always over the moon

禍々し悪夢にぐらり月夜舟 :俳句

禍々し悪夢にぐらり月夜舟 流星
(まがまがし あくむにぐらり つきよぶね)

f0053297_1131070.jpg

季語: 月夜 【秋】天文


・。・☆・皆様から頂いた句です(敬称略)。ありがとうございます♪ .・☆・。

うたた寝の 晩夏に揺らぐ 母の影    詩楽麿

今朝のこの夢 南天畑のバクに喰わせろ ( ぼたん祖母さま)

うたかたの月に漂ふ浮世かな     道州

女だから 母恋しくて 夢枕       yamaoji

頂いた 余命を生きる 仏の道      極楽とんぼ





_____________________
この記事へのコメント


加工と句が激しくマッチング~
流星ワールドに酔いしれてます~

でも 切ない夢ですね~
Posted by めだか at 2008年08月25日 09:54


なんと言って良いか・・・
これは実話なので、今、冷静に写俳を感じる心境ではありません。
また、それほどに、訴えかけてくるものが凄まじい!
落ち着いてから、また、来ます。
Posted by 遊子 at 2008年08月25日 10:28


おっと!流星さん、こちらまで船酔いというか、悪夢見そうな。(笑)

今日の写真の加工は、ピカソみたい!

字も揺らぐと面白いですね。

(でも、ちょっと乗り物酔い気分・・・。笑)
Posted by frogmomo at 2008年08月25日 10:49


流星さん怖いよ!夏だからって・・・・・
お母さんの分も皆生きてるんですね。
ありがたいことです。
Posted by 大丈夫 at 2008年08月25日 10:56


流星節はあまり深読みしないこと(笑)
それに今日の写俳は見すぎると酔ってしまう。
さりとて読み流すと仰りたきことをすっぽかしてしまう(また笑)

母上は常に南十字星におわして、流星さんを見守っているのですが、
流星さんは世俗の人間ゆえ、様々な欲求や悩みがありますから、
夢や幻を見るわけです。
悪夢と思うたは、母上の諭しであったかーーー。
Posted by 漫歩 at 2008年08月25日 11:18


流星さん、こんにちは。

怖い夢を見られたようで、、大丈夫ですか?
地震が起こったりしないとよいのですが。。

曲線にぐらり。思わずムンクの叫びのよう!!
チュンポンから船に乗ってサムイに着いた〜♪
あの悪夢の夜を、思い出してしまいました。(汗
Posted by ちえ at 2008年08月25日 13:00


うっわぁ~ 色が、色が~。
この色彩はタイの木に巻いてある布を思い出します。
その布はまた、サムイで会った老人が腰に巻いていた布を。
その彼は銃をヒラヒラさせていた こわ~い思い出。
Posted by Nuts on at 2008年08月25日 13:21


切ないですね、 お互いに・・(私もハハは彼岸へ)
辛い夢・・いやな夢・・怖い夢・・を、見た時は、
 今朝の この夢 南天畑の バクに喰わせろ   この、おまじないを
三回唱えてください。 祖母から教わりました。
Posted by ぼたん at 2008年08月25日 14:09


こんにちは
怖い夢を見たようですね。
お母様は早くになくなられているのでしょうか?

流星さんの心の中でなにか気がかりなことがあるのかな?
日本じゃ先日までお盆中で私もお墓参りをしてきました。
Posted by karin at 2008年08月25日 17:10


流星様へ
誰しも実母は、自身の体の一部、夢見て実母と過ごしたるも良し。ただ、実母は他界しても子供を誘わないもの。

うたた寝の 晩夏に揺らぐ 母の影
Posted by 詩楽麿 at 2008年08月25日 18:15


こんばんは。

ワタクシも夢の中に亡くなった祖母が時々出てきます。
(いつも)何も言わず、じっと部屋の隅に座ってただ微笑んでいるだけなのですが
悪夢という感じではなく、何か・・こう・・温かい波動を感じる心地良いものです。

悪夢や二日酔いを写句にしようとすると、画像を捩じりたくなりますよね^_^;
ワタクシも、画像をポスタライズして
ウエーブや渦巻きかけてフォト五七五にしたことがあります(笑)
Posted by 克ちゃん at 2008年08月25日 18:19


☆めだかさま

 >加工と句が激しくマッチング~

 ありがとうございまーす♪ 励みになりますよん!
 切ないというより、100%怖い夢でした、何か母が訴えたいのかも??


