always over the moon

ニューヨーク カフェ @ブダペスト

かねてから行きたいと思っていた「ニューヨーク・カフェ」に行ってみましたよ。
ここは 『1894年オープン当初、世界一豪華といわれた伝説のカフェ』 だそうです。

f0053297_15365975.jpg





カフェのお話の前に、ちょっと寄り道を。
ブダペストの英雄広場の近くの空間に、アイススケート場ができていました。
ここは冬季以外は、各種フェスティバルの会場になっています。
お城を背景に、滑る気分も最高でしょうね!

1) とくに子どもたちに大人気でした。貸ロッカー(貸し靴)もあり、旅人でも滑れます。

f0053297_2331078.jpg





2) さて、本題に戻ってニューヨークカフェ。
   私は、パフェをオーダーしました。底にリキュールが入って大人の味、めちゃ気に入りました♪
  
f0053297_13301145.jpg









3) ここが有名なのは、アールヌーヴォー様式の華麗な内装から。
   ボスコロ・ニュー・ヨークパレス というお城のようなホテルの一階です。

f0053297_1334641.jpg






4) ドレスコードがありますので、バックパッカー姿では入れません。
   高価な衣装をまとう必要はありませんが、小奇麗なスタイルで。

f0053297_1337154.jpg






5) お食事もできます。料金は、ホテルのダイニング並。グループの場合はもちろん予約が必要です。
   このときは階下でパーティが始まるところみたいでした。

f0053297_13402646.jpg







6) 周りを見渡すと、日本人の観光客がちらほらと。私の後ろの席も、左横の席も日本人。学生さんかな?
  そして95%の客が写真を撮っていました。ま、ワタクシもですが♪
   オフシーズンの冬でこれほどの賑わいですから、夏場は席の確保が難しいかも知れないですねー。

f0053297_1463668.jpg








7) ピアノの生演奏もあり、あくまでも優雅な雰囲気です。
   もっとじっくり撮りたかったのですが、なぜかピアニストのオジサマにずっと見られていて、
   もしかして私の服がカジュアルすぎる?とドキマギ、小心者の私は落ち着いて撮れませんでした(/_;)

f0053297_1347212.jpg



◎ お会計は、パフェ=2350Ft  黒ビール=1500Ft サービス・チャージ=578Ft 
  合計=4428Ft ハンガリーは、端数切捨て・切り上げのため、 4430FT (約¥2200) でした。

◎ New York Cafe 1073 Budapest Erzsébet körút 9-11

◎ コメント欄で、tomojiさんに教えて頂きました、以下コピペします!
  『建物はニューヨーク生命保険社がハンガリーオフィスの為、
  ギリシャ・ローマ・ルネッサンス・バロックの建築要素を元にアールヌーボー様式で建てられたそうで、
   ニューヨークカフェのニューヨークは建てた会社名から来ているのですね』
[PR]
by mariko789 | 2015-02-13 13:59 | Canon PowerShot SX50 | Trackback | Comments(28)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/23667603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by isao1977k at 2015-02-13 14:17
すごく美しいところですね。
私、天井絵に感動しました!
学生の頃もそう言った資料を見て感動したことが思い出されます。
Commented by ユッキー at 2015-02-13 14:50 x
とにかく、すてきです~
あたしは、行けないよ。
Tシャツしか持ってないよ。
まりこちゃんの食べたの
おいしそう。
Commented by 鎌ちゃん at 2015-02-13 15:37 x
こんにちは。
ボスコロ・ニュー・ヨークパレス、素晴らしい、そのものが美術館のような建物ですね。
私は、パフェには興味がありませんが、この内装にはベリィ惹かれます。
内装のどこをとっても見飽きません。
息を呑む思いで、拝見しました。
できたら、ここでの一句を欲しかったですね。

「ぱちり眼をあけ冬服の行き倒れ  中原久遠」
これ、実体験のお句なのでしょうか。
あまりにも大胆な発想のお句に圧倒されます。
生々しい!
Commented by hotate13 at 2015-02-13 15:47
ゴーーージャス!!!
こんなところに入るのは ビビリますね~
ウエイターの服装はどんなだったのかしら~?
Commented by 桜姫 at 2015-02-13 17:25 x
1 < 立春大吉小瓶のなかの帆かけ舟
2 < 廃墟なるメソポタミアの黒ショール
3 < ぱちり眼をあけ冬服の行き倒れ
4 < 円錐の内の暗がりヒヤシンス     
5 < 「考える人」に冬服着せてやれ 

