always over the moon

Nossa Senhora da Rocha @アルガルヴェ(ポルトガル)


Nossa Senhora da Rocha または Praia da Senhora da Rocha

日本語ですと、ノッサ・セフォラ・ダ・ロシャ 
または プライア・ダ・セフォラ・ダ・ロシャ でしょうか。読み方が難しい。

10月14日 朝;Nossa Senhora da Rochaのビーチにある、小さな教会を目指しました。
ガイドブックの写真を見て、「なにがなんでも撮りたい」と夫にごり押ししたのです。

ポルティマンの方角へビーチ沿いに歩いて、行けるところまで行こうと思ったのですが、
アルブフェイラのマリーナの手前で、崖に突き当たって行き止まり。

幸い、マリーナの近くで奇跡的に空車のタクシーを見つけました。
この町ではタクシーは呼ぶか、専用の乗場でないと利用できないのに。

勇んでタクシーに乗り込んだものの、走っても走っても目的地に着きそうもない。

車はビーチからから大きく迂回して、畑のなかをぶんぶん走り続ける。

メーターはじわりじわり上がってゆく。夫の顔が次第にこわばってくる。

20分も走ったでしょうか。料金が20ユーロになる少し手前でようやく到着しました。

車から降りたとたんに、爽やかな空気に体も心も、わあーっと包まれました。

なんて清潔な、なんて無垢なアトモスフィア・・・
 
目指す教会はあそこに!!

f0053297_03365580.jpg







教会は結婚式をひかえているらしく、花嫁・花婿の車が停まっていました。


f0053297_03373673.jpg



エメラルドの海へ漕ぎだしてゆく色とりどりのカヌー。


f0053297_03381866.jpg



結婚式に出席する人々が集まりはじめました。

私たちが近くのカフェで休んでいると、バーテンさんが教会へ飲み物を運んでいきました。

式はあっというまにすんで、新郎新婦をのせた車がカフェの前をゆるゆる通り過ぎるとき、
カフェの客たちはみな盛大な拍手で送りました。私も夫も、だれもかれも。

幸せな人々を見送るのは、なんて幸せなのでしょう。幸せって伝染するのですね。


f0053297_03385542.jpg



ずうっと見ていても飽きません。
心が解放されて、果てしなく自由な心地。
それは、私の稚拙な言葉や文や写真では、とても表現しきれません。


カフェの近くに小さな観光案内の小屋があり、
そこの女主人に「洞窟のボート・トリップ」に誘われました。

じつはアルブフェイラで、似たようなボート・トリップに申し込もうとしたのですが、
所要時間3時間というので、夫に拒否されたのでした。

ここのは1時間、それで夫もしぶしぶOKを出してくれました。
観光嫌いの夫が、ここまで譲歩してくれるのは珍しい。


f0053297_04231161.jpg




カフェを出て、海岸に下りてゆく。
空にはまんべんなく薄い雲が広がり、天気はお世辞にも絶好とはいえない。

漁船なのか、モーターボートが幾つも凹んだお腹を見せてならんでいる。
待てよ、ひょっとしてボート・トリップのボートも、このようなボートなのでしょうか。
間近に見ると、波はちゃぷんちゃぷんと跳ねていて、写りほど穏やかそうではない。

うっそー。この波にこのボート?  
転覆したらどうしよう。(つづく)


f0053297_04331851.jpg





.
____________________________________________

【 2017年年10月ポルトガルの旅 】



 

 


[PR]
by mariko789 | 2017-11-18 04:12 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(34)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/28611921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2017-11-18 04:30
観光にはとても良い所ですね。
marikoさんの撮る写真はとても澄んでいて明るいです。
私はとても好きですよ。
結婚式も見ることができてよかったですね。
本当、幸せな人を見ているとこっちまで幸せになってきます。
友達の結婚式に何度か呼ばれたことがあるけれど、
良いものですよね。
私は食事にはあまり興味がないので、いつもカメラマンに徹していました(笑)
Commented by mariko789 at 2017-11-18 04:55
★ isao1977k ちゃん

