always over the moon

あなたならどうする

最初にこのサイトを見つけたのは半年ほど前でした。
サイトの主は、世界の軍事費の調査機関なのだと思います。
まるっきりデタラメを公表するとは思えない機関なのですが、内容があまりにも突飛なので、鵜呑みにはできませんでした。

この何ヶ月か、次に住む国を探していて、スペインに流れるか、ハンガリーに戻るか、どちらかを考えています。
で、このサイトを思い出しました。
情報の早い日本の皆さまは、もうとっくにご存知だと思います。
「これは全く当たらないと、信用のおける専門家が言ってるから心配ない」というご意見が出ると嬉しいのですが。
ともあれ、念のため、私と関係のある国々を書き出してみます。

f0053297_00430638.jpg

 






There are 209 countries listed below. View year 2025 forecast.
(2016年の人口と、2025年の予測人口を比較してみました。)

1 アメリカ  人口  2016 3億2400万人    予測人口  2025  5400万人

3 日本    人口  2016 1億2700万人   予測人口  2025 1億900万人

5 イギリス  人口  2016  6400万人      予測人口  2025   1400万人

14 スペイン  人口  2016  4900万人     予想人口  2025  2400万人

28 タイ    人口  2016 6800万人     予測人口  2025  6500万人

57 ハンガリー  人口  2016 990万人      予測人口  2025 910万人


もしもこの予測が当たるとして。
一目瞭然、アメリカとイギリスの人口の激減が目立ちます。
2025年には、アメリカの人口は日本のちょうど半分になってしまうのですねぇ。
私もこのままイギリスにとどまっていると、2025年に生き残っているとは思えません。

スペインは、人口半減。スペインに越した場合、どんな災害に見舞われるのでしょう。
しかし、今、スペインの不動産は値下がりが激しく、買い時ではあるのです。
太く短く生きるなら、スペイン。気候はマイルドですし食べ物は美味しい。

一方、ハンガリーは今でも990万人しかいませんが、2025年にもあまり変わっていません。
治安がとても良いので、近隣国から富裕層が流入してきて、不動産の値上がりが激しい。
なぜハンガリーの家を売却してしまったのか、大いに悔やまれるところです。
しかし昨冬もドナウ川が凍結しており、寒冷化が極端になるかもしれません。
凍えながらも、細く長く生きられる可能性を秘めているハンガリー。
人口にあまり変化がないのは、日本やタイランドも同様です。

この予測の信憑性は果たしてどのくらいなのでしょうか。
もちろん、大外れで、このような人口の減少が起きないよう、切に切に祈っていますが、
私なりに調べてみた結果、このままですと、100%当たらないとは言い切れない気がしてきました。
万一ですね、たとえ50%当たったとしても、甚大な変化です。
「当たるかもしれない」という、その理由をここに羅列してゆくと長くなりますので、自粛しますが。
ただ一つだけ書いておきますと、洪水とか寒冷化とか、気象のトラブルが最も関係してくるのではないかと思います。
それが純粋な天災にせよ、人為的なものにせよ。
アメリカや欧州が、このような状況になれば、日本にも大波乱が起きるでしょう。経済面はむろん、食糧事情も。


209カ国全部を調べたわけではありませんが、
2025年に人口がゼロになると予測されている国を幾つか挙げてみます。

149 モナコ          人口  2016   30,581     予測人口  2025  0
145 フランス領ポリネシア  人口  2016   285,321     予測人口 2025   0
160 グアム        人口  2016   162,742     予測人口 2025  0
155 バミューダ      人口  2016   70,537     予測人口 2025  0
157 バージン諸島     人口  2016   102,951     予測人口  2025  0
(その他、フェロー諸島・ケイマン諸島・マン島・サンマリノ・ドミニカ・クック諸島など)
気になる国がありましたら、こちらのサイトに飛び、国の名前をクリックしてチェックなさって下さい。


グアム島は若い頃に行きましたが、無人島になってしまうのか沈んでしまうのか、淋しいことです。
2025年まで、僅か7年半です。欧米へご旅行を計画なさっている方々は、お早めに。
このような予測は外れると思いますが、念のために。 

さて、我家の場合、スペインかハンガリーか。
夫の関係で、しばらくは欧州にいなくてはならず、他の選択肢がありません。
なるべく早く結論を出すべく、引き続き多方面から調べてみることにします。






