always over the moon

喜雨をえて拾われし猫母を恋ふ



 喜雨をえて拾われし猫母を恋ふ  流星
 (きうをえて ひろわれしねこ ははをこう)






f0053297_10345925.jpg


◎ 季語: 喜雨(きう) 【夏】





捨て猫に 心盗られて梅雨に濡れ  詩楽麿さま

猫が眼をとぢてはひらき夏の海   与太郎さま

 (おおきに、ありがとうございます♪)



去年、日本人のおじさんに拾われた、野良猫のみーちゃん。
おじさんの情けを、恵みの雨、喜雨にたとえて詠んでみました。

一緒に写っている犬の玩具は、私がみーちゃんにプレゼントしたのですが、
玩具と遊ぶ気持にはなれなかったようです。
もの思いに沈んでいるみーちゃん、お母さんを思い出したかな。

一度はおじさんの留守中に逃げたり、いろいろあったみーちゃんですが、
今ではおじさんにとってかけがえのない相棒。
とっても甘えん坊のみーちゃんです。
昨日、道でおじさんにばったり会って、みーちゃんが元気だと聞いて安心したのでした。

季語: 喜雨 (きう) [夏]
撮影: チェンマイ。2007年。猫のみーちゃん







___________________________
この記事へのコメント


良かったね~み~ちゃん。

そう言えば、先日のNHKで平 岳大(ひらたけひろ)さんが、ホームレスのおじさんから猫の子を託された話をしていた。
その当時の写真も出てきていたけど、このみーちゃんより酷い状態で、痩せて顔も目もくしゃくしゃ・・・とても可愛いという状態ではなくて・・
しかも彼は犬派だったそうだけど、なぜか運命の出会い・・・
そして、今の彼のその猫、とっても艶もよく奇麗になって・・・見違えるよう。
やっぱり、飼い方によるのよね。

み~ちゃん大きくなったかな?
Posted by ドロシー at 2008年07月01日 10:57


ガリガリくん 今はまーるくなってるかな。
希雨 豊かなことばですねよね。
Posted by Nuts on at 2008年07月01日 11:10


流星さん、こんにちは。

みーちゃん、何だか殺伐としてて・・・それまでの生活が偲ばれます。(泣)
今は、今までの分、おじさんに甘えているんだろうな・・・。

幸せになってよかったね~♪みーちゃん♪
Posted by frogmomo at 2008年07月01日 13:42


捨て猫に
心盗られて
梅雨に濡れ

飼い主も
心知らずに
猫の縁

拾われし
猫にしあれば
人恋し

可愛い猫の此れからの幸せを祈念して、合掌
Posted by 詩楽麿 at 2008年07月01日 15:06



日照り続きの後の雨・・・なんですね。
季語を知らないとこんな流暢な俳句は読めないですね~
あ、ここでこんな発言したら笑われちゃいます(^^ゞ
Posted by hime at 2008年07月01日 16:01



猫が眼をとぢてはひらき夏の海
ねこがめを とじてはひらき なつのうみ

元気におきばりやす!
Posted by フーテンの与太郎 at 2008年07月01日 18:25


玩具の明るい色合いや曲線がいい感じ。これ、猫には直接は伝わらなくても。
気にかけてくれた流星さんの愛は直感で入ってったでしょうね。
Posted by 風のぶ子 at 2008年07月01日 18:39


母猫にも事情があるのさ。
みーちゃんにも事情ができて何時か仔を置き去りにするかもしれない。
でも。みーちゃん二世は決してみーちゃんを恨まない、
なぜなら前向きの諦観「事情があるのさ」をリフレインするから。

事情があるのさ。
事情っていうのはあるのさ。
Posted by 風のぶ子 at 2008年07月01日 18:45


☆ドロシーさま
   平さんの番組、私も見てました!
    (お互いにチョイスはNHKだけですものねー 笑)
   あの子も見違えるほど可愛くなりましたよね♪
   スタジオでも落ち着いていて賢くて。
   みーちゃんは、小柄なままですが、ちゃんと大人になりました。
   おじさんにとって、[生きがい]だそうです!

☆Nuts on さま
   みーちゃんは、今でもほっそりしています。
   でもとっても元気だし、小奇麗になりましたよ~♪

☆frogmomoさま
   猫でも、その生活や心が、顔に出ちゃうんですね。
   まるで不幸せが顔に張り付いたようだった、みーちゃん
   今では、お茶目でひとなつっこいみーちゃんです♪  
Posted by 流星 at 2008年07月01日 19:17


捨て猫ちゃんだったのね。
最初は、人間不信だったかもしれないけれど、
可愛がられて、きっと、幸せになったのかも、、、、、
これは、拾われた頃かな???
少し、痩せっぽち ^^)
今では、もっチョット、プックリしてるの?
Posted by 1セント・・・ at 2008年07月01日 19:20


喜雨の使い方に、優しさを感じます♪

流星様が、次にみーちゃんに会ったときには、
きっと玩具と遊んでいると思います。
Posted by 鴎 at 2008年07月01日 19:20


流星さん、こんばんは。

人の情けが身にしみるみーちゃんですね。

でも、猫は家に付くと云われているように、人には興味を示さない。

らしい(笑)。
Posted by 道州 at 2008年07月01日 19:55


み〜ちゃん猫は偉いですね!!
ちゃんと人の恩を解って居るのですから、
それに引き換え人間は…
困った現実ですね
Posted by Nong-Khai at 2008年07月01日 21:18
おぉ~っ!


