always over the moon

聖五月 :俳句




聖五月 土葬の母はほほゑみて
(せいごがつ どそうのはははほほえみて)

季語 : 聖五月(せいごがつ)、聖母月、マリア月 【夏】 ・行事
カトリックでは五月をマリアの月とし、熱心な祈りを捧げる。
美しい季節を称える心も加わって「聖五月」と呼ぶ (by 角川季寄せ)

f0053297_14203174.jpg



thank you very much!

ありがとう言わぬ日もありさみだるる  麗門

子の妻と思えば愛し聖五月   to_shi_bo




4月24日に亡くなった義母の葬儀は5月5日でした。
その前日の4日、ブダペストからリヴァプールに到着した私と夫は、すぐに葬儀屋に駆けつけました。
義母の死に目に逢えなかった私たち、せめてその顔を見ておきたかったのです。
腐敗が進んで、夕刻5時には棺の蓋を閉じて、その後は開けられないとのこと。
葬儀屋に着いたのは、夕刻4時半。なんとか間に合いました。

義兄に「顔に青痣がでているけれど、驚かないように」と忠告されていたのですが、
棺におさまった義母の顔は、真っ白で痣も傷も皺もなく、人形のように穢れない面差しでした。
足元からみると、かすかに微笑んでみえる。生前よりむしろ若々しく。

棺をおさめた窓のない小さな部屋は、異質な空間でした。
まるで芝居の書割のような、リアリティのない空間。
そこに佇んでいると、足元から浮き上がってゆくような・・・
夢の中のような・・・
義母がそんなに急に死んでしまうわけがない・・・
このままもう顔が見られないなんて、そんなわけがない。

義母の望みにより土葬の埋葬でした。
義父も火葬だったそうですし、いまどき火葬を望む人が多いのですが。
初めて見る土葬での埋葬。
棺は葬儀の行われた教会から、墓地へ。
棺は、長兄を除いた、兄三人と夫が四隅を担ぎました。
とっても重くて、2メートル近くも掘ったお墓に落っことしそうでドキドキしたとは、夫の感慨。


明後日の6月15日に、またブダペストに飛ばなければならず(英国居住ビザ申請の再挑戦)、
今日、また義母の墓参に行こうと思っています。
まだ墓石がないので淋しいお墓。せめてお花は絶やさないようにしたい。
前回供えてきた薔薇の鉢植は、どうなっているかしら。(現俳協/5月/汝火原マリ)







[PR]
by mariko789 | 2016-06-13 14:47 | olympus OM-D E-M5 | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/25327708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。