always over the moon

カフカ @プラハ



 

f0053297_1439137.jpg フランツ・カフカ
(Franz Kafka, 1883年7月3日 - 1924年6月3日)
二月の旅行で、もう随分日にちが経ってしまいましたが、プラハで出会ったカフカです。

カフカといえば小説「変身」で日本でも有名ですよね。
私は「変身」しか読んだことがありません。
今回、記念に彼の「父への手紙」という本を買ってきました。
元本はドイツ語で、私が買ったのは英訳版。
まだ読んでいませんが。
彼は、実存主義文学を代表する一人だったと思います。

そのカフカがプラハで生まれ育ったとは
今回行ってみるまで知りませんでした。
(カフカの詳細は、こちらで。wikipediaカフカ

写真の像は、ユダヤ人墓地(Old Jewish Cemetery)
の近くに立っていた、カフカの像です。
彼はユダヤ人だったのですね。
いかにも彼らしいユニークな像と思いました。

(以下、tomojiさん、ありがとうございます。)
彫刻は、2003年、カフカの生誕120周年を記念し、
チェコのカフカ協会が設置したもので、
ヤロスラフ・ローナの作品です。




           カフカの名言(とし坊さまよりご紹介)

(1)The spirit becomes free only when it ceases to be a support.
(精神は、支えであることをやめるときに、はじめて自由となる。)

(2)Youth is happy because it has the capacity to see beauty.
  Anyone who keeps the ability to see beauty never grows old.
(青春が幸福なのは、美しいものを見る能力を備えているためです。
 美しいものを見る能力を保っていれば、人は決して老いぬものです。)










Prague Castle(プラハ城)の、Golden Lane(黄金の小道)にある、カフカの家。
執筆用に借りていたそうです。中はとっても小さいです。

f0053297_1450381.jpg





上のカフカの家で、絵葉書を買いました。
カフカ氏、二枚目です。まいりました!

f0053297_14501959.jpg




こちらは、カフカが幼年時代を過ごした、一分の家 (ミヌタ館)。
彫刻がほどこされた美しい建物で、ぱっと目をひきます。家の前にカフェが店を広げていました。

f0053297_14542897.jpg



他にもカフカの生家とか、彼にちなんだ家が幾つかあるようですが、
短い日程で、探しきれませんでした。

プラハ旅行の写真、まだまだ沢山残っているので、徐々にUPしてゆこうと思っています。





[PR]
by mariko789 | 2016-07-30 15:02 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/25517302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by isao1977k at 2016-07-30 15:17
ユニークな像ですねえ、なんだか怖さも感じます。
カフカのことは詳しく知りませんが
イケメンですね(笑)
プラハ旅行の写真、楽しみにしていますよ。
Commented by たんと at 2016-07-30 16:22 x
ほんとにユニークな像ですね。
実存主義文学の何たるか、詳しくは理解できませんが
この像そのものがそのような雰囲気を持ってますね。
そういえば「実存は本質に先立つ」なること、かつて学んだこと思い出しました♪
Commented by 麗門 at 2016-07-30 20:35 x
これは面白い像です。
現代アートは難しいけど、なんとなく分かればいいのでしょう。

いま、隅田川の花火大会をテレビで見ています。
クライマックスを迎えています。
ではまた。
Commented by tomoji at 2016-07-31 00:29 x
「変身」は遠~い昔に読んだことありますが、ストーリーが全然思い出せなく、朝起きると甲虫になっていたことぐらいしか出てきません。

このカフカの像、ベルギーのシュールレアリスト、ルネ・マグリットの絵に出てきそうな感じですね。ひょっとすると彼の作品?
いや、今調べたところ(2003年、カフカの生誕120周年を記念し、チェコのカフカ協会が設置しました。彫刻を作成したのはヤロスラフ・ローナという作家です。)らしいです。

カフカの家、私も行きましたよ、小さいのでびっくりしました。

ミヌタ館、美しいです。ここは行かなかったですね。
Commented by yuta at 2016-07-31 06:32 x
おはようございます
ユニークな像ですね
集中して執筆するには小さいせまいところのほうがいいのでしょう

"人生は楽しく"に竹下夢二の絵を大きい写真でアップしました
よかったら見てください
Commented by to_shi_bo at 2016-07-31 10:36
カフカは40歳で無くなったのですね。
今から考えると随分早世という感じ。
カフカ作品を読んだかどうかも忘れ去りましたが~~~(笑
カフカの名言を二つ拾ってみました。
(1)は現在のto_shi_boにとって正に悟るべきという一言です。
(2)この精神があればmarikoちゃんのようないい俳句が作れるんですがねえ!!!