ペガサスさん、写真もイケテマスし、俳句もすっごくいいです!

才女ぶりを発揮ですね♪
Posted by イヴォンヌ at 2008年07月01日 21:41


こんばんは、
日本の猫と、雰囲気や顔つきが違うみたい。
ちょっと精悍な感じも。
そういえば国によっては十二支で、
猫年のある国があるそうですね。
Posted by yuhki02 at 2008年07月01日 22:06


☆詩楽麿さま
   みっつも発句をありがとうございます!m(__)m

   >捨て猫に 心盗られて 梅雨に濡れ

   こちらを、追記させて頂きました。サンキュー♪

☆himeさま
   私も、ネットから写し書いた「歳時記」を見ながら発句です。
   なかなか季語も覚えられません (T_T)
   農村では、日照りは致命的、恵みの雨を喜雨と呼んだのですね。
   himeさまのほうが、私よりずっと日本の伝統・文化に詳しいですよ♪
   今朝も勉強させて頂きました♪

☆与太郎さま
   おひさしぶりどす~
   与太郎はん、ブログ二つとも、閉めはってからに。。
   バリでどないかなってしもたかと心配してたんえ。
  あんさん、俳句はセミプロやおへんか。
   一緒にやらへん?
   頂いた句は追記させて頂きましたえ。おおきに。。

☆風のぶ子さま
   玩具、、みーちゃんには気に入って貰えませんでしたが、撮影効果
   はありましたか。。(寂しい笑い・・)
   ちょっとみーちゃんには縁あって、名前をつけたのも私なんです。
   個性がない名前ですが。あ、克ちゃんさまに叱られるか(笑)
 
  みーちゃんのお母さんと兄弟は、 野良犬に噛まれて死んだんです。
  みーちゃんだけ、おじさんに助けられた・・・
  おじさんは、猫一家が犬に襲われてる現場に居合わせたのです。
  みーちゃんは、一度おじさんの留守中に、逃げ出し、妊娠。
  子猫3匹は近所に貰われました。
  それ以後、みーちゃんは不妊手術をして、もうウマヅメです。
  
  >事情があるのさ。
  >事情っていうのはあるのさ。   

  本当ですよねぇ。。みんなそれぞれ事情があるのさ。。
Posted by 流星 at 2008年07月01日 22:55


☆1セントさま
   こちらは野良猫、捨て猫、ホームレスのU・ェ・U にゃんこ、
   とっても多いです。
   みーちゃんは、今でもほっそりしてるけど、もうこんなキツイ顔では
   ないですよ。かわいい顔になりました♪ アリガトウ!

☆鴎さま
   前回、みーちゃんちへ遊びに行ったときは、みーちゃんはおじさんを
   玩具にしてました(笑)
   おじさんの頭や肩によじのぼったり、おじさんも大変(笑)

☆道州さま
   猫は家につくのですかー
   ではおじさんは引越できないですね!
   そのように伝えておきます♪
   道さまは鴨だけでなく、猫事情にも詳しいのですね~

☆ Nong-Khai さま
   猫の恩返し(笑)
   いや、真面目な話、みーちゃんとおじさんはもはや切り離せない
   関係みたいです。
   人間は、そこまで信頼しあうのは、なかなか・・・ねぇ。。

☆イヴォンヌさま
   ようこそ、いらっしゃ~い♪(笑)
   写真も俳句もめちゃくちゃですよ(笑)
   ぼちぼち勉強しようと、ゆったりかまえておりまする(は?)

☆有希さま
   こんばんわ♪
   たしかに、ちょっとシャムネコの血が混ざっているかもしれないですね。
   体型も目つきもシャムっぽいかも。。
   え? 干支に猫年がある国があるのですか?
   それは興味津々です!
Posted by 流星 at 2008年07月01日 23:07


流星 様
ありがとうございます。まさか追記俳句として扱って頂けるとは、驚嘆です。ただ猫ちゃんのこれからの幸せを祈念しつの発句でした。恐れ入りまする。
Posted by 詩楽麿 at 2008年07月02日 00:06



ずいぶんスタイルの良い猫ですね、おじさんの暮らしも何だか偲ばれる、
貧しくても肩寄せ合って生きる者があれば幸せというものです。
Posted by yoshiyoshi at 2008年07月02日 07:29


☆詩楽麿さま
   どういたしまして!
   お陰さまで、俳句欄も賑わいました♪
   みーちゃんも幸せになっていますよ~

☆よしさま
   おじさんは、あまり人付き合いがありません。
   そして裕福ではありません。
   よしさま、ずばり見抜きましたね(びっくり)
   貧しくても片寄せあって・・まったくそのとおりの、
   おじさんとみーちゃんです。
Posted by 流星 at 2008年07月02日 12:07



竈猫 野良となりても 女の子

 これも小学生の時の作品です。
 「鵺の鳴く夜は~」は、悪霊島ですね?
 ところでそっちは、今何時?
Posted by 鵺娘 at 2008年07月27日 11:36


☆鵺娘さま

  >竈猫 野良となりても 女の子 

   とても小学生の句とは思えません!

   ※たった今、メール、読ませて戴きました、ありがとうございます。
   お返事はのちほどね。

   あ、あれ悪霊島でしたか。。横溝は好きで全部読みましたが、混乱してしまって。。
   こちらは、日本より2時間おくれ、午前今11時半です。
[PR]
by mariko789 | 2008-07-01 10:33 | casio | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9764632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。