always over the moon

兎(うさぎ): 俳句



  教室に兎抱く子や夕暮れて
  (きょうしつにうさぎだくこやゆうぐれて)


f0053297_16163899.jpg


◇ 季語: 兎(うさぎ)  【冬】 動物

◇ 画像は、ピーターラビットの絵本です。二冊買ったうちの一冊。ここにも小鳥のロビンが登場。嬉しいなぁ。
  しかし、大英帝国の国鳥が、重厚な鷲とか鷹ではなく、ちっちゃなロビンとはこれいかに?

◇ この句は、「教室に兎抱く子や外(と)は暮色」としてe船ネット句会に投句したところ、須山つとむドクター(11月16日)に、

f0053297_16214583.jpg
 と評を頂きました。たしかに「暮色」とあれば、外に決まってますよね。
 教室の中に暮色があれば持ってこい!と組長なら仰るでしょう。
 で、推敲したのが揚句です。俳句はむつかしい。だから面白い。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日記 パウダーか骨か】

一昨日、珍しく青空が広がっていたので、夫と近くの公園に散歩に行ってきました。
f0053297_16271443.jpg

二年ぶりに超広角のレンズを一眼に装着して。このレンズもたまには使わないとねぇ。
枯葉の積もる道を歩きながら、夫と火葬の話になりました。

日本では火葬した後、親戚縁者で箸を一本ずつもって骨を骨壷に納めるのよ、と言うと、
夫はぎょっとして「そんな怖ろしいことよくできるな!」と。
だって風習だもの、怖くないのよ、べつに。
英国では、火葬したあと粉末になった骨(灰)の一部をビニール袋に入れ、それを小さな紙箱(赤ん坊の骨壷くらいの大きさ)
に入れて、渡してくれるそうです。
私はぎょっとしてのけぞりました。
「そ、それじゃ残りの灰はどこへいくの? まさか他の人の灰と混ぜてゴミ捨て場に行くわけじゃないでしょうね!」
「そんなこと知るか。パウダーだもの、トイレにだって流せるし」
や、やめてくれる、そういうブラック・ジョークは。。






  

[PR]
by mariko789 | 2016-11-27 16:42 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/27076435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by to_shi_bo at 2016-11-27 16:59
>教室に兎抱く子や夕暮れて

この句も少年時代を彷彿とさせますね。
昔、教室で兎を飼うのは普通の出来事でした。
最近はどうなのかな?

この兎を抱く子は少女でなく少年とみました。
いや~、少女より少年の方が純真ですからね・・・ほんまかいな!
ああ、子供の頃に戻りたぁ~い。

広角写真に目が覚めました。
望遠レンズばかり使うと視野が狭くなりますね~~~(笑
Commented by ユッキー at 2016-11-27 17:01 x
ね。あたしも、なんどか、骨、拾ったことあるよ。タイは、火葬してる時間が長いよね。炭でやるんだよね。一晩くらいかかるんじゃなかった?で、海に流す。お墓はないよね。炭でジワジワは、ちぃっとやだ。でも、死んでるんだから。どうされても、わからん。
Commented by tomoji at 2016-11-27 17:07 x
金歯、銀歯、ネックレス等貴金属類が混ざっているので、残りの灰はたぶんリサイクル処理場に行くんじゃないでしょうか。

その小さな紙箱に入った骨を受け取った人はその後どうするのでしょうか?

火葬の人のお墓は小さいんですか?
Commented by たんと at 2016-11-27 19:59 x
火葬した後の取扱い、そうなのですか。
わが日本と違いすぎますね。
お墓の中はどうなっているのでしょう、そこに移すことはしないのですか。
アッケラカン過ぎる♪
Commented by anohiwa at 2016-11-27 21:01
え?
イギリスの国鳥って、小鳥さんなの?
へぇ~~
意外です!

