always over the moon

薔薇 :俳句

つかんでもつかんでも薔薇薔薇の夢    流星
 (つかんでもつかんでも ばらばらのゆめ)

f0053297_8534983.jpg


季語: 薔薇  [初夏/夏]



___________________________________
この記事へのコメント


「つかんでもつかんでも 薔薇薔薇の夢」
薔薇薔薇の夢って華やかそう、でも、バラバラとすぐに壊れる、切ない。
写真・・・これはモノクロだとちょと寂しいね。ピンクの綿菓子が良いもの。
流星節・・冴えてる!
Posted by ドロシー at 2008年07月24日 20:19


流星様
こんばんは

本当に冴えていますね♪

ポンポンと浮かびますね!
硬くなった私の頭も、なんとかして頑張ります。
Posted by 鴎 at 2008年07月24日 21:18


はじめまして。拝見させて頂いてます。新参者のベタな質問ですが、タイにお住まいですか!?
海外なんて、あまり行ったことがないので、すごく珍しい写真ばかりに楽しませて頂きました。綿菓子って、棒の先についてるんじゃないんですね(¨;)
行ってみたいなぁ〜タイ!ちょっと、グーグルアースで飛んでみます。(笑)
Posted by 夢菜 at 2008年07月24日 22:49



流星さん

なるほど!なるほど!

つかんでもつかんでも減る事のない綿菓子が、私も欲しい(笑)。
Posted by 道州 at 2008年07月24日 23:00


こんばんは。

いやぁ~いつもながら、素ぅー晴らしい!

バラは別腹て、言いますものねぇ~

でも、バラ買う時は自腹で・・あっ勿論、前払いでお願いしますね♪

(;-_-) =3
Posted by 克ちゃん at 2008年07月25日 00:04


☆ドロシーさま

  >薔薇薔薇の夢って華やかそう、でも、バラバラとすぐに壊れる、切ない。

  まさに、私が言いたかったポイントです♪
  夢がないと人生には色がなくなります。
  私もなにか夢を探さなくちゃ・・(笑)


☆鴎さま
  ありがとうございます♪
  句ってできる日はどんどんできますが、できない日はまったく駄目です、
  バイオリズムがあるのかしらね!
  鴎さんの俳句は柔軟ですよ~
  私も勉強します!


☆夢菜さま
  はじめまして、ようこそ♪
  私もまだまだ初心者の新参者です!
  えっと、私はタイのチェンマイに住んでいます
  こちらの綿菓子は、棒についているのもついていないのもあります。
  なんでもビニールに入れるのが好きみたいです(笑)
  グーグルアースで見てくださいね♪
  (そちらにお邪魔したいので、ログインして戴けるとありがたいです)


☆ 道さま
  つかんでもつかんでも減らない綿菓子は、メタボの元ですやん(笑)
  追い駆けても遠い虹は、運動しすぎで倒れるし(_ ..)_バタッ 
  Posted by 流星 at 2008年07月25日 00:08


☆むっしゅ克chan
  ウィ、バラはベツバーラー♪ ψ(`∇´)ψ
  払いもベツバラーイ♪
  私、今日階下に住むアメリカ人のオサーンに、「youのenglishはフレンチ訛りアール」
  と言われて、気を良くしました♪
Posted by 流星 at 2008年07月25日 00:31


流星様
バラバラな夢繋ぎ咲く綿菓子の味が喉に思い起こされます。
その昔、口の周りにくっつけたまま、外を歩き回ったものです。

『我が夢の綿菓子に 似て 溶けにけり』

『綿菓子の 淡き恋にも 似たりけり』
Posted by 詩楽麿 at 2008年07月25日 08:36


☆詩楽麿さま
  綿菓子を口の周りにくっつけたまま歩いてた幼い詩楽麿ちゃんは
  さぞ可愛かったでしょう♪
  発句をありがとうございます♪
  
Posted by 流星 at 2008年07月25日 08:54



ピンクの綿菓子、薔薇薔薇。あら、スイートなのかしらと思いきや
がつんと夢で〆ちゃうんですか。さ、え、て、る!!
こういう作風がとっても好きです。そんなROSEがあっていい。
Posted by 風のぶ子 at 2008年07月25日 09:28


☆風のぶ子さま
  風さんに褒めていただいて、舞い上がっちゃいます♪
  試行錯誤途中で、なかなか自分の作風が決まりません (T_T)
  長い目で、お付き合い願いま~す♪
Posted by 流星 at 2008年07月25日 11:44


綿菓子も ピンクの薔薇は 盗られたり
 お母さんのいる子は、赤いカーネション。お母さんの亡くなった子は、白のカーネション。
そしてお母さんと生別した子は、ピンクのカーネションでした。
父の日は、薔薇だったけど同じ事が、行われていました。
私もBちゃんもピンクの薔薇でした。
それぞれ髪と肌の色が、違っていました。
だから自販器で綿菓子やポップコーンを買っても盗られました。
俳句の先生に言わせると「も」と言う言葉は、使ってはいけないそうですが、私達は、他にも色々盗られたから「も」でないとダメなのです。
そんな私達に屋台の綿菓子を買ってくれたのは、H紀君の何人目かのお父さんでした。
嬉しくて二人とも口にする事は、出来ませんでした。
綿菓子や 友と短き 夜の夢
 でも綿菓子ってすぐに萎んでしまうのですね?
母は、言いました。
 「だから(  )ちゃんにやれ!
言っただろう?」
Posted by 鵺娘 at 2008年07月27日 10:04


☆鴇娘さま
  「も」という言葉は、俳句には使ってはいけないのですか!
  私は初心者で(まだ初めて2ヶ月足らず)知りませんでしたよ。
  でも、「も」を使う必然性があるケースもありますよね。
  なんて可哀想な・・・。
  私の母は、私がまだ少女だった頃、死にました。
  鴇娘さんにつらく当たったお母様は、、継母さんですか?
  実のお母さんは生別なさったの?
  Posted by 流星 at 2008年07月27日 11:10
[PR]
by mariko789 | 2008-07-25 08:52 | olympus | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9764109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。