always over the moon

家なくも乳飲み子ひしと日々草 

家なくも乳飲み子ひしと日々草  流星
(いえなくも ちのみごひしと にちにちそう)

f0053297_9174966.jpg


季語:日々草 【夏】

木陰笑む 貧乏神も 神のうち
(こかげえむ びんぼうがみも かみのうち)

無季





________________________________
この記事へのコメント


良い笑顔です。
一体何が豊かか貧しいか、分らないような昨今ですからね。
Posted by ドロシー at 2008年07月20日 10:31


物を乞う母子のイメージを全く感じさせません。
たとえカメラに向かっての造り笑顔とはいえ、
貧乏を司る神がしっかり見守っていますね。
きちんとしていて、清潔感あるやや子に感動しました。

ー 木陰笑む 貧乏神も 神のうち -

母親が流星さんの句を信じ、希望を見出して
生きてゆくことを願うや切です。
Posted by 漫歩 at 2008年07月20日 11:16


こんなあどけない笑顔をする娘さんが母親で、物乞いである現実に言葉を失いますね。全世界で、とりわけ東南アジアの国々では珍しくはないのでしょうが。正視し難い。
救いようのない状況の中を、
 「木陰笑む 貧乏神も 神のうち」 
と詠む流星さんの温かさが良いです。寛大じゃなきゃこうは詠めないと思う。
Posted by 風のぶ子 at 2008年07月20日 11:33



おはようございます。

お母さんの笑顔が素敵ですね。

あまり、物を持ち過ぎると、
もっと、もっと、になります。

お母さんが、写真を撮っている流星さんに
笑顔を向けてくれたのは、流星さんのお人柄でしょう。
お互いに幸せを感じるのは、ほんのちょっとしたこと
かもしれません。
Posted by 鴎 at 2008年07月20日 12:09


流星さん、こんにちは♪

素敵な笑顔のお母さん!!
子供を慈しみ、日々一生懸命生きている顔されていますね。

 ~木陰笑む 貧乏神も 神のうち~

この親子には素敵な貧乏神様ついていますよ♪

お金が無い貧しさも辛いことですが、心の貧しさはもっと悲しい気がします。
Posted by frogmomo at 2008年07月20日 13:21


母親も子供も とっても幸せそうな豊かな笑みをしてますネ~
物資に恵まれていても親子の絆が切れ、悲惨な事件が起こるのに比べ
ドンだけ~幸せなことか!
先進国なんて、何で計るのでしょうか?
Posted by めだか at 2008年07月20日 15:54



こんにちは

この笑顔にこちらが励まされるような思いですね。
ありがとうございます。
「日々草」が利いていて素敵です・・・
この母子の未来に幸がありますように、と
願わざるにはいられません。
Posted by あいきち at 2008年07月20日 16:06


こんにちは。
その日暮らしとは思えないぐらい笑顔がいいですね~。
乳児もすくすく育っているし、ほっとしますね~。
Posted by うらら at 2008年07月20日 16:46



こんばんは。

このお母さんの笑顔を見ていて
ダライラマの言葉を思い出しました。

 明日になっても解決しないことを悩んでも時間の無駄
 明日になったら解決するだろうことを悩むのも時間の無駄

禅語で言うところの 行雲流水 ・・自由に生きていこう
様々なものに縛られているワタシたちには、なかなか難しい境地ですが・・
Posted by 克ちゃん at 2008年07月20日 20:24


☆ドロシーさま
  仰るとおり!
  物質的な豊かさを追求するあまり、心が貧しくなったりしてね!
  端的でスバリとしたご意見、さすがです。^^

☆漫歩さま
  そうなんですよねぇ、、
  あまり惨めさは感じられませんでした。
  もっとも、ミャンマーにはもっと恵まれない人が沢山います。
  この母子には、今の自分の境涯を受け入れている爽やかさがありました。

☆風のぶ子さま
  このお母さんは、私が或る売り子さんに謝礼をして撮っていたら、「私も」
  と来て下さったのです。堂々としていましたよ。
  可哀想と思うのは、私たちの感覚であり、彼女には悲壮感はないのかもしれませんね。

☆鴎さま
  そうですね、屈託のない笑顔です、
  彼女がカメラ目線を下さったのは、私の人柄ではなく、薄謝かも
  (身も蓋もないことを言って、ごめんなさい!)

