always over the moon

崩壊する欧州

【マスメディアが報じないこと】

今、欧州に吹き荒れる大嵐「難民・移民問題」。
日本ではどのように報じられているのか私には判りませんが、ハンガリーに在住する私から見た問題点を少し整理しておこうと思います。
まず、政府の紐付きのメディアの報じることは、鵜呑みにしないこと。
日本でも、NHKの報じることに偏りがあることは、皆さん、ご存知ですよね。
政府に限らず、すべてスポンサー付のメディアは、スポンサーの利益に反することは報じない。
当然といえば当然です。

我家は欧州のテレビニュースはBBCワールドしか視聴できないのですが、そのイスラム教支持に偏った報道には、呆れるというか、むしろここまでの偏見は天晴れというべきか。
我家ではBBCイスラム・ワールドニュースと呼んでいます。
その偏りから目を正すためにハンガリーの国内ニュースや、YouTubeで、米国、ロシアのニュース、そしてドイツ発信のfacebookなどを夫とともに毎日長時間見ています。

ドイツ主導のEUの命令に背き、難民受け入れを断固と拒否しているハンガリー(チェコ・スロバキア・ルーマニアも同様)に対し、欧州の世論は強く反発しているようにBBCでは報じています。
この「世論」は、私から言わせるとマスメディアが捏造したもの。
実際、ドイツ国内でも、難民受け入れ反対のデモは数多く行われています。
しかしそういうメルケル首相に都合の悪い事実は、隠されテレビで報じられない。

ドイツの難民キャンプで日常茶飯となったレイプ事件も、報じられない。
シャワー室や洗濯場で、女とあれば子どもであっても襲われています。
ミュンヘンのキャンプの80%が若い男性で、売春も横行。その値段は€10だそうです。
大量に押し寄せた難民を男女別に収容できず、同じキャンプに収容してしまったことも誤りですよね。

ちなみにスウェーデンでは、大量移民後のレイプ数は、それ以前と比較し、1400倍にも上っています。
1400倍ですよ。





また、多くのテロリストが難民・移民に紛れて流入しているのも事実です。
ハンガリーではISの戦士を逮捕しましたが、これも大手のメディアでは報じられていません。
トルコ産の、シリアの偽パスポートが一冊$1500で大量に出回っていることも報じられていません。
シリアの難民としてなだれ込んでいる人々の大半が実はシリア人ではないことも、報じられていません。

ボランティアの方々が難民に配ろうとした食料を、「ハラル(イスラム教の教義にのっとって処理された肉食)ではない!」と拒否したことも、報じられていません。

また、彼らはハンガリーで配った食料を食べ捨て、オーストリアに到着すると「ハンガリーではろくに水も食料も貰えなかった」と嘘をつき、BBCはそれを世界に報じていました。噴飯ものです。

ブダペストの駅の、難民によるゴミだらけのフロアの写真をご覧になりましたか?
あれだけでもショッキングですが、私は、彼らが下車したあとの、列車のトイレの写真も見ました。
床は、大便だらけ。彼らが水洗トイレの使用方法を知らなかったのか、まさかそんな筈はないでしょう?
それなら、悪意でわざと汚したのでしょうか。
大便を踏んづけた靴のまま、列車内に戻って、ぺたぺた大便をつけながら歩いたと思うと、ぞっとします。
私は、トイレはその人の文化度を端的に表すと思います。
いくら公衆のトイレであっても、どれほどの悪意があろうとも、トイレを故意に大便で汚すのは許せません。

ハンガリーの女子アナウンサーが、難民を蹴ったと報道されましたが、彼が違法に難民審査を逃れようと逃げたことは報じられておらず、ましてやその彼が、過激派の旗を振っている写真をネットに公開しているのを報じたのはハンガリーの局だけ。
その彼は現在スペインに就職できたそうで喜ばしいですが、もう過激派の旗など振らないほうが身の為です。