数年前、父の葬儀に立ち会った娘たちは、窯で焼かれる父に向って、
『じぃじ~~~ じぃじ~~~ 気を付けてね~』って、叫んでいました。
その時の事を思い出すたびに 涙が出ます。
長女が仕事をするようになってから、毎年、お正月に《お年玉》と言って、
父に 1000円を袋に入れて渡していました。
父は、それを大事に大事に持っていたそうですが、亡くなった時、私の妹が、『どうせ、坊主が持って行くか焼かれるんだから どこかに寄付するから預かるよ』と言ったのを、娘たちは、断固拒否をし『じぃじが あちらに行っても 困らないようにしたいから 触らないで!!』と抗議したのを覚えています。

亡くなった後は、、、、どうするのが良いのでしょうね~
骨は、、、、、んんんーーーー  私は散骨してもらおうかな? 桜の木の下に (*^^*)
Commented by mariko789 at 2016-11-27 22:18
★ to_shi_boさま

私の頃は、校庭の隅にウサギ小屋があって、飼育係か飼育当番の子が、餌をあげたり小屋の掃除をしてました。
放課後、兎を抱いてるような子は淋しがりやか、家に帰りたくない子。
とし坊さんの子ども時代、純真だったのでしょうね(。◕‿◕。)

広角レンズもたまにはいいですよね! なんていうか、世界が広々して♪


★ ユッキーさま

ね、私も何度かお骨を拾いました。悲しいけれど怖くはないよね。
タイの火葬、炭焼きなのかーーーー  でも海に流すのはいいなぁ。私もそうして欲しい。


★ tomojiさま

>残りの灰はたぶんリサイクル処理場に行くんじゃないでしょうか。

やめてー!(>_< ) やっぱりゴミ扱いじゃない~~

>火葬の人のお墓は小さいんですか?

さあて。土葬だと、一つのお墓に棺桶二つしか(縦に)入らないのよ。
でも火葬だったら、40人分くらい入ると思う。現に、共同のは、そのくらい入ってる。
火葬の灰は、お墓に埋めるか、どこかに埋めるか、海などに流すか、じゃないかしら。
でも日本と違ってパウダーだから、処理はしやすいと思います。
Commented by mariko789 at 2016-11-27 22:28
★ たんとさま

ね、同じ火葬でも日本とは随分違います。イギリスは高熱で時間かけて粉末にする。
お墓の中は、上の tomojiさんのレスをご覧になってください、

火葬してお墓に入れるのは日本と同じでも、もうパウダーですから。
日本は、散骨しようとすると、骨を粉末にしなければならないそうで、金槌で叩くとか?怖いです(>_< )


★ anohiwa さま

はい、この小鳥が一応国鳥になっています。意外でしょ(^◇^)

お父様が亡くなったときのこと、お嬢様たち、優しい。。妹さんは現実的ですね!
ねぇ、死んだあと、あの世ってあるでしょうか。すっごく気になります。

私も散骨が希望ですよ。ただ日本の場合、火葬した後、さらに粉末にする処理をしてもらわないと。
骨の状態が残っているのを撒くのは違法だそうです(調べました)。
そうなると、散骨ではなく、散灰なのでしょうけれど。むむむ。
Commented by isao1977k at 2016-11-28 00:55
広角レンズ、いい感じですね。
火葬した後、一本ずつお箸でもって
壺に入れるのが当たり前だと思っていたから
ビニル袋に入れるなんて恐ろしくて出来ないわ(笑)
Commented by yuri_valley at 2016-11-28 10:35
まりこさん、ピーターラビット絵本、ゲットしたのですね!
ロビンちゃんも可愛い!
そして広角レンズの写真
公園も素晴らしい!歩いてみたいです。
でも写真がもっと凄く映画の画像の様です。
向こうからまりこさんと御主人様が自転車で来る写真なら
あのポールニューマンとフェイダナウェイの映画みたいかと!
e船団俳句、おめでとうございます。
Commented by yamaoji at 2016-11-28 10:54 x
ピーターラビット・・・読みましたね・むしろ母親によく読んでもらっていました・・・
歌もあったような気がしてますが・・・
もうあまりに昔でほとんど覚えていません、
日本じゃ、ペットウサギが流行ってるそうです、by yamaoji.
Commented by 桜姫 at 2016-11-28 11:04 x
 < 教室に兎抱く子や夕暮れて

