always over the moon

ブダペスト国立西洋美術館 (1)

ブダペストの英雄広場にある、ブダペスト国立西洋美術館をご案内いたします。
今回は、その(1)ですが、たぶん(7)か(8)くらいまで続くと思います。(まだ写真の大半が未整理)
訪問してくださった方々には、ざっとでも目を通していただければ幸いです。


1) Museum of Fine Arts (Szépművészeti Múzeum)
   1906年に開館。収蔵作品数は100,000以上です。
   入館料は1800Ft(¥900)。静止画の写真の撮影料は300Ft(¥150)。動画撮影料はもう少し高いです。
   別料金でレンブラント展も入れたのですが、時間がなくて、常設の作品のみ見ました。
   レンブラントはまた見にゆけばいいと思っていたら、なんと数日前に終了してしまい、チャンスを逃しました。

f0053297_14211422.jpg










2) 聖母子。入館してすぐはこれでもかと宗教画が展示されています。
   ハンガリーは敬虔なクリスチャンの国なのだと、改めて思うワタクシ。

f0053297_14283759.jpg






3) 「漫画の吹き出し口みたいな白いとこは何だろう」と夫に問うたら、
   「古くて、ああいう状態になったのだろう。ああいうところに価値がある」と。
   私はイスラムの絵画が脳裏によぎり、オリジナルでは、モハメドの顔みたいな、
   描いてはいけないものが描かれていて、消されたのかと一瞬思いました。

f0053297_1432815.jpg







4) 中心に聖母子、右側に十字架に架せられるイエス。左側はなにかな。

f0053297_14354119.jpg







5)  Coronation of the Virgin「聖母の戴冠」
    1335-1340 Maso di Banco作 (tomojiさんに教えて頂きました。感謝!)

f0053297_1438528.jpg






6) 聖母子と、東方の三賢者と、遅れてきた四人目の賢者がいたという説もありますよね。
  私、想像で書いてますので、間違っていたらごめんなさいね。

f0053297_14392685.jpg







7) またもや聖母子。これが私がアップする最後の聖母子です。
   イタリアのウフィッツィに行ったとき、美術館には、これでもか!と
   「マドンナ コル バンビーノ」(聖母子)が展示されていたのを、思い出しました。
   それにしても白人の赤ちゃんは鼻が高いなぁ。
   昨日、電車の中で6歳位の可愛い女の子と乗り合わせたのですが、気の毒なほど鼻が高かった。

f0053297_1443552.jpg




◎ この先は、もう少し多彩な展示作品になります。いずれロダンの像や、セザンヌの絵画もでてきます。
   いっぺんに連続して投稿すると、私も皆さまも飽きてしまうと思いますので、
   不連続的に投稿してゆきまーす☆


★ ブダペスト国立西洋美術館 (2)
★ ブダペスト国立西洋美術館 (3)
[PR]
by mariko789 | 2015-02-19 14:52 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/23691996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by isao1977k at 2015-02-19 15:30
ブダペスト国立西洋美術館に行ってきたんですね。
私はキリスト教ではないですが
こういった絵は好きなんです。

気になったのはやはり白い吹き出しのようになっている絵。
私も描いてはいけないものが消されたのかと思っています。
Commented by to_shi_bo at 2015-02-19 15:56
ブダペスト国立西洋美術館ですか!!??
名前は聞いたことが何度かありますが
じっくり拝見するのは今回が初めてかな???
1)は有名ですから頭の片隅に残っています。

3)の吹き出し口が気にかかりますね。
修復中でなければmarikoちゃんの見解に賛成です。
(ご主人の意見も半分納得しておきます~~~(笑)

