always over the moon

Alicante(アリカンテ)


早いものでスペイン旅行から帰ってきてから一ヶ月も過ぎてしまいました。
宿泊したのはベニドルムというリゾートでしたが、
一日、電車で片道一時間半をかけ、アリカンテへも足を伸ばしたのでした。
アリカンテは、バレンシア州のアリカンテ県の県都。役所や学校もある大きな街。
駅で無料の地図を頂いたのですが、夫がなまじスペイン語を話したせいか、この地図がスペイン語版。
私にはさっぱり判らない。
海岸沿いの波立つ(ような)大歩道のように、頭の中はぐにゃぐにゃになってしまいました。
行きたい場所は何箇所かあったのですが(お城とか)、夫はビールビールとうるさいし、ついに辿りつけず。
f0053297_16320835.jpg






休憩した木陰のカフェ。
この大木(Ficus Macrophylla)は、1920年にオーストラリアから来て、この地にどっしりと根を下ろしています。
多くの外国の人々も、この木のようにスペインの地へ根を下ろしたのでしょう。
f0053297_16350164.jpg

 




マッシュルーム(キノコ)通り。
なかなか大胆なデザインで、目印になります。迷子になったとき「あ、ここ、さっきも通った」なんて。
f0053297_16394857.jpg
 



港。古い船のレプリカの美しいこと。
たくさんの豪華ヨットもつながれていました。海も空も青くて、暑くも寒くもなく、心地よい春の日。
f0053297_16420773.jpg

 


もう一枚、海岸通りから港の写真を。サーファーの像がユニークでした。
f0053297_16441520.jpg

 

これにて、スペインの日記/写真は終わりにします。
されど、俳句の元になった景色の写真が幾枚かありますので、それはまた後日に。
このアリカンテに次回は滞在して、リサーチの中心地にと思っています。
終の棲家を探す旅はまだまだ続く。









[PR]
by mariko789 | 2017-04-05 16:58 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/27699255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by isao1977k at 2017-04-05 17:33
アリカンテ、良いところですね。
マッシュルーム通り、可愛い。
治安のいいところなのかな?
いろんなところ、旅していて羨ましいなあ(^-^)
Commented by 麗門 at 2017-04-05 19:42 x
いいなあ。みんな絵はがきみたい。
こんな所へ行ってみたい。
何もかも忘れてね。。。
Commented by anohiwa at 2017-04-05 20:14
スペインって、すごく素敵なところなのねぇ~~
私は、リゾートが好きなので、こういう所は大好きです。
マッシュルーム (*´ω`*)
インテリアも可愛らしいぃ~♪
次回は、いつ頃行くのでしょうか? 楽しみですね。

桜蝦、、、、、ウチは、パスタにも入れますヨン
Commented by yamaoji at 2017-04-06 01:40 x
海岸沿いだから、波打つようなタイル????
ほんと、ずーっと見ていたら酔いそうですね・・・
バレンシア州は、オレンジの、バレンシア州のこと?
あっ、またとんちんかんなこと聞いちゃいましたか・・by yamaoji.
Commented by tomoji at 2017-04-06 08:10 x
遊歩道、見る角度によって違うんでしょうけど、何か足元が覚束無くなりそうな
感じですね。

赤いキノコもそうですが、駅のベンチ(今でも赤?)など、スペインの町って
鮮やかな赤色がやたらに目に飛び込んでくるんですよね。それと街路樹に
オレンジが生っていてこのオレンジ色も鮮やかで目に付くんです。
多くの画家の巨匠を排出した原因はこの色の鮮やかさに有り?

帆船はコロンブスのサンタ・マリア号のレプリカかなと思いましたが、そうじゃ無い
みたいですね。ポルトガルより先ににジパングの黄金を手に入れる為だったにしても、
あんな船で未知の大洋に乗り出していく勇気はどこから来たのでしょうね。
Commented by to_shi_bo at 2017-04-06 10:38
海岸通りからの港の写真、サーファーと石段に座って
それを見つめている男性の対な感じが絵物語のようで素敵です。

「終の棲家を探す旅はまだまだ続く。」・・・でふっと思い出しました。
50歳代半ばで行ったニュージーランドのことを。
不動産(土地や建物)が大変安価なので日本からも移住者が多いと聞きましたよ。
しかし、写真を拝見する限りスペインも希望の移住先の一つかな~~~(笑
Commented by 心をうつす at 2017-04-06 12:48 x
こんにちは
木陰のカフェは気持ちよさそうですね。
建物も斬新な作りですね!
木陰だと時間によって日が当たったりするのがわずらわしいでしが、それも含めて楽しいです。
きのこ通り。なんだこれ?邪魔なだけじゃない?と思いましいたが、なるほど目印にはいいですね。
Commented by mariko789 at 2017-04-06 15:58
★ isao1977k ちゃん

治安がねぇ。ここよりは良いと思うけれど。
旅と言っても、大半の時間酔っ払いの介護で(/_;)
Commented by mariko789 at 2017-04-06 15:58
★ 麗門さま

日本にも綺麗なところが一杯あって、私はそちらへ行きたいです♪
麗門さん、なにもかも忘れたいって・・・春愁ですか?
Commented by mariko789 at 2017-04-06 15:58
★ anohiwaさま

地中海の海、海沿いの景色はじつに綺麗でした♪
次回は・・・年内にはと思っています~
桜蝦のパスタ、やっぱりね、作ってみます\(^ ^)/
Commented by mariko789 at 2017-04-06 15:59
★ yamaojiさま

