always over the moon

葱鮪(ねぎま):俳句




葱鮪なべ男根神を祀る島  中原久遠
(ねぎまなべ だんこんしんを まつるしま)

f0053297_14205016.jpg


季語: 葱鮪(ねぎま)  【冬】 ・生活

※ 松山俳句ポスト365 七一回め投句 兼題(第131回) 『葱鮪』 : 地選、人選二句

「俳句集団 いつき組」 夏井いつき組長 選評
「東国の荒ぶるこころ葱鮪鍋」「葱鮪鍋陰間と沈む夜のほとり」などの句と発想の出発点は同じかと思いますが、最後に「島」の光景となることで「葱鮪なべ」の鮮度が一気にあがってきます。「男根神を祀る島」の荒々しい鍋は今煮えたぎっております。


◎画像は、と或る島に祀られていた、男根神です。古い写真ですが、ここで役立つとは思ってもなかった。

◎葱鮪とは、鮪のトロと葱を煮込んだ料理です。
 江戸時代、脂が多いトロは捨てる部位だったそうで、それを煮込んで食べようになったのが始まりとか。
 今のように、トロが高価になると、なかなかできない料理ですよね。

Thank you very much!

白薔薇の香り誘いし青春よ   詩楽麿

庭に咲く花々語る晩秋の 残照浴びつ再会ありしか  詩楽麿

残菊や捨てかねてゐる肖像画   久遠(10/28)

釈然とせぬ墜落や芒波  久遠(11/03)



【人選二句】 






葱鮪汁火星に太き塩の川 
(ねぎまじる かせいにふとき しおのかわ)

f0053297_14564439.jpg


◎ 画像はNASAのサイトからお借りした火星の写真。
  左下の黒っぽい太い筋が、塩水。気温の高い時期は液体で、寒くなると、固まった状態だそうです。
  最近、NASA発信の情報が面白すぎて目が離せません。





仲買の鉛筆耳に葱鮪吹く
(なかがいの えんぴつみみに ねぎまふく)

f0053297_14341136.jpg


◎ 築地魚市場の競りを終えたあとの一コマを描いてみました。
  子どものころ近所に住んでいた仲買のおじさんを思い出して。
  写真は、築地ではなく大阪で撮ったものです。


◎ 俳句ポストは、これから二週間に一度の更新になります。
  組長のご多忙が案じられていましたので、良かったと思います。ファンとしては寂しくもあり。。





  
[PR]
by mariko789 | 2015-11-13 14:42 | Nikon D80 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/24668123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2015-11-13 14:48
葱鮪なべでも食べてあたたまりたいー!
独り暮らしじゃ鍋なんてやらないからなぁ…
どの写真もいいですね。
NASAのサイトからの写真、とっても幻想的!
Commented by 桜姫 at 2015-11-13 15:53 x
 < 葱鮪なべ男根神を祀る島

「地選」おめでとう御座います!(嬉
組長も仰ってる様に、凄い島の迫力が伝わって来ます!(拍手

 < 葱鮪鍋火星に太き塩の川
 < 仲買の鉛筆耳に葱鮪吹く

「人選」も2句!今週は凄過ぎです!(拍手
火星 ナサのお写真!常人には思いもつかぬ驚きのお句です!仲買人が出て、漸く我に返りました!

Commented by to_shi_bo at 2015-11-13 16:13
>葱鮪なべ男根神を祀る島
写真が凄いですね!
句の雰囲気にピッタリです。
「葱鮪なべ」と「男根神を祀る島」の取り合わせが
妙に魅力的です。
非才の一端を見た思いです。

