always over the moon

野焼(のやき) :俳句




遠巻に鳥とびまはる野焼かな  中原久遠
(とほまきにとりとびまはるのやきかな)

f0053297_1414161.jpg






野を焼けば何の脂か爆ぜる音
(のをやけばなんのあぶらかはぜるおと)

f0053297_1443825.jpg



季語 : 野焼、野焼く  【春】 ・生活

※ 松山俳句ポスト365 七八回め投句 兼題(第138回) 『野焼』 : 人選二句


Thank you very much!

はぜるおと 今日も元気に 頑張るぞ  idea-kobo



◎ 野焼ではないのですが、この家に越してきた当時、荒廃した庭の手入の一環で、枯れた枝や草を焼いていました。
  二週間も続けていたら、当然ながら隣家から苦情がきて、中止せざるを得なかったのですが。
  あの匂い、飛び散る火の粉、もうもうの煙、爆ぜる音、記憶に沁み込んでいます。

  昨日は粉雪がちらつく寒い一日でしたが、庭には白い小さな花が咲いていました。
  枯草がいっぱいで、焼けるものなら焼きたいところです。
  庭仕事をするのも、あと何日か・・・。

◎ 写真は、プラハ動物園にて、撮り立てです。





[PR]
by mariko789 | 2016-02-26 14:14 | olympus OM-D E-M5 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/24993290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2016-02-26 14:43
姉の家の芝生、野焼しましたよ。
綺麗な青々とした芝が生えてくると良いなぁ。
キリンさん、望遠で撮ったのかな?
可愛い~!
Commented by yamaoji at 2016-02-26 14:57 x
野焼き・・・・チェンマイ・北タイはこの時期、違法野焼きのための煙害・ヘイズがマジに深刻な問題になっています、
煙のために、飛行機の離発着ができない、なんて日もでています。
なんでも、野焼きした後から、キノコが出て、この キノコ が高値で売買される・・・そのため違法野焼きは横行しているんです・・・
秋吉台の 野焼き 1回だけ見に行きました、by yamaoji.
Commented by たんと at 2016-02-26 16:14 x

「何の脂か爆ぜる音」。
名残惜しくなってきた庭、想像がつくような気がします。
ワタシの「不明事件一挙解決荒野焼」は当然ながらボツ。
迷宮入り事件の死体発見なんぞは俳句にはならないようです(笑)。

撮り立てホヤホヤ@プラハ。
続編もいっぱいあることでしょう♪
Commented by to_shi_bo at 2016-02-26 16:19
>遠巻に鳥とびまはる野焼かな

一枚目の写真、興味津々で拝見。
marikoちゃんの撮影センスに降参!!!

句は珍しく花鳥諷詠気味に出来上がっていますね。
「鳥とびまはる」に「遠巻」が架かっていますから
「野焼」を加えて3Dの世界ですね。


>野を焼けば何の脂か爆ぜる音

ちょいユニークですね。
「何の脂か」という表現に一票を!!!
この発想は凡人には浮かびません・・・(参った!
Commented by 桜姫 at 2016-02-26 17:16 x
 < 去年今年ヨガのポーズがほどけない

鮮やかな色の鴨さん!首を廻して羽立てて!
納得のお写真です!拍手!

ヨガのポーズに託した、ほどけない複雑な心!拍手!
NHK俳句ご入選おめでとう御座いました(嬉

 < 遠巻に鳥とびまはる野焼かな

鳥が驚いて飛び回ってる映像と!
鳥たちの不安さ!引いては人間の不安が!拍手!
焼野の雉(きぎす)親を慕う雉の子が、
取り残されていません様に(祈
豹に襲われないか?不安繋がりのお写真にも拍手!

 < 野を焼けば何の脂か爆ぜる音

昔畑で剪定した木を焼いていると、竹が弾けて!
ポンだと良いんですが、ピーッと物悲しい笛のような音が
長く尾を引くと、もしや生き物?と蓑虫等を想像して(哀
Commented by anohiwa at 2016-02-26 20:53
お疲れではないですか? ^^)
お引っ越しは決まったのでしょうか??
外国から、他の国への引っ越しって、とても大変そうですね。
イギリスが、最後になるのかな?
良いお家が見つかると良いですね!
Commented by mariko789 at 2016-02-27 05:38
★ isao1977k ちゃん

お姉さま宅の芝生、生まれ変わるのが楽しみですね!
キリンさん、望遠側で。可愛いと言ってもらってキリンさんも喜んでるよ(^_−)−☆


★ yamaoji さま

私も実は、野焼といえばチェンマイ!でした。あのヘイズはハンパないですものね~
キノコは美味しそうですが、困ったものですねー、違法野焼きは。
秋吉台の野焼、迫力あったでしょう。


★ たんとさま

今日も荷造りの合間にちょっとだけ庭仕事を。腰は痛くなるけれど、気分は最高。

>不明事件一挙解決荒野焼

私、個人的にそそられます! 推理小説ファンですから♪ 

プラハの写真、数だけは(苦笑) 
ぼちぼち投稿してゆきたいと思ってます。


★ to_shi_bo さま

一枚目、この豹は生きてます。人は銅像ですけれど~
なかなかユニークなプラハ動物園でした。もっとゆっくり撮りたかったです。

>「野焼」を加えて3Dの世界ですね。

嬉しいです!

