always over the moon

Naschmarkt, Schmetterlinghaus @Wien

Naschmarkt(ナッシュマルクト)
 以前ブラチスラバに住んでいた頃、毎月通ったのがこの16世紀からウィーンっ子の台所として知られた市場でした。当時は生鮮食料品の店が大半で、ブラチスラバでは見かけないものも多く、何も買わなくても歩くだけで心が躍ったものでした。
 そして〆はレストランの並ぶ一角でお寿司を食べること。お寿司を出す店は2~3軒だったと記憶しています。
 ネタも新鮮で値段も安く、そして私にとっては何より故郷を偲ぶよすがでした。当時はネットもなく、テレビも本も何かを考えるのも英語、夢の中でも英語を話している。ともすれば自分が日本人だということを忘れてしまいがちな日々の中で、この毎月のお寿司の一皿は、私にとって日本人としての血を騒がせるソウルフードでした。 (英語三昧だったせいで、三年間も住んでいたのに、スロバキア語は挨拶程度のボキャブラリしか覚えられませんでしたが。)
 この市場もすっかり様変わりしてしまい、生鮮食品の店はぐんと減り、観光客目当てのレストランが大きく幅をきかせていました。けれど、お寿司を売る店は増えていて、その中の一軒で今回もお寿司を頂きました。味も値段も当時と同じく美味しくてリーズナブルでした。
Address: 1060 Vienna, Austria
(月曜~土曜日 朝8時半頃から夕方6時半頃までオープンしています。)

f0053297_1334035.jpg

f0053297_1371632.jpg  市場の近くで日本食品を売る店を発見。小躍りして飛び込みました。品揃えも豊富で、値段もブダペストより安い。納豆、海苔、ふりかけ、おせんべい(オランダ製)などしこたま買い込む。こんなお店が近くにあったらなぁ・・・。
 フレンドリーな日本人の店主さんと会話も弾み、聞けばウィーンには2,500人もの日本人が居住しているとのこと。
 そしてお寿司を売る店はウィーンの中心だけでも200軒を超えると聞いてのけぞりました。どおりでねぇ。駅の売店でも街中でも、お寿司が巷に溢れている!
お寿司だけに限定すれば、日本料理大盛況のバンコクを凌ぐ勢いです。ウィーンは変わった・・・。 









f0053297_1331187.jpg Schmetterlinghaus (バタフライハウス)

宮殿 (the Hofburg Royal Palace )の一部を使ったもの。 the Burggarten palace gardens の端に位置し、the Albertina Art Museum のすぐ横、そして歌劇場から200メートルほどという、街の中心にあります。
 入園料は大人一人 €6でした。
 夫は隣のカフェでビールを飲んでいるというので、私一人で入園。
 私も一人のほうが気楽ですしね。


f0053297_13474687.jpg
 
 熱帯雨林を模したという園内は、暖かく湿気も高く、時々レンズの曇りを拭かなければなりません。
 それでも撮れないほどではなく、このほどほどさが快適でした。
f0053297_135069.jpg 今まで世界各地の蝶園に訪問してきましたが、ここの蝶には度肝を抜かれました。
アブノーマルに大きいのです!!
ここだけの話、DNA操作をしているのではないかと思うほど(この箇所、検索にかかりませんように)。
写真では分かりませんね、喩えて言うなら、私の手のひらくらいの大きさ?
とにかく、これだけは見ないと納得していただけないと思います。
 そして異常にフレンドリー!客の肩や頭にちょこんと乗って写真を撮られたり、スカートにまつわりついたり。いますか?そんな蝶々、ふつう。いないでしょ?
 特にアメリカ人の女の子たちが気に入ったらしい蝶々たちは、彼女たちと長々と遊んでいて、他の観光客(私を含む)は、そこで列が止まってしまい、動けなくなってしまったのでした。
 本物の蝶々なのか? ロボットではないのか? と疑ったのですが、側に寄ってしみじみ眺めると、やっぱり生きた蝶でした。蝶好きな方は、ぜひ一度訪れてみてください。チャンスがあれば。



 蝶園を出て、隣接するカフェへ。
 ここは蝶園と同じ建物を分割したもので、当然ながら天井が高く、時折鳥が飛び交ったりして雰囲気抜群。
f0053297_1424142.jpg

 夫はここで飲んだビールが円やかで最高に美味しいといい、珍しく私に写真を撮るように命令するので、レンズを向ける。
 私がチョイスしたアイスコーヒーも美味でした。ハンガリーでもそうですが、アイスコーヒーというと、このように生クリームが載ってきます。で、ハンガリーでは、たまーに甘すぎるのがあり閉口するのですが、ウィーンのアイスコーヒーは、どこのも甘すぎず、日本人の口にも合うと思う。
 実は、ここでリラックスしすぎて、折りたたみ傘2本、忘れてきてしまったのでした。



=================================
【2015年6月ウィーン小旅行】

(1) Hundert wasser Village @Wien
(2) Cafe Neko @Wien
(3) シュテファン大聖堂、ウィーン国立歌劇場
(4) The Prater @Wien
(5) Naschmarkt, Schmetterlinghaus @Wien
(6) Currywurst @Wien
(7) Tiergarten Schönbrunn (ウィーン動物園)
(8) シェーンブルン宮殿 @Wien
(9) シェーンブルン動物園(2)
(10) ウィーンの街角で 
(11) ベルヴェデーレ @ウィーン
[PR]
by mariko789 | 2015-06-27 14:11 | olympus OM-D E-M5 | Trackback
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/24182175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。