[PR]
by mariko789 | 2017-07-06 01:38 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(33)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/27950901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2017-07-06 03:47
次の引っ越し先も考えているんだね。
スペインかハンガリー。
私はスペインはよく知っているけど
ハンガリーは全く知りません。
marikoさんには安全な国に行ってほしいなと思っています。
Commented by mariko789 at 2017-07-06 04:41
★ isao1977k ちゃん

イギリスには長くても、19年の3月までしか住めないの。私のビザが切れるので。

ありがとう! スペインとハンガリーと、心の中で綱引きになってますミ◕‿◕ミ
Commented by anohiwa at 2017-07-06 07:57
おはようございます。
marikoさんが、一番大事だと思う事は何ですか?
気候的に住みやすい?
食生活が安心?
治安が良い?
そして、老後の生活が安心出来る国?

marikoさんは、まだ若いのかもしれませんが、私はそこそこの年齢になっています。若い時には感じなかった身体的な衰えに日々驚きをもって接しています。
私が一番重要だと思うのは、福祉関係が充実しているかどうかです。
頭がしっかりしているのに、思うように身体が動かないのは辛いです。
ボケ初めは、まだ自分の事が分かるので、とても切ないです。
どちらにしても 安心して自分を任せる事が出来る場所が一番ではないでしょうか??
思い通りに動けなくなった時、優しく手を差し伸べてもらえることは 何にも増して心の安定とゆとりになるのでは? いくらお金があっても冷たい対応は本当に辛いと思います。
住める場所と、食べられるものがある所、そして 何よりも優しい心遣いをしてもらえるのが 長い人生を送った後には必要では?
どの国、、、、、と言われても、私はきちんとした情報がありませんので、答えられませんし、いい加減な事は言えません。
ご自分が一番ホッとできる場所はどこですか? どの国ですか?
心配なく 身を任せる事が出来るのはどの国ですか?
身体が動くのであれば、庭の手入れもお買い物もレストランも、、、、良いでしょう。
でも、どう頑張っても動かなくなる時が訪れます。
それを考えて、選ぶのが良いのではないですか?
Commented by 百合かがり at 2017-07-06 09:57 x
> anohiwaさんのコメント

全く私も同感想です。上手く気持ちを伝えられない私ですが上の方の適格、且つ優しいコメントに心動かされております。
「老いるとはこお言うことなんや!」と最近良く感じます!笑いでごまかす元気があるからまだ、いける~ですよね!

パソコンにトラブルがあり、落ち込んで居ました。
元気と勇気を出して行きますよ!
Commented by 桜 姫 at 2017-07-06 10:31 x
まさか!まさか?
と思われる数字に、吃驚しています!(怖ッ
わらひには、俄かには信じられませんので!
お家が安く購入できるスペインを押しますが!
mariko様が、この表をお信じになるのならば!
断然ハンガリーですね!

ご主人のご意見をよく聞いて、あまり急がずにご判断を!
Commented by yotarouu3 at 2017-07-06 11:48
今日は~私もハンガリーとスペイン綱引きですが、
年寄りにはスペインかな?

もっとまりこサンにはリバプールに居て色んな情報
流して頂きたいのですが・・・

昨夜は雨が酷かった!でも我が家被害なしご安心を・・・
Commented by mariko789 at 2017-07-06 15:43
★  anohiwa さま

わ~~、目の覚めるようなコメントをありがとうございます!
福祉、、それも考えてイギリスに来たのだっけ。でもその考えは甘かった。
私と夫が老後を迎えるころ、イギリスの福祉制度はどうなっているのか、予測不能。
スペイン、ハンガリー、ともに国籍は変える気はないので、福祉の恩恵はない。
なので、我家は必死に預金して、不動産を買うしかありません。
そして病気にならないよう、生活習慣病に気をつける。

優しい国民性といえば、、スペインもハンガリーもイギリスよりずっと優しい。
言葉が大きな壁なのですが、夫はスペイン語がわかる。私もスペイン語なら、英語と共通点があるので、少しはなんとかなりそう。
ハンガリー語は、夫でさえ投げたくらい難しいので、英語が通じる首都ブダペストに住むしかない。
なので不動産は凄く高い。外国人が長期に借りるのはほぼ不可能なので、買うしかないし。

老後のことを考えて、選ぶ。大いに参考になりました!
そうか・・・いずれ身体も動かなくなる・・・? 怖い!!
Commented by mariko789 at 2017-07-06 15:43
★ 百合かがりさま

私もanoさんのコメントに大納得です!

