always over the moon

菜種梅雨(なたねづゆ) :俳句




なたねづゆ河童ぽろぽろ生まれくる  中原久遠
(なたねづゆ かっぱぽろぽろうまれくる)

f0053297_14405664.jpg


季語: 菜種梅雨 (なたねづゆ)【春】 ・天文


※ 松山俳句ポスト365 八十三回め投句 兼題(第143回) 『菜種梅雨』 :地選 &人選(1)

俳句集団 いつき組」夏井いつき組長 選評
すんません、全く個人的に、さらなるツボにはまってしまった句です。「なたねづゆ」という平仮名書きのあとに出現する「河童」までは、日本昔話のような世界を描こうとしているのかと思ったのですが、「河童ぽろぽろ生まれくる」という光景がなんともはや、日本昔話風ファンタジーホラー。雨にぐっしょりと濡れた菜の花畑の中から、産まれたばかりの青黒い「河童」が産まれてくる?!と思っただけで、鳥肌が立ちました。恐ろしいけど可愛い。カワイイけど愛せない。忘れたいけど忘れられない句となりました(笑)。



◎ 友人の矢野リンドさんの【天】の句、「菜種梅雨切り絵の蝶に囲まれて」はじめ、
  お仲間の皆さまの素晴らしい金曜日の句のなかに、ひょっこり混ぜていただいたラッキーな河童でした。
  組長のツボに、感謝☆
  
◎ 私的には、河童は梅雨時の季語になってもいいほど、雨とは切り離せないと思っていました。
  河童は太古から「水神」と崇められてきたそうですし、頭の皿の水が乾くと、元気がなくなるとか。
  梅雨の季語にもいろいろあるけれど、
  「わしらがいちばん好きなのは菜の花が咲く頃の雨なんじゃよ」と、
  河童のお爺さんのお告げがありました。白昼夢のなかで。
  お爺さんの孫は、今年も菜種梅雨のころに、生まれてきたそうです。それもあなた、5人もですって!







Thank you very much!

住み替えに桜咲く街ブタペスト  詩楽麿

行末も変わらぬ幸と住み替えし 難儀を越える夢の数々 詩楽麿

生まれくる 夢と希望に 期待込め  idea-kobo




菜種梅雨たにんの夫がぬかるみへ
(なたねづゆ たにんのつまがぬかるみへ)

f0053297_14551880.jpg


◎ こちらは人選を頂きました。
  たにんの夫=よその夫 のつもりで詠んだのですが、
  自分の夫も他人。そんなふうにも読めると、採って頂いてから気づきました。
  「他人の夫ぬかるみへ」「他人の夫ぬかるみへ」
  助詞一つで大きく意味が違ってしまいます。

  私の夫は、なんとかぬかるみから這い出そうとしているように見えます。
  昨日は体調最悪とかで、一滴も飲まず。



 
[PR]
by mariko789 | 2016-05-01 15:01 | Nikon D80 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/25173602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2016-05-01 15:10
心、大丈夫になりましたか?
だんな様、不調なんですか、
お酒を飲まないというのはよほどのことなのでは?

そうですよね、夫は家族とはいえ、もとは他人。
私は結婚はしたくないなぁ。
他人と一緒に暮らせる気力はないです(笑)
Commented by 麗門 at 2016-05-01 17:01 x
写真、いいです~
あ、もちろん句は最高。

ぽろぽろのオノマトペがよかったですね。
河童との取り合わせは、まったく気づきませんでした。

当地もたぶん25度以上はあったと思います。
半袖です。
Commented by 桜姫 at 2016-05-01 21:14 x
 < なたねづゆ河童ぽろぽろ生まれくる  

「地選」おめでとう御座います!(凄
組長の仰る様に「日本昔話風ファンタジーホラー」
わらひは、忍術使いの「分身の術」でぽろぽろ生まれるのかと(楽
やっぱり天才には「河童のお爺さんのお告」などが
天から降りて来るんですね!(凄

 < 菜種梅雨たにんの夫がぬかるみへ

「自分の夫も他人」の方の「夫」と思った方が
ずっと良いですね!拍手! 
お写真のジャーマンアイリスでしょうか
蕾に美しい玉虫色の虻がしがみ付いてるのが
とっても可笑しいです!拍手!
Commented by idea-kobo at 2016-05-02 07:46
生まれくる 夢と希望に 期待込め

気分一新、頑張りまッしょッ!
Commented by mariko789 at 2016-05-02 14:49
★ isao1977kちゃん

私は大丈夫です、ありがとうね~!
夫はさすがに飲み過ぎを反省していますよ

くーちゃんも、なにがなんでも結婚したい人が現れたら、気持は変わるかも?


★ 麗門さま

写真を褒めて下さり、嬉しいです。蔵出しですが(~_~;)
私、けっこうオノマトペ句、多いです。雛菊も。

そちらも半袖ですか。もう初夏ですね!