麗門卿のお家は「猫」を抱いて♪此方は「兎」ですか♪(笑
童話を連想させるお句と、可愛ゆいピーターラビットの絵本
のお写真に拍手♪
小学校低学年は、兎♪高学年になって「山羊」
校外の谷まで連れて行って、草を食べさせましたよ♪

鷲や鷹だと、貴族のご紋章と重なって
あちら立てれば、此方が!状態で
無難な「ロビンちゃん」になったのかも♪(嬉

広角レンズ!流石に雄大な景色が取れますね♪拍手!
レンズは、使わないと悪くなる!と言って、相方は時々様も無いのに、
古いカメラ達を取り出して、撮影してましたよ!今は億劫になって全然!(汗
Commented by yamaoji at 2016-11-28 22:31 x
タイのイサーンという地区では、焼いた後遺骨を手作りロケットに入れ、発射・・・空中で爆発、これが散骨です、
タイ仏教とは墓というものを持たないので、遺骨を川に流したり、火葬場・寺院の一部に埋めたり・・・
だからって、流したり・埋めたりしたところで、先祖供養なんてことはしません・・タイキリスト教は、焼かず埋葬です、             by yamaoji.

Commented by mariko789 at 2016-11-29 03:20
★ isao1977k ちゃん

広角レンズ、これから少しは使わないとね~

ね、ビニール袋というのは・・・(>_< )


★ yuri_valley さま

はい、ピーターラビット買いました♪
拙い写真も褒めて下さり、優しいなぁ(^0^)

>あのポールニューマンとフェイダナウェイの映画みたいかと!

どの映画かしら♪ フェイダナウェイ、素敵ですよね~
e船団、すごく厳しいですよねぇ。参加者は少ないけれど、選りすぐり?


★ yamaojiさま

ピーターラビットの歌もあったのですか? 
私は絵本も今回、初めて見ました。日本では知らなかったー(~_~;)
ペットの兎、小さいの私も飼ったことがあるけれど、悲しい結末で・・・
Commented by mariko789 at 2016-11-29 03:29
★ 桜姫さま

このネット句会では、なぜかまだ子どもが主役の句しか採って頂いてません(~_~;)
山羊さんも飼ってる学校なんていいなぁ! 校外の谷・・・(妄想中

>あちら立てれば、此方が!状態で

さすが姫様、読みが深い!!

>レンズは、使わないと悪くなる!

ですよね。レンズもカメラも使わないと、だめになるみたい。
私も5つのカメラ、レンズは幾つあるのか、、順番に使わないとと思いつつ、時間がありませ~ん(涙


★ yamaojiさま

再訪をありがとうございます!

>タイのイサーンという地区では、焼いた後遺骨を手作りロケットに入れ、発射・・・空中で爆発、これが散骨です、

わーお(絶句) それすごくないですか? 

タイの仏教葬とキリスト教葬の違い、、教えて頂き有難うございます。
私は火葬して川か海へ流して頂くのがいいなぁ。。
yamaojiさん、非公開コメントを入れてあるのですが、読んでいただけましたか~?
Commented by 麗門 at 2016-11-29 09:52 x
教室に兎抱く子や夕暮れて

教室に兎抱く子や外(と)は暮色

なるほど、「外」は言わなくてもわかるということですか。
細部まで、プロは目を配りますね。
勉強になりました。

ピーターラビット、図書館ではなく、お買いになりましたか。
いい本でしょう。
作者のポター女史も素晴らしい人です。
英国ナショナルトラスト運動の創始者みたいな方です。ぜひお調べください。
湖水地方の、ポターの家まで行ったことを思い出します。

晴れているので、これから上野で熊を見てきます。

Commented by mariko789 at 2016-11-29 16:38
★ 麗門さま

私も勉強になりました。しかしいざ創るとなると同じ間違いを犯しそう(~_~;)

>英国ナショナルトラスト運動の創始者みたいな方です。ぜひお調べください。

そうなのですか♪ ぜひ調べたいと思います
湖水地方、来年には行きたいのですが、夫次第で。

熊さん、かっこいいのを撮ってきてくださいませ!