>「老いるとはこお言うことなんや!」と最近良く感じます!

若さと美貌の百合さんでも? そうです、笑って吹き飛ばしましょう♪

パソコンのトラブル、直ったのでしょうか。元気と勇気、私も頑張ります。
Commented by mariko789 at 2017-07-06 15:43
★ 桜姫さま

え?日本では話題になっていませんか?(びっくり・・・

スペインの不動産、もう一部投売りが始まって(特に海岸近く 苦笑)以前の4分の1の価格も。
たとえ半額でもすごい値引きです。元々が高価な不動産ですから。
一方、ブダペストの不動産は、以前の倍近くになっています。外国人が買い漁っている模様。
皆さん、考えることは同じなのでしょう。
夫は、すでにハンガリーの弁護士さんに相談していて、ほぼハンガリーに傾いています。
また、決定しましたらお知らせしますね♪
Commented by mariko789 at 2017-07-06 15:45
★  yotarouu3 さま

私もスペインが捨てがたいのですよ~
果物も海の幸も美味しいし♪ 暖かいのが良いですよね~(なんて50℃になったりして・・・)

与太郎さんちに被害がなくて本当に良かったです。
Commented by to_shi_bo at 2017-07-06 16:21
スペインかハンガリーで思案中ですか。
日時が何年か残っていますのでご主人とよ~く相談して下さい。
人口減少の一覧表には信じがたいところがありますが
日本も後20年もすれば一億人をわります。
世界的に少子高齢化が進んでいくのは間違いのない事実ですから
未開発地域を除いては人口減少は避けられませんね。
↑の方のご意見通り高齢化対応の良い国を念頭に置くというのは
的確なご意見と思います。
marikoちゃん、今回は年齢的にもご主人の判断を重視して下さいネ。

Commented by たんと at 2017-07-06 16:29 x

う~ん(絶句)。
う~ん、あと7年半か(また絶句)。
う~ん、自分自身もゼロになっているのだろうな(またまた絶句)!
Commented by yamaoji at 2017-07-06 18:58 x
・・・・なんか深刻なことになっちゃてますね、
そちらのほうが、日本より、ミルもPPPも高かったですね、
たいは・・・他宗教の国ですが、どこぞの国よりは、内紛は少ないと思っています、赤組や、黄色組みは以前燻っていますが・・
やっぱ、土地があるロッジで自給自足かな! by yamaoji.
Commented by ninja2005y at 2017-07-06 21:57
えっとお・・・・
わたしらの海外旅行っていうのは
marikoさんもご存知の通り
全くのフリーです。

で、行きたい、行ってみたいという国は限りなく
その中には、スペイン、ブラジルいった
国も出てくるのですが、治安ということを考えてみると、この2つの国にフリーで行くのは危険であるという答えがいつも必ず出てきます。

ハンガリーは情報をもっていないので
marikoさんご自身が、そう仰られるのであれば
その方が安全ではないかと思います。

あ!日本が安全っすよ~。(笑)
Commented by mariko789 at 2017-07-07 01:54
★ to_shi_bo さま

それが、何年もないのです。
来月初旬に、今の貸家の契約更新をするかどうか決めねばならず。
更新すると、また一年、居なければならない。
更新しなければ、来月の初旬から、内覧の人の対応をせねばならず。
もう本当に頭をかかえています。
とし坊さん、世界の人口は、少子高齢で減少するのではなく、違うことで減少します。
詳しく書けなくてもどかしいのですが(~_~;)
そのうち、今、私が書いている意味が、全ての人々に判るようになると思います。
Commented by mariko789 at 2017-07-07 01:55
★ たんとさま

人口ゼロになる諸国は小さな島が多い。ということは・・・。
たんとさんは、あと10年後もぴんぴんなさっていると思います。
大丈夫(^_−)−☆
Commented by mariko789 at 2017-07-07 01:55
★ yamaojiさま

タイは平和と思います。
土地があって自給自足ができれば怖いものなし。
人間は本来、そうあるべきなのだと改めて思います。
頑張ってください!!\(^ ^)/
Commented by mariko789 at 2017-07-07 01:56
★ ninja2005y さま