★ 桜姫さま

ありがとうございます~。ヘンテコリンな句を採って下さった組長の懐の深さに感謝です。

>忍術使いの「分身の術」でぽろぽろ生まれるのかと(楽

そのほうがずっと楽しい!!ヾ(^▽^)ノ
天才ではなく、ただの妄想癖です、

>「自分の夫も他人」

そうですよね~、他人じゃないと思うと、確執が起こるのかもしれないですね…
写真も見て下さり、嬉しいです!


★ idea-kobo さま

>生まれくる 夢と希望に 期待込め

ありがとうございます!!
いつまでも悲しんでいたら、天国の義母に叱られますよね・・・
Commented by to_shi_bo at 2016-05-02 15:57
>なたねづゆ河童ぽろぽろ生まれくる
「ぽろぽろ」が極めて個性的な表現ですね。
組長が言うとおり「なたねづゆ」と「河童」の取り合わせが
ファンタジーホラーの世界を創造しているようです。
to_shi_boには「ぽろぽろ」なんて言葉が出てきません~~~(汗

>菜種梅雨たにんの夫がぬかるみへ
「たにんの夫」・・・ここは素直に「他人の夫」と解釈しておきます。
「自分の夫」となると現状のmarikoちゃんの生活環境が強烈に迫り来る
気がして・・・
他人の夫であれば気にはかかりますが、ちょい心がほっとします。
Commented by yamaoji at 2016-05-02 22:33 x
今の merikoさんの、精神状態から察すると、
ぽろぽろ  は、marikoさんの涙のように思えてなりません・・・
今日また、義父が再入院・家内が言うには・・・だそうです、by yamaoji.
Commented by yuri_valley at 2016-05-03 10:38
まり子さん、松山俳ポ「地選」そして「人選」
おめでとうございます。
私には「人選」のお句が理解しやすくまだまだまり子さんの様に(よみ!)が深く無いこと痛感しました。
写真、いつもいつも素敵で、幻想的だったり、驚愕だったり(^^♪
本当に凄い方やわ!
私生活の方、様々の事に頑張って下さい。
Commented by mariko789 at 2016-05-03 12:38
★ to_shi_boさま

ぽろぽろ、個性的ですか? 嬉しいです!

>他人の夫であれば気にはかかりますが、ちょい心がほっとします。

じつは「悪女句」のつもりだったんです。
まさか、自分がこんな状況になるとは、読んだときには思いもせず。
読んだときと、発表時のタイムラグがありまして。


★ yamaojiさん

お義父さま・・・どうか永らえて下さいますように!
「春は人が死ぬから嫌だ」と、うちの姉がよく言ってましたが、、
お義父さまは、持ち直して下さいますように(祈願)
yamaojiさんも、奥様も、ご心痛ですね、お察しいたします。


★ yuri_valley さま

ありがとうございます!
河童の句は、地選とはいえ、最後のおまけのようなもので、
ユニークというだけと思います(汗

写真も褒めて頂き、嬉しいです。
最近あまり撮ってなくて、腕が鈍っているかも。
百合さんに負けてるなぁ(。◕‿◕。)

家のこと、私生活のこと、6月まで頑張ります。
Commented by あかね at 2016-05-06 01:06 x
お義母さま、大変でしたね。
心よりご冥福お祈り致します。
ご主人、ご心痛でしょうしマリコさんもお疲れ溜まってることと思います。
ご自愛してくださいね。

各方面のご活躍、遠くより拍手です。
大変な状況下でマリコさんの感性が生きてる御句ばかり。
「河童」は一目置かれる句と感じました。
Commented by mariko789 at 2016-05-06 14:55
★ あかねさま

義母の死は私に取っては「突然」でしたが、
義母は亡くなる前に、式のこと、お墓のこと、その費用のこと、すべて手配していたと昨日知り、驚きました。

私はビザ取得手配の続きで、またすぐにハンガリーで、まだまだ落ち着きません。
なかなか俳句までは(写真も)頭が回らなくて・・・
あかねさんのお言葉にとっても励まされました。
ありがとうございます!
Commented by yuta at 2016-05-09 21:47 x
こんばんは
かっぱというと黄桜のCMの清水昆氏の漫画を思い出します^^
Commented by Meet You at 2016-05-10 10:53 x
こんにちは
少しぶりです。
お元気にされてるかしら?ハンガリーへは無事に行けたかしら?と思ってきたら
お義母さまのことで大変なことになってますね。
旦那さん、けっこうな状態ですね。
首を絞められ〜あたりを読んでるときはそういう夢でも見たのかと思ったら、現実のことで驚きでした。
まぁ時間が解決してくれることでしょう。
それまではまりこさんも大変でしょうけど、どうぞご自愛ください。
Commented by mariko789 at 2016-05-11 01:30
★ yutaさま

黄桜の河童たち、色っぽかったですね(^_−)−☆


★ Meet You さま

お帰りなさい。ご旅行の成果はいかがでしたか?

こちらは、5月5日がお葬式で、私もなんとか参列できました。
今日も、義母宅の整理に行っていて、明日はまたブダペストへ。
6月に入るまで、落ち着けそうもありません~~
お優しいお言葉をありがとうございます。