またハンガリーのポリスが難民に催涙ガスを浴びせたと報じられましたが、誰が大人しい人々に催涙ガスなんか浴びせますか?
常識で考えて下さい。彼らが、ゲートをこじ開けようと暴徒化したから、催涙ガスと放水キャノンを使わなければならなかった。
すると、彼らは、女・子どもをゲートの前面に押し出したのです。なんと卑怯な男どもでしょう。
子どもは彼らにとって、水戸黄門の印籠のようなもの。これさえあれば強いという。

トルコの海岸に溺死体となって発見された男児のセンセーショナルな写真が世界を駆け巡りましたが、可哀相な男児の父親が、実はトルコの難民キャンプで安全に暮らしていたこと、転覆したボートを運転していたのは父親本人だったという証人がいることは、意外と知られていません。
この父親が、それまでにも多くの人が溺死しているボートの旅に、男児を乗せなかったら、この悲劇は起こらなかったのです。

本当に戦火を、命からがら逃れてきた難民の方は、お気の毒と思います。
なんとかしてあげたいと私だって、思っています。
英国のように、現地に係官が赴き、被災者を現地から避難させているシステムが、私はいちばん正解と思います。
偽者を連れてくることはないですし。ただし、このシステムではドイツの望むように、一挙に数万人は無理です。

私はなにもイスラム教(教徒)を憎んではいませんよ。
実際、UAEでは親しい友達になった女性もいましたし。
イスラム教徒でも、素晴らしい人柄の人々はもちろん沢山います。
それは判っているのです。
ただ、長くイスラム圏に住み、彼らの生活習慣を骨身にしみて判っていて、彼らがキリスト教圏に住むのは難しいのではないかと思うのです。

たとえばハンガリーですが、スーパーマーケットの食料品売り場から、酒類と豚肉類を除いたら、なにが残りますか?
牛肉も魚類も滅多に見かけないし。
我家の近所では、朝の6時ころからパブが開き、おじさんたちは仕事へ行く前に一杯ひっかけます。
そして食事はハムやソーセージという暮らしを目の辺りにしたら、敬虔なイスラム教徒は腰を抜かすでしょう。
イスラム教では、酒類も豚肉類も、禁忌ですから。
この国には、ハラルの屠殺場も一箇所もありませんしね。
ハンガリーには現在15000人余のイスラム教徒が住んでいますが、その大半は、ケバブ類を売っているトルコの方々で、実際に宗教活動をしているのは4000人余に過ぎません。
うちの近所にもモスクは一つもありません。
ハンガリーはプライドをもったキリスト教国です。
多文化(多宗教)国家になるのは、御免こうむると断言しているのです。
 
いくらドイツのメルケル首相に強いられても、ハンガリーではイスラム教徒は平穏に暮らしてゆけないでしょう。
チェコもスロバキアも同様と思います。
とはいえ難民のなかにもキリスト教徒はいます。
できればハンガリーには、この人たちを救済して頂きたいと思います。

仏国や英国など、多文化国家でもそれなりに均衡を保っている国もあります。
そういう国には、そのまま崩壊せず、頑張ってほしい。

また、豊かなドイツ・北欧・英国の平均月収が€2,000を超えているのに比べ、
ハンガリーの国民の平均月収は€600以下という統計が出ています。
これほど低収入の国が、どうすれば費用の嵩む難民を受け入れられるでしょう。

もう一つ、肝心なこと。
イスラム教徒と一口に言っても、多数の宗派やグループがあり、それらの相反する派同士が、戦争状態になっています。
現在、いっきょに押し寄せている難民たちは、どの宗派の人たちもいます。
そして各国が、難民受け入れをする節に、同じ宗派だけに限るわけにはいかず、どの宗派も混ぜて受け入れています。
そのために欧州各地では、違う宗派同士の争いが頻繁に起きています(報道されていません)。
つまり、難民・移民と同時に、内戦をも導入してしまっているのです。
これでは数年もしないうちに、欧州各国で、内戦の火の手が上がるでしょう。



【人口的聖戦】

日本では、夫婦が生涯にもつ子どもの数は何人ですか? 二人以下なのではないでしょうか。
子どもの数が少なくなったのは、少ない子どもを豊かに育てたいという意思もあると思います。
欧州でも同じです。
地球の爆発的な人口増加と、将来起こり得る食糧難を思えば、それは悪い選択ではないと思います。

