always over the moon

ドリアン :川柳



ああドリアン王と呼ばれど鼻つまみ  流星





f0053297_135841.jpg


◎川柳です。






6月に入ると、チェンマイはドリアンのシーズンになります。

果物の王様と称えられる反面、強烈な悪臭で、ハナツマミになっているドリアン。

その匂いが嫌いな人なら、剥き身のドリアンの半径100m以内に近寄ったとたん気絶するかもしれません。

それゆえに、ちょっとしたホテルの入り口には、「ドリアン持込禁止」の札が立っています。

しかし口に入れれば、甘いバターがとろけるようなクリーミィで濃厚なお味。

嫌悪がこれほどはっきりする果物も、ほかにないでしょうね。。

おひとつ、あなたもいかがですか?


季語: ドリアン [夏] たぶん。
撮影: チェンマイ、ワロロット市場。2008年6月24日







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この記事へのコメント


では、甘いバターがとろけるようなクリーミィで濃厚なお味を試すために、100先から鼻をしっかりつまんで、近づくというわけですね、気絶しないように。

ちょっとしたホテルの入り口には「ドリアン持込禁止」の札が立っています・・・
ってそんなわけないでしょう。(笑
Posted by ドロシー再び at 2008年06月26日 19:36


☆ドロシーさん
   [ドリアン持込禁止]の札、これ本当ですよ~
   5つ☆ホテルはもちろん、4つ☆や3つ☆でも。。
   それほど強烈な匂いなのです。
   最近は品種改良されて、匂いもコクも薄く食べやすくなっていますが、
   それでも他の果物の百倍は匂います。
   みんな鼻栓をして食べていますよ~(うそ 笑)
   再びのコメントを有難うございます♪
Posted by 流星 at 2008年06月26日 19:53


流星さん、こんばんは。

残念な事に、ドリアン食べた事ありません。(泣)
チャレンジしたいと、思っているのですが・・・。
以前、旅先でチャレンジしようと思ったら、ガイドさんに止められたような。(笑)
責任持てないと思ったのでしょう。

確か、アルコールとは食べ合わせ悪かったと記憶していますが・・・そうでしたっけ?

それにしても、匂いの強い食物は癖になるといいますし・・・。
Posted by frogmomo at 2008年06月26日 20:10


剥きたてはほのかな香りなのですワ。
そうですか 今ドリアンの季節なのですね。
タイ人は実によく品定めしてますね。
Posted by summer at 2008年06月26日 21:00


コレ、、、、、食べた事がないんです。
私、とってもフルーツが好きなので、ゼヒ試してみたいんだけど、
どこで売ってるんだろう。。。。
しかも、悪臭って、、、、、どれ系の悪臭なの?
興味津々・・・・・ 
Posted by 1セント・・・ at 2008年06月26日 21:07


ドリアンは食べたことがありません。

でも、匂いは強いが、素晴らしい果物だと
きいています。

見るのも初めてです。

鼻つまみって、どんなに臭いのでしょう。
Posted by 鴎 at 2008年06月26日 23:57


ドリアン、ココナッツ、共に美味しくて大好きです!!
でも酒呑みのNong-Khaiにとっては要注意物
なるべく酒の入らない朝や昼間に食してました(^_^)
其処で馬鹿な歌を一首
休日の昼間に呑平要注意、ドリアンココナツ禁止です!!
Posted by Nong-Khai at 2008年06月27日 00:16



人も似たようなもの、臭そうな奴がやたらいい人だったりしますもの。
見かけで判断するのは止めましょうねぇ。
Posted by yoshiyoshi at 2008年06月27日 04:55


「はなつまみ くせになるのよ このおあじ」

ってとこでしょうか?

人間でもこんな人いますよねえ…。

他人の噂の割には付き合ってみるとなかなか良い人だったりして~。
Posted by 極楽とんぼ at 2008年06月27日 08:56


ドリアンは。ドリアンは食べず嫌いなんです。ごめんなさい。
次の機会がもし有れば

 >しかし口に入れれば、甘いバターがとろけるようなクリーミィで濃厚なお味。

この一文がために実食します。
目に入る文章が持つ力の大きさを改めて感じましたねえ。
Posted by 風のぶ子 at 2008年06月27日 09:51


☆frogmomoさん
   ガイドさんに止められた(笑)
   南国フルーツの初心者向きではありませぬ。。
   私も生まれて初めて頂いたのはマレーシアでしたが・・・
   飲み込めませんでした。
   愛のエプロン、です(笑)
   でも人生なにごとも経験、次回のチャンスはお見逃しなく!

☆summerさん
   タイ人は丸ごと2個とか買ってゆきますね~
   日本では、女房を質に入れても初鰹といいますが、
   タイでは娘を売っても初ドリアン・・・

☆1セントさん
   1セントさんには、お勧めできません~~
   すっごくクセがあります。。
   見るだけにしてくださいね♪
   匂いね・・・よく腐敗臭にたとえられますヨ

☆鴎さん
   普通の日本人は、未経験ですよねぇ。。
   なんというのかなぁ・・・とにかく言語にしがたい匂い。。
   これは説明できないです。。ごめんなさい!!

☆のんかいさん
   >休日の昼間に呑平要注意、ドリアンココナツ禁止です!!

   え?やっぱりアルコールと一緒では問題があるのですか?
   ココナッツも?
   ちっとも知らなかったです。。
   私は下戸なのですが、のんべいの家人に言っておこう・・・

☆yoshiyoshiさん
   人間も同じ。
   なるほど!!!(なっとく)
   臭い人ともお近づきになってみよう・・(笑)

☆極楽とんぼさん
   そうよねぇ。
   個性的で評判が悪い人が、あんがい自分とは気があったりして。
   喰わず嫌いはあかんということばい?