☆遊子さま
 先日メールした悪夢です。
 あまりに頭から離れないので俳句にしてみました~
 実は・・最初は猫の顔のアップで加工写真を作ったのですが、
 自分でも背筋が凍るほど怖ろしい写真になってしまい、、自粛しました!


☆momoさま
 ふふふ、ごめんなさいね! 
 これ、じっと見てると確かに気持悪くなってきますね、
 字が入ってるからよけいにそうなのかな?
 次回は、もっと優しい投稿にします!(宣誓)


☆大丈夫さま
 ああー・・・怖がらせてごめんなさい!!m(__)m
 みな、両親の続きの命を生きているのですね!
 ありがたいことです・・・(改めて)
Posted by 流星 at 2008年08月25日 18:44

☆漫歩さま
 そうそうその通り!
 深読みはしないでね、いつもストレートですよ?(笑)
 母は、何かを諭したかった、、何か伝えたいことがあるのは確かかも。
 滅多に母の夢はみないのです、見るときは・・・・
 何か悪いことが起きる前。
 これ本当なんです、ですからとても気になって・・・。


☆ちえさま
 こんにちは♪

 >チュンポンから船に乗ってサムイに着いた〜♪

 思わず、メロディをつけて歌ってしまいました♪

 >あの悪夢の夜を、思い出してしまいました。(汗

 な、なにか・・・怖い経験が・・・??
 場所も奇しくもサムイ。。心身が寒くなるような悪夢の夜・・・ワー
 想像しています・・・・


☆Nuts on さま
 色に怖がってくださり、ありがとうございます♪
 
 >その布はまた、サムイで会った老人が腰に巻いていた布を。
 >その彼は銃をヒラヒラさせていた こわ~い思い出。

 そ、それは滅茶苦茶怖いじゃないですかー (^-^;
 ご無事で良かったです!
 ほんと、人間いつなんどき、どんな事故に遭うか分からないですもんね、


☆ぼたんさま

 > 今朝の この夢 南天畑の バクに喰わせろ   

  >この、おまじないを三回唱えてください。 祖母から教わりました。

 さっそくメモしました! ありがとうございます♪
 私の祖母は、そのおまじない、教えてくれませんでしたよ~、
 やっぱり違うお婆ちゃんだったか・・・。。
Posted by 流星 at 2008年08月25日 18:54

☆karinさま
 こちらにも、ありがとうございます♪
 母は私が子供の頃に亡くなりました・・(T_T)
 
 心の中に気がかりなことはないのですが・・・
 何かの予兆なのかも??
 暫く、言動に気をつけようと思います、天変地異ではないと思うのね・・・
 かりんちゃんは、おはか参り行ったのね、お盆だったのよねぇ。。


☆詩楽麿さま
 
 >ただ、実母は他界しても子供を誘わないもの。

 そうですよね・・・
 実はここだけの話、母の夢をみたあとは、必ず親しい人に不幸がおきます。
 姉たちが心配なのです。これは本当の話。
 発句をありがとうございます♪


☆克さま
 克さまのお祖母さまは、穏やかに見守って下さっているのですね!
 きっと天国でやすらかにお過ごしなのでしょう。
 ウチの母も、暖かい波動を感じるような出方をしてほしい・・・

 >悪夢や二日酔いを写句にしようとすると、画像を捩じりたくなりますよね^_^;
 なります、なります!
 あまりいじると原型がなくなりますね(笑)
 克さまの捻りフォト、また見に行かなくちゃ♪
 28日から暫くお休みしますので、折をみて、また過去記事をじっくり拝見させて
 戴きますね!
Posted by 流星 at 2008年08月25日 19:12


流星さん、こんばんは。

思いっきりフィルター効果使いましたね♪

よほど悪夢にうなされていたと見えますな〜。

うたかたの月に漂ふ浮世かな 道州
Posted by 道州 at 2008年08月25日 20:22


こんばんは。
写俳もストーリーもこんなにgood!