くーちゃん、ありがとう(^◇^)
ここは今回の旅で、いちばん景色は綺麗だと思いました。
お天気はイマイチで、写りもアレでしたが(恥
あとで、ああも撮れば良かった、こうも撮れば良かったと後悔するのよ。

くーちゃんはいつもカメラマン、それは納得!
くーちゃんの写真、私も大好きよ♪
Commented by tomoji at 2017-11-18 06:43 x
素晴らしい場所ですね。こんな教会がこんなところにあるなんて初めて
知りました。こういう地形ってどのように出来たのでしょうね?
ググッてみましたら上空からの写真がまるで戦艦のようです。でも崖が
崩壊するんじゃないかと思うとあまり安心して居れる場所ではないですね。
たぶんセルフィーがいっぱいいた事でしょう。
Commented by 百合かがり at 2017-11-18 09:49 x
まりこさん、おはようございます!
ポルトガル紀行、満喫して居ります。
写真を見乍らエッセー(!)を読み、また次の写真を~
私が旅して居る様な(あつかましい!)
時々ご主人様の事が入り(笑い)臨場感もあります。
本当に、まり子さんのしゃしん、紀行文好きです。

まりこさんのいつもの旅も、この旅も、
私にも「幸せ」を感じる旅にさせてくれています。
Commented by anohiwa at 2017-11-18 11:54
夢み心地の風景です。
海が好き、湖も好き、滝も好き、、、、、 要するに 水が好きな私。
こんな教会があるなんて 妄想が膨らむだけ膨らんで 身体がどこかに飛んでいきそうになります。
波の音を聞きながら、この風景の中に溶け込めることが出来たら もう何もいらない、、、、

marikoさん、本当に素敵な場所ですね。
Commented by to_shi_bo at 2017-11-18 16:13
崖の上の教会、素敵ですね♪
写真の写りも感動的ですがReal lookであれば
どんなだろうと胸を膨らませています。
今回はご主人の少々の寛大さに大笑いです!

結婚式の時のボンネットに花束が置かれた自動車、ベンツですね。
景色全体の白っぽさに幸福感が溢れています。
これはmarikoちゃんの撮影技術かな。

う~ん、最後のボートの運命やいかに?
次回を楽しみにしておりますよ。
Commented by mariko789 at 2017-11-18 17:28
★ tomojiさま

>上空からの写真がまるで戦艦のようです。

その通りです! 私も検索でその写真を見ました。

>でも崖が崩壊するんじゃないかと思うと 

いずれは崩壊するかもしれないですね(~_~;) かなり侵食されてるみたいですし。

セルフィーは、あまり見かけなかったです。
ここまで来ると、アジア系の観光客はほとんど見かけませんでしたし。
このへんは夜なんかシーンとしているかも。夫の好きなバーもないし(苦笑)
Commented by mariko789 at 2017-11-18 17:28
★ 百合かがりさま

旅気分を味わっていただければ、それほど果報なことはございませぬ♪

夫が、よく我慢してくれたと思って(笑)、25年近く耐えてきて良かった!

>私にも「幸せ」を感じる旅

すごく嬉しい!\(^ ^)/ 
人生いろいろあるけれど、みんなみんな胸に幸せの灯をともしましょう♪
Commented by mariko789 at 2017-11-18 17:29
★  anohiwa さま

私も水が大好きです♪ 魚座ですし。
もしかして・・・anoさんは、みずがめ座とか?

>波の音を聞きながら、この風景の中に溶け込めることが出来たら もう何もいらない、、、、

私もそんな気分になりました。Hawaiiもいいよねぇ。(anoさんといえばHawaii♥)

日本にも素敵なところはいっぱいあるのでしょうね☆
Commented by mariko789 at 2017-11-18 17:30
★ to_shi_bo さま

リアルの、あの空気の色と匂いをお届けできないのが残念!
「けがれない」という言葉がぴったりでした。
私は穢れだらけなので(苦笑)、こういうピュアなところに憧れます。

曇っていて色がくすんでいたので、ハイキー寄りに撮りました。
実際の目で見た色より、こうあるべきという色に近づけたくて。

ボートね、料金が安いだけあってもう怖かったー!(笑)
Commented by 桜姫5 at 2017-11-18 17:34 x
ムーア人の像!服装や生活ぶり!野外の歴史博物館ですね♪
水の上に浮かばせるなんて!珍しいですね♪

