always over the moon

蛙を喰う

蛙とて喰われるために生まれ出ず  流星
(かえるとて くわれるために うまれでず)

f0053297_10455057.jpg

 季語: 蛙 [夏]


ベトナムやタイなどのアジア、フランスでは蛙を食す。

インドネシアではリスを食べる。

イギリスでは鳩や兎を食べる。

私は鯨を食べる。

弱肉強食の世の習いとはいえ・・・

喰う摂理のむごさ、喰われる哀しみは底深い。


 
撮影:2007年 ベトナム・ホーチミン
★私は蛙を食べていません。。



____________________________
この記事へのコメント


おはよ、
おおっと~!
カエルがリアルだね~、つやつや、まだ生きているね・・
後ろにあどけない顔の娘さん・・・彼女も生きていくのに必死だね・・・
相変わらず、報道写真のような現実を切り取った一枚、感服!
カエルの足食べたことあるよ。
あっさりしていておいしいよ。
オーストラリアでは、鯨を食べる日本人を批判するけど、彼らはカンガルーを食べるんだよ。
生きていくことは、他人に他の動植物に迷惑をかけることでもあるんだね。
Posted by ドロシー at 2008年06月07日 08:46


かえるのう…。

まだ食った事ないのう…。
Posted by 極楽とんぼ at 2008年06月07日 08:59


★ドロシーさん
おはようございます♪
そうなんです、この蛙、まだ生きてたの。
バタバタ暴れてて見ていられなかった・・
とか言って撮っていた私って・・
蛙の足、私もフランス料理で頂いたことがあるけど、
その下ごしらえの様子を見てしまってから・・もう駄目。
カンガルーねぇ。。美味しいかも?(おい!)
生きていくことは、迷惑をかけること。名言です!!


★極楽とんぼさん
父蛙(ちちかえる)・・・
コメントをありがとうございます♪
Posted by 流星詩 at 2008年06月07日 09:16



蛙を食べる習慣は、昔から日本にもありますよね。最近、日本国内では、『人を食う連中』が増殖中。私はそうなりたくないが、はたから見たら『はたな?』かも。
Posted by 俳界老人 at 2008年06月07日 15:46


流星さん こんにちは。

現地の方が食べるということは
それなりに美味しく、栄養もありそうですね。
見た目はグロいですが、食べてみたい気もします。
カンガルーは硬くてイマイチだったなあ・・・

いただきます、という気持ちだけはちゃんと持っていたいですね。
Posted by あいきち at 2008年06月07日 20:49


★ 俳界老人 さん
昔は日本でも蛙を食べたのですか??
(知らなかった・・・)
人を食う連中、、って、、、
ずいぶん人を食った話じゃないですか?(笑)
本当に、そういう人種にはなりたくないですね。
いつも謙虚を心がけます!


★あいきちさん
こんにちわ。。
見た目、グロすぎです(T_T)
が、、もしかして美味しい・・・?
カンガルーはイマイチでしたか?
食べると足が速くなりそうですが。。
命をいただく気持、忘れないでいたいですね!
Posted by 流星詩 at 2008年06月08日 08:55



おお こりゃまたでかい。
こういうカエルの養殖池みたことある…
私も(まだ)食べたことない… う~ん
Posted by Nuts on at 2008年06月08日 11:19


★Nuts on さん
私もチェンマイの田舎で、自宅の裏庭で食用蛙を養殖しているのを
見たことがあります。
市場でも、姿焼きにして売ってるし。。
私は駄目です。
蛇とか蛙とか食べられません。。
エスカルゴは大好きですが(笑)
Posted by 流星 at 2008年06月09日 05:43


「チェンマイ金困旅行記」やっと纏めました。
最後の一句は
☆婿ドンよ心して呑め義父の酒☆
Posted by papahapon at 2008年07月04日 23:41


☆papahaponさま
   コメントは残しませんが(書きづらかった)、毎朝、覗いていましたよん♪
 
      ☆婿ドンよ心して呑め義父の酒☆  
  
   お疲れ様でした!
   またすぐにフィリピンですね、お元気でね!
Posted by 流星 at 2008年07月05日 07:18


小野道風が、柳に飛びつこうと努力する蛙を見て・・・
小学校の時に習いませんでしたか?
皆は、口を揃えて答えました。
「自分もあの蛙の様に一生懸命努力をしたい!」

跳ぶ蛙 柳につけば 潰される

 私の答えだけが、違っていました。
「先生は、道風の才能を怖れた!柳につく前に才能を潰して置こうとした!」
この話は、拙ブログに書いてあります。

師は高き 柳に跳ばぬ 蛙かな

 やがて私は、自分の方を柳と思う様になりました。
先生は、柳を見ても跳ぶ努力をしない蛙。
この話は、近日公開です。
Posted by 鵺娘 at 2008年07月30日 08:16


☆鵺娘さま
  なるほど。。
  近日公開ですね・・
Posted by 流星 at 2008年07月30日 19:01
[PR]
by mariko789 | 2008-06-07 10:44 | olympus | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9710620
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Meet You at 2012-06-19 19:14 x
私もホーチミンの路上のとこでこれみたことあります。
これ吊るされながら動きまくってますよね。
カエルが苦手な私には地獄のような光景でした。
Commented by mariko789 at 2012-06-19 19:28
★MeetYouさん

あゝ同じ光景を見てしまったのね
私はチェンマイの市場で、もっと残酷なのを見てしまいました
鼻から血を流しながら、網に入れられもがいている大量の蛙
お金持なら、ぜんぶ買って放してあげたかったです
でもあんなに傷ついてしまっては、生きられないかな
いっそぱっと殺してもらったほうが楽なんですけどね、蛙としては
人間が一番残酷なのよね・・・