7)はとっても気に入りました。
鼻が高いのも時には邪魔になることもあり~~~(笑
Commented by 麗門 at 2015-02-19 16:09 x
ホント、漫画の吹き出しそっくり。
何か台詞が書いてあるのかも、というのはあり得ないでしょうね。
剥脱(剥がれ落ちること)したのでしょう。
わたしも西洋の宗教画はさっぱり分かりません。
日本の仏教画やお釈迦様の絵なら解説出来るんだけどなぁ。。
Commented by Meet You at 2015-02-19 16:35 x
こんにちは
教会のような展示物ですね!
私、こういうのんさらーと流してしか見ない教養のなさなので
じっくりとした解説が楽しいです。
いつも私の横に付いて説明してくれたら良いのに(笑)
続きの展示品も楽しみです。
Commented by 鎌ちゃん at 2015-02-19 17:00 x
こんにちは。
ブダペスト国立西洋美術館、この外観だけでも見る価値がありますね。
エンタシス柱(?)のギリシア風建築に、目を奪われます。
間から覗いて迎えてくださる肖像にも惹かれますね。

聖母子像、やはりヨーロッパならではの見ごたえです。
3)の剥がれた部分は、自然剥離でないような気がしますね。
何かの意図を確かに感じさせます。
美術鑑賞の目は肥えていませんが、どの絵にも、畏敬を覚えました。
Commented by 桜姫 at 2015-02-19 21:11 x
 < 白梅の樹下や他界の子の遊ぶ

素晴らしい♪美しい映像と涙を催すほどの物語性♪
全く素晴らしい♪(大拍手
 
 < キスチョコのとろけるバレンタインの日

私もとろけるキスチョコ欲しい♪(笑
今年の本命はゴディバのトリュフチョコ(3千円)を上げました♪
勿論家人にでは有りませぬ!(家人は苦笑

ブダペスト国立西洋美術館!優雅な円柱から覗く美女たち♪
素敵なお玄関♪
3)受胎告知の天使の首と身体がアンバランス?
7)マリア様のお顔が好き♪
  日本人でも鼻が高すぎて手術した有名人が居りますよ♪
こういう西洋画を拝見すると、若い時機会が有ったのに
「聖書研究会」に出なかったことが悔やまれます!
物語を理解していれば、絵画鑑賞も深く楽しいですよね♪


 
Commented by tomoji at 2015-02-20 07:42 x
私も美術館よく行った方ですが、宗教画の前はほとんど素通りだったもんで、気の利いた
コメント残せません。

3)の「受胎告知」画の白い所は絵の具層がはがれたのでしょうね。

女の子が気の毒なほど鼻が高かったというところmarikoさんのユーモアが感じられクスッとしてしまいました。

Commented by yuri_valley at 2015-02-20 10:06
こんにちわ。まりこさん。 
美術館巡りいいですね!私はクリスチャンではありませんが海外旅行では毎回美l術館巡りがありました。、宗教画も好きです。
前回ルーブル美術館の事を話しておられましたが、パリでは、
オルセーしか行けなくて後になって悔やんでおります。        
ブダペスト美術館、たのしませていただきます。
松山俳句いつも佳き俳句、素敵ですね。
Commented by mariko789 at 2015-02-20 14:55
★  isao1977kちゃん

くーちゃんは絵を見る目はある!♪
ね、あの吹き出しみたいな箇所は、変よね?


★  to_shi_boさま

もうこれから、しつこーくアップしますので、逃げずにお付き合い下さい♪

3)ね、目だつんですよ、この白い部分のせいで。わざとらしい剥がれ方でしょ

7)赤ちゃんや幼児の鼻は、あまり高いと可愛さが削がれますよねぇ
  私はもうちょっと鼻が高くなりたいのですが(>_< )


★ 麗門さま

台詞はないでしょう、ん~~~(考えても、わからん

仏教画やお釈迦様の絵、麗門さんのご解説で、拝見したいものです♪


★ Meet You さま

私もさらーっと撮っただけ、教養はありましぇーん!
Youさん、私の的外れな解説で美術品を見るなんて悲劇ですよ~ww
Commented by mariko789 at 2015-02-20 15:10
★ 鎌ちゃん

外観だけ撮ってる観光客も沢山います。私も前回はそうでしたが♪

3)の剥がれた部分に意図を感じますよね! 同じ同じ♪

私も現場では荘厳な雰囲気でもあり、畏敬を感じました。


★ 桜姫さま

白梅に拍手をありがとうございます!(嬉♪

キスチョコの句は、嘘八百ですから(>_< )
いや、大昔はそんな時代もあったかな~~♪ 
姫様の本命チョコをゲットなさったのは・・・歌舞伎の名優さまですね(^_−)−☆

>3)受胎告知の天使の首と身体がアンバランス?