☆frogmomoさま
  そうですね、心の貧しさのほうが、ずっと恥ずかしいですね!!
  私も気を引き締めます!
  貧しくても明るく生きている母子だからこそ、神様が守ってくれているのでしょう、
  無料の木陰のように、、優しくさりげなく・・。   
Posted by 流星 at 2008年07月20日 21:18

☆めだかさま

  >物資に恵まれていても親子の絆が切れ、悲惨な事件が起こるのに比べ
   ドンだけ~幸せなことか!
   先進国なんて、何で計るのでしょうか?

   まったく100%同感ですよ、めだかさん!!


☆あいきちさま
   そうですね、私もこの母子に、なにか暖かいものを戴いた気がします。
   生きる勇気かしら。。
   人間って、食べるために必死なときって、前向きなんでしょうね。
   衣食足りて礼節を知ると、昔の人は言いましたが、
   今は逆の気がします。衣食足りると礼節を失う。。

☆うららさま
   その日暮らしでも、「生きていかなくちゃ」という気概があるから、
   こんなに前向きなんでしょうね!

☆克さま
   >ダライラマの言葉を思い出しました。

   >明日になっても解決しないことを悩んでも時間の無駄
   >明日になったら解決するだろうことを悩むのも時間の無駄

    ダライラマさま、さすがに名言を発せられますね!
    私など時間の無駄ばかりしています!!
 
  > 禅語で言うところの 行雲流水 ・・自由に生きていこう

   私も、そうありたいです。。    
Posted by 流星 at 2008年07月20日 21:26


宝無い この子が宝 この微笑(えみ)と、by yamaoji

このお母さんの笑い顔で本当は苦しいだろう暮らしぶりを、ボヤけさせてくれてるようです。
どなたかがおっしゃってましたが、
 金は無くとも素直に生きる、これ結構気に入っています。
Posted by yamaoji at 2008年07月20日 21:39


☆ yamaoji さま
  そうですよねぇ、本当は苦しい。苦しくないわけがないですよね、
  素直に生きる、それがなかなかできない世の中ですよね
  どうしたって他人と比べてしまって。。
  いつも発句をありがとうございます、追記させて戴きます♪
Posted by 流星 at 2008年07月21日 06:48


流星さん、こんばんは。

差別用語とは、差別を意識している知識人が勝手に決めた言葉です。

愛を持って使えば、この世に差別用語などありません♪

屈託のないこの母の笑顔に救われますね。
Posted by 道州 at 2008年07月21日 19:18


☆道州さま

  >差別用語とは、差別を意識している知識人が勝手に決めた言葉です。

  >愛を持って使えば、この世に差別用語などありません♪

  素晴らしい・・・・。
  仰るとおりです、道州さま♪
   
Posted by 流星 at 2008年07月21日 19:33


死後もなお 乳を貰えし 裸の子
小学校の時に子供が、死んだのも知らずに出ない乳を与える戦乱の国の母のスライドを見せられました。
母も子も殆ど衣服を身に付けていませんでした。
「この国に生まれていたらオメエもそんなお●●いとデカイ図体にならずに済んだのにな!」
言われなければ黙っているつもりでしたが、上の句を読みました。
姉妹の中で一人だけ母乳で育てられなかった私は、その子が、とても羨ましく感じたのです。
Posted by 鵺娘 at 2008年07月26日 17:22


☆鵺娘さま
 
 >死後もなお 乳を貰えし 裸の子 

  シーンが浮かびます。
  悲惨ながら、母性の逞しさも感じます。 
  豊満な胸は、男性の憧れですよ・・。女性にとってもね。
  他人の嫉妬に、振り回されないように。ね!
  母乳で育てられなくても、、立派に成長しましたね。
  いいところだけ見ましょう、もう、このさい、
[PR]
by mariko789 | 2008-07-20 09:16 | casio | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9764204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。