1よく外国映画で見かける様な♪お部屋の主は素敵な紳士♪2)黒ショールの鼻の尖った意志の強そうな婦人♪
3)重きでなく、ぱちり!がmariko様たる表現♪
  20センチも雪の積もったお庭を見ての御想像♪
4)暗がりで、より強く芳香を放つシクラメン♪
5)よしあき殿が喜びそうなお句♪(笑
この中では、2番のメソポタミアのお句がエキゾチックで好きです♪
お写真素晴らしいレストランですね♪(羨
マキシムに行ったことを思い出しました♪
銀座店ですが、パリの本店と全く同じお部屋に作って有りますね♪(笑

Commented by 麗門 at 2015-02-13 21:00 x
1 < 立春大吉小瓶のなかの帆かけ舟
2 < 廃墟なるメソポタミアの黒ショール
3 < ぱちり眼をあけ冬服の行き倒れ
4 < 円錐の内の暗がりヒヤシンス     
5 < 「考える人」に冬服着せてやれ 

姫様のものをコピペさせてもらいました。
1「立春大吉」わたしもこの前、使いましたが、
前向きないい季語です。
瓶の中の舟。あこがれの趣味ですね。絶妙な取り合わせです。
2黒ショール。メソポタミアだからこそ生きる措辞。巧いです。
3はあの写真ね。
4これは自選してボツにした句でしょうか。
暗がりとヒヤシンス、付きすぎで、類想句ありかな。わたしも似たような句を出してしまいました。
5毎日のように見ている、上野の西洋美術館のロダン像ですが、やはり裸像のほうがいいようで。。

写真。豪華絢爛。豊かな文化を感じます。

ハイポ。まりさんは質、わたしは量。トホホ(涙)
Commented by anohiwa at 2015-02-13 21:33
とっても美味しそうなパフェ!
私も、パフェが好きで、お出掛けすると食べたくなります。
モチロン真冬でも(笑)
一番好きなのは、マロンパフェ。 栗が好きなの (*´▽`*)

marikoさんが、とっても素敵だったので、ずっと見てたのよ。
絶対そうだと思う!

こんな素敵なところは、やはり、ドレスコードが必要だと思います。
いつだったか、かなり前ですが、シンガポールのお店で日本人がかなりラフな服装で、大きな声で笑いおしゃべりをし、、、 それを見て、なんか恥ずかしくなりました。
騒いでも良いし、大きな声で笑ってもいいのですが、場所を考えて、、、 TPOは、大事だと思っています。
Commented by japair at 2015-02-14 01:17
marikoさんとても素敵なところですね~
やっぱりヨーロッパ、少しお洒落してワイン飲みながらピアノ演奏聞いて・・・贅沢な時間ですね。
どのお写真もとても綺麗!
天井の装飾もインテリアもとても歴史を感じます。

ピアノの生演奏の方
Commented by japair at 2015-02-14 01:26
PC相変わらず調子が悪く突然飛んでしまいました。
続きです。
ピアノ演奏のおじ様・・きっとmarikoさんに決めポーズ取ってほしかったのかも?
スケートのお写真も古城をバックにおとぎの国の様♪
パフェも美味しそうに撮れてますね~
ところでmarikoさんのファッションは?
Commented by Meet You at 2015-02-14 08:59 x
こんにちは
ほうほう、これが噂のNYカフェですか!
ものすごい豪華絢爛ですね。
私、貧乏気質なのか、派手なゴージャスなとこは居心地悪いです(笑)
オシャレなカフェやレストランは落ち着けず、あまり行きませんので
貴重なものを見せて頂きました。
さて、これなんでNYなんですか?
ニューヨークってこんなのでしたっけ?なんか違うイメージ。
Commented by mariko789 at 2015-02-14 13:24
★ isao1977kちゃん

博物館か、お城みたいでしたよー
私も天井絵、好きですよ、ずっと見ていると首が痛くなるけどね(^_−)−☆


★ ユッキーさま

Tシャツでも夏なら大丈夫よ♪ 
あのパフェ、美味しかったあ~♪ また食べたい!


★ 鎌ちゃん

内装にベリィ惹かれて頂き、カフェも喜んでおります♪
ここでの一句ですか? むむむ、、あとで考えてみますね!

行き倒れの一句は、いぜんスロバキアに住んでいた頃、
ウォッカを飲んで凍死する人が絶えなかったんです、それと、
ハンガリーで撮った行き倒れっぽい像をイメージして詠んでみました、
お目に留めて頂き、嬉しいです!