・・・・なのに、ふ、船酔いがリフレインしそうだあ。

なんて冗談ですよ。視野が広がるすてきな一句です。
Posted by 風のぶ子 at 2008年08月25日 20:28


飲んで帰ってきて、見たら・・・・気持ち悪くなっちゃった┐(゚~゚)┌
ごめん(T.T)
Posted by sam at 2008年08月25日 21:46


☆道州さま
 こんばんは♪
 フィルター、加減が難しいですねー、
 まだまだ道州さまの域には達しませんよ~~

 月は可哀想ですね、己が姿を見れなくて。
 私のような傍観者には、ありありと見えるのに。
 あ、なんとなく歌を思いつきました。意味はありません。。

 ★空の月 水面の月と ふたつ月 偽りもなく 共に在る月 (明智流星)



☆風のぶ子さま
 あっはっは♪
 あのフェリーの旅を再現してしまいましたね♪
 船酔いしていただけば、成功!(←身勝手な人 笑)


☆samさま
 こんばんは♪
 ごめんなさいねぇ!
 ヨッパ君には、鬼門の写真でしたね?(笑)
Posted by 流星 at 2008年08月25日 22:08


女だから 母恋しくて 夢枕、yamaoji

流星さんからもお母様を創造できますが、素敵な方だったでしょうね。
娘は、いつかはママに近づけるようにと悩み続けるのでしょうね、
息子が父を思うように!
鈍感な yamaoji でも胸がキュンと切なくなりました。
Posted by yamaoji at 2008年08月25日 22:58

☆yamaojiさま
 母は、若くして亡くなったので、いつまでも若いままです・・
 
  >息子が父を思うように!

 yamaojiさんのお父様も、きっときっとyamaojiさんを案じていらっしゃいますね、
 遠い日本の中野新橋で。
 yamaojiさんは、ちっとも鈍感じゃないですよ~、繊細な方です♪
 素敵な発句をありがとうございます♪
Posted by 流星 at 2008年08月25日 23:10


<母はもうとうの昔に死んでいたのだ>

母も兄もとっくの昔に死んだけど時々逢いにきてくれます。

夢って言うのは有難いですよねえ…。

「頂いた 余命を生きる 仏の道」
Posted by 極楽とんぼ at 2008年08月26日 09:13


★極楽とんぼさま
 ああ・・やはり極楽さんも、母上さま、兄上さまが、夢で逢いにきて下さいますか?
 良い夢なら、私も大歓迎よ♪♪
 
 >「頂いた 余命を生きる 仏の道」
 
 美しい句をありがとうございます♪
Posted by 流星 at 2008年08月26日 15:03


母が死んで30数年も経つのに、私も同じような夢を見たことがあります、
母の無い子になってから、誰にも夢を語れない。
Posted by yoshiyoshi at 2008年08月27日 05:49


☆よしさま
 ああ・・・やっぱりよしさまも。同じなのですねぇ。
 何か意味はあるのか、考えてしまいますよねぇ・・。

 >母の無い子になってから、誰にも夢を語れない。

 うう?? カルメンマキの古い歌を思い出してしまいました。


 時には母のない子のように(1969)  作詞/寺山修司 作曲/田中未知  

時には母のない子のように  だまって海をみつめていたい
時には母のない子のように  ひとりで旅に出てみたい
だけど心はすぐかわる  母のない子になったなら  だれにも愛を話せない

時には母のない子のように  長い手紙を書いてみたい
時には母のない子のように  大きな声で叫んでみたい
だけど心はすぐかわる  母のない子になったなら  だれにも愛を話せない

時には母のない子のように・・・
[PR]
by mariko789 | 2008-08-25 11:00 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9764772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。