あ!受胎告知の絵だったのですね(検索で確認)。
白い部分に「うっそー!身に覚えがないのに妊娠しちゃったの、わたし?」
と台詞が入っていたのだと思います♪

>物語を理解していれば、絵画鑑賞も深く楽しいですよね♪

私もそう思います。今からでも少しずつ、物語を読んでみようかしら。


★ tomojiさま

tomojiさんの得意な分野の絵画は、この次の次あたりから出てきます、
ご解説を、どうぞ宜しくお願い致します!

いつも夫に私の鼻が低いと言われてますが、高ければいいというものでも?


★ yuri_valley さま

美術館、博物館、動物園(ちがうやろ)、ぜんぶ好きです♪

百合さんのお近くの美術館もぜひご紹介くださいね、自然も♪

松山俳句、いつも難産です。見て下さり嬉しいです☆
百合かがりさんのお句も楽しみにしております♪
Commented by yotarouu3 at 2015-02-20 15:42
私、宗教画と言うのが良く判からんのです。

白梅でなく
紅梅の日に日に赤き蕾かな   与太郎
Commented by yuhki_e2 at 2015-02-20 21:29
こんばんは、
クリスチャンではないけど、
教会の静かな雰囲気はいいなあと思います。
宗教画も深いものがありますね。
Commented at 2015-02-20 21:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2015-02-21 14:32
★ yotarouu3 さま

次の次くらいから与太郎さんにお馴染みの絵画がでてきますよ~

>紅梅の日に日に赤き蕾かな   与太郎

お庭の紅梅ちゃんですか♪ 可愛いですね✿ 
上の「蛤」の投稿に頂きますね、有難うございます☆


★ yuhki_e2 さま

私も教会や聖堂、好きです。心が洗われるようで。

宗教画は物語が判れば、もっと心に沁みるのでしょうけれど。。

ご訪問とコメントを、有難うございます!♪


★ 鍵(02-20 21:40)さま

お心に留めて頂き、すっごく嬉しいです!
教えて頂いた情報に、びっくりしました。
よく考えて、数日中にメールを致します。
Commented by japair at 2015-02-21 16:47
ブダペスト国立西洋美術館,
立派な建物ですね~
かなり沢山の絵画や美術品が展示されているのでしょうね~
最近大きな美術館見学は体力と気力がなくなってきて苦手です。
旅行の時は特に。
私も宗教画が素通りしてしまうほうです。
2)と3)のブルーの色がとても好きです。
3)の吹き出し・・・右下の剥がれ方だったら自然にって感じですけど・・・・輪郭線がはっきりしていて意図的な物、感じますよね~左が天使ガブリエルゆりの花も薄らと見えるみたい。
歴史や宗教の事分かればもっと面白いのでしょうけど。
続編も楽しみにしています。

カメラ、上手く修理で来てると良いですね。
私、靴の修理さえもなかなか出せません。(涙)
何でもですが・・・修理したとたんにまた壊れたりして(苦笑)

Commented by 麗門 at 2015-02-22 09:37 x
ひらきたる椀のはまぐり蝶のやう  中原久遠

季重なりをうまく使いこなしました。わたしはなかなか成功しません。
直喩ですが、蛤も蝶も、どちらも春のイメージですから、
違和感がありません。

明るい画像がありましたね。
まだ実際の季節は「冬」ですが、
こんな画像のような春はもう少し先のようです。

カメラ早く退院出来るといいですね。

<きょうの池田澄子>
青い薔薇あげましょ絶望はご自由に
恋文の起承転結さくらんぼ
これ以上待つと昼顔になってしまう

わたしは三句めがいいかな。

Commented by to_shi_bo at 2015-02-22 10:03

素晴らしい一句、参考にさせて戴きます!!!
・熱々の湯の蛤や細雪   to_shi_bo
Commented by yuta at 2015-02-22 10:58 x
こんにちは
敬虔なクリスチャンの国ですね
他のも沢山宗教画があるのでしょうね
ロダンやセザンヌも楽しみにしてます^^
Commented by このはる at 2015-02-22 11:47 x
とても素敵な美術館ですね!
宗教画、見ているとスッと背筋が伸びてくるよう。
ふと、通っていたカトリック系の幼稚園にあった教会を思い出しました。(卒園記念品が母子像で、今も実家にあります)
散策の続き、楽しみにしてます♪