イスラム教圏の夫婦の平均的な子どもの数は6人と言われています。
これは厳しい気候と医療の遅れた環境下で、です。
イスラム教の女性は、平均10代の後半から30代の後半までの20年間に10回前後妊娠します。
もしも欧州の恵まれた環境下なら、平均子ども数は、8人くらいになるのではないでしょうか。

つい最近、スウェーデンのとある学校で、1000人の生徒のうち、スウェーデン人の子はたった二人。
残る998人が移民の子だったという報告がありました。

また、ベルギーでは、40%の子どもが移民の子です。
この子達が結婚年齢に達したとき、ベルギーはどうなりますか?
青少年から働き盛りまでの人口の大半が、イスラム教徒になります。
これはもう火を見るより明らか。

他にも、オランダも移民数が多い。
ドイツも、このままでいくと百年を待たずイスラム教徒が過半数になるでしょう。
サウジアラビアは、難民は受け入れないが、ドイツに200ものモスクを寄付すると言っています。
200じゃ足りないでしょうね。教会や聖堂をモスクに変えるしかなくなるでしょう。

実は、真のシリアの難民(戦火を逃れてきた)は、自国の戦火がおさまったら、帰国を望んでいる人が殆どなのです。
シリアには油田もあり、国の内乱さえなければ十分豊かな国です。
自分の国で豊かに暮らせるなら、誰だってそのほうが良いでしょう?

問題は、このまま欧州に居座ってしまおうという、経済難民と、テロリストの人々。
欧州のイスラム人口を増やして、将来的に国を乗っ取ることを、
【文化的聖戦】と、イスラムの師たちは言っていますが、文化的というより【人口的】と言うべきでしょう。

今の日本の子どもたちが成人するころ、欧州旅行というのは非常に微妙なものになると思います。
今でも、ドイツでは、女学生たちに、「難民男性たちを刺激しないよう、腕や脚を出す服は着ないように。」とお達しを出しています。
欧州旅行をするときは、長袖長ズボン(スカート)で。という時代が来るかもしれないですね。


次に【今回の難民・移民問題で、クローズアップされている、シリアの内戦。】という項目を書くつもりだったのですが、時間切れになったので今回はここまでにします。

まったく日本と無関係のことと思われるかも知れませんが、この対岸の火事はきっといつか日本にも影響を及ぼすと思います。
今、私たちは歴史的な変遷期に生きているのだと思います。



 
[PR]
by mariko789 | 2015-09-27 15:12 | no-photo | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/24513076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by たんと at 2015-09-27 16:15 x
mariko特派員?による的を得た詳細な現地レポートを興味深く読ませて頂きました。

いろいろ問題点が詰まっており解決するには困難を極める問題ですよね。
ワタシの考えるところ「テロリストたちの紛れ込み流入」「イスラム教(教徒)問題」
「シリア内戦」に尽きるかと思います。
その意味で続編の「シリア問題」レポートが興味深く、期待しています♪
Commented by ユッキー at 2015-09-27 16:50 x
わたしも、興味深く、読みました。
Commented by isao1977k at 2015-09-27 17:10
色々難しいんですね…
世界情勢に疎い私、もっと勉強しなくては…
Commented by to_shi_bo at 2015-09-27 18:39
難民・移民問題は日本でも新聞やTVニュースでたびたび報道されています。
しかし、marikoちゃん報告(mariko社説)の方が真実味がありますね。
ハンガリー情勢も随分事実と違った報道だと今認識しました。
レイプの問題や難民移民にテロリストが含まれているなんて、考えようよっては
EUも基本的に再考すべきことが沢山あるようですね。
ブダペストのトイレ問題、mariko記者の意見に同感。目を瞑りたくなるような
出来事です。
難民・移民問題で少し見識が広がったような気がします。サンキュー!!!
Commented by tomoji at 2015-09-28 00:00 x
メルケル首相の無責任な発言で周辺国が大変な迷惑をこうむる事態になってしまっていますが、VWのディーゼルエンジン虚偽ソフト事件で世界的なドイツへの信頼感がここに来て崩れ始めている感じです。

