always over the moon

生きた死んだ 残った蝶の羽ひとつ



生きた死んだ 残った蝶の羽ひとつ 流星
(いきたしんだ のこったちょうのはねひとつ)





f0053297_920556.jpg


◎ 季語:   蝶 【春】





ありがとうございました♪

羽一枚傷ついてなお美しく            frogmomo

生きて居た 証は一つ 残したよ〜ん!   NongKhai

極彩の蝶の骸や西日中             道州

てふてふが 名残惜しいか 羽残す      yamaoji.







_______________________________
この記事へのコメント


大丈夫だよ、流星さんのことは忘れないよ・・・でも、どの星になるのかだけは、教えておいてね。
ってドロシーの方が長生きするつもりらしい。(笑
Posted by ドロシー at 2008年07月18日 00:34


この羽一枚が、蝶の生死の全てですね・・・
はっとしました。
ありがとうございます。
Posted by あいきち at 2008年07月18日 00:56


☆ドロシーさま
  私は南十字星に帰りますがな(笑)
  絶対にドロシーさんのほうが長生きしますよ、
  私は虚弱体質だし、小さくてか弱くて神経も細いし・・・(ゴホゴホ
  
☆あいきちさま
  はっとして下さり、本当にありがとうございます!m(__)m
  私がこの羽を見たときも「はっ」としたのです。
  
Posted by 流星 at 2008年07月18日 08:52



流星さん、おはようございます♪

   羽一枚傷ついてなお美しく  frogmomo

思わず、句が出来てしまいました。
私もふと、何も残さず、死んでしまうのだろうか・・・生きた証、残せるのだろう
か、考えてしまうことがあります。

今日の流星さんの写俳で、一つ思ったことが。
生きることに真摯に向き合えば、この羽のように、存在を認めてくれる人が現われることを・・・。
Posted by frogmomo at 2008年07月18日 08:58



おはようございます。

生きた証・・このブログが残るじゃないですか♪

サイトが閉鎖されない限り、ワタクシがこの世から消えても
ブログは残る・・不思議な感じですね。電子遺書気分?^_^;
Posted by 克ちゃん at 2008年07月18日 09:43


流星さんの問題提起されたことね、
人間折り返しを過ぎるあたりから
心の滓のように貯まりはじめて、
ある日それを意識するんじゃないでしょうか。

流星さんの、南十字星帰還願望、いいですね。
私は真面で、俗に言う来世とは宇宙だと思っています。
Posted by 漫歩 at 2008年07月18日 14:48


こんばんは

生きた証しの羽1枚、蝶からのメッセージですね。

流星様はよいところに、めぐり会えたと思います。
誰かに知ってほしかった、蝶の気持ちだとおもいます。
Posted by 鴎 at 2008年07月18日 19:57


生きて居た 証は一つ 残したよ〜ん!

流星さんの事は皆さん忘れないと思います。

私の場合は取り敢えず餓鬼が一匹居りますので証拠は残ります。
此の蝶の羽、色がオオムラサキに近いです。
きっと綺麗な蝶だったのでしょう。

そして私が死んだら全部灰にして、太平洋へポイっ!!
死んで迄縛られるのは御免です。
Posted by Nong-Khai at 2008年07月18日 20:14


運ちゃんなのに、何故か忙しい、(笑)
コメントもなかなか出来なくてごめんなさい、

良く生きた、そして見事に死んだ、誉めてやりたいです、
何故か励まされる心地がします、ありがとう。
Posted by yoshiyoshi at 2008年07月18日 20:30


☆frogmom さま
  美しい句をありがとうございます♪
  生きることに真摯に向き合えば・・・存在を認めてくれる人が現れる。。
  そうなんでしょうねぇ。。
  怠け者の私は、このままだとマズイ!と思い始めています。。

☆克さま
   このブログですか・・・むむむ(謎の沈黙)
   電子遺書。。これなんか流行りそうな言葉ですね、
   電子辞書はワタクシ、いくつか持ってますが、、
   克さまらしい、ご意見をありがとうございます♪