蛤の句、ペールトーンの優しい色彩の写真と奏で合って、春の穏やかさふんわりと伝わってきます(*^ ^*)
ああ、蛤つゆ食べたくなってきました(笑)
Commented at 2015-02-22 11:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anohiwa at 2015-02-22 16:18
私は、宗教には、あまり興味はないのですが、こういうのを見ると、つい目を伏せて 手を合わせてしまいます。
宗教画的なものって、それなりの意味があると聞きますが、説明を読むと、ただただ感心してしまいます。
私のような凡人には、詳しい説明が欲しいです (^^ゞ
Commented by mariko789 at 2015-02-23 04:46
★ japair さま

天使はガブリエルなのですね
私もいちどきちんと聖書の話を頭に入れなくちゃなぁ、と思いつつ…
もうこの歳では気力もなく(*_*;

カメラ&レンズの修理、連絡待ちなんです。
直ってきたら、もっと大事に扱おうと思ってます☆
japair さん、修理した途端に壊れるのはショックですね!


★ 麗門さま

比喩の季語は、季語として機能しないと組長が仰ってましたので♪

さきほどYouTube でプレバト!を見ました。
「具体的に」「映像的に」ですよね~。勉強になりました♪

池田澄子さまの句を有難うございます。
私も三句めが好きです。
一句目二句目、こういうふうに詠むのは勇気がいりますね~
麗門さんは、池田澄子さまに近い句柄と思います。


★ to_shi_boさま

有難うございます╰(✿´⌣`✿)╯

>熱々の湯の蛤や細雪   to_shi_bo

湯と雪の対照が鮮やかな一句、ありがとうございます♪


★ yutaさま

ハンガリーは敬虔なカトリックの国です
ここにアップしたのはほんの一部、撮った宗教画だけでも、もっと沢山!
画家の名前もメモしてくれば良かったのですが♪


★ このはるちゃん

このはるちゃんもカトリックの幼稚園でしたか
私もキリスト教の幼稚園に通いまして、讃美歌など歌っていましたよ
卒園記念の母子像、いいですね♪

蛤も見て下さり、嬉しいです! 
このはるちゃんも佳句二つご入選、お見事でした♪


★ 鍵(02-22 11:50)さま

有難うございます。エピソードに、私もえええ!でした!
またご連絡いたします♪


★ anohiwa さま

私も詳しい説明が欲しいです!
なんて自分で調べれば良いのですが、
なんだかんだ忙しく、時間がとれないのですよねぇ~(*_*;
Commented by 麗門 at 2015-02-26 00:17 x
恋文の起承転結さくらんぼ
↑わたしが間違いました。
恋文の起承転「転」さくらんぼ
です。
どうもおかしいと思った。転転ならね。なるほど納得です。
澄子ノート、訂正してください。
Commented by mariko789 at 2015-02-26 13:51
★ 麗門さま

起承転転 ありがとうございます♪
結論は書いてない(書けない)恋文、ユーモラスです☆
Commented by 詩楽麿 at 2015-02-28 11:31 x
中原 久遠 様
永らく美術館などには、訪問したことがなく
羨ましい限りです。心に刻むひと時は、生涯の財産になりましからね!ああ、上野美術館でも行こうかな?

歴美ある 尋ねし余寒の 美術館 詩楽麿

なお生きる 彼方に浮かぶ 夕雲に
秘めたる願い そっと語らむ 詩楽麿
Commented by mariko789 at 2015-02-28 14:53
★ 詩楽麿さま

麿さんもたまには美術館や博物館を巡って下さいね~
忙中でもお休みは大切です♪

余寒の美術館の一句、夕雲の一首、有難うございます。
俳句の投稿に添えさせて頂きますね♪