ドイツに居ないのでどんな雰囲気になっているのか知る由もありませんが、ニュースやドキュメントなどを見るとやっぱり難民に対して不安を持ってる人が多く、受け入れを否応なく割り振らた各自治体の住民が戸惑っている様子が見て取れます。

数が許容範囲以内だったらまだいいですがそれを超えた時はいったいどんな対策を立てるつもりなんでしょう。首相への支持率も急降下しているらしいですから、受け入れ賛成派と反対派の確執が激しくなっていくのでしょうね。
Commented by 桜姫 at 2015-09-28 09:26 x
現状報告有難う御座います。
本当に目を覆いたくなります!
難民だけでなく、周囲の国の人々が便乗して
どっと押し寄せて、人数がとてつもなく
増えていると言うのが、問題ですよね!
因みに、日本ではハンガリーの難民対応に対して
同情こそすれ、悪くは報じていないと思いますよ!
制止を押し破って国境を突破し、ブダベストを目指した
と言う1千人位の暴徒難民のその後は??
きっと、数々の悪さをしながら・・・
と思うとぞっとします!すぐ捕まってれば良いですが!


Commented by yuri_valley at 2015-09-28 10:33
まりこさん、こんにちわ!
まりこさん特派員報告、やっと読み終えました。難民問題が起きて以来毎日(ハンガリー国)の名前がTVできかれます。
我家は(浄土宗)ですが、私は昔キリスト教修道院の寮で暮らし、信者ではありませんが、日曜礼拝などし、シスターたちにもお世話になりました。
また、トルコ、オーストリア、ハンガリー、ドイツと旅行した国の名前がやたりにTVで出てくるので何かTVに聞き耳立てている今日です。まりこさんのこのコメント、世界事情に疎い私に凄く心動かすものがありました。
70年も生きてきて少しは人間、物事の裏、表 解っているつもり(!)でしたが、まだまだですね~。
まりこさん、御自身の身辺に気をつけてください!
Commented by mariko789 at 2015-09-28 14:09
★ たんとさま

長文を読んで下さり感謝です。
「シリア問題」複雑に絡み合っていて、どこから書いてよいのやら(汗)
もう暫く、情報を集めてみますね!


★ ユッキーさま

長文を読んで下さり感謝です。
タイは、来年が国王さまの即位70周年でしたか。たしか。
タイの平和は国王様のお力が大きいですね!


★ isao1977k さま

私も世界情勢に疎いです。
いつも夫にバカにされています(>_< )


★  to_shi_bo さま

>EUも基本的に再考すべきことが沢山あるようですね。

全くその通りです。英国ではEU脱退の国民投票をする運動が起こっています。

>ブダペストのトイレ問題、mariko記者の意見に同感。目を瞑りたくなるような出来事です。

同感を有難うございます。大便はだめ!!<`ヘ´>
長文を読んで下さり感謝です。
Commented by mariko789 at 2015-09-28 14:22
★ tomojiさま

メルケル首相の退任は、もう時間の問題と思います。
けれど彼女が起こしたこの難民大量受け入れ政策は、長く欧州の火種になるでしょう。

VWの問題もドイツに大きなダメージ。ドイツに暗雲が立ちこめています。
今まで欧州で一人勝ち経済を誇っていましたが、奢れるものは久しからず?
長文を読んで下さり(何度か書き足して、ますます長文に!)感謝です。


★ 桜姫さま

>周囲の国の人々が便乗してどっと押し寄せて、人数がとてつもなく増えていると言うのが、問題ですよね! 

その通りです。しかし、便乗組の中にも、事実上難民の方もいて、判別が難しい。選定に多くの日数がかかるのでは。

>日本ではハンガリーの難民対応に対して同情こそすれ、悪くは報じていないと思いますよ!

それは嬉しいこと! ハンガリーの対応も満点ではないと思いますが、小国なのに頑張っていると私は思います。

>1千人位の暴徒難民のその後は??