☆漫歩さま
   こんなこと考えるのも、やはり年齢でしょうか・・・・
   なんかこう中途半端な年代なんですよねぇ(何歳かは秘密 笑)
   もう少し生きたら、もっと楽になるのかも。。
   来世は宇宙。漫歩さん、そういう映画ありましたね!
   私、あれ原作も読みましたよ、興味深かったです。

☆鴎さま
   もしかして・・・私に縁のある誰かが、何かを伝えたかったとか・・・・
   不思議ですよねぇ、’出逢いって。たとえ相手が蝶の羽一枚でも。

☆Nong-Khai さま
   のんかいさんは覚えていてね! 
   睫毛の長ーーーい流星を(笑) 
   この蝶、オオムラサキですか、、私も一瞬、「おお!紫」と思いました。
   のんかいさんは息子さんがいらして楽しみですね!
   死んだら灰は太平洋に、、私も同じ同じ!

☆よしさま
   お忙しいところ、ありがとうございます♪
   よしさまに、誉めていただき、この蝶も成仏したことでしょう♪     
Posted by 流星 at 2008年07月18日 22:07


流星さん、こんばんは。

蝶の羽根は美しいが故に、骸となった時は哀れをさそいますね。

極彩の蝶の骸や西日中 道州
Posted by 道州 at 2008年07月18日 22:33


てふてふが 名残惜しいか 羽残す、 by yamaoji.

流星さんの目線が、だんだん yamaoji目線に近くなってきたような気がしてます。
自分のペースで動くと自分だけが感じる何かがそこにあって、それが書き込みになっているのが yamaojiなんです。
今回の蝶の羽も見過しちゃうものだけど、何か感じてシャッターをきったとyamaojiは見ていますよ、何かを ネ!
Posted by yamaoji at 2008年07月19日 01:49


流星さんは 優しい所に目が行って素晴らしいですね。 蝶の一生も人間の人生に重なって、切なさも倍になりましたよ。 <<昨日義弟が亡くなりましたが綺麗な羽の一枚も残しませんでした、、(残念)>>、
Posted by 臥竜 at 2008年07月19日 03:22



今頃はもう蟻んこに食われちゃったのかな。
私もそんな終でいいんですがね、壷に入れられて土中に埋まるよりよほど、血なり肉なりになれたほうが。 ・・・・食べてくれたほうは毒にあたるかしら(汗
Posted by 風のぶ子 at 2008年07月19日 07:01


☆道州さま
  美しいがゆえに骸になったときは哀れを誘う・・・
  まったく同感です。
  道州さんらしい素晴らしい一句、ありがとうございます。

☆yamaojiさま
  yamaojiさんと同じ目線になれたら嬉しいですよ~~
  さいきん嫌なことがあり、考えこんじゃうことが多くて。。
  ノーテンキだけでは生きてゆけない・・・
  「何か」を感じる。言葉では表現できかねますね!

☆ 臥竜さま
  義弟さまが・・・・お悔やみ申し上げます。。
  きっと蝶の羽よりもっと多くのことを残されたと思いますよ。
  ええ、絶対に。

☆風のぶ子さま
  蟻んこに食われたでしょうねぇ。

  >壷に入れられて土中に埋まるよりよほど、血なり肉なりになれたほうが。 

  はっとしましたよ、その発想。風さんらしいです!   
Posted by 流星 at 2008年07月19日 08:29


夜の蛾が 小さなてふの 腹潰す
 「お前は、夜の蝶でもない!夜の蛾だ!」
 小学5年の時に担任に言われました。
 彼女は、蝶より美しい蛾が、いる事は、知らなかったのでしょうか?
 苛められ娘の私が、当たるのは、小さな虫でした。
 その時に「私は、蝶より大きくて美しい蛾なのよ!」
 奢った気持ちが、あった事は、確かです。
Posted by 鵺娘 at 2008年07月25日 10:21


☆鵺娘 さま
  素晴らしい俳句、眺め入りました!
  たしかに蝶より美しい蛾っていますね・・
  私も撮ったことがあります。
  奢った気持=プライドですね、
  そのプライドがあったからこそ、強く逞しく瑞々しい感性を持ち続けてこられたのでしょうね。
  俳句、とても参考になりました!
[PR]
by mariko789 | 2008-07-17 09:19 | casio | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9764212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。