(1)The spirit becomes free only when it ceases to be a support.
(精神は、支えであることをやめるときに、はじめて自由となる。)

(2)Youth is happy because it has the capacity to see beauty. Anyone who keeps the ability to see beauty never grows old.
(青春が幸福なのは、美しいものを見る能力を備えているためです。美しいものを見る能力を保っていれば、人は決して老いぬものです。)
Commented by yamaoji at 2016-07-31 10:49 x
イケメンですね!
ユダヤ系なのでほりが深く・・・
鼻筋がピーンとしてて・・

カフカ・・・無学なyamaojiは、
某ロッテのお菓子、が1番に浮かびました・・・by yamaoji.
Commented by 桜姫 at 2016-07-31 13:51 x
 < ざばざばとスコール浴びて自由な日

「自由な日」に大拍手♪凄く開放感が伝わってきます♪

カフカの像!仮面でなく、空洞なのが味噌ですね♪
Commented by mariko789 at 2016-07-31 15:54
★ isao1977k ちゃん

イケメンでしょう! 
シブガキ隊のもっくんに似ていると思いました♪
プラハの写真、なんとか年内には・・・(~_~;)


★ たんとさま

>この像そのものがそのような雰囲気を持ってますね。

ですよね! 哲学的な意味があるのかも?

>「実存は本質に先立つ」なること、かつて学んだこと思い出しました♪

解釈が難しいです、私には(>_< )


★ 麗門さま

隅田川の花火大会。懐かしいなぁ。。
一緒に行ったBFは今頃どこでなにをしているのやら。。
TV,NHKワールドで触りだけ流してくれましたよ。


★ tomoji さま

「変身」、私は日本語で何度も読み、英訳でも読んだのですが、ぜんぜんストーリーを思い出せません(~_~;)

>(2003年、カフカの生誕120周年を記念し、チェコのカフカ協会が設置しました。彫刻を作成したのはヤロスラフ・ローナという作家です。)

調べて下さったのですね!(嬉) さっそく上へ書き足します。(^人^)感謝♪

カフカの家、あの黄金の小道、見所満載でしたよね。いずれ写真を公開しますね~


★ yutaさま

>集中して執筆するには小さいせまいところのほうがいいのでしょう

それは言えるかも!

竹久夢二さんの絵、なんて情緒があるのでしょう。。。
Commented by mariko789 at 2016-07-31 16:14
★  to_shi_bo さま

40歳。早世ですよねぇ、。惜しかった・・・

カフカの名言ふたつ、ありがとうございます(^人^)感謝♪

1)自由な精神、憧れですよね~

2)とし坊さんは、今も十分美しいものを見る能力があると思います!
  私も頑張ります!


★  yamaoji さま

イケメンですよね~。モックンに似てません? 
ロッテのお菓子・・・? 検索してみました、ロッテカフカ、おいしそう!♪


★ 桜姫さま

「自由な日」に拍手をありがとうございます!
実は、俳句の大先輩のお句に、「自由」を詠みこんだ句があり、
私もぜひ使って一句、詠んでみたいと思ったのでした♪

カフカの像の空洞、、怖いミソですよね(~_~;)
Commented at 2016-08-02 13:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2016-08-02 16:33
★ 鍵(08-02 13:11)さま

「プラハの夜明」 私も見てみたいです。
YouTubeで検索してみますね~

平和の大切さ。まったく同感です!
世界中キナ臭い昨今、怖いですね。

沢山の書き込み、ありがとうございます!(^人^)
Commented by to_shi_bo at 2016-08-05 10:09

>うすものや一指もふれずふれさせず
艶っぽい一句ですね。
身震いします~~~(笑

・羅に透けるおもひを怖れをり   櫛原希伊子
よく似た俳句、いや180度違った感性の俳句を発見しました。
Commented by mariko789 at 2016-08-05 14:30
★ to_shi_bo さま

うすもの句、艶っぽいと仰って頂き、嬉しいでーす!\(^ ^)/

>羅に透けるおもひを怖れをり   櫛原希伊子

純情な恋句ですね。
嬉しいなぁ、こうして書いて下さり、感謝、感謝♪