>ほんと、ずーっと見ていたら酔いそうですね・・・

そうなんですよ~ 綺麗だけれど下見て歩いてたら転びそう(>_< )

バレンシアオレンジの、バレンシアです♪ オレンジの名産地で、そこらじゅうにオレンジがなっていました!
Commented by mariko789 at 2017-04-06 15:59
★ tomojiさま

この遊歩道、下見て歩くと気持悪くなりそうでした~
そうそう、スペインは原色の似合う国。
オレンジはもうそこらじゅうに木があって、季節柄なのか、たわわに実ってました。
ピカソに、ダリ。特異な画家を輩出してますね。

コロンブスの船のレプリカ、見たことないです(たぶん
大昔の冒険家たち、凄い勇気。欲ばかりでなく、制覇の夢でしょうね!
Commented by mariko789 at 2017-04-06 15:59
★ to_shi_bo さま

サーファー像とともに写ってるのは夫です。酔っ払って、立てない(>_< )
絵物語と仰って頂き、すごく嬉しいです\(^ ^)/

とし坊さん、昔はいざ知らず、今はニュージーランドやオーストラリアへの移民は大金がかかります。
でなければ技術者とか医者でなくては受け入れてもらえません。
スペインは比較的移住しやすいようです、日本人にも。物価は日本より安いし温暖ですし、いいかもです。
Commented by mariko789 at 2017-04-06 16:00
★ 心をうつすさま

スペインは、多くの芸術家を出しただけあって変った建物と、正反対の歴史的な建物が混在していましたよ
キノコ通りのセンスは、、でしたが、子供達が遊べるかも♪
Commented by たんと at 2017-04-07 10:41 x
良いですね。
このような青空を期待していたワタシの郷帰りですが
当地は生憎の雨模様で計画が狂ってます♪
日頃の行いがナントカでしょうね、きっと♪
Commented by 桜姫 at 2017-04-07 14:41 x
 < 恋猫の眸ジュラ紀の石の色

解説により深い意味合いも解って♪
凄いと思いました(^^♪壮大なお句に拍手♪

 < 朝市に咲きこぼれたる桜蝦

「咲きこぼれたる」がユニークですね(^^♪拍手
お好み焼!美味しかったでしょうね♪


オーストラリアゴムの木!検索で知りました!
高さも20~50Mになるとか凄いですね!
でも夏は良い木陰を作ってくれますね♪

お写真の手前の茸!にわか雨の時便利ですね♪(笑
ヨットの装飾も面白いですね♪(右のお写真
サーファーの像が海の中に!(吃驚

こんなお洒落で楽しい町に住めたら、最高ですね(^^♪
Commented by yuri_valley at 2017-04-07 15:02
まりこさん、アリカンテ 良いところですね!
あれから私も検索してみました。
バレンシア地方はどこも素敵な街の様ですが、
アリカンテ、こちらに住めるようになったら良いですね!

あの写真の方!やっぱり御主人様ですか!
後姿、頭の格好など
我が夫の88キロ体重の頃に似ております。
現代は(68キロ)ですが~

愚陀仏庵俳句、特選 
e船団俳句   
共におめでとうございます。
いつもながら、まり子さんのお句の発想は何処からと~
そんな事を考えながら鑑賞しています。拍手、拍手。
Commented by mariko789 at 2017-04-07 16:09
★ たんとさま

たんとさん、せっかくの帰郷ですのに、あいにくの雨ですか。
これからきっと晴れますよ、ええ、大丈夫と思います!
ふるさとシリーズ、楽しみに拝見しますね(^_−)−☆
Commented by mariko789 at 2017-04-07 16:10
★ 桜姫さま

恋猫句。絶対に意味不明と自信があって(苦笑)自分で解説しちゃいました!
これからも、こういう飛びすぎ句は、自分で解説しちゃいます(~_~;)
桜蝦、採って頂き、我家の桜蝦も句界へ成仏しました♪

ゴムの木だったのですねぇ~、どおりで見た事ある葉っぱだと思いました(←ばか
キノコのオブジェ、そうか!にわか雨のときに大活躍♪
写真もぜんぶ見てくださり、感謝です!\(^ ^)/
ただいまネット検索で安い物件を探していますが~~
Commented by mariko789 at 2017-04-07 16:11
★ yuri_valley さま

バレンシアは、住み良さそうです~♪ とくにアリカンテ周辺は海も近くて。
住みたいという希望はあるのですが、今年は少なくても無理です。

百合さんのご主人様、68キロはスリム! 
うちの夫は結婚当初は78キロでしたが、今は113キロ。10キロは落としてほしい。

愚陀仏庵俳句、e船団俳句、有難うございます。
百合さんも、あちこちでのご入選、嬉しく拝見しています♪
Commented by yuta at 2017-04-09 09:24 x
こんにちは
スペインの街はカラフルで明るいですね。
イギリスのレンガンの建物が並ぶ街に比べてもかなり違うでしょう。
観光と終の棲家を探す旅いまはまだ観光が優先しているのでしょうか。
Commented by mariko789 at 2017-04-09 13:52
★ yutaさま

スペインと英国では、まったく景色が違います。
日光の力の違いかも。英国の陰影も悪くはないのですが。。
そうですね、あと数回は観光になってしまうかも??