダーの記事、読ませて戴きました♪ 
  もっと頭がしっかりしているときに、コメントをさせて戴きますね~
  (ただいま寝不足で、頭がぼーっ。オリンピックぼけ ww) 
Posted by 流星 at 2008年08月09日 10:42


流れても 命をつがん ココナッツ

この青い葉っぱにセメ威力を感じますねえ。
Posted by at 2008年08月10日 08:49


☆名無しさま
  もしかして、極楽さん?
  もうすぐお邪魔しますよ、待っててね!
Posted by 流星 at 2008年08月10日 09:49


ありゃあ!あわてんぼが名前を忘れたバイ…。

流れても 命をつがん ココナッツ

この青い葉っぱに強い生命力を感じますねえ。

に訂正。
Posted by 極楽とんぼ at 2008年08月11日 09:31


☆極楽とんぼさま
  ああ、やっぱりね!(笑)
  真面目な(笑)発句をありがとう~♪
  追記させていただきます♪ 
[PR]
by mariko789 | 2008-08-07 14:06 | Nikon D80 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9773778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。