always over the moon

秋風(あきかぜ) :俳句




秋風を噛みくたびれて結婚す  中原久遠
(あきかぜをかみくたびれてけっこんす)

f0053297_1429344.jpg


季語: 秋風(あきかぜ、あきのかぜ)  【秋】 ・天文

※ 松山俳句ポスト365 六十七回め投句 兼題(第127回) 『秋風』 : 地選一句 人選二句

「俳句集団 いつき組 夏井いつき組長 選評:
うわ~びっくり~! 
そうか、ある種の「結婚」はこういう心理によって決断されるものなのかと、妙に納得させられました(笑)。
それにしても、「(秋風を)噛む」「くたびれる」「結婚する」と三つの動詞を使って「秋風」を表現するとは、この作家の発想力には毎回舌を巻くばかりです。


組長からこのように評していただき、嬉しさいっぱいです。
景の見えない心象句でも、金曜に採って頂ける。それが判ったのも大収穫でした。

Thank you very much!

たびは遠道いそげぬからだ 吹くな秋風うしろから      与太郎(都々逸)

みがいたレンズにやさしい花を もちろんニコンでとる写真  与太郎(都々逸)

枝豆の殻ばかりなり盆の上      与太郎

移民らの隠れる村や狐花       久遠(9/20)
 
落花生小猿の檻にそつと入れ     久遠(9/22)

白蟻や姉の腕(かいな)の骨密度   久遠 (9/24)

秋風を潜り抜けし枝葉かな       詩楽麿

傷癒えず路傍の里に足運び 秋風すすり春を夢みし  詩楽麿

踏み出してもいいかもしれない秋の蝶 麗門

結婚は夢の続きやひな祭り   夏目雅子(有希さんよりご紹介)

野遊びの続きのやうに結婚す  山口優夢(有希さんよりご紹介)










子が泣けばひうひう啼くよ秋風も  久遠 (人選)
(こがなけばひうひうなくよあきかぜも)

f0053297_14394285.jpg




秋風を黒髪に巻きシリアの子  久遠 (人選)
(あきかぜをくろかみにまきシリアのこ)

f0053297_1441668.jpg


◎ 画像はブダペスト駅にて。シリアの子の黒髪が印象的でした。
  男性の移難民たちが暴徒化したおり、他人の子をひっつかんで抱き上げ、
  警官と争っている前線に突き出していました。
  女・子どもを盾にする卑怯な男たち。可哀想すぎます、子どもたちとお母さんたちが。
[PR]
by mariko789 | 2015-10-03 14:46 | Nikon D80 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/24533745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by isao1977k at 2015-10-03 15:01
組長からお褒めの言葉嬉しいですね。
ブタペストは荒れているんですか…?
なんか可哀想。
Commented by yuri_valley at 2015-10-03 15:17
まりこさん、またまた やりましたね!!
地選の御句  夏井先生の講評に私、大いに納得し、「結婚」の形 少し納得する部分(?)があったり~
人選の御句  シリアの難民の子供さんの御句が私にはこの中で一番好きです。
毎回、久遠さんの俳句をを通して、まり子さんを知る事が出来て嬉しわ!
以前、将棋番組で名人がこんな事言ってました。
「その道を極める人は、努力と才能が要る。才能とは、性格が良いと言うことです。」
これを聞いたとき、真っ先にまりこさんの事や!!と思ったものです。
Commented by to_shi_bo at 2015-10-03 16:43
>秋風を噛みくたびれて結婚す  久遠

「秋風を噛みくたびれて」と意表を突きましたね。
誰にも表現できない深奥の世界を垣間見た気がします。
自分が結婚した頃を振り返ればこの抽象的な世界が
心のどこかに存在していたような~~~(笑


>子が泣けばひうひう啼くよ秋風も  久遠

子と秋風は同情相哀れむ義兄弟?
背後に親の影をも感じますね。


>秋風を黒髪に巻きシリアの子  久遠

時事句と言ってしまえばあっけない感じ。
そう感じさせないのは「黒髪に巻き」という
一工夫した表現があるからと言うべき!
Commented by anohiwa at 2015-10-03 19:40
ただただ 『へぇ~』『そうなんだ、そうなんだぁ~』と、感心するばかり。
あの夏井組長が、、、、、
marikoさんの実力、やっぱり、すごい!!!

何にも分らないので、こんな感じ方しか出来なくてごめんね。
Commented by 桜姫 at 2015-10-03 22:10 x
 < 秋風を噛みくたびれて結婚す

地選一句!人選二句!万歳ばんざ~い万々歳!
おめでとう御座います(嬉
わらひは結婚が遅かったので、言われて見れば
毎年毎年秋風を噛んで、草臥れてた頃も!(汗
お写真、このお句に付けると、ドラマ性が(拍手

 < 子が泣けばひうひう啼くよ秋風も

「ひうひう啼く」に拍手!
お写真のお月さまと水色の空!なんて綺麗なんでしょう!

