always over the moon

冬の鵙(ふゆのもず) :俳句

嘴の鉤に古傷冬の鵙   中原久遠
(くちばしの かぎにふるきず ふゆのもず)

f0053297_14153991.jpg


★ 鵙の嘴って、直角に曲がった鉤型なんですよね。
  季語深耕で、鵙の画像を沢山見ているうちに、このことを発見したときはちょっと嬉しかったです。
  一見、雀と似ていますが、嘴を見れば識別できるなと。
  また、嘴は鳥にとって生き死にに係わる重要な箇所だそうです。

★ 画像の鳥は鵙ではありませんが、嘴の鉤が同じなので。


                        Thank you very much!

              冬鵙や怒れば美しき女     内山思考 (to_shi_bo様よりご紹介)

              昇降機 昇り降りの人生は   idea-kobo 

              枯芝に焚火のあとの寒さかな   与太郎

              磔像(たくぞう)にぬるき陽射や冬の鵙   くをん

              薪割りの鉄砲虫をめざす鵙        issyo.k

              越冬の鵙に餌なく声もなし        詩楽麿

              今一度鵙の鳴く声耳にして 
                  止めた歩みも時雨がせかす     詩楽麿



冬の鵙星座をめざす昇降機
(ふゆのもず せいざをめざす しょうこうき)

f0053297_14201415.jpg


★ 画像は、シオフォックという街にある、展望台へ昇るエレベーター(昇降機)です。

季語: 冬の鵙   【冬】 ・動物
 
※ 松山俳句ポスト365 四十回め投句 兼題(第91回) 『冬の鵙』 : 人 二句
[PR]
by mariko789 | 2014-12-05 14:26 | Nikon coolpix P510 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://mariko789.exblog.jp/tb/23391988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2014-12-05 14:55
こんにちは!
嘴って、そんなに大事なんだね。

私、義歯で、合わなくて、食べなくて、栄養失調に
なって、三途の川渡りそうになったけど
それと同じだね。

猫のひげだって、なければ困るものだものね。

日本は白鳥が綺麗だよ??
Commented by 桜姫 at 2014-12-05 20:03 x
 < 嘴の鉤に古傷冬の鵙

2句も、御入選おめでとう御座います♪
普通「鉤に古傷」なんて!思い付きませんよ♪(拍手

 < 冬の鵙星座をめざす昇降機

ワーッ!美しいお写真ですね♪(拍手
鵙が星座を目指して昇降してるんですか♪
夢に向かって!何度も!何度も!その努力は
「カモメのジョナサン」を連想しました♪
Commented by mariko789 at 2014-12-06 02:12
★  isao1977k ちゃん

嘴は、くーちゃんの仰るとおり、人間の歯のようなもの。
食べられなくなったら、一大事よね!
生き物って、色んな機能があって生存可能なんだね。
白鳥…大好きよ♪


★ 桜姫さま

嘴の鉤。採って頂いたということは組長も判って下さったということ。
嬉しかったです!

昇降機の写真、お目に留めて頂き嬉しいです♪
人も鳥も、夢をもって生きていくのは大変かも (⌒^⌒)b
Commented by 麗門 at 2014-12-06 09:10 x
嘴の鉤に古傷冬の鵙

そうなんです。
鵙のくちばしは鉤形。格好いいのですよ。
バードウォッチャーに人気です。
写生+古傷がいいですね。
実は冬至粥+古傷で一句出来ちゃったのですが、投句していいですか~

冬の鵙星座をめざす昇降機

星座と冬の鵙がピタリと合いました。
昇降機がなかなか出ませんね。
Commented by mariko789 at 2014-12-06 14:50
★ 麗門さま

鉤、やっぱりご存知でしたね!
さすがバードウオッチャーの麗門さん(⌒^⌒)b 

>冬至粥+古傷で一句
どんどん投句なさってください!
ワタクシはまだ冬至粥は考えてもいなかったです、
Commented by ustomi at 2014-12-07 04:12
marikoさん; こんにちは。
私 この漢字が読めなかったのよ、漢字を忘れ、英語も達者で無く どうするんだろー と考えちゃいます、”鵙” 分かりました。

いつも手紙はPC任せでしょう、これかあれか出て来た漢字を当てながらタイプしているんです、手で書く時は Word 広げて打ち込んで書くのです、夫は辞書を見ろと言いますが あんな大きい大辞林広げられるかと思います。

