always over the moon

蛍 



あわれ蛍 過去世の業を燃やさんとか  流星
(あわれほたる かこせのごうを もやさんとか)






f0053297_14593644.jpg


◎ 季語: 蛍 [夏]






災いは、過去世からの因縁なのだろうか。
現世には、理不尽な不幸が多すぎる。

撮影: チェンマイの自宅のベランダから。







_____________________
この記事へのコメント


何ともアートに溢れた絵ですねぇ、輪廻転生して蛍に生まれるのも
いいかも知んない。(笑)
Posted by yoshiyoshi at 2008年06月23日 09:09


先夜見た おびただしい蛍たち。
美しさに見ほれましたが、どんな過去の業を燃やしてたのでしょうか?
Posted by めだか at 2008年06月23日 09:45


おとなになってからホタルは見たことない。
映画の中だけです。
人生は一度だけ この一瞬も二度とはない
自分を励まし、前に進むのみ…
Posted by りょう at 2008年06月23日 10:50


過去世あり現世あるなら来世しかり

この赤い山緑の河を飛んでいる蛍はあの世のもの、美しいじゃないですか。
特に左上、ひときわ輝いているのは君と我。
Posted by ドロシー at 2008年06月23日 11:10


螢は、静岡県駿東郡に生まれて幼少時代に頻繁に東京と往復。夏休みともなれば、一ヶ月もの間に螢が良く庭先まで遊びに来てくれたものです。螢は、瓜の汁が好きで、手の平に止まったりしました。螢=幼少時代となります。富士山を前に後ろに箱根連山、庭先に箱根用水路の綺麗な水の流れに囲まれて過ごした事を思い出しました。
Posted by 詩楽麿 at 2008年06月23日 14:11


北住まいのため、蛍はあまりみかけません。

しかし、流星様の蛍と過去世とを結びつけられたのには、
参りました!
美しい分だけ、怖い気もいたします。
Posted by 鴎 at 2008年06月23日 17:13


☆yoshiyoshiさん
   ふつーの写真だったのですが、アートに見てくだされば加工大成功
   です。私も蛍になりたい(笑)

☆めだかさん
    あの手のひらの中の蛍。幻想的でしたねぇ。。
    あの手のひらの蛍は、きっと恋の業を燃やしていたのでしょう。。
    蛍も人も同じなのかも。。業を燃やして尽きる。。
    すべては修行。。

☆りょうさん
    >人生は一度だけ この一瞬も二度とはない
     自分を励まし、前に進むのみ…

     一歩一歩前進ね。りょうさん、がんばれ!

☆ドロシーさん
     夜のライトが瞬く町の写真。
     色をいろいろいじってたら、こんなふうになりました。
     なんとなく、ふつうじゃない感じになって嬉しかったです(笑)
     ひときわ輝いているのはドロシーさん♪ 私?サテナ?(笑)

☆詩楽麿さん
      蛍 =幼少時代。 
      なんて恵まれた環境だったのでしょう。
      詩楽麿さんの、虫や植物に対する優しい愛情、
      ひいては他人に対する思いやりは、
      そういった環境の中で育まれたのですね!

☆鴎さん
      北には蛍はいないんですか。。
      油虫もいないと聞いたことがあります(北の友から)
      そのかわり寒さに強い動植物がいるのでしょうね。
      ほっきょくぐま・・・(笑)         
Posted by 流星 at 2008年06月23日 17:48



流星さん、こんばんは。

チェンマイは田舎と思ってましたが、アートな都会だったんですね〜(笑)。

「過去世の業を」

がいいですね〜。
Posted by 道州 at 2008年06月23日 19:18


隣りに期末テストの暗記をしている子がいるんですが
私がしばし色彩ぶりに見呆けていたら気がついて
「冷蔵庫の中身みたいだね~」と物を言いました。ハッ、そうか、
うんうんそう見えるじゃないか。(遺伝子ですねえ)

因縁というのは逃れられないと思っているので
困り果てたら食って忘れるしか、ありません。その意味で納得。
Posted by 風のぶ子 at 2008年06月23日 23:17


☆道州さん
   チェンマイは大都会です??(笑)
   過去世の業、いっぱい背負ってます、私。
   おもたいー(笑)

☆風のぶ子さん
   冷蔵庫の中身!
   素晴らしい発想デス。素晴らしいDNAですよ~♪

   >困り果てたら食って忘れるしか、ありません
   私もその手です、いつも♪
Posted by 流星 at 2008年06月24日 00:15


「私も家族で蛍を見に行った事が、ある!」
 「お前なんか連れて行く訳ないだろう?」
 母自らが、否定してくれました。

蛍飛ぶ 長姉(あね)の記憶を 受け継がん

 大人になって初めて本物の蛍を見ました。
「蛍が、驚くので懐中電灯は、使わないで下さい!」
注意書きも放送もあったのに・・
「年寄りが、いるから足元が、危ない!」
 これは、ダメでしょう?
Posted by 鵺娘 at 2008年07月27日 12:00


☆鵺娘さま
  蛍は、なかなか見るチャンスがないですね。
  私も、今までに、数えるほどしか見ていません。

   >蛍飛ぶ 長姉(あね)の記憶を 受け継がん  
  亡くなったお姉さまは、連れて行ってもらったのですね、
  
  年寄りがいても、規則は守らなくちゃね。
  人間って、自分勝手なのね。。
Posted by 流星 at 2008
[PR]
by mariko789 | 2008-06-23 14:57 | retouch/anima/paint | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9703640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。