always over the moon

花火と美人

どんどどん花火ぱっと咲きしゅっと散る   流星
f0053297_1172991.jpg


季語: 花火 [夏]
撮影: チェンマイ/美人コンテストにて。


花火に誘われて土手に来たのだ。
ついせんだってこの土手でホームレスが殺された。
だが、かまうもんか。そう思った。

炸裂する大輪の花火の音のあいまに、うめき声がきこえた。
うしろは深ぶかした草むら。首をまわして草むらに目を凝らす。
闇のなかに、草むらから、にょきっと白い足が一本生えている。
ゆらゆら揺れる足先。
男の気配もある。二人で寝転がっているようだ。
なんだよ、あんなところでいちゃついてるのかよ。

待てよ、あの足のサンダル・・・
あれはリカのサンダルじゃないか。まちがいない。一緒に買いに行ったんだから。
あいつ、俺を振っておいて次の男がいたってわけか。。
むかつくぜ。。

すとんとリカの足が草むらに落ちた。
男の影が立ち上がり、足早に遠ざかってゆく。
どういうことだよ・・。。

ばばーん、轟音とともに夜空に花火がはじけた。

そのときだ。
俺の顔に、ぱっとが黄色い光があたった。
ま、まぶしい!

「きみ、こんなところで何をしているんだ!」
巡査が懐中電灯を手に、険しい顔をして立っていた。

「・・・・・・」
俺の心臓が早鐘をうつ。不吉な予感に手が震えてきた。

巡査が言う。
「近くの母親から頼まれて、若い女の子を探しているんだ。
土手・・・助けて・・・と、女の子の携帯から母親に電話が入ったというんでな」 (完)




_______________________
 この記事へのコメント



うわ~、盛りだくさんで、何からコメントして良いか・・迷っちまうぜ。

①花火どど~ん!でこの美人ね。聖子ちゃんに似てない?

②次に怪しげな土手・・・
またもや、流星さんの恐がり、白い足が伸びて、すわ死体?

③うめきごえ・・・うんうん、ここは穴場だったわけ・・

④男は立ち去る・・・二人で連れ立っていけない秘密の事情あり?と思ったけど・・・

⑤巡査に問い詰められて・・・答えられないよね、それより、やっぱりあれは・・

恐~い・・・さあ、どうやって身の潔白を証明する?

そして、花火は、美しくどどん。咲いては散っていく・・・

なんだか下手な解説になっちまったぜ!
Posted by ドロシー at 2008年06月30日 19:11



こんばんは

すごい!!!

流星様は、小説もお書きになるのですね。
引き込まれて、読みました。

花火の音ときらめきの間に、
お話が出来上がっている。

美しい女性ですね。
Posted by 鴎 at 2008年06月30日 20:00


きょう来てみてびっくりしましたよー!
こんなに毎日俳句・川柳を書いていらしたのですねっ!
チェンマイは美人が多いと聞きます。
きっと華やかな美人コンテストでしょうねっ!

一応全部俳句・川柳 読みました。
一応全部写真も見ました。
ついでにコメント(全部ではありません)まで読みましたよー。

俳句・川柳と写真とのコラボレーション
実にすばらしいと思いました。
きょうから掌編小説ともコラボするのでしょうか?
わたしも写真導入を考えなくてはだめでしょうか??

こちらでは流星さんですねっ!

このあいだほかの方の新しいブログのほうのAuthor名でなく、
ずっと知っているAuthor名で書いたら指摘されてしまいました。
早い話が怒られた!!(笑)

流星さん6月11日と25日は2句掲載してました。
この日は”のって”いたのでしょうか?(好調な日?)
きのう(6月29日)はなんと!
3句(表示句も含む)も掲載していました。
この日は”ノロノリ”だったのでしょうか?(絶好調な日?)

こちらのブログ(ブログ風ホームページ?)を、
相変わらず勝手にリンクさせてもらいたいと思います。
(6月30日中に!)
何かありましたらマル秘コメントにでもお書きください。

では長くなりましたので、
これにて!!
ごきげんよう! 
   (^◇^)/←html使えるかなあー??
Posted by ターザン007 at 2008年06月30日 20:16



"待ってました"って感じです。

このタッチ好きだなぁ~。

ううん~やっぱり才能の出し惜しみはいけないと思うけど・・・。
Posted by mako at 2008年06月30日 20:47


可愛らしいねぇーーーー
タイの女の子って言うのは、幼さが残っているよね。

ところで、、、、
小説、、、、、?
うふふふ、、、
楽しみです。。。
どうなるんだろう・・・・・・ ワクワクドキドキ
Posted by 1セント・・・ at 2008年06月30日 21:39


☆ドロシーさま
   まるで淀川長治さんみたいな解説を、有難うございます♪
   美人コンテストでは20人も撮ったので、美人写真は選りどりみどり。
   このストーリーは一週間ほど暖めていて、まったく書かずにいたのを、
   今朝思い切って書きました。
   たまにはね・・・。
   いつもどうもありがとう~~~(ぺこり)

☆鴎さま
   読んでくださり、ありがとうございます!
   花火の夜というと、何か事件が起こりそうな・・・
   そんな気になるのは私だけ?(笑)
   鴎さんの、行行子のような句をはやく作れるよう、勉強します!