★ hotate13 さま

ウエイター君は…むむむ、撮ってくれば良かった!
どんな制服だったか、覚えてないわー(>_< )


★ 桜姫さま

即吟の駄句をも鑑賞していただき、嬉しいでーす♪ヾ(^▽^)ノ

3)ぱちり、ここポイントでした!(喜
5)よしあき君に採って頂きたかったのですが、ハズレ(/_;)
2)メソポタミアは今のイラク、昔の栄華、あとかともなく。。

マキシム!!パリも東京も行ったことないです、怖くて入れないと思うし!
豪華なお料理が出るのでしょうね~~♪
Commented by mariko789 at 2015-02-14 14:22
★ 麗門さま

4)はお察しのとおり、自選で落とした句です、
似たような句を出されましたか、結果が気になります♪
そういえば、そろそろ「ヒヤシンス」の結果発表ですよね、
「水菜」「三月」「朝寝」「花または桜」「花の座」
忙しいですねぇ~~~(*_*;

ハイポ、大量得点、羨ましいです!
私も木曜に一句は欲しかったです!


★ anohiwa さま

私もパフェ、大好き! おなじおなじ♪ 

あのですね、、ピアニスト氏が私を見ていた視線が、いぶかしげだったのよ、
私、ユニクロのダウンに冬用のレギンスにブーツ、ニットの帽子、
遠目からは男の子に見えたかも。夫と二人で不審な二人連れと思われたんじゃないかな。
東洋人の男の子と、西洋人の中年男性、ね!(>_< )

ドレスコードと、お行儀コード、世界に出たら特に、必要ですね!


★ japair さま

まだまだ他にも行きたいカフェがあるのです、古典的な雰囲気の。
また写真を撮ってきますので、見に来て下さいね~♪

ピアニストの方が私を見ていたわけは、上の anohiwa さまへのレスを読んでね~
私、いつも男の子と間違われるのよ、背が低いし、態度も女っぽくないし。
今度はスカートはいて行かなくちゃ(スカートを買わなくちゃ (>_< )


★ Meet You さま

私も、豪華絢爛な場所では落ち着きません~あはは

なのよね、これでなんで「ニューヨークカフェ」なんでしょ、
なにか由来があると思うんだけれど、
『1894年オープン当初、世界一豪華なカフェといわれた伝説のカフェ』というからには。
当時は、ニューヨークという街が、新天地めいて憧れの地だった?
Commented by yotarouu3 at 2015-02-14 20:19
私の想像する、カフェとは一寸違いすぎる様です。
ドレスコードなるものもよう判らんのです。
和服の場合のも有るのでしょうか?
男性の着流しはだめ!だとか?

義理チョコを提げて孫来るバレンタインの日  与太郎

チョコレート八十翁も賜はりし        与太郎
Commented by anohiwa at 2015-02-14 21:53
可愛らしい東洋系の男の子と 西洋の大柄の男性!!!
そりゃ、意味深なカップルだったかも? (笑)
Commented by tomoji at 2015-02-14 23:28 x
ニューヨークカフェ、内装が素晴らしいですね。フランスではアールヌーボー、こちらは
元オーストリア帝国ですからユーゲントスタイル、19世紀末帝国の雰囲気がそのまま
残っている感じです。

パフェの量が半端じゃないですね。私ならバニラアイス一玉で十分だと思います。

1)の写真はなんかぺーター・ブリューゲルの絵に出てきそうな風景ですね。
Commented by mariko789 at 2015-02-15 01:58
★ yotarouu3 さま

和服はドレスコードにかからないと思いますよ~
着流し、かっこいいし♪ 観光客からカメラを向けられる覚悟があれば♪

そうそう、今日はバレンタインの日でしたね☆
義理チョコと、八十翁の一句、謹んで頂きました~♪ (^人^)感謝♪


★ anohiwa さま

でしょ、でしょ! 
もう冗談じゃなくて、困るので、私の服装、変えなくちゃねぇ~


★ tomojiさま

>こちらは元オーストリア帝国ですからユーゲントスタイル、19世紀末帝国の雰囲気がそのまま

ユーゲントスタイルなんて、わしゃ、知らんかったぞな!(汗
では、書き直しますね♪ さんきゅ!