 < 秋風を黒髪に巻きシリアの子

お写真もお句も、とっても可愛ゆいお子さんですね!(拍手




Commented by 麗門 at 2015-10-03 23:49 x
秋風を噛みくたびれて結婚す 久遠

やはりこれは正木ゆう子ではなく、櫂未知子風です。
ま、どちらでもいいのですが、

いよいよ「前人未踏」連続3週金曜日、見えてきました。



Commented by mariko789 at 2015-10-04 00:12
★ isao1977k ちゃん

はい、組長から褒めて頂き、すっごく嬉しいです(。◕‿◕。)
ブダペストは、今はおさまっていますが・・・これから先が不安です。


★ yuri_valley さま

ありがとうございます!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

シリアの子の句に一票をありがとうございます。
あの子も今はどこかで安心して暮らしているといいなぁ。

>「その道を極める人は、努力と才能が要る。才能とは、性格が良いと言うことです。」

そ、それは褒めすぎです、ゆりさん! 
極めたいですけれどねぇ、俳句道。険しそうで、後ずさり(笑)


★ to_shi_bo さま

私は恋愛結婚ではありませんので、実感がこもった句のつもりです(苦笑)
男の人は、どんなときに結婚を決意するのでしょう。とし坊さんの場合は・・?

「子が泣けば」の句は・・・実は1分でできた即吟で、あとで出したのを悔やんだのですが、まさかとって頂けるとは。
シリアの子を思い出し、つい衝動的に詠んだ句でした。

「黒髪に巻き」にお目を留めて頂き嬉しいです(^0^)
Commented by mariko789 at 2015-10-04 00:26
★ anohiwa さま

いや、実力なんかないです~~
たまたまですミ◕‿◕ミ
読んでくださり、ありがとうね~~


★ 桜姫さま

いやー、私、実は今回、まったく自信がなくて全没も覚悟してました
嘘じゃなくて、麗門さんに「たぶん全没」とメールしたんですよ
それなのに3句も採って頂き、盆と正月がいっぺんに来たような♪ 素直に嬉しいです!
写真も見て下さり、感謝! すっごく嬉しいです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


★ 麗門さま

櫂美知子風ですか? 光栄ですし、嬉しいです! 

私、二週連続じゃないですよ。「蓮の実」は木曜でした。
それに私など、金曜常連さん(音絵さまとか)に比べたらまだまだ地味な存在です。
ぼちぼち頑張ります♪
Commented by yuta at 2015-10-04 09:23 x
おはようございます
結婚する動機はいろいろありますが
くたびれて結婚・・・
とは意味深ですね^^
Commented by yotarouu3 at 2015-10-04 11:43
コスモスに止まった蝶お上手なお写真です。

カメラは何で撮ったの?と問えば

みがいたレンズに やさしい花を 
     もちろんニコンで とる写真(与太郎)

枝豆の殻ばかりなり盆の上(与太郎)
Commented by mariko789 at 2015-10-04 14:34
★  yuta さま

ふふ♪ 読んで頂き嬉しいです!
「秋風」を、「孤独」とか「哀愁」とかに置き換えて頂くと、判りやすいですかね~


★ yotarouu3 さま

写真(ニコンです!)にご注目を有難うございます。
この蝶は、強風の中、動けなくなったのか丸二日間、この花に止まっていましたが、三日目に快晴になり、やっと飛んでいきました。心配になって何度も見に行き、何度も撮ったうちの一枚です。
都々逸と、枝豆の一句、有難うございます!
Commented at 2015-10-05 22:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2015-10-06 02:26
★ 鍵コメント(10-05 22:27)さま

ともかく、そちらへ! 
Commented by たんと at 2015-10-06 09:09 x
本領発揮、快調な句作が続いてますね。
さすがです。

シリア問題、複雑すぎて訳ワカンナイねぇ♪
これが収まらないことには難民問題は解決しないでしょう。
Commented by mariko789 at 2015-10-06 13:11
★ たんとさま

いえいえ、マグレです!(^_−)−☆

シリア問題、ロシアまで介入し始めて、ますます混乱を極めていますよね。
もう考えが纏まらなくなってきました。
ただ、言えるのは、イラクのフセイン氏にしてもリビアのカダフィ氏にしても、シリアのアサド氏にしても、独裁者を攻撃すれば、テロリストがのさばってくる。傷を負った獣は倒しやすい。
大国の、小国への軍事介入はしないほうが良いのではないでしょうか。
シリアの戦火が飛び火して、より大きな戦火にならぬよう祈るばかりです。
Commented at 2015-10-06 18:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 詩楽麿 at 2015-10-07 03:51 x
中原 久遠 様
なるほど、秋風に対する捉え方、夏井先生の指摘の通りですね!
まして、結婚に結び付けた処が、才知を感じさせるところですね!勉強になりました。
秋風吹いて泣いて泣かせて抱かれて泣いて、嫁ぐ身の上不安に満ちて、明日の朝焼けまた繰り返す。(嫁ぐ女性心理の綴り方より)
俳句▶︎秋風を潜り抜けし枝葉かな
短歌▶︎傷癒えず路傍の里に足運び
秋風すすり春を夢みし
Commented by mariko789 at 2015-10-07 14:03
★ 鍵コメント(10-06 18:14)さま

ご多忙のところ、ありがとうございます!!
お知らせを首を長くして、お待ちしています☆


★ 詩楽麿さま

お久しぶりです。
綴り方、さすがです♪

俳句と短歌もありがとうございます。