私も殆どパック旅行は利用したことがないのですよ~
楽とは思うのですが・・・夫がねぇ~~

こんな投稿をして危ない人と思われるかもしれませんが、大丈夫ですよ、私は。
ただ・・・例えばアメリカ西海岸に大地震がくると、日本の太平洋側は大津波に飲み込まれます。
決して日本も安全ではないのですよ。食糧難時代もくるし。
やりたいことができるうちに、やっておきましょう。
Commented by tomoji at 2017-07-07 21:48 x
いくら考えても、アメリカ人口の激減ぶりの理由がわかりません。お隣の国のカナダで900万人ほど
減っていますが、イギリスが何故に5000万人も減るのでしょう?

ドイツも8100万から3100万人になっています。そうかといってフランスは6700万から
4200万人に・・・理由は少子高齢化だけでは説明つかないでしょうし、そうかといって疫病の
大流行だったらアメリカだけたくさん減るのはおかしいし、後は戦争ぐらいしかないと思いますが、
仮想敵国と思われる2国(3国目?は記載なし!)は減ってないのはおかしいです。
で結局、私にはこの9年の間に何が起こるのか想像がつきません。

またビザの問題ですか!どこの国でもこの問題が付きまといますね。日本に帰ってくればこの問題は
忘れられますが、新たに保険や税金で頭悩まされることになるのでどちらが良いとは言えませんね。
Commented by ninja2005y at 2017-07-07 21:55
ヒヒヒ。
ところが私は瀬藤内側
こんなことをいうとナンですが
中国から近畿中部には
大きな防波堤がありますので・・・・('O')☆\(ーー;)パシッ
でもね~日本は地震大国で
実は、かの阪神大震災を引き起こした震源
家から肉眼で見えるんっすよ。

てなことを考えると
地震が少ない、もしくは無いイギリスやフランスは
よいかも・・・・・
まあ、でも・・・・どこへ行っても
一長一短ありますね。(笑)
Commented by mariko789 at 2017-07-08 01:00
★ tomojiさま

アメリカは巨大な時限爆弾を二つも抱えています。
一つは西海岸の巨大地震(マグニチュード9,2)。もう一つは、イエローストーンの破局噴火。

イギリスの科学者によるシミュレーションでは、もしイエローストーン国立公園の破局噴火が起きた場合、3 - 4日内に大量の火山灰がヨーロッパ大陸に着き、米国の75%の土地の環境が変わり、火山から半径1,000km以内に住む90%の人が火山灰で窒息死し、地球の年平均気温は10度下がり(場所によっては12度)、その寒冷気候は6年から10年間続くとされている[14]。
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%B4%E5%B1%80%E5%99%B4%E7%81%AB)
 
 
今、欧州で秘かに合言葉になっているのが「内陸へ」。ハンガリーなど海に面していない内陸の国は、欧州の中でも比較的安全そうです。
9年間ではなく、2025年まで7年半ですが、いったい何が起こるのか。。日本に災害が及びませんように。いざとなったら私も、タイか日本へ逃げます。

日本も国保だのなんだの、税金がかかりますよねぇ(~_~;)
Commented by mariko789 at 2017-07-08 01:07
★  ninja2005y さま

瀬藤内側・・・大きな防波堤があれば大丈夫ですよね?
阪神大震災、私はイギリスのラジオで最初聞いて、あわててTVをつけたらBBCで大々的に放送していました。
見ているだけでも、すごく怖かったです。肉眼で見えるって、、ご無事で何よりでした!!
いやいや、地震はなくても、イギリスもフランスも、これからどうなるか。
お互いに無事でいましょうね!
Commented by ninja2005y at 2017-07-08 21:59
あ!
あの地震で明石海峡大橋の主塔が
東か西に1m動いたんですよ
だから主塔真正面から見ると
淡路側のがズレて見えるんです。

まあ日本はホント地震がこわいですね。
今のような雨の多い時期は
毎年のように北九州が水に浸かってて
これまた問題なんですけどね。

まあご存知かとは思いますが
一応、貼っときますね。
http://matomame.jp/user/Workman/9d1cc8a5734fe0283851
Commented by yuta at 2017-07-09 13:02 x
こんにちは
このサイト知りませんでした。
戦争や紛争そして大災害があるとして8年後のこんなに人口が減るとは考えられませんね。
一生に一度の人生だからあまり難しいことは考えず楽しく生きるいのもいいでしょう。
そうなるとラテンのスペインでしょうか
日本では北海道の夕張市が財政破綻して人口が減少しているそうです。
東京の豊島区が消滅するとの予測が出たことがあります。
「消滅可能性都市」は全国で896自治体あるそうです。
Commented by mariko789 at 2017-07-09 16:04
★  ninja2005y さま

>明石海峡大橋の主塔が 1m動いたんですよ

1メートルって、そんなに?(怖い!