☆ターザンさま
   まー! 全記事を読んでくださったのですかー!!
   2時間くらいかかったのでは・・・
   本当に申し訳ありません、ありがとうございます!m(__)m
   ターザンさんの若々しい小説もとっても面白いですよ~。
   私は、たまーに読み切りの掌編だけで、あとは写真俳句ですが、
   宜しくお願いしますね♪

☆makoさま
   「また短編を」というmakoさまのリクエストが頭に残って(笑)
   才能なんかありませんが、これからもたまには掌編も書きますね。
   いつもありがとうございます♪ m(__)m

☆1セントさま
   この女の子、可愛いでしょ??
   そうね、あどけないのね。
   え?小説? これで読み切りなの。あとは想像してくださいと。。(笑)
      
Posted by 流星 at 2008年06月30日 21:57



流星さん、こんばんは。

これはうれしい写真ですね〜。

これからもタイ美人をどんどん紹介してね(笑)。

流星 (掌編小説)

恐い話でんな〜♪
Posted by 道州 at 2008年06月30日 22:02


いや〜驚嘆。俳句の世界で小説に出会った。見事な表現。
後の続きが読みた〜い!
Posted by 詩楽麿 at 2008年06月30日 22:07


夏の夜 それだけでも ドキドキなのに
そこに非日常の花火だなんて
…何が起きても…
Posted by Nuts on at 2008年06月30日 22:23


この微笑で 浮名を流す SIAM(シャム)の夜。

?コンで、優勝すると彼女の未来が急に開けていくんですね。
Posted by yamaoji at 2008年06月30日 23:58


明るい句に ゾ~ッ!とする掌編!
いつもながら引き込まれます。(ドキドキドキ…)
小説を志してた流星さん、流石・・・
Posted by めだか at 2008年07月01日 07:56


☆道州さま
   タイ美人なら、どーんとお任せを!(笑)  
   まだまだ秘蔵写真が、たーんとあります。
   怖い話。読むのも書くのも大好き!  
   怖い写真は道州はんにお願いしときます(笑)

☆詩楽麿さま
   時々ストレス解消に掌編を書いてます。
   続きは勝手に想像してたもれ(笑)

☆Nuts onさま
   ね、花火の夜。
   なにか・・・胸騒ぎがするよね!

☆yamaojiさま
   >この微笑で 浮名を流す SIAM(シャム)の夜。
   うまい!(ぱちぱちぱち
   こんな微笑をされたら、男性はいちころです(笑)

☆めだかさま
   小学生のころから小説を書いてますた。(笑)
   スズメこけても踊り忘れず(でしたっけ?)
Posted by 流星 at 2008年07月01日 08:34



美人にサスペンス物語 チェンマイは良いね! 流星さんの小説に引き込まれてしまいました。 こうゆう美人と一緒に花火見に行きたいな~。
Posted by 臥竜 at 2008年07月01日 08:53


「よっ! 待ってました ミステリー」

いよいよ、流星さんの創作再開ですねえ。

楽しみにしてますよ~!
Posted by 極楽とんぼ at 2008年07月01日 09:20


☆臥竜 さま
   こういう美人と一緒に花火を見に行くと・・・・
   大枚が飛びます!(笑)

☆極楽とんぼさま
   いやいや、創作はたまーに、ということで。
   極楽とんぼさんと初めて知り合ったのも、掌編小説でしたね、
   登場人物の名前と、極楽さんの名前が同じで。懐かしいです!
   
Posted by 流星 at 2008年07月01日 10:52


綺麗な写真ですね。流星さんのカメラですか?
一眼レフのようですが?
美人と一緒に歩いたこともありません。(笑)
花火は豪華なんですか?
Posted by 大丈夫 at 2008年07月01日 11:19


☆大丈夫さま
   はい、私のオリンパス(10倍望遠)です。
   一眼じゃありませんが、大きくて重いので普段はもっとコンパクトな
   デジカメで撮っていますよ。オリンパスは、「ここぞ!」という時のみ。
   夜でしたが、くっきり撮れました♪
   美人は見るだけのほうが無難です(笑)
   花火は、日本ほどではありませんが、まあまあですね、
   花火の動画も作ってdailymotionにアップしましたよ。
   やっぱり・・花火は隅田川か、カナダ・バンクーバーだと思います。
   
Posted by 流星 at 2008年07月01日 11:30


花火聞く 友も父なく 色違い
 私は、保護者同伴でも花火大会に行く事は、許されませんでした。
 同じ境遇の黒人とのハーフの子が、お母さんと暮らすアパートで花火の音を聞いたのは、8歳の夏の終わりでした。
Posted by 鵺娘 at 2008年07月26日 10:31


☆ 鵺娘 さま
  どうして・・・
  夏の花火大会は、子供でも大人でも、わくわくするものなのに・・・。
  同じ境遇、、 鵺娘さんもハーフですか?
  私の夫は英国人で白人です、
  もし子供ができていればハーフですよ。
  なんでも今、東京で結婚するカップルの10組に一組は国際結婚ですって。
  もう鵺娘 さんも、大手を振って歩いて大丈夫なのでは。。
Posted by 流星 at 2008年07月26日 16:47
[PR]
by mariko789 | 2008-06-30 01:14 | olympus | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/9700639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。