行方不明になっている難民の数は膨大と思います。
大半の方々が、オーストリア・ドイツを目指したと思いますが、中にはどこかで潜伏している人も?
長文を読んで下さり(何度か書き足して、ますます長文に!)感謝です。


★ yuri_valley さま

何度か書き足して、ますます長文になってしまいました。もっと書き足すかも(*_*;)
読んで下さり、ありがとうございます。

ゆりさんは良いときに欧州を旅行されたと思います。
これから暫くは欧州は危険度が増してくると思います。
私も、近隣の国をもっと旅行したいのですが・・・とりあえずチェコは大丈夫そう。
私へのご心配、感謝です! 気をつけますね~♪
Commented by yuri_valley at 2015-09-29 10:25
まりこさん、おはようございます。
松山俳ポ 兼題 (秋刀魚)をグーグルでクリックしていたらありました(!!!!)
>己が身の脂で燃ゆゆ秋刀魚かな 流星

もう、映画すきな私はその映画以上の感動を受けました!
さらに、
>マイルスのミュート絶品秋刀魚焼く  道州
この方のマイルストーンが奏でる様な俳句にも、サーッと感動しました。
昔昔、少しマイルス、セロニアスモンク、コルトレーンが好きだったので~ 
一番好きだったのは、ソニーロリンズでこの人(!)のレコードを一番に買ったものです。私の周りにソニーロリンズを知っている人がいないけど、(道州)さんは勿論ご存じ(?)かと嬉しくなりました。
昔の私に出会ったような気がしてつい、まりこさんにコメントしてしまいました。ごめんなさいね!
Commented by mariko789 at 2015-09-29 12:58
★  yuri_valley さま

若かりし頃の秋刀魚の句。当時はいきがって「燃ゆゆ」としたのですが、その後、おとなしく「燃ゆる」に直しました(笑)

映画「秋刀魚」は小津監督でしたか・・・
私もYouTubeで見ましたよ♪ 英語字幕付なので夫も楽しめました。夫は大の小津ファンです。

>マイルスのミュート絶品秋刀魚焼く  道州

道州さんは、その後、幢舟さんと俳号を変えられました。私の俳句初心の頃、色々教えて頂いた師の一人です。
こちら↓で、まとめて彼の句を読めますよ♪
素敵な句が山盛りです!
http://admotion.blog1.fc2.com/  
Commented by anohiwa at 2015-09-29 13:40
非常に興味深く読ませていただきました。
最近、日本では、あまりその件に関してのニュースは流れていません。
どうなったのかな? と、私は気になっていましたが。
そして、marikoさんの記事を読み、ただただ溜息と、何も知らず安全な場所で過ごしている自分の環境を、改めて幸せだと感じている所です。
移民難民問題は、本当に難しいですね。
答えが見つかりませんが、真実を報道してもらいたいと心から願っています。 marikoさんも書いている難民を蹴った女性記者の話も、報道とは事実が異なっていたことも初めて知りました。 何を信じていいのか分からないけれど、marikoさんの記事は信じていますので、これからも、事実を教えてください。
Commented by sarah000329 at 2015-09-29 14:23
marikoちゃん、真実は色んな面から見てみないと分らないものなんですね・・・。
ありがとうございます。
Commented at 2015-09-29 22:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2015-09-30 14:38
★  anohiwaさま

長文を読んで頂き、感謝です。
それぞれの国にそれぞれの悩み。
真実と一口に言っても、複雑な面が絡み合い。
私は私の見たまま、感じたままを書いてみました☆
きっと反対意見も多いと思います。
もっと情報を集めてみますね!


★  sarah000329 ちゃん

長文を読んで下さり、嬉しいです!

さてこれから世界はどうなっていくのか・・・目を離せない状況です。


★ 鍵(09-29 22:34 )さま

お帰りなさい(。◕‿◕。)

そちらへ♪ また何かお知らせしたいことがありましたら、随時おじゃまします♪
Commented at 2015-09-30 16:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Meet You at 2015-09-30 17:34 x
こんにちは
メディアというか政府が本当のことを報じることはないでしょうね。
それはどこの国もでしょうが。

難民の問題はこれからが始まりだと思います。
今、難民としてやって来ているのは、富裕層。貧乏人は難民にすら来れない。
ただ難民の成功を耳にして、止まることはないでしょう。