二つの燭台は一見、お酒の入れ物かと!良く見ると注ぎ口が有りませんね!(汗)
古い物には癒されます(^^♪
染付の陶器には、mariko様!日本を懐かしく・・・!
「南蛮屏風」流石にポルトガル!ですね♪

カヌーの数が凄いですね!
白黒の教会の写真が、印象的です拍手(^^♪
mariko様の文章力で!弥が上にも次回が待ち遠しいで~す(^^♪ 
Commented by たんと at 2017-11-18 18:01 x
ポルトガルでなければ見られない風景、まさに絵葉書のよう。
暫し見惚れました。
1時間のボートトリップ、どのような経過をたどるのか楽しみです♪
Commented by yamaoji at 2017-11-18 19:03 x
すばらしい、ロケーションです!
yamaoji的には、ほぼ100%の教会&海です、
山の教会・・・イメージは、ハイジがいる教会、
海の教会・・・イメージは、マーメイドがいる教会・・
こんな乏しいイメージだけですが、どっちも大好きなイメージです、
今回も、うれしい気持ちにしていただき、ありがとうございます、     by yamaoji.
Commented by ninja2005y at 2017-11-18 22:07
キレイな海に
白い建物・・・・・・
サントリーニを彷彿と・・・・

こういうの夢だなぁ~
Commented by mariko789 at 2017-11-19 03:39
★ 桜姫5さま

全部の投稿にご感想をありがとうございます\(^ ^)/
ムーア人の像、「野外の歴史博物館」とは言いえて妙!
「南蛮屏風」、学びました!(すぐ忘れるかもしれませんが~~)

カヌー。この日、競技会があったようです。ブログに出さない秘蔵写真もあり♪
白黒の教会に拍手をありがとうございます。次回は珍しい洞窟です(^_−)−☆
Commented by mariko789 at 2017-11-19 03:40
★ たんとさま

ありがとうございます! たんとさんも欧州を巡られたのですよね。
1時間のボートトリップは、今では笑えますが、怖かった!
でも写真は200枚くらい撮りました。半数以上削除しましたが(汗)
Commented by mariko789 at 2017-11-19 03:40
★ yamaojiさま

敬虔なクリスチャンのyamaojiさんに、とくに見て頂きたい写真でした。

>海の教会・・・イメージは、マーメイドがいる教会・・

マーメイドは、昼間は海中で寝ているみたいでした(~_~;)

うれしい気持と仰って頂き、光栄です☆
Commented by mariko789 at 2017-11-19 03:41
★ ninja2005y さま

私も、なぜこの近くに滞在しなかったのか、と悔やみました。

が、バーがないから夫は怒りますね( *´艸`)

ninjaさんの、例の場所も負けずに綺麗でしたよ♪
Commented by ユッキー at 2017-11-19 06:25 x
わお。ステキ。人混みが嫌いなんで。こういうとこが、好きだわ〜〜♪
え?まさかの転覆?
文章がお上手なんで。続きが楽しみです〜!
Commented by yuta at 2017-11-19 11:12 x
まりこさん こんにちは
青い海崖の上の白い教会
素敵なところですね。
こういうところで結婚式ができれば幸せでしょう。
Commented by sternenlied2 at 2017-11-19 16:55
ポルトガル語の地名って書かれてるのを読んだだけでは分からない時があって、
曖昧に覚えてるだけですが、 Rochaってロシャって読むのですね。ロッカと思ってました(^_^;)
この断崖に建ってる白い教会の写真はアルガルヴェのガイドブックや写真集で見かけました。
旅情をそそる情景ですよね、marikoさんが是非行きたくなったお気持ち分かります。
タクシーで思ったより長くかかったそうですが、
アルガルヴェッって、海岸線に沿って行くと近くに見えるような場所でも、
車で向かうと大分遠回りしなくちゃいけないような道路網になってるようです。
ボート・トリップの体験記、どんな冒険が待ってるんだろう、楽しみにしてます。
Commented by mariko789 at 2017-11-19 16:56
★ ユッキーさま

