always over the moon

子鹿



愛あびて子鹿はすくと立ちあがり  流星 
(あいあびて こじかは すくとたちあがり)





f0053297_1272954.jpg


◎ 季語:子鹿 【夏】





鹿の子らは 生きる本能 尻押す母   by yamaoji.

鹿の子のよろけて愛を独り占め      by 道州

  ※ ありがとうございました♪







躾に頭を悩ますのは人間の親も動物の親も同じではないでしょうか。

甘やかしちゃいけないし、かといって無関心でもいけない。。

ライオンなんか子供を崖から突き落とすんでしたっけ?

この鹿のママも可愛い子鹿ちゃんを、甘やかさず厳しすぎず、上手に躾けているように見えました。

タイトルの 「しかと」 は、鹿のママの気持になり、3つの意味をこめました。

(1)立派な鹿として育てる、 (2)しっかりと育てる、 (3)時には甘やかさずに、シカトする。


季語: 子鹿 [夏] 歳時記
撮影: チェンマイ動物園。2008年。






_____________________
 この記事へのコメント


鹿のことはしかとは存じませぬが、たしか、生まれてすぐに立ち上がりますよね。
人間様は出来が悪い、少なくとも1ケ月は、かかりますわな~!

子鹿 は[夏]ですか?ということは、夏が繫殖期?
Posted by ドロシー at 2008年06月28日 20:58


巧い!絶句です。良くぞこの短期間にここまでの作品を作れるまでに!ああ、恐ろしきかな、恐ろしきかな!
流星さん!
Posted by 詩楽麿 at 2008年06月28日 21:00



訂正

生まれてすぐに立ち上がる動物がいますよね。

1ケ月→一年間
Posted by ドロシー再び at 2008年06月28日 21:02



チョッと質問!
小さいから バンビ?
大人は 鹿?
鹿は、大人になってもカワイイから バンビ で良いと思うyamaojiです。
鹿が 夏の季語だと初めて知りました。

で、書かせてください。

鹿の子らは 生きる本能 尻押す母、by yamaoji.
Posted by yamaoji at 2008年06月28日 21:21



タイトルの意味が解りました。
愛をこめて、ですね。

そっと、押して立たせてあげる母鹿。
優しい句ですね。
Posted by 鴎 at 2008年06月28日 22:26


流星さん、こんばんは。

「鹿の子」が夏の季語で「鹿」は秋の季語だそうです。

俳句の季語はややこしい(笑)。

 鹿の子のよろけて愛を独り占め  道州

ライオンの雄は、雌ライオンが目を離すと、我が子を食ってしまうそうな・・・・。

おお、恐!
Posted by 道州 at 2008年06月28日 22:32


流星さん、こんばんは☆

子鹿のバンビはかわいいな〜♪
と、思わず歌ってしまいました。バンビ、かわいいですね〜♪

タイトルの3つの意味も、ステキ。
きっと、流星さんも、愛がいっぱいのママなのでしょうね♪

先日は、ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いします。
また、遊びに来ますね!
Posted by ちえ at 2008年06月28日 22:34


☆ドロシーさま
   馬とか鹿とか(あら、並べて書くと馬鹿? 笑)、生まれてすぐに立つ
   なんて、お利巧なのですね♪(誰だ、馬鹿なんて・・)
   人間の子は1年くらいかかるのですよねぇ。
   人生が鹿生よりそれだけ長いのかしら・・?
   ※鹿の子、子鹿の季語は夏ですって。歳時記を見て私も意外でした・・
   夏に繁殖するのかしらね?

☆詩楽麿さま
   また、そんな褒め殺しを・・・ (>_<。\( ̄ヘ ̄)バシッ 
   なんてね。ありがとうございます♪

☆yamaojiさま
   バンビは、ディズニーの固有名詞かもね♪
   可愛い鹿ちゃんは、大きくても小さくても
   バンビちゃんで d(ゝc_,・*)ок♪
   今夜もまた、素敵な句をありがとうございます♪
   投稿に追記させていただきました~♪

☆鴎さま
   子鹿のかわいらしさでお茶を濁しました(笑)
   はやくちゃんとした句ができるよう、ぼちぼち気合をいれます
   (って、掛け声ばかり・・・笑)

☆道州さま
   ま、子鹿は[夏]の季語と知ったばかりですが、親の鹿は[秋]なの
   ですね。ほんま、ややこしゅうて、うちかなわん・・(笑)
   ライオンの雄は、鬼どすな(怒)
   素敵な句を頂き、嬉しいです! 
   追記させて頂きました!(ドロシーさんちとだんだん似てくる 笑)