☆風のぶ子さん
   1度目は、たぶんオエーっとなると思いますヨ
   私もそうでした。
   2度目、3度目と食べて行くうちに、だんだんハマってきます。
   1度目を我慢できるかどうか・・ですね。
    ぜひチャンスがあったらトライしてくださいねっ♪
   
Posted by 流星 at 2008年06月27日 10:11



最近どうしているのか気になっていたのですが

またまた才能発揮ですか?

いいねぇ。文才のあるひとは。

私も少々疲れてきました。(笑) 加工ブログ。

pegaちゃんは文章の才能があるので

どんどんチャレンジしないと勿体無いと思うけど。

また短編も読みたいなぁ~。
Posted by mako at 2008年06月27日 10:22


☆makoさん
   ひょえー、こんな僻地まで(笑)来て下さり、ありがとうございます!
   才能なんかナイですが、俳句は17文字なので、長く書かないで
   すむのが、ありがたいです。
   加工は大変よねぇ。時間かかるし。
   私も、面倒な加工は殆どしていません。サーバもキレギレだし、、。
   短編ねぇ。。もうその根性がありません・・(T_T)
   コメントをありがとうございます!(ぺこり)
Posted by 流星 at 2008年06月27日 15:14


ドリアン 当地でも売ってますが食べるのに勇気が要りますね。 多分気絶する人もいるでしょう。 クサヤと親戚と思ってます。、
Posted by 臥竜 at 2008年06月27日 15:19


ああ、ドリアン可哀想。まるで夏の日の私の様で身に詰まされます。
Posted by 詩楽麿 at 2008年06月27日 19:03


☆ 臥竜 さん
   ドリアン、アメリカでも売っていますか!?
   やっぱり、勇気がいりますよねぇ。
   こちらでは毎日26人くらい気絶しています(うそ)
   クサヤの親戚。まさに! 
   いや、クサヤが気を悪くするかもしれませんヨ

☆詩楽麿さん
   は??
   ドリアンに共感するとは・・・
   もしかして、もしかして~♪(小林幸子ふうに)
Posted by 流星 at 2008年06月27日 19:51



流星さん、これがかの「ドリアン」ですか?

思ったよりでっかいですね。

ラップがかかっているのは、蝿よけじゃなく、匂い封じの為?

私も悪臭に弱いので、早々に帰らせて頂きます(笑)。
Posted by 道州 at 2008年06月27日 21:37


☆道州さま
   はい、これがかの「ドリアン」です。
   かなり大きいです。トゲトゲしていますので、剥いてもらって中味
   だけ買い求める人が多いです。
   ラップはもちろん、匂い封じ・・
   あー、待ってー!
   行っちゃったのね(笑)
Posted by 流星 at 2008年06月27日 23:35


ペガサスさん こんにちは!お邪魔致しますб(^O^;

昔、働いていた会社にミャンマーの女性がバイトしていました。

実家より送ってきたといい会社に持って来たけれど

とても私はニオイが苦しくて食べれませんでした。

この俳句で当時の自分やニオイまで又、思い出されました。

ペガサスさんは召し上がれるんですね(「・・) チェック!

凄い~!私は やっぱ ダメだと思います >┼○ バタッ!
Posted by ドキ丸 at 2008年06月28日 14:36


ドキ丸さま
   こちらにもありがとう~♪
   ミャンマーの同僚。。むむむ、インタナショナルな会社ですねっ♪
   ね、あのニオイは忘れられない。。
   っていうか、嗅いでみないと判らないわよねー
   私は、イケルようになりました。修行を積みました(笑)
   バタッと倒れないで、一緒に頂きましょう~(←あくま)
Posted by 流星 at 2008年06月28日 20:07



「世界歳時記」タイのページは、やはりドリアンを季語につかった句が、多かったです。
そこで私も手慰みを

茄子代わり ドリアンの牛 作るかな

 ハリネズミか?アルマジロにしか?見えない?
タイは、仏教の国ですが、迎え火とか送り火の習慣は、ないのですか?
Posted by 鵺娘 at 2008年07月29日 07:56


☆鵺娘さま
  ドリアンで牛ですかー
  やはりハリネズミかアルマジロに見えるでしょうね、
  っちゅうか、臭くて堪らないと思います \(。⊿°)/ 

  迎え火、送り火にあたるような習慣はあったような・・・
  有名なのでは、ロイクラトンという、灯篭流し祭があります、
  あれも死者の霊を慰める意味もあるのでしょうね、、
Posted by 流星 at 2008年07月29日 13:47
[PR]
by mariko789 | 2008-06-26 01:33 | olympus | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9700724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomi at 2013-09-06 04:16 x
ドリアン 毎度 タイに行きました時に食べようかなと思って居たのですが、売り場100メートル前からにおいますね
友人や 取引先の人々に反対されてチャンスを逃しました
が こちらの 中華食品店では山積みで売っていますが余り香りは無くてつい誘惑に負けますが、それでは後の事はどうするかと言いますこと。
Commented by mariko789 at 2013-09-06 14:22
★ tomiさま

こんな古い投稿にお目を留めていただき、ありがとうございます。
5年以上も前の記事ですよ~
ドリアン、その原産地によって微妙にお味が(匂いも)違いますね。
マレーシアやタイでは、匂いが少ない種類を開発してます。
LAのも、そういう種類なんでしょうね
ぜひいちど、お試しを♪(笑)