私も人ごみは苦手です(~_~;)
転覆は・・・(笑)
文章はお粗末だけれど、洞窟は綺麗なので、見に来てね~!
Commented by mariko789 at 2017-11-19 16:57
★ yutaさま

>こういうところで結婚式ができれば幸せでしょう。

ね! 私はイギリスの小さな教会で地味な式を挙げました。
yutaさんは・・・(想像しています♪
Commented by ninja2005y at 2017-11-19 21:02
>>なぜこの近くに滞在しなかったのか、と悔やみました。

それ、よくありますよ。
まあ、旅にはつきものですね。

で、克服したら
また新たに悔しい出来事が出てきて
それの繰り返しですけど
それもまた旅のだいご味ですね。(^_-)-☆
Commented by mariko789 at 2017-11-19 23:04
★  sternenlied2 さま

私はフランス語やドイツ語の読み方も判りません(苦笑
Rochaは私はロチャと思ってました。ロッカもいいなぁ。
そうなんですよ、地図で見たときは歩いてかなり近くまで行けるんじゃないかと。
バカでしたー(>_< )
ボートは、怖かったけれど写真的には行って良かったです\(^ ^)/
Commented by mariko789 at 2017-11-19 23:15
★ ninja2005y さま

滞在する場所が、自分と合うかどうかは、でたとこ勝負です。
検索で事前に調べても、実際はずいぶん違ってたりして。
旅のだいご味・・・と思うしかないですね!
Commented by ninja2005y at 2017-11-20 21:56
>>滞在する場所が、自分と合うかどうかは、でたとこ勝負です。

こればかりは
なんとも・・・・・
まあ、幸いなことにイギリスの方たちは
非常にフレンドリーで嬉しい限りですけどね。

で、↑洞窟のボート・ツアー ①ですが
続き早く読みたいっす。
楽しみだなぁ~。
Commented by mariko789 at 2017-11-20 23:42
★ ninja2005y さま

イギリスの人たちは旅人にはフレンドリーですが、
住むとなると話は別ですよ~(~_~;)
もっともうちのほうは(ロンドンも)生粋のイギリス人は少数派ですが。

ボート・ツアー、読んでくださり嬉しいです♪
Commented by to_shi_bo at 2017-11-21 10:35

・「あれはモンキーの顔だ」
・「あれは潜水艦だよ」
・「ゲート(門)だよ」
・「タートル(亀)!」 
岩石の形状って面白いね。
さてさて、何百年掛かって出来上がったんだろうか・・・
と思うとき自然の力をこの胸で実感し叫喚してしまう!

・私たちを乗せたボートは、いよいよクライマックスの洞窟の中へと
・・・う~ん、クライマックスと早く出会いたいね。
(このコメントにレスは不要ですよ)
Commented by mariko789 at 2017-11-21 16:52
★  to_shi_bo さま

>何百年掛かって出来上がったんだろうか

ですよね! 樹齢があるように、岩齢もあるに違いないです。
まさに神業としか思えない、自然の彫刻でした♪

コメントをありがとうございます(^人^)嬉し♪
Commented by ninja2005y at 2017-11-21 22:38
>>住むとなると話は別ですよ~(~_~;)

え!
そんなにギャップがあるんですか?

あ・・・・
でも、そういうのって
何処の国も似たようなものかも?
Commented by mariko789 at 2017-11-22 15:30
★  ninja2005y さま

そうですよ。まだこの国の人たちは、先の大戦で日本が敵国だったことを覚えています。
それと、どうしても白人は、有色人種に対して優越感があるようです。

日本だって他のアジアの国の人たちに優越感をもっている人が多いと思いますよ~
Commented by ninja2005y at 2017-11-22 21:51
なるほど・・・・
そこでしたか。

そういえばフィリピンに行ったとき
「日本人を敵視する年寄りも多く、自分のお婆さんも
あまり良い感情は持っていない。」と
フィリピン人の友達も言ってましたわ。
Commented by mariko789 at 2017-11-23 01:45
★ ninja2005y さま

ね、観光客のうちは、お金を落としてくれるお客さんとして扱ってくれますが、
住むとなるとねぇ。。

中国人や韓国人の、日本人に対しての複雑な思いは、フィリピン以上と思います。