☆ちえさま
    あ、チャイの方ですね♪
    ついインドを思い出し、衝動的にコメントをさせて頂きました。
    来てくださるなんて・・ありがとうございます♪
    流星は、、実は・・・ママではありませんが
    あの、パパってわけでもありませんが・・(笑)
    こちらこそ、今後とも宜しくお願いいたします!(ぺこり)
Posted by 流星 at 2008年06月28日 23:40


いい写真ですね~。

母は動物たればみんな同じかもしれませんね。

人間も初めて立ち上がる子には転ばぬように手を添えますね。

まさに鹿の鼻先と同じですね~。

ありがとうございました。
Posted by うらら at 2008年06月29日 07:58


☆うららさま
   はじめまして、ようこそ♪
  (コメントは残しませんが、時々うららさんブログにお邪魔していました♪)
   母の愛は万物に共通ですね!
   ご訪問&コメントを、ありがとうございました。m(__)m
   
Posted by 流星 at 2008年06月29日 09:06


親子愛のシカがこんなに身近に見られるのですか? 野生?動物園?どちらにしても愛らしいシカとした親子の絆が現れてますね。 句も素敵です。
Posted by 臥竜 at 2008年06月29日 14:19



こんにちは。

素敵な写句、しかと拝見させていただきました♪(笑

鹿の子の愛らしさ、無垢は無敵!を思はずにはいられません。

またお邪魔させていただきますね。
Posted by 克ちゃん at 2008年06月29日 15:15


鹿の子供、可愛いですね〜!
保護色の鹿の子模様も納得の模様です。
昔々夜中に栃木と群馬の県境を走ってて鹿の大群と遭遇した事が有りましたが、
親鹿が子供をしっかり守って居たのが印象的でした。
Posted by Nong-Khai at 2008年06月29日 16:29


☆臥竜 さま
   シカとしたコメントをありがとうございます♪
   えー、こちらはチェンマイ動物園です。
   のんきな動物園ですので、時々園内で象が迷子に・・(冗談です)
   ちょっと望遠のカメラを使えば、この程度には撮れるので、
   ブロガーには、ありがたい動物園なのです。 

☆克っちゃんさま
   わっ(赤面)
   毎朝、克っちゃんさまブログには欠かさず、お参りしております。
   清水寺のように崇拝しております。
   鹿の子を見ていただき、ありがとうございます。m(__)m

☆Nong-Khaさま
   鹿の子絞り模様、本当にはっきりしていますねー♪
   昔々には日本でも野生の鹿の大群と遭遇したのですかー!(ビックリ
   やっぱり親鹿の、子鹿に対する愛は深いのですねぇ。
Posted by 流星 at 2008年06月29日 16:43


力強いし可愛らしいし。
良い句だ、うちのこじかにみせよう(動物占い←10年前に流行った)
Posted by 風のぶ子 at 2008年06月30日 18:26


☆風のぶ子さま
   風さんのこじかちゃんにヨロシクお伝えくださいね~♪
   
   ※ 動物占い。私も知ってます、私はペガサスです(笑)
Posted by 流星 at 2008年06月30日 18:41


ペガサス@@; 
相性ゼロに近いのは知っているんですけれど気にしないで!
わたくし猿です。ペガサス率高い、周囲、みなさん飛びぬけて自由。
Posted by 風のぶ子 at 2008年07月01日 18:36


☆風のぶ子さま
   風さんは、猿さん♪
   お友達に一人いたような。。堅実で信頼に値する人ですよ~
   ペガサスは飛びぬけて自由!
   私ももっと自由になりたいです!(本気)
Posted by 流星 at 2008年07月01日 19:09



直ぐに立つ 鹿の子供を 母嫌い

 普通の赤ん坊は、ハイハイは、後ろ向きから始めるそうですね?
 でも私は、いきなり前に向かって這い出したそうです。
 「この子は、天才だ!」
言ってくれる人もいたけど、実の母親は、そうは、思わなかったそうです。
「こいつは、化物だ!」
Posted by 鵺娘 at 2008年07月26日 10:37


☆鵺娘 さま
  いきなり前に向かってハイハイを始めた鵺娘 さん、
  生まれながらに自立心が強かったのですね。。
  化け物じゃない、天才ですよ。
  でもね、親というのは、自分の子が並じゃないと不安に感じるのかもね。
  お母様のこと・・・
  いろいろ心の葛藤があったと思います。
  でも鵺娘 さんが、今は「ノーテンキ」と明るくしていらして、ほっとしていますよ。ね!
Posted by 流星 at 2008年07月26日 11:02
[PR]
by mariko789 | 2008-06-28 01:25 | olympus | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9700684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]