九州の水害、昨夜YouTubeで見ました。地獄です。
被災者の方々、本当にもう、、どうしたらよいのか判らないでしょうね。。

(リンクをありがとうございました。飛んで読みましたよ。ああ・・・)
Commented by mariko789 at 2017-07-09 16:05
★ yutaさま

私もyutaさんも何事もなければ、2025年に生きていて、結果を知ることができますね。
スペイン、夫もだんだんそちらへ傾いてきています。家が安いので(ハンガリーの半額!

夕張といえばメロン。私、できるなら移住したいです。

>「消滅可能性都市」は全国で896自治体あるそうです。

そんなに! 10分の1、消滅しても打撃は大きいですね。
英国は水没して国土が減少すると思いますが、日本もやっぱり水没でしょうか。
Commented by ninja2005y at 2017-07-09 21:05
ところが
職場に北九州(福岡)出身の子がいまして
この子がいうには、北九州っていうのは
この時期になるといつも水に浸かってて
慣れてるよ。と
まるで平気なんです。
自身もまた洪水の中をチャリンコ(自転車)を押し
学校より帰宅する話なんかをしていて
「ほぉ~なるほど!」と
こちらが感心してしまう始末。

桜島の噴火にしても
この子曰く
「本州の人達は、噴火したらビックリしてるけど
あんなの毎日だよ。そりゃまあ、デカイのもあるけど
この辺り(関西とか)でニュースになってるのって
日常的なものだよ。」

な~んて調子ですし
ま~昨今の日本のマスコミにおけるフェイクニュースの酷さを考えるとマスコミの報道も
差し引いてみるべきかな?とも

あぁ~話、それちゃいましたね。m(__)m
Commented by mariko789 at 2017-07-10 15:56
★ ninja2005y さま

北九州は梅雨時に水浸しになる? それは大変と思います…
タイのナコンサワンという街(住んでました)も、雨期は毎年そうでしたが、、。
桜島の子にしても、自然の災いとともに生きている人々は逞しいですね。

>マスコミにおけるフェイクニュースの酷さ

日本も! マスコミのスポンサーになっている会社(政府)に問題がありそうですね?
ぜんぜん話は逸れていませんよ(^_−)−☆
Commented by ninja2005y at 2017-07-10 22:06
>>マスコミのスポンサーになっている会社(政府)に問題がありそうですね?

元英首相のところにも
EUにも流れこんでいるチャイナマネーと
朝日新聞のバックにいる国(ドイツが嫌う国)が
日本転覆を虎視眈々と狙ってます。

恐らく今年から
日本人は既存のマスコミから
離れていくでしょう。

Commented by ninja2005y at 2017-07-10 22:18
これだけでは解り難いかもしれませんが
外国人であるケント・ギルバート氏までが
日本のメディアに苦言を呈してます。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170708/soc1707080002-n1.html
Commented at 2017-07-10 22:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2017-07-11 15:55
★ ninja2005y さま

そうだったのですか!(驚!
私は日本のメディアは安倍さん支持なのだとばかり思っていました。
日本のニュースはフクシマ以外、まったく入ってこず、知らないことだらけです。
なるほど、日本転覆ですか・・・そうならないことを祈ります。
糠漬けからキムチへは、勘弁して。

既存のマスコミも大変ですね。人心が離れれば広告収入も減り、会社があぶない。

リンク先、拝読しました。ケントさんも、見るに見かねての苦言かもしれませんね。
日本は、戦後ずっとアメリカの隠れ植民地と思ってきましたが、それ以外にも沢山の問題を抱えているのでしょうか。
人民は、多くの情報を得て、どれが正論か、個人個人で選択する能力が問われます。がんばれ、日本!
Commented by mariko789 at 2017-07-11 15:56
★ 鍵(07-10 22:21)さま

いえいえ、大丈夫です。たいへん勉強になりました。ありがとうございます!