組長の解説も説得力あり。

>葱鮪汁火星に太き塩の川
「火星に太き塩の川」とは・・・
言えそうで言えませんね。
marikoちゃんの世界が異界に思えてきました。

>仲買の鉛筆耳に葱鮪吹く
写真巧く加工しましたねえ。
この句でやっと通常の世界に舞い戻ってきました~~~(笑

刺激を有難う!!!
Commented by yamaoji at 2015-11-13 20:16 x
・・・葱鮪って聞いては、素通りはできないですよね、
だって、yamaojiもmarikoさんも江戸っ子、
牛鍋に葱鮪鍋、柳川鍋、これは、欠かせない食べ物です。
でもほんと久しぶりに、ネギマ という響きを聞けました、
時期も時期ですし、鍋が恋しくなるころです、by yamaoji.
Commented by Meet You at 2015-11-14 09:15 x
こんにちは
私はトロが苦手なので、赤身がいいです。
マグロは熟成させてなんぼですが、今と昔じゃ輸送も保存も鮮度においては雲泥の差がありますので、昔のマグロはまずかったらしいですね。
漬けマグロで食べられるようになったらしいですが、醤油味をつけるのではなく防腐のためだったらしいです。
でもトロは脂が多く醤油がしみこまないために、腐りやすく捨てられたらしいですね。
Commented by yuri_valley at 2015-11-14 09:17
まりこさん、ブログアップ待っていました。
地選おめでとうございます
人選2句 おめでとうございます。
「葱鮪」の兼題から「男根」「火星」「塩の川」そして「仲買の鉛筆」とまりこさん世界に引き込まれた俳句(映画)でした!

私、葱鮪は知らないのでパスするつもりでしたが、2句お風呂中(^^♪に浮かんだのでぎりぎり投句しました!その1句が選になり、舞い上がっております。
私的には師と尊敬する「久遠」さんの地選、人選本当に嬉しくおもいます!
Commented by mariko789 at 2015-11-14 13:42
★ isao1977k ちゃん

鍋物は一人じゃつまらないよね~~(⌒^⌒)b 
NASAの写真、いいのがいっぱいあるよ♪


★ 桜姫さま

ありがとうございます。 
組長の「島」で鮮度が上がった、の選評に流石…と。
実は「島」が降りてくるまで試行錯誤していました。組長すごい。
他の二句にもコメントを有難うございます♪


★ to_shi_bo さま

男根神、祀っている島や村は案外多いみたい(句作の節に検索しました)
性的な色彩の濃い言葉なので、他のサイトのコンペなら落選と思います。
写真を褒めて頂き、嬉しいです!
「火星に太き塩の川」は、NASAがそう発表した、そのままで(汗
仲買の写真の加工にも気づいて頂き、感謝☆ 絵画加工です(^_−)−☆


★ yamaojiさま

ですよね!ですよね! うちら元は江戸っ子ですよね♪
私が一番好きだった柳川鍋は、深川の専門店で食べていました(母のお供で)
チェンマイでは、葱鮪は無理ですねぇ。他のお鍋を作って下さいな☆
Commented by mariko789 at 2015-11-14 14:37
★ Meet You さま

私はお鮨なら中トロがいいなぁ♪

>トロは脂が多く醤油がしみこまないために、腐りやすく捨てられたらしいですね。

わーお! なんでもよくご存知のYouさん!
時代変われば食文化も変わるのですねぇ~~


★ yuri_valley さま

ありがとうございます。ゆりさんも人選、おめでとうございます。
お風呂の中で句が浮かぶ。あるある! リラックスしたときに、ふっと浮かびますね。
忘れないうちにメモしないと♪
結果発表で、お仲間の皆さまの句を拝見するのも楽しみなんです!
「師と尊敬する」、褒めすぎです(赤面
Commented by yuta at 2015-11-15 00:29 x
こんばんは
古くから色々な信仰があるんですよね
2枚目の写真は火星ですか?
あたしにはどうしても魚にしか見えません
食い意地が張ってるのでしょうか?(笑)
Commented by Meet You at 2015-11-15 12:12 x
中トロですか!
私は天然近海本まぐろの赤身がいいです。
お寿司食べたくなってきました・・・。
どうしてくれます?笑
Commented by mariko789 at 2015-11-16 14:33
★ yutaさま

2枚目の写真、火星の魚です(うそ♪
私も食い意地がはってます(✿´⌣`✿)


★  Meet You さま

お寿司、食べに行ってください!
私の分まで。アナゴとヒカリモノをぜひ(笑)
Commented by warau_11 at 2015-11-22 03:08
中原 久遠 様
うーん、男根鍋!見事な俳句ですね!
新しい境地を会得されましたね!
普通なら島への発想に至らず精々外の
雨や外の寒止まり。それを島に結びつけたるは、やはり才知と言わざるを得ませんね!
俳句▶︎孤老鍋 ぐにもつかない 温野菜 詩楽麿
短歌▶︎永らえし 命の叫び 天の川
観える星さえ 掴めぬままに 詩楽麿
綴方▶︎赤まんま路肩飾るもふみしだれ来季に咲くよと朽ち果てる森羅万象輪廻の掟。
思い馳せれど届かぬままに宇宙はみ出す事もなし。