>「何の脂か」という表現に一票を!!!

実は失敗したかと思った措辞でした(>_< ) 一票、ありがとうございます。


★ 桜姫さま

ヨガの句にもコメントをありがとうございます。
N俳句は、なかなか採って頂けないので、期待してなくて。嬉しかったです。

>焼野の雉(きぎす)親を慕う雉の子が、取り残されていません様に(祈

なんてお優しい。(ㅅ˘˘)♡*

雉=きぎす 一昨日知りました。知らないことだらけです、

竹の弾ける音。物悲しい笛みたいですか。聴いてみたい・・・♪


★  anohiwa さま

いやはや、疲れている暇がなくて(*_*;
今日も荷造り、庭の手入、買物、休み間もなく。
こんどは、3月8日からイギリスに部屋を探しに行きます。
イギリスが最後になるのかどうか、神のみぞ知る!
Commented by idea-kobo at 2016-02-27 07:31
はぜるおと 今日も元気に 頑張るぞ

充実した一日にするぞ~ッ!
Commented by yuri_valley at 2016-02-27 13:04
まりこさん、NHk俳句「佳作選」
おめでとうございます。
お句は勿論ですが、写真の取り合わせがまた素敵です!
ヨガのポーズ(拍手喝采)を上手く撮りましたね!

松山俳ポ こちらも「人選」お句と写真それとコメント何と無く懐かしく名残惜しくも思いました。(庭の手入れやリホームの時の話等々)
多忙な日々が続く様ですが頑張って下さい!
そちらは花粉症等は大丈夫ですか!私、もう少し花粉症に成りました。



Commented by mariko789 at 2016-02-27 15:40
★ idea-kobo さま

>はぜるおと 今日も元気に 頑張るぞ

いいぞー!!p(^_^)q


★  yuri_valleyさま

N俳句、ありがとうございます。ゆりさんの後に続けて嬉しかったです☆

イメージ写真の選択は、いつも嬉しい悩み。
画像が沢山ありすぎて、どれにしようか迷うのは、たぶんゆりさんも同じでは♪ 

私は花粉症にはならない性質みたい。ゆりさん、酷くならないよう、気をつけてね~
Commented by 麗門 at 2016-02-28 09:34 x
< 去年今年ヨガのポーズがほどけない
< 遠巻に鳥とびまはる野焼かな
< 野を焼けば何の脂か爆ぜる音

この中では、やはり「ヨガ」がいちばんいいように思います。
てらいのない、というかさらっと詠めましたね。
「野焼」は私もそうでしたが、作りすぎか。
どうしても見たことの内光景なので、いろいろ入れたくなってしまうようです。

Commented by yuta at 2016-02-28 10:22 x
こんにちは
東京では野焼きは見られないです
奥多摩とかに行けばあるのでしょうけど・・
Commented by mariko789 at 2016-02-28 22:21
★ 麗門さま

ヨガ句に一票をありがとうございます(^▽^)
野焼はドラマティックな季語だけに、ドラマ性の按配が難しかったですね。
久保田万太郎さんのように、さらっと詠む。なかなか・・・。

私、雛はパスしますよ。麗門さんの句を楽しみにしております。


★ yutaさま

東京では野焼は不可能でしょうね。
なかなか野趣あふれる風習、残ってほしいと思います。
Commented by warau_11 at 2016-03-02 22:24
中原久遠 様
遠巻に鳥とびまわる野焼きかな 中原久遠

益々レベルアップした俳句に脱帽です!
これまでの俳句から、可なり動き描写が鮮明に表現され、同時に鳥の心にある思いまでもにじませている。これは、秀逸なる
作品であり、生きて居れば、山頭火も腰抜かすでしょうね!
Commented by mariko789 at 2016-03-03 12:41
★ warau_11 さま

過分なるお褒めの言葉、恐縮です。

山頭火さんは、ふふんとお笑いになると思いますよ~~(*_*;

詩楽麿さまも、ますますのご健吟を♪