いつも貴女に漢字を思い出せて頂き感謝です。
2番目 幽界の様な写真が良いですね、好きです。
Commented by yuta at 2014-12-07 10:37 x
こんにちは
鳥にとって嘴はそんなに大切なものだったのですね
Commented by to_shi_bo at 2014-12-07 15:54
>嘴の鉤に古傷冬の鵙 
「嘴の鉤」・・・新しい発見ですね。
鵙の句を読むと、ついつい
・冬鵙や怒れば美しき女   内山思考
を思い出してしまいます。
(二句一章の句です)

>冬の鵙星座をめざす昇降機
あっ、そうか。
最近鵙のけたたましい鳴き声が聞こえなくなったのは
季節の性でなく宇宙へいってしまったんですね~~~(笑
写真、綺麗ですね。
何か夢を貰えそうです!
Commented by mariko789 at 2014-12-08 14:53
★ ustomiさま

私もワープロからパソコンへと、長らく自分で文字を書いてなくて、
すっかり漢字が書けなくなりました!(>_< )
俳句を詠む時は辞書で何度も確認して、です!


★ yutaさま

そうだったのですね!
人間も歯は大切♪


★ to_shi_bo さま

・冬鵙や怒れば美しき女   内山思考

風情のあるお句ですねー!
いかにもとし坊さん好みの♪

鵙の鳴き声、聞こえなくなりましたか? 冬ですものね。
写真も見て下さり、嬉しいです!
Commented by idea-kobo at 2014-12-09 07:56
昇降機 昇り降りの 人生は

エエ時もありゃあ、悪い時もあるわなあ…。
Commented by 麗門 at 2014-12-09 09:42 x
鯨来る土佐の海鳴り啼く渡り  中原久遠
ギャ句絶好調ですね。

冬至粥。
どうですか。
カボチャなら知っていたけど、
難しいです。
Commented by mariko789 at 2014-12-09 15:54
★ idea-koboさま

>昇降機 昇り降りの 人生は  idea-kobo

まったくその通りですね~~~(しみじみ
私は最近、降りっぱなし ですが~~~(/_;)


★ 麗門さま

いやいや今回のギャ句は、パンチに欠けました!w

冬至粥、じつは今、風邪をひいていて季語深耕もできず、
パスしようかどうか、迷っています。
それより、今週発表の【鯨】がキツイ。
桜姫さまのお便りを読んでから、詠みたかった!。・゚・(ノ∀`)・゚・。
Commented by issyo.k at 2014-12-09 16:01 x
薪を割っていると、テッポウムシが出てくるので、それが欲しくって、私が休憩のために離れるのを、近くの枝で待っているのがジョウビタキとモズです。
窯焚きも終わったので、そろそろ薪割りをしようかな。
薪割りの鉄砲虫をめざす鵙 
Commented by mariko789 at 2014-12-09 16:26
★  issyo.k さま

久々のコメントを有難うございます。
窯焚き。今回はどんな作品ができたのでしょう。
一度拝見しに伺いたいと思っております♪

>薪割りの鉄砲虫をめざす鵙

テッポウムシ、鵙にとってご馳走なのでしょうね!(^_−)−☆
有難うございます♪
Commented by yotarouu3 at 2014-12-10 14:45
久遠さま
>嘴の鉤に古傷冬の鵙
>冬の鵙星座をめざす昇降機
モズの句がこの様に詠めるとは驚きでした。
マタ又のご入選オメデトウ御座います。
Commented by mariko789 at 2014-12-11 14:56
★ yotarouu3さま

俳句ポストの兼題は毎回苦し紛れでーす!

与太郎さんのお句、楽しみに拝見しています♪
Commented by 詩楽麿 at 2014-12-15 16:56 x
中原 久遠 様
なるほどね!「鵙の嘴に傷」を見たセンスは、卓越した触覚
の為せる技ですね。素晴らしい!普通は、見過ごされる部分。さらに「何故傷がついてのか」との読者の想像を掻き立てると同時に、悲惨な争いによるものなのかも知れず胸が痛い。

越冬の 鵙に餌なく 声もなし        詩楽麿

今一度 鵙の鳴く声 耳にして 
止めた歩みも 時雨がせかす         詩楽麿 

Commented by mariko789 at 2014-12-16 14:02
★ 詩楽麿さま

鵙の嘴に傷は、検索でゲットして、写真も見ました。
やはり事実の裏づけがないと、コンペには出せないです(汗
仰るように、傷ができた要因には幾つかあり、いずれにせよ、生存競争の厳しさを感じます。

>越冬の 鵙に餌なく 声もなし        詩楽麿

>今一度 鵙の鳴く声 耳にして 
       止めた歩みも 時雨がせかす     詩楽麿 

上に揚げさせて頂きますね、ありがとうございます♪