パフェは美味しいので、私は二杯いけちゃいます!(←意外と大食い

ぺーター・ブリューゲルの絵、検索してみたら、そっくりなのがありました!
わしゃ、驚いたぞな、もし!
Commented by yuta at 2015-02-15 09:28 x
こんにちは
貸しロッカー(貸し靴)があるのならだれで楽しめますね

ニューヨークカフェ歴史があるのですね
アールヌーヴォー様式ですか
豪華ですね
あたしだったら写真を撮ることに夢中で、
食べたり飲んだりすることがおろそかになりそうです(笑)
Commented by mariko789 at 2015-02-15 15:02
★ yutaさま

そうですよ~、旅人さんでも衝動的にスケートできます♪

実は、あと三軒、人気のカフェがブダペストにはあるのです、
夫の機嫌と体調の良いときに、行ってみようと思ってます♪
カメラを忘れずに持参して♪
Commented at 2015-02-15 16:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 麗門 at 2015-02-15 19:56 x
白梅の樹下や他界の子の遊ぶ  中原久遠

そうですね。
まりさんにとっては慟哭の一句ですね。

きょう湯島へ行ってきましたが、白梅は三分咲きくらい。
女坂にはほんとうに占い師がいるのですよ。
いずれお目にかけます。


Commented by tomoji at 2015-02-15 22:48 x
ちょっと調べますと建物はニューヨーク生命保険社がハンガリーオフィスの為、ギリシャ・ローマ・ルネッサンス・バロックの建築要素を元にアールヌーボー様式で建てられたそうですから追加の(ユーゲントスタイル)省いてください。

ニューヨークカフェのニューヨークは建てた会社名から来ているのですね。
Commented by mariko789 at 2015-02-16 02:25
★ 鍵(02-15 16:45)さま

はまゆうさんから、素敵なお写真をお借りできてラッキーでした!

ずっと三歳のままですね…
(お優しいコメント、心に沁みました。アリガトウ!)


★ 麗門さま

慟哭で詠んだのではないのですが、今、こうして読み直すと、痛いです。
お墓参りに行かなくては…。。

湯島の女占い師さん、楽しみにしております☆


★ tomojiさま

調べて下さったのですね! 感謝感激です!
投稿の最後に、頂いたコメントをコピペさせて頂きました。
私も、ニューヨークカフェのネーミングの由来が判って、すっきりしました♪
Commented by 麗門 at 2015-02-16 09:50 x
↑女占い師ではありません。(笑)
女坂の占い師です~
きょうアップしました。
Commented by mariko789 at 2015-02-16 15:54
★ 麗門さま

女坂の女難専門の占い師さん、拝見してきますたー♪
Commented by たんと at 2015-02-16 16:59 x
「ニューヨーク・カフェ」のパフェ、美味しそうですね。
底にはリキュールが入っているとあっては尚更です♪

「白梅の樹下」。
久遠さんでないと詠めない佳句、サスガです♪
Commented by 詩楽麿 at 2015-02-17 04:06 x
中原 久遠 様
素敵なカフェですね!こんなカフェがあれば、毎日でも通いたいと思います。
きっと辛かった事、悲しかった事の総てを
癒してくれることでしょう!

冬空に ニューヨークカフェ 癒しの場 詩楽麿

物事の 悲喜交々を 包みたる
胸の高鳴り カフェにて癒す 詩楽麿
Commented by to_shi_bo at 2015-02-17 10:43

>白梅の樹下や他界の子の遊ぶ

なるほど、組長の選評に納得です。
・白梅の此岸彼岸の境目に
ああ、足下にも及びません~~~(汗
Commented by mariko789 at 2015-02-17 14:06
★ たんとさま

そうなんです、リキュールが効いて大人の味でした♪

白梅の句も見て頂き、嬉しいです!ミ◕‿◕ミ


★ 詩楽麿さま

いくら詩楽麿様でも、毎日ではお財布が寒くなるカフェです☆

NYカフェの一句、カフェにて癒すの一首、上の投稿に添えさせて頂きますね!
いつもありがとうございます♪


★ to_shi_bo さま

白梅の句をご鑑賞いただき、感激です!♪

>白梅の此岸彼岸の境目に  to_shi_bo さま 

足元にも、なんてご謙遜です(^_−)−☆
共感いっぱい! 久々にお句を頂きハッピーです♪


>譲歩せぬ君の背があり枯芒   to_shi_bo

負けそうになる心を、しっかりと支えてくれる人☆

>青空へ抜ける坂道春近し   to_shi_bo

坂道は苦しいけれど、登りきれば青空が見える、春はすぐそこまで♪

次回はコメント欄を開けて頂けると、嬉しいでーす!