この難民問題、難民により崩壊する欧州というより、崩壊させたいのかも知れませんね。
経済大国ドイツ、ここが倒れて喜ぶ国もあるでしょう。
本当の問題はシリアがどうこうではなく、ISがどうこう、テロリストがまぎれてるとかではないのが問題で、その根源になるものから抜け出せなければ、シリアが違う国にISが違うものに変わるだけですからね。
ハンガリーはアイスランドに続き中央銀行から抜け出した国でロールモデルとして期待していたのですが、先が不安ですね。
EUそしてNATO加盟国として、どうするのか興味深いです。

人口的聖戦
移民については、歴史をみても欧州は移民によって成り立ってきてますからね、別にイスラム教徒が主流になってもおかしくはない話です。
ゲルマン人、スラブ人、ノルマン人、ハンガリーのマジャール人もみんな移動してきた人達ですものね。
ドイツが欧州がユダヤ人を追い出し、ユダヤ人がアラブ人を追い出し、アラブ人がドイツへ、何だこれって感じです。

ともあれ、アフガニスタン、イラク、スーダン、リビア、シリアときて、あとはイランだけ。
欧州のどこかで内戦を口火に第3次世界大戦となるのか、一体どういった結末が待っているのか私などには想像つきませんが、不安ですね。

あ、ただいまです♪
Commented by yotarouu3 at 2015-10-01 03:20
長い事サボって、ご無沙汰しました。久し振りに覗かせて頂きました。
日本での報道で疑問に感じていた数々の真実を、読ませていただきました。

>メルケル首相の退任は、もう時間の問題と思います。
けれど彼女が起こしたこの難民大量受け入れ政策は、長く欧州の火種になるでしょう。

>VWの問題もドイツに大きなダメージ。ドイツに暗雲が立ちこめています。
今まで欧州で一人勝ち経済を誇っていましたが、奢れるものは久しからず?

同意見です。

扨て10月になりました、小生もそろそろ目を覚ますつもりでいますが、一度
サボり癖が付くと立ち上がるが大変ですがボチボチと始めるつもりです。
Commented by mariko789 at 2015-10-01 12:40
★ 鍵(09-30 16:13)さま

有難うございます! 疑問だった某国の難民のこと、ヒントを頂きました。
「飛んでしまった」怖いですよね。くれぐれも警戒なさって。
また考えが纏まったらお邪魔しますね☆


★ Meet You さま

お帰りなさい!!心配してたわよ~~~

>貧乏人は難民にすら来れない。

私も彼らを目の辺りにして、そう実感しました。
YouさんにEUとUNで演説をしてほしい。

>その根源になるものから抜け出せなければ、シリアが違う国にISが違うものに変わるだけですからね。

全くその通り! 複雑に利害が絡み合っているこの世界。
そして国を超えて、手を結んでいる影の権力者たち。NWO

ハンガリーは、私的にはEUから脱退してほしい。チェコや英国と一緒に。
そして、シルバーグレイ・プロジェクトを立ち上げて、リタイアした欧州のキリスト教の老人たちの、憩いの場に!
経済的にかなり潤うと思いますが。人口も少ないし、大金がなくても、やっていける国です。

>歴史をみても欧州は移民によって成り立ってきてます

歴史が逆戻り。それでは、せっかくの祖先の努力が報われません。頑張れる国は、がんばれー!(もはや弱気)

>欧州のどこかで内戦を口火に第3次世界大戦となるのか、一体どういった結末が待っているのか

私も夫も同じことを考えています。いつ何が起こっても不思議ではない。逃げる準備だけはしておきたい(100% 弱気!)


★ yotarouu3 さま

お久しぶりです。弓子さんのほうは、変わらずですか?

10月ですねぇ~。今年もあと3ヶ月・・・
休養明けの与太郎さんの記事、楽しみに拝見致します♪
Commented by Meet You at 2015-10-01 17:12 x
>YouさんにEUとUNで演説をしてほしい。
え?私に暗殺されろと?笑
Commented by mariko789 at 2015-10-02 12:13
★ Meet Youさま

ふふ♪ 私、Youさんは不死身だと思ってました~(^_−)−☆